重曹では舌苔は取れない?はちみつ飴は逆効果になる!?正しい舌苔予防はこうする!

重曹やはちみつで舌苔は取れない!舌磨きや歯磨きが逆効果になっているかも。舌をキレイにする正しい方法を知ってください!

今からお話しすることは、今まであなたが読んだ「白い舌」に関することの中で最も衝撃的なニュースかもしれません。

世の中には舌を磨くブラシやマウスウォッシュがあふれるほどあります。最近は、「重曹で舌苔が取れる」なんていうことも言われています。もし記事ほどの効果があれば、もっとたくさんの人たちが「これを使って舌がピンク色になった。」と喜ばれているはずです。

舌苔ができて困っている人が多いのですが、これらの方法でどれだけの人が改善できているでしょう?多分、一部の人だけだと思います。その理由は簡単です。舌苔を取るのは、それほど容易ではないからです。

舌苔を取るには、舌苔のことを正しく理解する必要があります。そして、正しい方法で舌のケアを行わないといけません。そうでないと、決して頑固な舌苔を解決できません。

今回の記事は、重曹やはちみつなど舌ケアの間違った方法を解説するとともに、正しい舌ケアについてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

重曹で舌苔(ぜったい)が取れる?

「重曹で舌苔(ぜったい)が取れる!」というような記事を見たことがありますが、果たして重曹で舌苔は取れると思いますか?

結論を申しますと、「重曹で舌苔は取れません」。もし、重曹で舌苔が取れたとしたら、水でも取れるような舌苔だったと思います。重曹で舌苔が取れない理由についてご説明します。

「重曹」とは、炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)のことを言います。炭酸水素ナトリウム、重炭酸ナトリウム、重炭酸ソーダ、とも呼ばれますが、すべて同じ重曹のことです。

ふくらし粉やお菓子を作るときに利用されたり、胃腸薬としても重宝されてきました。また重曹は、洗浄や入浴剤として重要な物質として広く知られるようになりました。他にも飼料や洗剤の原料、腎不全患者の人工透析液に、ベーキングパウダー等様々な使用用途があります。

重曹は食品添加物や胃腸薬としても利用されているので体には安全。ですから、口に入れても大丈夫かもしれません。

しかし、舌をキレイにすることは別です。というのは、舌苔は細胞のはがれた物などにばい菌が繁殖してできたタンパク質汚れだからです。舌苔を取るためには、タンパク質を溶かさないといけません。はたして重曹で舌苔を溶かすことができると思いますか?

マイルドな弱アルカリ性:重曹は、白色の粉で、pHは、8.5(1%水溶液、25℃)です、(pH値が小さいと酸性が強く、pH値が大きくなるとアルカリ性が強い。中性は、pH=7 です。)

引用:重曹&クエン酸販売 重曹とは

重曹のpHはpH8.5の弱アルカリです。海水がpH8.4、飲料のアルカリイオン水がpH9~pH10。

わかめ・ひじきなどの昆布類やホウレン草でもpH10もあり、重曹よりアルカリ度が高いです。昆布やホウレン草を食べて舌がキレイになったことがありますか?舌苔はpH10程度では取れません。舌苔で困っている方であれば周知のとおり、pH8.5程度の重曹では舌はキレイにならないことが分かっています。

でも、重曹を使ったことがない人であれば、洗剤として評判の良い重曹に関心を持ってもおかしくありません。たとえ舌苔が取れなかったとしても、予防になるかもしれません。(但しおすすめできない方法です。)

ただ、ネットの噂をうのみにしないようにお伝えします。心配しているのは、効果が期待外れになることよりも、うがい薬として許可されていない洗剤を使用することです。口の中に入れるものなので、しっかりと試験して安全性が認められていないものは使わない方が良いです。

はちみつ飴で舌苔が取れる?

はちみつで舌苔(ぜったい)を取れるという記事をよく見かけます。はちみつには「プロテアーゼ」というタンパク質を溶かす成分が含まれているので、舌苔も取れそうな気がしますよね。

スーパー等で売っているはちみつなら何でも構いません。小さじ一杯を舌の上に乗せてお口の中で転がします。はちみつには「プロテアーゼ」と呼ばれるタンパク質を溶かす成分が含まれているので舌苔も溶かしてくれるのです。
2~3分程度でも効果がありますが個人差もあります。いろいろな間隔で試してください。そのまま飲み込んでも健康に害はないと思いますがなんせ舌苔は細菌だらけ・・・・。その後、吐き出してお口をすすいでください。
出典:Beauty&Healthy-Life

そのためでしょうか、はちみつ飴をなめて舌をキレイにしようと思っている方がいました。もし、あなたもはちみつ飴をなめようと考えていましたら、やめた方が良いです。

はちみつ飴をなめると唾液が出るので、一時的に舌はキレイになるかもしれません。しかし、はちみつ飴は砂糖のかたまりです。そのため、飴をなめると口内が酸性になりばい菌が増殖します。舌苔はばい菌が作るので、飴をなめると舌苔を作るようなものです。

それどころか、虫歯や歯周病になるリスクが高まるので口臭原因にもなります。舌苔や口臭は厄介です。短期的に治すことよりも、長期的に口内環境をキレイにすることを行わないといけないのです。

はちみつ以外にも、パイナップルやオイルプリングなどの方法もあります。詳しくは、『舌をきれいにする方法!ハチミツ、飴、パイナップル、オイルプリング、舌ブラシ』をご参考にしてください。

ガムを噛んで口臭をごまかす

ガムを噛むことは、唾液の分泌を促すのでいい事です。しかし、砂糖がたくさん入っているガムを噛むと、口中が酸性化するので、細菌を増やすことになります。虫歯だけではなく、舌苔もできやすくなるのです。

それに、歯磨きをしていなくても、ガムを噛むと口がすっきりします。これは、香料などのせいなのですが、歯磨きをしたような錯覚を起こします。

ガムを噛むことを習慣にしていると、歯磨きがおろそかになることもありました。「歯磨きをしなくても、ガムを噛めばいいや。」と。このようにならないよう気をつけてください。詳しくは『ガムは口臭に効果があるか?口臭を予防するおすすめの噛み方』をご参考にしてください。

舌を磨いてはいけない


「白い舌」をピンクにするために、現在、やっていることを今すぐ止めてください!

舌が白い時に真っ先にしないといけないこと。それは、「舌磨きをやめる」ことです。舌磨きをやめない限り舌苔(ぜったい)の改善は期待できません。デリケートな舌を舌ブラシなどで磨くと傷つき、よけいに舌苔ができることになるからです。

今でこそ、舌磨きが良くないことを理解されている人が増えてきていますが、まだそんな大切なことを知らない人がたくさんおられます。

舌磨きが良くないことを知らないのは仕方ないとしても、知っていても、舌磨きを続けている人がいます。

その理由は、舌が白いままできれいにならないからだと思います。でも、はっきりと申し上げます。舌磨きは良くないので止めたほうが良いです。詳しくは『正しい舌磨きの方法』をご参考にしてください。

毎回、歯磨きの時に舌磨きを行う

歯磨きのついでに、舌も磨く人が多いです。私もやっていました。それも、歯磨きに使用した歯ブラシを使っていました。歯ブラシの毛は、たとえ柔らかい毛先でも樹脂製です。舌よりもはるかに硬いため、こする度に舌に傷がつきます。

人によっては、舌磨きのときにも歯磨き粉をつける人がいますが、最悪の方法です。

舌磨きに使う専用の舌ブラシやへら

舌磨き用に専用のブラシやへらが売られています。舌磨き専用なので安心して使っていました。でも、結局、歯ブラシとほとんど変わりません。

それどころか、安心してよけいに強く磨いてしまい舌苔が悪化し痛くなりました。

歯磨き粉を使うと舌苔が治らない

アメリカ人のホワイトニング歯磨き粉

ほとんどの市販の歯磨き粉には、合成界面活性剤や発泡剤などの刺激の強い成分が含まれています。この添加物が舌には良くありません。そのため、市販の歯磨き粉を使っている人の場合には、努力をしているにもかかわらず中々舌がキレイにならないのです。

歯磨き粉を使うと良くない理由をご説明しますね。舌苔ができやすい人の多くは唾液が少なく、舌に添加物がついたまま残ってしまいます。唾液が多いとそのようなことはないのですが、市販の歯磨き粉を毎日使うと舌の角化が進みます。そのため、よけいに舌苔ができるようになるのです。詳しくは『歯医者さんがすすめる歯磨き粉ランキング』をご参考にしてください。

デンタルリンスやマウスウォッシュを使うと舌苔が治らない

歯磨き粉と同じように、デンタルリンスやマウスウォッシュにも刺激性の強い添加物が入っています。商品によっては、アルコールが入っているものもあります。このアルコール含有が舌苔には問題になります。

アルコールは、口に入れると舌が乾燥するため舌苔ができやすくするのです。お酒を飲んだ翌日に舌が白くなるのは同じ理由からです。

ですから、デンタルウォッシュやマウスウォッシュを購入するときには、成分表示をよく読んでから買うようにしてください。

習慣的な歯磨きで舌苔が治らない

ほとんどの人は、歯磨きを習慣的に行います。歯磨きは朝の習慣ですから、何も考えず無意識に行うのが普通ですよね。歯ブラシに歯磨き粉をつけて、ゴシゴシ、ブクブク。磨けていても磨けてなくても、たいていはこれで終わりです。

その結果、歯磨きをしてるのに口に汚れが残ることに。毎日歯磨きをしているのに、歯科健診に行くと必ず歯石ができていませんか。これは、磨き残しがあるからです。(歯垢が残ってかたまると歯石になる)

歯垢(プラーク)が増えると虫歯や歯周病の原因になりますが、それだけではありません。歯垢が残ると、歯垢の細菌が舌に感染し舌苔を作るのです。

ですから、舌苔をできないようにするには、日々の歯磨きをていねいに行うことが大切なのです。効果的な歯磨きについては『正しい歯磨き方法と効果的な歯磨きの仕方の違いとは』をご参考にしてください。

舌苔ができる原因

私の場合、先ほどの間違いを来る日も来る日も続けていました。「こんなことをやっても治らないだろう。」と疑いながらも、ほかに良い方法がないので、ただやっていたという感じです。

はたして、その後、私の白い舌と口臭は改善したでしょうか?舌苔の改善どころか、歯周病が悪化し口臭もひどくなっていったのです。

かかりつけの歯医者さんに相談すると、「今、使っている歯磨き粉やデンタルリンスは止めた方が良いですよ。」そして、舌磨きも舌を傷つけることになります。歯科衛生士から正しいブラッシング方法を指導させていただきますので覚えてくださいね。」でした。

この歯医者さんのアドバイスを信じて、それからずっと実行した結果、白くなっていた舌が少しずつ改善されたのです。そして、ひどかった口臭も軽減し落ち着きました。

あなたは、私のような経験はありませんか?

もし、あなたも同じようなことをされているのでしたら、今すぐ現在悪い習慣を止めてください。舌苔(ぜったい)が悪化することは防止できると思います。でも、白くなった舌で困っていると、それくらいのことでは納得できないと思います。私がそうでした。

口臭で悩んでいた頃の私は、少しでも口臭があると不安でしかたなかったので、完全に口臭がなくなることを望んでいたからです。完全に舌をキレイにするには、舌苔ができる原因を理解する必要があります。

【舌苔ができる原因】

  1. 口腔環境が悪い(歯磨きの不足、虫歯、歯周病など)
  2. 免疫力の低下(胃腸が悪い、風邪、病気、疲労、ストレスによる)
  3. 喫煙習慣
  4. 口呼吸(いびき)
  5. ドライマウス(加齢、ストレス、自律神経の乱れなど)
  6. 薬の副作用によるドライマウス
  7. シェーグレン症候群
  8. 舌に溝が出来ている
  9. 耳鼻科疾患

などが舌苔の原因になっています。舌苔を解決するには、その原因を改善することが大切です。詳しくは、『舌が白くなる原因!疲れ?ストレス?病気?風邪?それとも…』をご参考にしてください。

正しい舌苔の予防法

舌苔(ぜったい)は取っても再発するので、だめということが理解できたのではないでしょうか。舌苔を解決するには、できないように予防することが大事です。

先ほど、舌苔ができる原因をお伝えしたので、もし当てはまるものがあれば、その原因を改善しないといけません。そして、舌苔ができないようにするには、もう一つ重要なことがあります。

それは、口内環境をキレイに保つことです。日々の歯磨きやうがいで口内を清潔にできれば、ストレスが減り唾液も出やすくなるかもしれません。舌がキレイになれば味覚障害もなくなるので、食事が美味しく頂けます。だから唾液もよく出ます。

そして、美味しいのでよく噛むようになるかもしれません。噛むと唾液腺を刺激するので更に唾液が出るようになります。この循環が、口腔環境をキレイにしていきます。そうすると、チョット風邪をひいた程度で舌が白くなったとしても、すぐに良くなることができます。

その思いが、現在の口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」の開発につながったのですが。もし、あなたも私のように、「限りなく舌をキレイにしたい。」と思っているのでしたら、私がずっと使っている美息美人(びいきびじん)を使ってください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する