奥歯の奥が臭い!口臭原因は…歯周病、親知らず、膿栓、膿汁!その対策はこれ

奥歯の奥から臭いにおいがする!4つの原因とケース別対策方法

歯みがきをした後でも、舌で奥歯をなめると「ぷん」と鼻に口臭を感じることがあります。

普段は、それほどニオイがしていると感じないが、舌を奥歯に触れると感じる口臭です。

酷い悪臭ではないので、放置していることが多いかもしれませんが、そのままにしておくと、いずれ酷い口臭を発することになるので早目の対策が必要です。

今回の記事は奥歯の奥から臭いがする原因と対策についてお伝えします。
もし、そのような口臭でお困りでしたら、ご参考にしてくだされば幸いです。

奥歯の奥が臭くなる原因

%e8%87%ad%e3%81%84%e7%94%b7

口臭には色んなタイプがあります。

「会話によって相手に臭いが伝わる口臭」や、ひどい口臭タイプになれば、呼吸をしているだけで、「部屋中に臭いが充満する口臭」もあります。

今回の「奥歯からプンと臭いがする」タイプというのは、普段は本人も「口臭がしているかどうか分からない」人が多いです。それほど臭くない口臭です。

でも、舌で奥歯の奥側をなめると「ぷん」と微かな臭いを鼻に感じるので気になってしまいます。

しかし、「奥歯の奥が臭い」といっても原因は人によって異なります。

【奥歯の奥から口臭がする場合の原因】

  1. 歯周病(一番多いのが歯周病による口臭です)
  2. 親知らず(虫歯、歯周病、抜歯後の歯茎穴からの臭い)
  3. 膿栓(のうせん)
  4. 膿汁(のうじゅう)

このように口臭タイプも違いますが、口臭原因も人によって様々なので、口臭は厄介です。詳しくは『日本口臭学会から学んだ最先端の「口臭の治し方」は意外とカンタン!?』をご参考にしてください。

奥歯の奥が臭いのは歯周病が原因

歯科治療

あなたは、次のような経験はありませんか?

「口臭が気になり歯医者で検査してもらったが、口臭はないと言われました。でも、その後も奥歯の奥から臭いがしていると感じます。」

これは、どういうことでしょう?歯医者さんからは大丈夫だと言ってもらったのに、自分には明らかに口臭が分かるという合点のいかないお話。

この人のように、お客さまからは「歯医者で診てもらった。でも口臭がする。自臭症なのでしょうか?」というご相談を良くお受けします。

そういうお客さまに、よくよくお聞きすると…

歯みがきで出血
「歯周ポケットの深さが、5ミリのところがある。」
「たまにブラッシングをすると出血をする。」
「歯茎が腫れるときがある。」
「奥歯が浮いた状態だ。」
「硬いものを噛むと歯が痛い。」

などなど…。

じつは、これらはすべて歯周病の症状。

健康な歯ぐきと歯周病の歯ぐき

そして、歯周病になると、必ず、多かれ少なかれ口臭がします。必ず、臭っています!

自身をもって申し上げます。長い期間、身を持って歯周病と戦ってきましたので、よく分かっています。

口臭チェッカーで測ってみて、測定値が1か2。
気になるので一生懸命に歯磨きをするのですが、歯周病になっているので、決して口臭チェッカーが0になることはありませんでした。

どうしてかというと、

どれだけ丁寧にブラッシングをしても、奥歯の奥側だけは磨き残しができます。奥歯の奥は歯ブラシが届きにくいので、プラークが付きやすい。そのため臭くなるのです。

奥歯のレントゲン

それだけではありません。奥歯の奥には親知らず(智歯)が生える。人によって様々で、親知らずが中途半端に出ていたり、横に生えていることも。そのため、それでなくても磨きにくい箇所なのに、よけいに磨けないのです。ですから、虫歯になりやすい部位です。

奥歯の奥はきれいに磨けない

磨き残しがあると歯石が付き、虫歯や歯周病に発展します。奥歯の奥が、歯の中で最も歯周病になりやすい部位だということを覚えておいてください。

それに、歯周ポケットの深いところから、ニオイが出ているので、歯周ポケットの浅い部分をいくら歯磨きしても、完璧には磨けないのです。

奥歯の奥から口臭がでるのはそういう理由が多いです。

歯周病の程度(歯周ポケットの深さの程度)によっては、他人には分からないレベルのニオイかもしれませんが、本人だけには分かるので気になるのです。

奥歯の奥が、歯周病になっていないか調べる方法は、意識的に奥歯の奥を舌でなぜながら息を鼻から出すと分かります。

歯周病の検査

歯周病の進行

喉の奥のほうから臭いがするので、よく膿栓(のうせん)と勘違いされる方が多いようです。こちらの『膿栓(のうせん)が口臭原因だと思っていたが?』もご参考にしてください。

でも、歯医者さんで歯周ポケットの深さを調べてもらうとポケットが深くなっているので、やっぱり歯周病(歯肉炎・歯周炎)だったということがあります。

口臭外来ではない一般の歯科では、口臭について相談しても、なんともないです。」といった答えがかえってくる場合が多いのですが、歯周ポケットの深さはきちんと調べてもらうことが大切です。

歯周ポケットの深さを調べれば、歯周病かどうかだけではなく、その程度までが分かります。次の数値を参考にしてください。

歯周ポケットの深さ

歯ぐきをブラッシング
健康な歯ぐきでは1~2ミリ。

中程度の歯周炎があると3~5ミリ。
歯周病が進行した場合は6ミリ以上になることがあります。

歯周ポケットの深さが3ミリ以上あれば、歯周ポケットの中で歯周病菌が活動しています。歯周ポケット内には汚れや膿が溜まるために腐敗臭が発生します。
これが、歯周病になった時に出る口臭の代表的なパターン。

重度の歯周病になると、出血と膿が混じり出てくるので口臭もかなり強くなります。それに、重度の歯周病になると、治療も困難で、最悪の場合には抜歯しなければいけなくなります。詳しくは『歯周病の口臭、出血、歯茎の腫れに効く歯磨き粉の選び方』をご参考にしてください。

最悪のケースにならない内に、歯医者さんが「大丈夫」といっても、プンと臭いを感じるようであれば、歯周病検査を受けることをお勧めします。

歯周病の予防と対策

ちょっと待ってください!まだあります。

それは…ワンタフトブラシの使用です。

ワンタフトブラシで歯ぐきの間を磨く
ワンタフトブラシは、歯科医院で販売している奥歯や隙間専用の形の変わった歯ブラシです。普通の歯ブラシとは違い、1本ブラシです。

ブラシ部分がこの形状なので、奥歯の奥側でも磨くことができる優れものです。

onetaft

この歯ブラシの使い方は、ふつうに歯磨きをしたあとの仕上げに使用します。

歯と歯ぐきの間の歯周ポケットの内部をワンタフトブラシで軽く磨くだけで、ネバネバの液が出てきます。このネバネバこそ、歯周病をの張本人であるプラークです。

歯周ポケット内のプラークは、歯ブラシでブラッシングしたぐらいでは、決して取れません。

だから、すでに歯肉炎になっていれば、徐々に悪化していくのですね。悪化して歯槽膿漏になり歯が脱落することにもなります。そのような場合には、歯周病の治療が必要になります。

歯周病を予防する方法として、私が現時点で最高だとお伝えできる方法は…

1、歯科医院で3か月おきに、定期健診をうけ歯石除去をしてもらう。どれだけ丁寧にブラッシングをしても奥歯や狭い隙間部分には磨き残しが出来ます。だから、定期的に歯石除去をしてもらうことは必要です。

2、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」でブラッシングをする。美息美人(びいきびじん)は強いアルカリ性の歯みがきなので、歯周病菌など嫌気性細菌に効果があります。詳しくは『美息美人(びいきびじん)が歯周病菌を退治している写真』をご参考にしてください。

3、ブラッシングの仕上げにワンタフトブラシで歯周ポケットを磨く。

歯と歯肉の間のプラーク

普通の歯ブラシだけでは必ず磨き残しが出来ます。ワンタフトブラシや歯間ブラシ、フロスなどを使うとより効果的に汚れを除去できます。

歯周病は、この3つを実行することでかなり良くなることでしょう。

親知らずが原因で奥歯の奥が臭くなる

親知らずの歯が生えていると、口臭原因になることが多いです。親知らずの歯は、口が狭いと真っすぐに生えることができず、傾いて立っていたり、歯茎の中に埋まっているケースもあります。

そのため、歯や歯茎へ刺激を与えたり、汚れがたまることから、口臭が発生することがあります。

【親知らずによる口臭発生の原因】

  1. 親知らずは、真っすぐに生えずに斜めや横向きに生えているケースが多く、そのため、汚れが良くたまります。また、ブラッシングも困難なケースが多く、食べかすが発酵し口臭となります。
  2. 親知らずの部位はブラッシングが困難のために虫歯や歯肉炎にもなりやすく、口臭原因になります。
  3. 親知らずが横向きに生え、前の大臼歯を刺激することによって、歯茎や歯根膜に炎症が起きることがあります。そのことから口臭が発生します。
  4. 親知らずを抜歯した後、歯茎にぽっかり穴が出来ます。その穴に汚れがたまり発酵することで口臭が発生します。

歯茎が臭い場合は、こちらの記事『歯茎が臭い!歯周病が進行しているかも?治し方はコレ!』をご参考にしてください。

親知らずから臭いがする場合は、歯周病や虫歯になっていることがあるので、早目に歯科で診てもらうことをおすすめします。

膿栓と膿汁が原因で奥歯の奥が臭くなる

膿栓(臭い玉)は喉の左右にある扁桃腺に出来ます。そのため、膿栓が出来ると奥歯の奥から臭いを感じることがあります。

膿栓は、喉の炎症などによって喉にばい菌が増えることから出来ます。蓄膿症やアレルギー性鼻炎など鼻や喉の疾患があると、鼻汁が喉に付くため、扁桃腺炎になり膿栓や膿汁が出来やすくなります。

膿栓と膿汁は、ドライマウスや口呼吸の人の場合に特に出来やすくなります。

膿栓と膿汁については、『膿汁(のうじゅう)が本当の口臭原因!膿汁は膿栓より臭い!』をご参考にしてください。

膿栓と膿汁の対策方法

膿栓と膿汁は、耳鼻咽喉科の疾患や後鼻漏が原因にことが多いです。(逆流性食道炎が原因のケースもある)ですから、膿栓や膿汁が気になる場合は、まず、耳鼻咽喉科の診断を受けられることをおすすめします。

耳鼻咽喉科で診断を受けられても、慢性の膿栓・膿汁だったり、軽度のケースでは、「問題ありません。」と回答されることがあります。

お医者さんが問題ないからといっても、そのままにしておいて膿栓や膿汁が治ることはないので、ご注意ください。

膿栓や膿汁を一度に無くすことは、難しいです。というのは、たとえ膿栓を除去したとしても、喉にばい菌が多いと膿栓や膿汁はすぐにできるからです。

膿栓と膿汁の対策で重要なのは、喉の清潔を維持することです。

常に喉をキレイに保つと、膿栓や膿汁はできなくなります。そのためには、喉のうがいが有効です。毎日、ガラガラうがいを行うと良いでしょう。

おすすめは、アルカリイオン水を使って扁桃腺に当たるようにガラガラうがいを行います。うがいを吐き出すときには、痰をきるような感じが良いです。

一般的には、うがい薬や塩水、マウスウォッシュなどがありますが、「美息美人」のアルカリイオン水が汚れが良く取れます。膿栓や膿汁が気になっている方は、是非お試しください。

膿栓がうがいで除去できる

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する