口が乾く原因は薬かもしれない!口腔乾燥で困ったときの対策方法

整腸薬

異常にお口が乾くとお困りではありませんか。よく口腔内が乾燥するのは、加齢が原因だという人がいます。しかし、調べてみると、意外なことに、服用しているお薬に口が乾く原因があることのほうが多いのです。

口腔内が乾燥すると、舌苔(ぜったい)ができ舌が白くなりかもしれません。もしかすると、現在服用されているお薬が舌苔の影響しているのかもしれません。

お薬の種類によっては、副作用によって唾液が減少するものがあります。唾液が減ると舌が白くなるので、口腔ケアでどれだけ努力をされていても良くならない場合もあるのです。

今回の記事は、口腔乾燥や舌苔の原因となるお薬についてと、口腔内が乾燥したときの対策についてご紹介します。ぜひご参考にしてください。

口が乾く

口が粘つく

口が乾くと次のような症状を起こします。

  • 唾液がねばねばする
  • しゃべりにくい
  • クッキーなどの食べ物が飲みこみにくい
  • 味がわかりにくい
  • 口の中や舌が痛い
  • 口の中が舌がひりひりする
  • 口内や舌が汚れやすい
  • 口臭がする
  • 入れ歯が装着しにくい
  • 唇が切れること

口の中が乾き、このような症状が起きることを口腔乾燥症とかドライマウス症と言います。唾液が減ると口腔環境が悪化するため、虫歯、歯周病、口内炎、口腔カンジダ症などに感染しやすくなります。そして、舌苔(ぜったい)が出来やすくなります。口腔乾燥と舌苔は深く関係しています。詳しくは、『舌がパサパサになる人必見!速攻でドライマウス対策する方法』をご参考にしてください。

口腔乾燥の原因

少し前、テレビ番組の『駆け込みドクター ドライマウス』の中で、口腔乾燥の原因について次のように説明していました。

  • 噛む力の低下によって、咀嚼回数が減り唾液分泌も減少する
  • ストレスが原因。自律神経の乱れが唾液分泌を減らしている
  • 糖尿病などの生活習慣病が口腔乾燥の原因
  • 薬の副作用が口腔乾燥の原因
  • アレルギーが原因
  • 口呼吸(いびき)によって口腔が乾燥する
  • シェーグレン症候群が原因

引用:ドライマウス症の治し方…TV「駆け込みドクター」編

薬の副作用の症例

ご相談者から、努力しても白くなった舌が改善されないとのメールがありました。その時の私との相談のやり取りをご紹介します。

「美息美人を使ってから舌の白さもましになり、口臭もなくなったかな?と思っていたのですが、また、舌が真っ白になり、毎日うがいしてますが、取れずに悩んでいます。何が原因でしょうか?うがいした時だけ臭いもないのですが、直ぐに口の中が乾いてネバネバした状態が続くので、悩みも解消されずにいます。」

気になったので、この方に、こんな質問をしてみました。「現在、お薬を服用されていませんか?」

すると、「最近になって胃の調子が悪く、抗コリン薬を飲んでいます。

「えっ?もしやと思ったのでお聞きしたのですが、それが原因かもしれません。」

こんなやり取りがありました。

じつは、お薬によっては、副作用で唾液の分泌が抑えられ、口が乾く種類の薬剤があります。その薬とは…抗コリン薬です。

抗コリン薬は、いろんなお薬に含まれています。たとえば、睡眠剤や抗うつ剤のほか、風邪薬や腹薬、降圧剤などにも入っていることがありますですから、お口の乾きで困っている場合は、薬を処方される前に、お医者さんに一度ご相談されたほうがいいかもしれません。

口腔乾燥(ドライマウス)を引き起こす薬

日本は薬大国といわれています。病院に行かなくても、ドラッグストアで簡単にお薬を手に入れることができるからです。

ところが、薬は病気の症状を抑えるためには有効ですが、必ず副作用がついてきます。ですから、服用する前には、その薬の副作用も良く知っておく必要があります。

特に、舌が白くなって困っている場合には、唾液が出なくなったり、利尿作用があるものを避けたほうが良いです。

もし、現在服薬されている場合には、掛かり付けのお医者さんにご相談されると良いです。副作用の少ない漢方薬などに変えていただけるかもしれません。

それでは、ドライマウスを引き起こす副作用のあるお薬をご紹介します。

抗コリン薬

抗コリン薬は主に、慢性胃炎、急性胃粘膜病変、胃潰瘍、十二支潰瘍、食道炎、食道潰瘍、胆のう結石、尿路結石症などに使用されます。

副作用:口が乾く、便秘、吐き気、頭痛、めまい、眼圧上昇、排尿障害など。

一般的な商品とその特徴

[ ブスコパン ]

  • 4級アンモニウム類に分類される抗コリン薬
  • 胆石症、尿路結石症、膀胱炎、月経困難症などによる疼痛緩和などにも使用する
  • 錠剤、注射剤があり用途などによって選択される

[ チアトン ]

  • 4級アンモニウム類に分類される抗コリン薬
  • 胆のう・胆道疾患、尿路結石症などによる疼痛緩和などにも使用する
  • 顆粒剤もあり、嚥下機能の低下した患者などへのメリットが考えられる

[ ロートエキス ]

  • 3級アミン類に分類される抗コリン薬
  • 本剤は市販薬(ストッパ下痢止めEX など)の成分としても使用されている

[ ガストロゼピン ]

  • ムスカリン拮抗薬に分類される抗コリン薬
    • アセチルコリンの作用するムスカリン受容体に作用し抗コリン作用をあらわす
    • 胃酸分泌作用などをあらわすホルモンであるガストリンを抑える作用もある

[ ダクチル ]

  • 3級アミン類に分類される抗コリン薬
  • 潰瘍や胃炎などでの痙攣性疼痛の改善の他、切迫流・早産における症状改善などにも使用する

降圧剤

血圧が高い人の場合、利尿薬を服薬します。これは、おしっこすることによって塩分に含まれるナトリウムを排出させ血圧を下げるのが目的です。

しかし、利尿によって体の水分も減少します。結果、唾液も減ることに。

副作用:利尿作用、便秘、嘔吐、動悸、息切れ、けいれん、めまいなど。

風邪薬

風邪薬の副作用といえば、「眠くなる」が有名です。でも、風邪薬を飲むと頻尿になることがあります。

頻尿になる原因は、風邪薬には「抗ヒスタミン剤」が含まれているからです。何回もオシッコをして水分が失われるとドライマウスになります。だから、舌が白くなりやすいのです。
副作用:眠気をもよおす、喉と口の乾き、だるさ、めまい、吐き気など。

花粉症の薬

花粉症の薬にも、風邪薬と同じ抗ヒスタミン剤が含まれています。だから、花粉症のお薬を服用していると舌が白くなりやすいです。

副作用:眠気をもよおす、喉と口の乾き、便秘、下痢、だるさ、めまい、吐き気、動悸、太る、生理不順など。

抗うつ剤、睡眠誘導剤など

「寝られない」という人が多くおられます。そんな時に睡眠誘導剤を服用するかもしれません。しかし、睡眠誘導剤にも「口が乾く」という副作用があります。

他に、抗うつ剤や精神安定剤を服薬した場合にも、ドライマウスになるかもしれません。これらの薬の副作用は以下のとおりです。

  • ふらつき・めまい・頭痛
  • 消化器系の働きが悪くなることによる、嘔吐・食欲不振・腹痛・下痢
  • 唾液の分泌が少なくなってのどが渇く
  • 呼吸が浅くなる
  • 疲れ・脱力感
  • 肌荒れなどの湿疹
  • 目の前がぼやけるなどの視覚障害
  • 味覚障害・のどの乾き
  • 性欲の低下
  • 免疫が低下して風邪などの病気にかかりやすくなる

これらの副作用は、飲んだ直後だけでなく、翌日にまでもちこすことがあります。眠れたからと言って、かならずしも体調が良くなるとは限りません。

利尿薬

利尿薬を服用すると排尿が促されます。当然ですが、排尿によって身体の水分が失われるため、口が乾くことになります。

ところで、この「利尿薬」は、どのような病気の時に使われるのでしょうか。一般的には、次のような病気のときに処方されることがあります。

  • 高血圧症
  • 心性浮腫
  • 腎性浮腫
  • 尿路結石
  • 癌性腹水
  • 肝性浮腫
  • 緑内障
  • メニエル病
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 肺気腫

口腔乾燥の対策法

口腔乾燥の対策としては…

  1. 糖尿病などの疾患がある場合には、その治療が先決です。
  2. お薬の副作用によって口内や喉が渇く場合には、お薬を変更したり調整することが必要です。
  3. ストレスによって口腔が乾燥している場合には、ストレス緩和に努めることが大事です。
  4. 歯科で問題がある場合は、欠損歯や不適合の被せを改善し、衰えた咀嚼機能を回復することで唾液分泌が正常に働くようにします。

唾液をよく出るようにするには…

・唾液の分泌を促すお口の体操や歯ぐきのマッサージ
・食事を何回かに分けてとる
・繊維の多い食品を多くとる(咀嚼回数が増えるため)
・小まめに水を飲む
・口呼吸から鼻呼吸への習慣づけ

他にも口腔乾燥のときに効果があるのは…

・刺激性の食物をさける
・部屋が乾燥しないようにする
・人工唾液の投与も必要です。

引用:もう、ドライマウスとも口臭とも、舌苔(ぜったい)ともさよならしてください

舌苔(ぜったい)ができて困っている場合には、舌に保湿ジェルを塗ることをおすすめします。保湿ジェルを塗ると舌苔ができにくくなるだけではなく、舌苔が取れやすくなります。一度お試しください。詳しくは、『舌の奥が白い!その原因と対策は?保湿ジェルがおすすめ』をご参考にしてください。

まとめ

薬は病気を治すためのものですので、舌苔(ぜったい)を治すことよりも薬を服用するほうを優先しないといけません。たとえ、その薬によって、舌が白くなっていたとしても、病気が治り、薬を飲む必要がなくなれば、舌はきれいになるので、それほど神経質になることもないと思います。

もし、服用している薬の副作用で悩まれていましたら、今服用されている薬の成分を調べられてはいかがでしょう。

お薬を変えても舌が白いままの場合には、舌をケアすることが必要です。舌のケアというと舌磨きをイメージするかもしれませんが、舌を磨くのは良くありません。舌は磨かなくても取れる方法があります。詳しくは『美息美人(びいきびじん)で舌苔を除去する方法…白い舌がきれいに』をご参考にしてください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する