膿栓の取れるタイミングはいつ?膿栓を取る方法はどれが良い?

舌がひりひり痛い女性

膿栓(臭い玉)を取りたいけれど取れない、とお困りではありませんか?

じつは、膿栓(臭い玉)を取り除きたいと相談される方が多いです。膿栓は口臭の原因になったり、喉に小骨が刺さったようなイガイガ感があるため、膿栓を除去したいのだと思います。

そのため、綿棒で喉を突っついて膿栓を取る方もおられるようですが、喉に異物を入れるとばい菌に感染したり、粘膜を傷つける恐れもあるのでおすすめしません。

一般的な膿栓は無理に取らなくても、取れる時期がくれば、食事中や咳・くしゃみなどによって自然に取れてしまいますが、頑固に取れない膿栓や口臭がひどくお困りの場合には、取れるまで待たないで耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。

膿栓の原因

膿栓は、免疫物質・細菌の死がい・食べかすなどが固まって出来た塊です。膿栓ができる原因は、口蓋扁桃炎が最も多く、その要因としては、副鼻腔炎(蓄膿症)やアレルギー性鼻炎による後鼻漏によるものです。

また、唾液の分泌量の不足や口呼吸(いびき、喫煙)によって喉が乾燥すると、膿栓は良く出来るようになるのでご注意ください。

他にも、虫歯や歯周病で口腔内が不衛生になると、唾液中に嫌気性細菌が増えて膿栓の原因になります。

膿栓が良く出来る場合に、舌苔(舌に苔が付いて白くなる症状)も厚くなる傾向がありますが、舌苔があると膿栓の原因にもなるという相互関係があります。

>>舌苔とは、原因と対策について

風邪やインフルエンザにかかると、一時的に膿栓ができることがありますが、病気が治ると膿栓もできなくなるのでご安心ください。

膿栓は口臭原因になる

膿栓は細菌の塊なので、つぶして嗅ぐと、ドブのようなひどいにおいがします。そのため、膿栓が口臭の原因だと思われがちですが、少量の膿栓ができた程度では口臭の心配はありません。

>>口臭原因をチェック

しかし、常に膿栓ができる場合には、扁桃のくぼみに膿がたまったり、喉や舌の奥の粘膜に膿が付着するため、強い口臭があります。

慢性扁桃炎などで出来る膿栓の場合には、自然に取れるまで待つよりも、耳鼻科で扁桃炎治療とともに、膿栓の除去と扁桃の中を洗浄してもらうことをおすすめします。

膿栓を取る方法

ネットで調べてみると、いろんな「膿栓の取り方」があります。

綿棒、お箸、ピンセットなどを使って取る方法や、シャワーを当てて取る方法、直接指で取る方法などもあります。

アマゾンでは、ハンディ・クラウン「丸型洗浄瓶」が、本来の目的ではない膿栓除去のために購入されている方も多数おられました。ただし、商品を使用されたお客さまの評価は、二つに分かれているので個人差があるようですね。

膿栓を取り除くには、うがいが良い

うがいを行うと、膿栓が取れることがあります。しかし、その時はすでに膿栓が取れるタイミングにあったのです。まだ膿栓が粘膜の表面に出ていない時には、うがいで取ることは難しいですので、無理に取ろうと「うがいのし過ぎ」に注意しましょう。

がらがらと「喉うがい」を行うと、喉を清潔にできます。膿栓は、喉に細菌が増えるとできやすくなるので、喉うがいを習慣にすることで、膿栓の予防になります。

膿栓除去を目的にうがいを行う時には、アルカリイオン水を使用するといいでしょう。粘膜に付いた膿を溶かして除去する作用があります。

⇒ 膿栓を取るアルカリイオン水はこちら

まとめ

膿栓は扁桃炎などの耳鼻科疾患が原因ですので、根本原因を改善しない限り、何度取っても膿栓は出来てきます。また、ご自身で膿栓を取っていると、よけいに膿栓が出来る(口臭も強くなる)原因にもなるので、まずは病院を受診し相談をされることをおすすめします。

膿栓を予防するためには、毎日のうがいの習慣と、喉を乾燥させないようにお部屋の加湿や水分摂取をするようにしましょう。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する