息を嗅ぐだけで口臭原因と対策が分かる!?

においを嗅ぐ

息の臭いを嗅ぐだけで口臭原因が分かると、うれしくないですか?

今まで、「口臭が気になるけれど、何が原因なのだろうか?」とか、「病気なのだろうか?」と不安になっていたとしたら、息を嗅ぐだけでその心配が解決できるのですから、すごいことですよね。この記事を読んだ後には、そのようなことが出来るかもしれません。

口臭は人によって様々で、ニオイも口臭原因によって違います。臭いが違えば、口臭の種類だけではなく原因も違うかもしれないのです。

そのため、口臭を解消するには、ご自分の息がどんなニオイをしているかを知ることは、とても重要なことです。

口臭を解決する方向に導くために、あなたのな貴重な情報である「臭い」を実際に嗅いで確かられることをおすすめします。このことを実行すると、あなたの一番知りたかった口臭原因と対策方法が分かるかもしれないのです。

今回の記事は、口臭のニオイの種類による原因と対策についてお伝えしますので、ご参考にしてください。さて、あなたの口臭はどんな臭いですか?

口臭を確かめる方法

口臭を確かめる方法としては、口臭チェッカーで測る方法や口臭外来の口臭計測機器で測る方法があります。簡易口臭チェッカーについて詳しくは、『口臭チェッカーの精度!口臭値の不安を解消します』をご参考にしてください。

しかし、「どんな臭いをしているか?」を調べることまではできません。

口臭外来の口臭計測機器で臭いを調べると、どんな種類のガスが出ているかが分かります。ガスの種類から、「どんな臭いがしている」、「何が原因だろう」と予想できます。

確率が高いといわれていますが、それは予想でしかありません。正確に調べるには、人間の鼻で調べるのが一番なのです。私たちが知りたいのは、「自分の臭いを他人がどう感じているか?」なのですから。

ですから、あなたの息を人に嗅いでもらうことが大事です。

だからといって、息を嗅いでもらうことには抵抗があるかもしれません。その場合は、正確さは欠けますが、次のように行うことをおすすめします。

  1. 唾液の臭いを嗅ぐ
  2. コップに息を吹きかけて臭いを嗅ぐ
  3. ガーゼで舌を拭き、臭いを嗅ぐ
  4. 歯間ブラシを使ったあとに、ブラシの臭いを嗅ぐ

臭いの調べる方法について詳しくは、『セルフ口臭チェックの方法5つ!歯科医院の検査方法はコレ!』をご参考にしてください。

膿くさいニオイ⇒歯周病が原因

膿くさい一種独特なにおいで強烈な臭いがするのが特徴です。
人によっては、肉が腐ったにおいとか、生ごみのにおいに近いと表現します。

歯周病が原因となっている口臭が一番多いと言われているので、口臭がすると感じたら、真っ先に歯周病を疑うと良いです。

歯間ブラシや歯みがきをした時に出血があるのなら、口臭がしていると思って間違いありません

対策は…口臭の元!歯間ブラシが臭くなる原因と対策ポイント4つ

強い腐敗臭⇒虫歯が原因

歯髄(しずい)に炎症ができたり、歯髄(しずい)が壊死(えし)したりすると、細菌が増殖し腐敗臭を発生します。

膿臭いほか、ゆで卵やチーズが腐ったにおいをするのが特徴です。(軽い虫歯ぐらいでは、口臭は気にならないものです。)

虫歯治療して銀歯などを被せてから3年以上も経っていたら要注意です。銀歯の中で、二次カリエス(虫歯)が始まっている可能性が大だからです。

強い腐敗臭が続いている場合には、虫歯の可能性が高いです。

対策はこちらをご参考にしてください。⇒古い銀歯は口臭を発生します!臭くなる5つの原因と対策

虫歯でもないのに、腐敗臭がしていたり、口の奥にネバネバした粘液がよく溜まるとか、苦味がある場合には、もしかしたら、膿栓が原因かもしれません。

喉(のど)がドブ臭い!原因7つと臭わなくする方法

うんこ臭い口臭⇒歯磨き不足が原因

よく言われるうんこ臭い口臭というのは、歯垢(プラーク)のニオイです。
歯垢は、歯磨きが充分にできていないことで、歯に付着し、時間が経つと歯石になります。

そして、無数の穴がある歯石には歯垢がくっつきやすく、さらに歯垢が増える。
そして、さらにうんこ臭い口臭がする。

うんこ臭い口臭その2⇒舌苔が原因

うんこ臭い口臭は、歯垢(プラーク)だけが原因ではなく舌苔(ぜったい)の場合もあります。
舌苔(ぜったい)ができて舌が白くなっていても、口中が潤っている状態では口臭はしないのが普通です。

ところが、緊張やストレスで口中が乾くと、舌苔(ぜったい)からニオイ物質が気化し口臭となります。話が盛り上がった時に、ぷ~んと漂ってくる口臭。あれは、舌苔(ぜったい)が原因の口臭です。

舌苔(ぜったい)ができる原因は、胃腸の調子が悪いとか、ストレスがたまるとか、薬を服用しているなどいろんな要素がありますが、口臭を発生する時というのは口中が乾燥した時です。

舌が臭い場合の原因と対策は…舌が臭い原因はこれ!対策はこうする!

ニコチン臭い口臭⇒喫煙が原因

若い頃、口臭を消すために喫煙をすれば、口臭自体をごまかせると思っていたことがあります。
今となっては、とんでもない間違いです。

喫煙をする人の場合には、血管が収縮し血液循環が悪くなり、歯周病になりやすくなることが分かっています。ですから、煙草のヤニ臭さだけではなく歯周病が原因の膿臭さと混じり、酷い悪臭となります。

喫煙による口臭の対策はこちらをご参考にしてください。⇒タバコの口臭は想像以上に臭い!歯磨きで消えない場合の対処法

コーヒー臭い口臭⇒コーヒーが原因

コーヒー自体はいい香りがしているのですが、コーヒーを飲むと口中が酸性化し口臭を引き起こしやすい環境を作ります。

コーヒー豆の微粒子だけではなく、コーヒーに入れる砂糖やミルクは舌乳頭に付着しやすく、分解されると口臭原因となります。

また、過度の量の砂糖を入れる人の場合には、糖尿病になっているかもしれません。尿病の場合には、「リンゴが腐ったニオイ」とコーヒー豆の焦げ臭いニオイが混じるので、異臭となります。

コーヒーが原因の口臭対策には、コーヒーを飲んだ後に、水を飲み口中を洗い流すことが大切です。

コーヒーを「1杯」飲むのと「2杯」飲むのとでは口臭に差がでるの?飲む回数でも変わるの?

酒臭い口臭⇒アルコールが原因

飲酒をすると、アルコールが分解され強い口臭を発生しますまた、アルコールは利尿作用があり、唾液の分泌も減少します。

唾液量が低下しネバネバすると、唾液による殺菌作用、自浄作用が低下します。飲酒の後、寝ているときには唾液がほとんど出なくなり、口臭が強くなる原因となります。

予防策としてお酒を飲んだときには、飲んだ量の倍以上は水分の補給をして脱水症状を防止するようにすることをおすすめします。

おなら臭い口臭⇒胃腸が原因

おなら臭い口臭がしている場合には、胃腸の調子が悪く腸にガスがたまっていたりすることが多いです。腸にたまったガスが、血液中に溶け込み呼気となって出てきます。

このケースでの対策は、ストレスをためない、規則正しい食生活や適度な運動で胃腸の調子をよくすることです。

胃腸が原因の口臭対策は、こちらをご参考にしてください。⇒胃腸が弱ると舌が白くなる!口臭がする!対策はこれ!

鼻から膿臭い口臭⇒蓄膿症などが原因

鼻から膿臭いにおいがする場合は、副鼻腔炎(蓄膿症)を疑ってください。鼻の上部左右を指で押さえたときに、違和感が感じるようであれば、耳鼻咽喉科で受診される方がいいです。

アレルギー性鼻炎の場合にも、同じようなニオイを感じることがあります。
また、鼻炎で鼻が詰まると口呼吸となり、のどや口中が乾燥するので、口臭原因となります。

鼻の中が臭い!原因不明の場合は蓄膿症に注意、「3割の裏にある後鼻漏」

舌を触った指がにおう⇒舌苔(ぜったい)が原因

指で舌を撫ぜた後、嗅いでみると悪臭がします。
でも、これだけで口臭がしていると決めつけるのは、よくありません。というのも、だれでも舌の表面には、汚れがたまりますので、それを指で触ってから、嗅ぐと、ニオイ物質が気化するので臭うのは自然なことです。

ですから、たとえ舌に汚れがついていても、口中が唾液などで湿っている場合には臭わないものですので、ご安心ください。

まとめ

舌の診断

以上、代表的な口臭について述べさせていただきましたが、この他にも、異臭、悪臭がしている場合には、内科疾患や耳鼻咽喉科疾患があり口臭原因となっているかもしれません。そのような場合には、一人で悩まずに受診されることが大事です。

その理由は、「口臭」は、病気の前兆だったり、病気からおきてくる症状だからです。誤解されている方が多いのですが、口臭そのものは病気ではなく、口臭が発生するには原因があり、口臭はその症状として起きているのだということを理解されるといいと思います。

そのようにして、口臭が出来るため、原因によって臭いにも違いが生まれるのです。今回は、臭いの種類に焦点をおきましたが、実際は、これ以上に多くの口臭原因があり、口臭原因によっては対策も異なります。詳しくは、こちらの記事『周りから「口臭がひどい人」と思われているかも?5つの原因と治す方法』で述べていますのでご参考にしてください。

口臭が気になる場合には、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」をおすすめします。

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する