舌苔が取れない原因はこれ!舌苔が厚い、乳頭が長い、臭い、、、その対策はこうする

舌苔が取れない本当の原因はこれ!

舌苔ができると問題がおきます。問題というのは、「舌磨きをしても舌がキレイにならない。」ということです。そしてもう一つの問題、それは、「舌磨きで舌苔が悪化してしまった。」ということではないでしょうか。

今回の記事では、その二つの問題を解決するために舌苔ができるいろんな原因についてお伝えしたいと思います。舌苔の悩みといっても、人によって原因が違いますので対策も異なってきます。

ですから、舌苔が取れない!舌苔がたまりやすい!舌苔が厚い!舌苔が臭い!舌が茶色い!これらケース別の原因と対策について一つずつひも解いていきます。

頑固な舌苔で悩まれていましたら、ぜひご参考にしてください。

舌苔は口臭の原因

ikiwokagu

口臭予防歯磨き粉「美息美人」のサイトを見ていると、「舌が白かったのが取れてきれいになった!」というのが多いのですが、

私の舌苔は、1か月経っても取れません。舌を磨いても直ぐに白くなります。もしかすると、私の場合、舌が白いのは、他の人と違って、別の病気なのでしょうか?いつも舌が白いので、口臭もひどく、みんなと同じようにお話しができなく悩んでいます。」

というご相談をいただきました。

舌が白い」ことについてのかなり深刻なお悩みです。ご相談者のように、舌苔があると口臭も強くなります。実際、口臭原因の6割が舌苔にあるといわれているからです。

口臭外来では、歯周病と舌苔を治すと、ほとんどの口臭が改善すると説明されているようです。ですから、口臭を治すためには、舌苔をなくすことが重要です。舌苔をなくすためには、まず、舌苔ができる原因について知る必要があります。

舌苔ができる原因

病気の男性

1、胃腸の調子が悪い
食べ過ぎ、飲み過ぎ、睡眠不足などで胃腸が弱ったときに舌が白くなります。
2、身体の不調
風邪などによって体調不良になると、舌苔が出来やすくなります。
3、加齢
舌の筋肉が弱ったり、唾液の分泌が減少することにより、舌苔が着きやすくなります。
4、ドライマウス
加齢とは関係なく、唾液の分泌が少なくなる病気の場合、舌苔が出来やすいです。
5、良く噛まない食事習慣
繊維質の少ない食べ物、パンや麺類など柔らかい食べ物を主に食べる食生活により唾液の分泌が少なくなるので、舌苔が出来やすくなります。
6、会話が少ない
口を閉じたまま、顎や舌を動かすことが少ないと、唾液の分泌が少なくなるので、舌苔も出来やすくなります。
7、精神的ストレスが多い

ストレスは唾液の分泌に関係します。緊張や興奮のほか不安などのストレスによって、口が乾いてしまうために、舌苔も出来やすくなります。
8、舌の構造に問題がある
舌乳頭が長かったり、舌に溝が出来ていると、汚れが溜まりやすくなり舌苔が出来ます。このケースでは、正しく舌磨きをすることも大事なことです。
9、歯磨きが充分にできていない
歯磨き不足により口中が不清潔になると、舌苔が出来やすくなります。
10、膿栓などが良くできる体質
膿栓などにより、喉に細菌が増えるとことで舌にも細菌が感染し舌苔ができます。

このように、舌が白くなる原因は、いくつかあります。詳しくは『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

あなたにも、当てはまる舌苔ができる原因がありましたか?

もし、当てはまるものがあれば、その原因についての改善が、必要となります。舌苔ができる原因は、どの場合でも唾液と関係しています。そして、唾液の分泌が少ないことで、細菌が繁殖し舌苔ができます。

ですから、舌苔原因ごとの改善策を実行することはもちろん大事ですが、口臭予防歯磨き粉「美息美人」を使うことで、舌苔を取る効果もアップできます。

舌苔が取れない原因

sitamigaki

舌苔ができると、舌の上が真っ白くなるので、舌ブラシなどで舌を磨くと除去できるように思うかもしれません。ところが、舌を磨いてもきれいにならなかった経験をされたことがあると思います。

舌苔ができる原因は、舌苔の構造にあります。舌苔は糸状乳頭と糸状乳頭の間にできます。細菌が増えると舌の上にまで苔ができ厚い舌苔になります。そして、多くの人たちは舌苔ができると舌磨きをします。

ところが、「舌苔(ぜったい)が取れない!」と訴えられる方が多いのです。厚い舌苔が出来ると舌磨きをしても苔は容易には取れません。舌磨きを行った経験のある方ならご存知だと思いますが、舌ブラシでこすっても、舌乳頭が逆立ち白いままです。

これは、舌粘膜に汚れが残っているだけではなく、舌乳頭の先端が角化によって白くなっているからです。

舌ブラシで舌磨きを行う

舌の角化

舌を磨いても磨いても舌が白いままなので、さらにゴシゴシと舌をこする方がいますが、そうすると、舌乳頭が削れて傷になります。細胞が傷つくと、ばい菌のエサとなり化膿する。すると、さらにばい菌が増える、というように悪循環になるのです。

傷ついた舌乳頭の細胞は自らの力で治ろうとしますが、そのことで、舌乳頭が長く伸びてしまうケースもあります。「他人よりも舌乳頭が長いんです。」と相談される方がいますが、舌乳頭が長くなると、その分、汚れがたまりやすくなるため、舌苔もできるようになるのです。

舌がきれいにならないケースで多いのは、「歯磨き粉」の使用です。舌磨きをしてる、歯を良く磨く、というように、口腔ケアに気を付けている人の方が、舌苔が治らないことがあります。どうしてだと思いますか?

舌が白くなり舌磨きを行うと、舌乳頭が傷つきます。傷ついた舌に洗剤をつけたらどうなりますか?
そんなことをしたら傷が悪化するので、ふつうはしませんよね。ところが、舌磨きのときには、歯磨き粉をつけて磨く方がけっこういらっしゃいます。

このように悪くならないためにも、舌磨きと歯磨き粉は避けるべきです。詳しくは、『舌を磨いてはダメ!舌に歯磨き粉をつけたらダメ!どうすれば良い?』をご参考にしてください。

舌苔がたまりやすい原因

舌苔がたまりやすい人がいます。舌苔を取ってもすぐにできるとか、同じような生活をしていても、すぐに舌苔ができてしまう。何が原因だと思いますか?

糸状乳頭が長いと舌苔ができる

舌磨きで長くなった乳頭

舌の上には、糸状乳頭などの乳頭がじゅうたんのように生えています。その乳頭が長いと、汚れがたまり舌苔もできやすくなります。

舌に溝があると舌苔ができる

舌の溝

舌に溝ができているケースがあります。先天的に溝(溝状舌)ができていることもありますが、ドライマウスで舌がぱさぱさに乾くことでも、舌に溝ができます。

溝があると、汚れがたまりやすくなるので舌苔もよくできます。

舌苔が臭い原因

ばい菌のかたまり

舌苔は、食事の汚れや細胞のはがれた死がいに細菌が繁殖してできたもの。ですから、細菌がそれらたんぱく質を分解(発酵)するため、悪臭を発生します。舌苔自体も臭いですが、舌苔ができると唾液も臭くなるため、口臭もおきます。詳しくは『舌が臭い原因はこれ!対策はこうする!』をご参考にしてください。

舌苔が茶色くなる原因

tabako

舌苔は白いのが一般的です。ですが、喫煙やコーヒーを飲むことが多いと茶色くなります。他にもカレーなど色素が強い食べ物を食べたあとにも色がつきます。これは、舌苔に色素が付着することが原因です。

舌苔が黄色や茶色になる原因は、そのほかにも膿汁や痰などがまじることでもおきます。また、カンジダ症の場合には、黒毛舌といって舌に黒い毛が生えたような感じになることがあります。

舌苔が厚くなる原因

舌磨きで白くなった舌

舌苔がびっしりと厚くなることがあります。舌苔が厚くなるのは、舌苔ができる原因のほかにも厚くなる原因があります。その原因とは、、、

  1. ドライマウス
    極度に唾液が少ないとか、口呼吸で口内がぱさぱさに乾燥していると、細菌が増えるために舌苔も厚くなります。
  2. 口内が不衛生
    歯みがきなどの口腔ケアが十分にできないと、口内が不衛生になり細菌が異常に増えます。寝たきりのお年寄りに厚い舌苔ができることが多いのは、この原因のよるものです。
  3. 過剰な舌磨き
    舌苔ができると舌磨きを行うかもしれませんが、舌苔は舌磨きでは除去できません。そのため、何度も何度も磨くことに。その結果、舌乳頭が傷ついて細菌のエサになり、よけいに舌苔ができることになってしまいます。

舌苔が厚くなる原因については『舌苔がびっしりと…口臭もすごいです/厚い苔が出来る原因と対策』をご参考にしてください。

舌苔を除去するには

ugai

ここまで読まれると、一度舌苔ができると、舌苔は取れないのではと思うかもしれません。たしかに、今まで行ってきた舌磨きでは、舌苔はなくなりませんでした。

しかし、舌苔について理解できると、舌苔を取るというよりも、舌苔をできないように予防することの方が大切だということが分かると思います。

そのためには、「美息美人(びいきびじん)」で口腔ケアを行うことをおすすめします。詳しくは『美息美人(びいきびじん)で舌苔を除去する方法…白い舌がきれいに』をご参考にしてください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する