口臭の2トップ!臭い玉と舌苔を口臭予防歯磨き「美息美人」で除去する

口臭が発生する原因として多いのは歯周病です。ところが、歯科治療をしても口臭は解消しないことがあります。

口臭が治らない場合に考えられるのは、臭い玉(膿栓)と舌苔(ぜったい)です。口臭がしていても、歯科医院で臭い玉や舌苔を指摘されることはほとんどありません。

その理由は、臭い玉は耳鼻科疾患が原因でできるものであり、舌苔は歯科疾患とは直接関係のない舌の汚れだからです。

しかし、臭い玉も舌苔も、手に取って直接嗅いでみるとすぐに分かります。悪臭に思わず、「臭い!」と言ってしまうほどニオイがします。

口臭の中でも特にひどいニオイのする「臭い玉」と「舌苔」を除去できると、評判の口臭予防歯磨き「美息美人(びいきびじん)」についてお伝えしたいと思います。

口臭原因

口臭の種類には、起床時、空腹時、緊張時におきる「生理的口臭」と、歯周病や虫歯が原因で発生する「病的口臭」が一般的な口臭です。

この他にも、周囲の反応を過剰に気にすることからおきる「自臭症」といわれる心理的口臭もあります。

また、不安や緊張などのストレスが多くなると、自律神経を乱し唾液の分泌が減少します。そのため口腔乾燥を引き起こし口臭症になっているケースもあります。

他にも、胃腸など内臓に不調があると、(呼気)口臭になることがありますが、割合としてはかなり少ないです。

口臭が口腔に原因がある場合には、歯磨きケアが十分にできていないことが多いです。歯垢や歯石が着くと口臭が出るので、ていねいにブラッシングすることが大事ですが、定期的に歯石除去など歯科で歯をクリーニングしてもらうことをおすすめします。

臭い玉(膿栓)が臭い

臭い玉は、正式には膿栓(のうせん)といい、扁桃腺のくぼみに溜まる細菌と汚れ(免疫物質の死がいや食べかす)が固まってできた塊です。

臭い玉からは下水臭などの腐敗臭が出ますが、臭い玉が少量の場合には、周囲に迷惑がかかるような臭いはありません。

ところが、扁桃腺から分泌された膿が痰と交じり、粘液が喉粘膜に付着すると、喉に悪臭がこもることになります。喉に溜まったガスが、会話で息を吐き出した時に強い口臭原因になります。

舌苔(ぜったい)が臭い

舌苔は、舌の上に溜まった細胞のはがれ落ちた死がい、食べかす、唾液などのタンパク質に嫌気性細菌が集まってできたプラークです。

舌苔ができると舌は白くなりますが、卵の腐ったような硫黄臭の口臭を発します。唾液の分泌が少ないなど口内環境が悪いと、舌苔の色は黄色になり、口臭もひどくなります。

舌苔について詳しくは、こちらをご参考にしてください。
⇒ 舌が白いと口臭がひどくなる!

口臭予防歯磨き「美息美人(びいきびじん)」で口臭対策をおこなう

口臭予防歯磨き「美息美人」は、市販の歯磨き粉のようなチューブ入りの歯磨き剤はなく、ホタテ貝殻パウダーを水に溶かして使用します。

美息美人のボトルから粉をコップ(180cc)に一振りすると、Ph10~Ph11のアルカリイオン水ができます。

強アルカリイオン水は、タンパク質を溶かす作用があり、舌苔や膿栓を粘膜から外れやすくします。そのため、美息美人でガラガラと喉うがいを行うと、膿栓がよく取れます。また、美息美人でクチュクチュと口うがいを行った後に、舌ブラシで舌をこすると舌苔が良く取れます。

ただし、舌磨きで完全に取ろうとすると、磨き過ぎてしまい、舌粘膜を傷つけてしまうのでご注意ください。毎日、美息美人で舌ケアを続けることで、少しずつ舌苔が減少しいきます。

口臭の原因菌は、舌を始めとして歯茎や頬などの口内粘膜、歯垢、歯石に付いてあるので、こまめに美息美人でうがいを行うようにすると口臭の予防になります。

⇒ 口臭予防歯磨き「美息美人」

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する