舌が白いと口臭がひどくなる!

舌が白く口臭が気になる

舌が白くなり口臭が気になっていませんか。舌の色は健康であればピンク色ですが、体調が良くないと白い苔が付きます。(人によっては、黄色い舌苔)

舌苔が付着すると口臭がするようになります。その理由は、舌の白い部分は、舌苔といって細菌の塊ですので臭いにおいを発します。

舌苔の正体は、嫌気性細菌が作っているデンタルプラーク(歯垢)です。舌の苔を爪でこすって嗅ぐと硫黄のにおいがします。この舌苔から発生する(揮発性)硫黄化合物が、口臭の主成分です。

ちなみに、口臭ガスの代表的な成分は…

・硫化水素(卵が腐ったようなにおい)
・メチルメルカプタン(生臭い、魚や野菜が腐ったようなにおい)
・ジメルサルファイド(生ゴミのようなにおい)

口臭は歯周病や虫歯が原因だと思われていますが、口臭全体の60%は舌苔から出ていると言われています。(日本歯科医師会発表)

舌が白くなる原因

舌は、外からは見えない内蔵の血液の状態や全身の血流の変化を、間接的に見ることができる場所です。また胃腸など消化器官の延長にあるため、各臓器の状態が舌に表れます。

そのため、中医学では、健康状態を舌の色や形を見る「舌診」を行っています。たとえば、舌粘膜の色が白っぽいと、体の冷えや栄養やエネルギーの不足が原因です。舌苔が白くて厚い場合には、体内が冷えて胃腸が弱り代謝機能が落ちていることが原因。舌苔が黄色い場合は、過食で胃炎が起きたり、体に熱や湿気が停滞していることが原因。というように診断をします。

しかし、舌苔が出来る原因は、それだけではありません。唾液の分泌量が少ないことで起きる口腔乾燥(ドライマウス)が、舌苔の原因になることが多いです。毎日舌清掃をしても舌がキレイにならない時は、唾液が少ないかもしれません。

口腔乾燥の原因は、、、

  • 不安やストレスによる自律神経の乱れ
  • 加齢
  • 更年期障害
  • 降圧剤などの薬の副作用
  • いびき、口呼吸

舌苔は、口内が汚れるとできやすくなります。そのため、歯周病に虫歯になり菌が増えると舌苔も良く出来ます。
また、歯磨き不足で口内が不清潔な場合も、舌苔が付きやすくなるので、歯磨きを丁寧に行うことが大切です。

唾液量の減少などから菌が増えて口内環境が悪くなると、舌苔の色が黄色っぽくなります。口がネバネバし、舌苔の色が黄色くなっている場合には、口臭も強くなっているかもしれないのでご注意ください。

舌清掃

舌磨き

舌が原因の口臭は、舌苔を除去することで解消できますが、気をつけないといけないのは、舌磨きをし過ぎることです。

舌粘膜は柔らかくデリケートな組織ですから、樹脂製の歯ブラシで舌をゴシゴシと磨くと、粘膜に傷をつけてしまいます。

傷ついた舌細胞に菌が集まると、更に舌苔ができることになります。ですから、舌の清掃を行う時には、専用の舌ブラシを使用して、優しく舌の奥から前方に向けてなぜるように磨くようにしてください。

舌を磨く回数は、3回までを限度にしましょう。舌苔は舌乳頭に菌糸を張っているため、一度の舌磨きで完全に取り除くことは不可能です。毎日少しずつ舌ケアを行うことで、口内環境が改善されると、自然と舌も綺麗になっていきます。

舌ケア

舌磨きをしても取れないような厄介な舌苔の場合には、次のようなこともおすすめです。

こまめに水や白湯を飲む(口内の洗浄、リラックス効果によって唾液の分泌を促進させます。)

アルカリイオン水でうがいを行う(舌苔の汚れを溶かす、酸化した口内を浄化する)

舌が乾きヒリヒリする場合には、保湿ジェルを塗るといいです。

⇒ アルカリイオン水のうがいは口臭予防歯磨き粉「美息美人」がおすすめです。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する