舌の病気かもしれない!舌苔(ぜったい)は病院で治療できる!?

舌苔(ぜったい)は病気が原因?病院の舌苔治療とお家での舌ケア方法の違い

舌苔(ぜったい)ができ舌が汚くなると、「病気なのでは?」と不安になるかもしれませんね。舌苔ができると、舌がピリピリ痛くなったり、食べたものの味が分からなくなることも。だから、心配するのも仕方ないかもしれません。

でも、舌に白く厚い苔が付いていたとしても、舌がんでないどころか何の病気にもなっていないことのほうが多いです。しかし、常に舌苔(ぜったい)が出来ているのは口腔が汚れることに。悪玉菌が増えるので、歯周病や口内炎など様々な病気の原因にもなります。

そのようなことにならないように、今回の記事は、舌の病気についてと、病院の舌クリーニングの方法、そして、家庭で行う場合の正しい舌ケアについてご紹介します。ぜひ、ご参考にしてください。

舌の病気

舌の病気で多いのは、口内炎かもしれません。熱い食べ物を口に入れやけどしたり、舌を噛むことでも口内炎ができますが、どうして口内炎になったか分からないこともありますよね。口内炎になるのは、「ビタミン不足」とよくいわれますが、正直なところはっきりしていないそうです。口内炎になる原因は、他にも次のようなものがあるので、口内炎が良くできる方は気をつけてください。

【口内炎の原因】

  • ビタミンB群の不足
  • 不規則な生活習慣
  • 精神的な疲れ、ストレス
  • 加齢
  • 唾液の不足や口呼吸による口腔乾燥
  • 菌やウイルスによる感染
  • 風邪による発熱
  • 抗生物質の服用
  • 歯磨きに含まれる合成界面活性剤など

それに、口内炎だと思っていたら舌がんだったということもあります。詳しくは、『舌がんの症状!口内炎との違いはコレ!2週間治らなければ注意』をご参考にしてください。

【舌がんの原因】

舌がんの原因は分かっていないようです。しかし、次のようなことがあると、舌がんになりやすいリスク因子だといわれています。とくに喫煙と飲酒が危険因子です。

  • 喫煙習慣
  • 飲酒
  • 歯並びが悪い、歯が内側に傾いているなどによって、舌の同じ部位を慢性的に刺激する
  • 義歯の金具がつねに舌に当たることもがんのリスクとなる
  • 舌に歯型がつく
  • 香辛料など刺激の強い食べ物をよく食べる
  • 口腔内が不衛生(歯磨き不足、歯周病、舌苔などで細菌が増え口腔が酸性になっている)

【舌の病気】

  • 舌がん
  • 舌痛症
  • アフタ性口内炎
  • 義歯性口内炎
  • カンジダ症
  • 黒毛舌

舌の病気ではないけれど、舌に溝ができる「溝状舌」や、舌苔がはがれて地図のようになっている「地図状舌」のような症状もあります。溝状舌になると溝に汚れがたまるため舌苔の原因になります。溝状舌には先天性と後天的があり、ドライマウス症状が強いと溝ができやすくなります。溝状舌にならないようにするには、ドライマウス対策が大事ですね。また、舌苔がひどくなると地図状舌になることがあります。

舌がピリピリと痛むと不安になりますよね。舌がピリピリと感じる症状を舌痛症といいますが、神経性の場合やドライマウスが原因で舌が乾き舌苔ができているときにも起きます。

舌がピリピリと痛む時には舌痛症が疑われます。舌痛症は、更年期の女性に多く、舌に不安を持ち緊張した時に痛みを覚えることがあります。
他にも、入れ歯や矯正装置の金具などが舌によく当たることで、舌に炎症が起きることもあります。

引用:舌苔ができる原因になる!?舌の病気5つと舌の異常3つ

舌診(ぜつしん)

昔から舌の形や色などの様子を見ることで、体の健康状態もわかるといわれています。大阪大学歯学部附属病院では、東洋医学の舌診(ぜつしん)を取り入れて治療に役立てているそうです。

正常な舌は、赤ちゃんの舌に近い状態。反対に病的になると、舌が紅色だったり、黄色や褐色の舌苔(ぜったい)が付きます。他に血液の循環が悪いと舌の裏側の静脈が良く見え青紫色が目立っています。

正常な舌は淡い紅色で、苔は薄い白色、歯形もなく、ほどよい大きさで潤いがあります。きれいな舌は健康な赤ちゃんや子供で観察できます。体に熱があると紅色になり、ひび割れ、苔も黄色や褐色になります。また、体が冷えて血液循環が悪いと青紫の斑点が出現したり、舌下の静脈が腫れたりします。

引用:大阪大学歯学部附属病院 舌を眺めてみませんか?舌による健康チェック

病院で舌苔(ぜったい)を除去する

舌苔(ぜったい)自体は、病気ではありませんが、舌苔ができできやすい時は、免疫力が低下していたり口腔環境が悪化していることがあります。そのため、舌苔ができているのは病気になりやすい状態といえるかもしれません。舌苔(ぜったい)ができる原因について詳しくは、『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

舌の状態が悪く病気が気になる場合は、病院(歯科)で診てもらうのが良いと思います。

病院(歯科)によっては、舌クリーニングをしてくれる病院もあります。「舌クリーニング」については、あまり聞きなれない方法かもしれません。

舌クリーニング

口臭外来など専門的な病院(歯科)で行う舌クリーニングの手順をご紹介します。

  1. 口臭測定
  2. 口腔内の検査(虫歯、歯周病、舌苔、唾液分泌など)
  3. 舌クリーニング

3WAYシリンジで舌の洗浄を行います。3WAYシリンジの先端からは、風、水、霧が噴射されるので、舌を洗浄するには良いかもしれません。
3WAYシリンジを歯科治療中に見た人は多いかもしれません。シリンジの本来の使い方は、治療する歯を風でシュッと乾かしたり、水で洗浄するために使います。

舌クリーニングの料金については…

保険適用外で、1回につき1,080円~1,500円。舌クリーニング1回につき1,000円台であるので、キレイになるのならやってもらう価値はありそうです。

引用:舌苔(ぜったい)除去は歯科?それとも耳鼻科で取る?舌磨きジェルって知ってる?

舌苔(ぜったい)の治療法…YAHOO!ヘルスケアと家庭医学館

もし、舌苔(ぜったい)ができて、一日も早くきれいにしたいとお悩みでしたら、これからお伝えすることはお役に立てると思います。ぜひ、ご参考にしてください。

家庭医学館の解説より

舌苔(ぜったい)の基本的な治療は、口の中の清潔を保つことです。

細菌が感染している場合には、消毒効果のある含嗽剤(がんそうざい:うがい薬)でうがいをし、真菌が感染している場合には、抗真菌薬を含んだ含嗽剤(がんそうざい:うがい薬)を加えることもあります。

また、薬剤が舌苔(ぜったい)の原因と考えられる場合には、その薬剤の使用を中止します。

ちなみに

YAHOO!ヘルスケアによると、 

舌苔(ぜったい)の治療方法について

治療は、原因疾患があれば治療しますが、舌苔(ぜったい)自体は治療の必要はありません。

(ぜったい)をへらなどを使ってこすり取るようなことは、粘膜を傷つけることになり、他の病気につながってしまいます。

規則正しい生活をすることと舌をしっかり使うこと(十分な咀嚼そしゃくと会話)、新鮮な唾液の分泌を図ることが大切です。

介護が必要な老人など自分で歯みがきができない場合は、舌の表面の汚れを軽くとってあげます。

以上が、舌苔(ぜったい)の正しい治療方法です!

発表されていることをまとめると、

舌苔(ぜったい)が出来る原因は、唾液の減少!
唾液が減ると舌苔(ぜったい)が出来る。

だから、

規則正しい生活をして胃腸の調子を整え、食事は良く噛んで、良くしゃべることが唾液の分泌を促すので大事だというわけです。

舌苔(ぜったい)の治療の基本はうがい!

家庭医学館の解説では、積極的な舌苔(ぜったい)の治療法として、うがい薬によるうがいを勧めていました。

さらに、真菌が原因の舌苔(ぜったい)の場合には、抗真菌剤を口に含むケースもある。と説明されています。ですから、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水でうがいすると舌がきれいになるのですね。

舌苔(ぜったい)を形成する細菌や真菌は、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」の強アルカリイオン水が、大の苦手です。元々、口中の細菌や真菌は、PH7付近の中性でないと生きられません。

「舌苔(ぜったい)がひどい場合には、歯磨きだけでなく小まめにうがいをしてください。」

このように、美息美人のアルカリイオン水でのうがいをおすすめしているのは、こういう理由からなのです。

もう一つ付け加えると、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」は、医薬品ではないから、毎日でも安心してうがいに使用できます。

舌磨きはだめ!

YAHOO!ヘルスケアでも言っています。

舌苔(ぜったい)を無理に取ると、舌粘膜を傷つけるので良くない。

もし、舌ブラシなどで舌磨きをしているために、慢性的に舌が白くなってしまっている場合には、今すぐ、舌磨きを止めてください!

舌苔(ぜったい)を取ると口臭も減少します。だから、舌苔(ぜったい)を取ることは大事なこと。

しかし、過剰に舌磨きをするのは良くありません。

そのためにも、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水で、朝晩の歯磨きと小まめにうがいすることをオススメします。アルカリイオン水によって、徐々に舌がきれいになります。詳しくは、『舌磨きをしないで舌苔(ぜったい)を取る方法!舌を磨くと逆効果になるのでご注意ください』をご参考にしてください。

まとめ

舌苔ができると、舌磨きで舌の苔をはがそうとする人もおられます。しかし、無理に舌を磨くと舌の粘膜を傷つけ、かえって舌苔が厚くなり口臭も強くなることがあります。

そのため、お医者さんで舌苔の治療をしてほしいと思うかもしれませんが、舌苔の治療をしてくれる所は、ほとんどありません。歯科、耳鼻科、内科をまわっても、舌苔の治療を受けられないのが一般的です。

歯科で器械を使い舌を洗浄してくれる所がありますが、きれいになっても一時的で、ドライマウスなど根本的なことが改善されていないと、すぐに舌は白くなります。

ですから、舌をきれいにするために最も重要なことは、舌苔ができる根本的な問題を改善し、口腔全体の環境を清潔にすることです。そのために美息美人を使ってみてはいかがでしょう。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する