舌の色はふつうどんな色?病気、健康、体調で舌色は変わる

口をおさえる女性

あなたの舌はどんな色ですか?

舌の色で悩まれている人が多いです。舌の色は、人によって違うため、どんな色が健康な色で病気の舌なのかわからないと思います。

じつは、舌の色には個人差があります。体調でも舌色は変化します。そのため、他人の舌と比較したときに、「あの人はピンク色なのに、わたしの舌は色が悪い。病気なのかしら?」と心配するのかもしれませんね。

今回の記事は、舌の色についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

舌の色で病気かどうか分かる

病気になると、免疫力が低下するため舌が白くなります。昔から舌診といって舌と喉を診察するのは、免疫力の状態を診るためです。詳しくは、『膿栓と舌苔は免疫力の低下が一番の原因!免疫を高める方法』をご参考にしてください。

だからでしょうか、「舌が白い」と悩まれる方が多いのですが、実際に見てみると、健康な舌の色であることが多いです。

右上の舌はきれいな舌ですが、

次の舌も健康な舌です。

健康な舌

このように、薄らと白い膜が張っているのが健康な状態です。

薄く白くなっているのは、常在菌のバランスがとれている証拠です。それでも、舌がこすれたり、熱い食べ物を食べ、舌乳頭が角化すると舌が白くなりますが、これは健康な人でもよく起きること。そして、そのようなことから、たとえ白くなっても、直ぐにピンク色に戻ります。

もし、あなたの舌もこのようであればご安心ください。もし元に戻らない場合は、『舌磨きをしてもすぐに白くなる理由』をご参考にしてください。

体質で舌の色が異なる

舌には毛細血管が張り巡らせています。だから、血液の色が舌の色に反映すると考えるといいです。

人によっては血液の色が違うことがあります。きれいな血液もあれば、濁っている血液も。当然ですが、濁っている血液はよくありません。血液が濁っている場合は紫色や茶色ぽい舌になります。人によっては、血液が薄い人もいます。この場合は、舌が黄色くなることも。

また、血行によっても舌の色は異なります。
血行が良いとピンク色に映ります。しかし、血行が悪いときには舌が紫色や黒ぽい赤色になります。

他にも、喫煙や食べ物によっても、舌に色が付きます。たばこを吸うとニコチン・タールが舌につくので、黄色くなります。カレーを良く食べる人も黄色くなります。そして、舌苔(ぜったい)ができていると、その傾向が強くなりますので気をつけてください。

舌の奥の方が白くなっている

喉に細菌が繁殖しているケースでは、喉に近い部分だけ舌が白くなります。舌苔ができるのは、ドライマウスや口呼吸の人に多い。でも、普段、舌がキレイな人でも、疲れやストレスがたまり免疫力が下がると、舌苔ができます。その場合は、健康状態が良くなると元にもどるので心配ありません。

詳しくは、『舌の奥が白い!その原因と対策は?保湿ジェルがおすすめ』をご参考にしてください。

異常に舌乳頭が長い

先天的に舌乳頭が長い場合のほか、後天的にも薬の副作用などによって、舌乳頭が長くなることがあります。
舌乳頭が長いと、その分汚れも溜まりやすくなり、細菌が増え舌が白くなりやすくなります。後天的に舌乳頭が長くなっている場合は、舌磨きのし過ぎかもしれません。その場合は、舌磨きをやめることが大事です。舌乳頭が治癒されれば、治癒すると思います。

舌に溝ができている

舌の表面にいくつかの溝ができている症状を溝状舌(こうじょぜつ)といいます。溝に食べかすなどの汚れがたまるので、舌も白くなりやすくなります。
舌に溝ができると、細菌によって炎症が起き、痛みや味覚障害が出ることがあります。詳しくは、『舌の溝は治る?溝状舌(こうじょうぜつ)によるリスク「舌苔」』をご参考にしてください。

舌がまだら模様

舌がまだら模様になっているのを「地図状舌」といいます。舌苔の一部がはがれ落ち、地図のようになるので地図上舌と名前がついたのかもしれません。このように、舌がまだらになると病気ではないかと不安になると思います。

地図状舌の原因は明らかではありませんが、良性の変化で、幼児にはしばしばみられ(約15%)、大人でも1~6%にみられるといわれます。

まだら模様になる地図状舌は、子供に多く成人で成人もいますが、少ないのが特徴です。また、舌がまだらになる原因はわかっていませんが、一部ではビタミンB不足や遺伝、体質が原因だともいわれています。

舌がまだらになっても痛みがありません。まれに、舌がピリピリしたりしみる場合があるようです。でも、病院でも具体的な治療法がなく、経過観察するしかないようです。

地図状舌の変化は日によって、位置、形態、広がりを変えるのが特徴です。それぞれの病巣はたえず変化しますが、全体的にはきわめて慢性の経過を示し短期間での治療や、あるいは自然治癒は望めません。

引用:町医者の家庭医学 みやけ内科・循環器科

舌癌の症状

舌に苔ができたり、舌の色が悪いと、舌癌を疑うかもしれませんね。舌癌の場合の腫瘍ができやすい部位は、舌の裏や縁で、前方に多いです。

舌癌の症状

  • しこりがある(触ると硬い)
  • 舌の一部分に色の変化が見られる(白い、赤いなど)初期の舌がんの特徴ですので、この時に分かると治療しやすい。
  • 舌粘膜のただれができ続く
  • 口内炎のような症状が続く
  • しびれや麻痺がある
  • 味覚障害がおきる
  • 少しの刺激で痛むことがある
  • 舌を動かしにくくなる

引用:舌がんの症状!口内炎との違いはコレ!2週間治らなければ注意

まとめ

舌の色を観察することで、病気であるか健康状態がわかります。紫色など舌の色が悪い場合には、一度、内科などを受診されると良いと思います。

病気ではなくても、体の免疫力が低下しているなどがあれば、舌が白くなり苔ができます。そのような場合には、舌苔(ぜったい)を取りできないように口腔ケアをすることも大切です。そのような場合には、『美息美人(びいきびじん)で舌苔を除去する方法…白い舌がきれいに』をご参考にしてください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する