生まれつきの口臭「魚臭症」と、体質遺伝4つと対策方法

生まれつき口臭体質の場合の対策

口臭を治すために、歯科治療だけではなく耳鼻科や内科の治療まで受けたことはありませんか?

それでも、口臭が治らないと、「生まれつきの口臭体質なのでは?」と考えてしまうかもしれません。

だからといって、口臭がしていると周囲の反応が気になるので、そのままにしておくわけにも行かないのではないでしょうか。

今回の記事は、「口臭がしているのは生まれつきなのでは?」と悩まれている方のために、先天性の口臭原因とその対策についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

口臭原因

口内の細菌

今回の記事では、歯磨き不足で歯垢が付いている(将来虫歯になる)とか、ニンニク料理を食べたから息が臭いなどというのは、原因が明確なので除外させていただきます。口臭原因について詳しくは『口臭原因が分からない!その理由はこれ!その対策はこれ!』をご参考にしてください。

一般的に口臭がする場合、口腔内の乾燥からおきます。それは、口臭は気体だからです。口腔が乾燥すると、ニオイの元となる物質が気化して「臭い!」と感じます。

ふだん、ニオイの元は唾液に溶け込んでいるので、舌や頬の粘膜にくっついています。じゃあ、口臭原因は舌と頬に付いている唾液だけ?

ニオイの元が一般的に多いのは、舌の粘膜です。

舌が臭い場合について詳しくは『舌が臭い原因はこれ!対策はこうする!』をご参考にしてください。

次に口臭原因となるのは、歯周ポケットの中です。歯周ポケットは歯周病でできます。歯周病菌に感染し歯肉に炎症がおきると、歯と歯ぐきの境目の溝が深くなりポケットができます。

歯ぐきが炎症をおこしているので、ポケットの中に膿のような液がたまります。この液にはニオイの元が多量に含まれているので、気化すると強烈な口臭を発します。歯周ポケットが臭いについて詳しくは『歯周ポケットから臭い液が!臭い液の正体と対処法について』をご参考にしてください。

この他に、口臭原因となっているので多いのは、喉から臭う膿栓(のうせん)と膿汁(のうじゅう)です。膿栓と膿汁は、元はといえば耳鼻科疾患が影響して口蓋扁桃炎になることでできます。

膿栓は臭い玉と呼ばれるほどニオイが強いので、口臭も下水のようなひどい臭いになることもあります。膿栓について詳しくは『扁桃腺に白いもの!それって臭い玉(膿栓)?それとも膿?
』をご参考にしてください。

口臭が遺伝する病気…魚臭症

臭い臭いと鼻をつまむ女

口臭は遺伝することはないと言われていますが、唯一、「魚臭症」だけは例外で口臭が遺伝する病気です。

魚臭症候群は、魚などの多く含まれるレシチンという脂質が、腸内細菌の酵素により「トリメチルアミン」という魚臭に似たニオイ物質に分解されて、それが体を回って、呼気や汗や尿の中に排泄されることで特異的な体臭をつくるものです。一種の代謝異常といえるでしょう。この場合には、フラビン含有モノオキシゲナーゼ(FMO)というトリメチルアミンを分解して、無臭化する酵素が欠損していたり、活性が低いことが原因と言われています。

引用:五味クリニック

魚臭症は、口臭だけではなく、体臭や尿の臭いも魚の臭いがするため、付けられた病名です。「トリメチルアミン尿症」ともいいます。

「トリメチルアミン尿症」の場合には、体から「魚臭のようなニオイ」を発すること以外にほとんど心身障害を伴いません。またニオイそのものも生まれてすぐではなく、幼児期以降や中には青年期を過ぎたころから徐々に強くなることもあり、周囲からは、「たかが体臭」として問題にされずに過ごされることも多いのです。
引用:五味クリニック

食べ物から取り入れられるトリメチルアミンという物質を分解できないために起きる症状で、遺伝によることが多いそうです。しかし、魚臭症になる人はまれにしかなく、効果的な治療法は確立されていないので、抗生物質の投与で対処するとのことです。

口臭体質が遺伝する

おじいちゃんと孫

口臭そのものが遺伝するわけではありませんが、体質によって口臭が起きやすくなることがあります。口臭が起きやすい体質をご紹介します。

溝状舌

舌にひび割れのような溝ができていいることを溝状舌といいます。溝状舌には、先天性のものと、口腔乾燥によってできる後天性のものがあります。

舌の粘膜に溝ができると、食べかすや汚れがたまりやすく、舌苔(ぜったい)の原因になります。舌苔ができると口臭がするので、溝状舌の人の場合には、舌に汚れが付かないようによりていねいな舌ケアが必要です。

溝状舌について詳しくは『舌の溝は治る?溝状舌(こうじょうぜつ)によるリスク「舌苔」』をご参考にしてください。

口呼吸

生まれつき口呼吸の人がいます。原因は様々ですが、鼻腔が曲がっているとか狭いことで鼻呼吸が難しい場合もあります。

他にも、無意識に開口している場合や、歯並びが悪く口呼吸になっているケースも。ふだん口を閉じて鼻呼吸をしていても、睡眠中は無意識に開口していることもあるのでご注意ください。

しかし、口呼吸が習慣になっていると、口腔乾燥を起こし、口腔細菌が増える原因になります。口臭がする人の多くは口呼吸か唾液が少ないかのどちらかですから、口呼吸になっている場合は、鼻呼吸に変える努力が大切です。

詳しくは『口呼吸⇒鼻呼吸に変えると口臭が消える!?』をご参考にしてください。

虚弱体質

生まれつき健康な人もいれば、病気になりやすい人もいます。いわゆる虚弱体質です。生まれつき虚弱体質だからといっても、健康的な食事や運動などの生活習慣を取り入れることで健康体質になることができます。

しかし、虚弱だと免疫力が低く、歯周病になりやすく舌苔もできやすい。感染症への抵抗力も弱いために、副鼻腔炎や鼻炎など耳鼻科の病気にもかかりやすくなります。

また、副鼻腔炎になりやすい場合には、鼻の形も影響しますので、体質を遺伝したといえるかもしれません。

耳鼻科疾患の多くは後鼻漏になるために、扁桃炎を発症し膿栓や膿汁ができる原因になります。喉に菌が増えると舌苔もできやすく下水臭の口臭がすることがあります。舌苔や膿栓・膿汁は強い口臭がするのが特徴的です。免疫力と口臭の関係について詳しくは『舌苔が取れない原因は、ストレスor免疫力低下!対策はこうする!』をご参考にしてください。

唾液が少ない

唾液の分泌が少ないと、舌苔や歯周病になりやすく口臭原因となります。唾液が少なくなる原因としては、唾液腺のほか、顎、舌などの筋肉の衰えが影響します。その場合の対策としては、『唾液を出す7つの方法…ドライマウス対策』をご参考にしてください。

他にも唾液が減る原因としては、ストレスなどが影響していることもあります。詳しくは『その口臭!ストレスが原因かも?』をご参考にしてください。

これ以外にも、先天的に唾液が減少する病気があります。先天性の「シェーグレン症候群」は、唾液が出なくなるので舌苔ができ口臭が強くなるのが特徴です。

シェーグレン症候群の主な症状は、涙が出ないドライアイと唾液が出ないドライマウスです。
そして、中年女性に多いのが特徴です。

引用:シェーグレン症候群って何?治療方法はあるの?

性格

口臭と性格は深く関係しています。周囲のことを気に掛ける人ほど口臭になりやすいといわれています。どうしてだと思いますか?

口臭に大きく影響しているのは唾液です。そして、唾液線に指令を出しているのが自律神経。

自律神経は、意識的に働かせることは不可能です。思考とは関係なく無意識に働きます。心臓もそうです。

唾液線の場合は、極度の不安・緊張によって自律神経の中の交感神経が活発になり唾液が出なくなる。反対にリラックス状態になると、副交感神経が働き、サラサラ唾液が沢山でる。
このように、ストレスをかかえやすい性格の人のほうが、口腔乾燥を引き起こしやすく口臭も出やすいといえます。性格と口臭の関係について詳しくは『その性格が口臭に影響しているかも?』をご参考にしてください。

口臭体質の場合の対策方法

鏡の前で歯磨き

「あなたに即効で確実に口臭の悩みを解消させる方法を教えることができます!」

えっ?そんな方法あるの?こんなフレーズを聞いたことはありませんか?口臭で悩んでいた頃の私は、「直ぐに口臭に効く!口臭が簡単に治る!」というような胡散臭い言葉に、すぐに心が動かされたものです。

口臭で悩んでいる時には、「直ぐに」とか「簡単に」に飛びつきませんか?(私だけかもしれませんね。)

ところが、口臭について学べば学ぶほど、直ぐに治るとか、簡単に治るものではないことが分かってきたのです。

どうしてかというと、

口臭は、歯周病菌などの口中細菌がタンパク質を分解するときに腐敗臭を発生することは、ご存じだと思います。

でも、何故、同じものを食べて、同じように歯磨きをしているのに、口臭がする人と口臭がしない人がいることについては、ほとんどの方が理解されていません。

簡単に言ってますが、この同じ物を食べて、同じように歯磨きをしているのに、口臭が無い人と口臭がひどい人に分かれてしまうことに、問題があったのです。

それは…口臭体質にあったのです!

えっ? 体質で済ますつもり!? そのようにお叱りを受けそうですが、実際、口臭で困っている方の多くの口臭原因は、口臭体質です。

口臭体質とは、具体的にいうと、唾液の分泌量がきわめて少ないドライマウスような体質的な問題が多いです。
唾液の分泌量が減少すると、口中や喉に細菌が繁殖しやすくなります。

細菌が繁殖すると、口臭が強くなることはご周知のとおりです。好きな彼女を前にして緊張したときや、ついつい会議で興奮してしゃべりすぎると、口が渇きます。

その結果、それまで口臭がしてなかったのに、突然として強烈な口臭を発生します。このようなことは、ドライマウス体質ではなくても、一般的に起きる出来事です。

ところが、ドライマウス体質の人の場合には、常に口が渇いた状態にあるから問題なのですね。

では、そんなドライマウスの原因となっているものとは…

1、加齢

歳を取ると体内の水分量が減るから唾液も減少します。また、唾液腺も衰えてしまう傾向にあります。噛む力も衰えるので、当然、唾液も出にくくなってしまいます。

2、糖尿病

糖尿病になると、口が渇きやすくなります。厚労省の発表によると、糖尿病が強く疑われる人と糖尿病の可能性を否定できない人を合わせると、全国に2,210万人もいると言われています。
しかも、糖尿病が疑われる人の4割は治療を受けていないそうですから、もしかすると、あなたも糖尿病では?

3、薬の副作用

薬の中には、唾液の分泌量を減少させる副作用を引き起こすものがあります。副作用のある薬には、次のようなものがあります。

降圧剤、漢方薬に含まれる抗ヒスタミン剤、利尿剤、抗うつ剤、抗精神病薬、鎮痛薬、制吐薬、消炎剤など。

4、ストレス

ストレスは自律神経を乱しますので、唾液の分泌量も減少します。ストレスといっても様々ですが、ストレスとしては、次にあげるものが一般的です。

・人間関係などの精神的ストレス
・喫煙、食事、排気ガスなどの環境ストレス
・病気、肩こり、怪我による痛みなど身体的ストレス
・温度、湿度の高低によって受けるストレス

ほかにも、シェーグレン症候群などのような自己免疫疾患もあります。

どうですか?はじめに申し上げたように、ドライマウス症の原因のどれも、直ぐにとか簡単に治るものではないことが、これで理解できたと思います。

だからといって、口臭を治すことまであきらめる必要はありません。

その理由は…ドライマウス症を治すことは非常に困難ですが、口中細菌の繁殖に関しては、コントロールできるからです。

口腔がきれいにスッキリすれば、気分が良くなり唾液が出るようになります。ウソのようですが、これが自律神経のなせる業です。だから、プラークコントロール(細菌を制御)ができれば、口臭をコントロールできるのです。

そのために開発したのが、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」です。でも、たとえ、口臭予防歯磨き粉「美息美人」であっても、一朝一夕で口臭を消すことは困難です。ですが、毎日コツコツと続けることで、口臭を治すことができます。これが事実。ご参考までに、こちらからお客様の声もご覧ください。

口臭予防歯磨き粉「美息美人」できれいな息になって、これからの人生を変えませんか?

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する