歯磨きした時に毎回出血する!ほとんどが歯槽膿漏が原因!血を止める方法はコレ!

歯みがきで出血

歯磨きをすると出血する!6つの原因と対策方法

歯磨きしたときに毎回出血するとお困りの方が多いです。実は、初診で歯医者にかかる理由の1番は、「虫歯で歯が痛い。」ですが、2番目に多いのが、「歯磨きすると出血する!」なのです。このように、出血で困っている人の数が案外多いのです。

歯磨きしたときに出血する原因のほとんどは、歯槽膿漏(歯周病)です。しかし、歯槽膿漏でないのに血が出るケースもあるので早合点してはいけません。

また、歯磨きしたときに出血する場合には、膿の臭いがします。この嫌な臭いが口臭原因にもなるのでご注意ください。ですから、一日も早く出血しないようにしたいと思っているのではないでしょうか。

今回の記事は、歯磨きすると出血する場合の原因と対策方法についてお伝えします。是非ご参考にしてください。

歯磨きをしたときに出血する場合に多い症状

歯磨きすると出血する場合には、他にも次のような症状があるかもしれません。

  • 歯磨きをすると出血する
  • 歯ぐきがぶよぶよしている
  • 歯ぐきの色が悪い
  • よく歯ぐきが腫れる
  • 歯間ブラシを使った後に嗅ぐと生臭いニオイがする
  • 歯と歯の間を舌で吸うと、膿の味がする

これらはすべて、歯槽膿漏(歯周病)の典型的な症状です。そして、このような症状がおきると、ほとんどの人は、歯科に行くよりも「歯周病予防」のための歯磨き粉を購入するのではないでしょうか?

それは、歯茎の腫れや出血は薬用歯磨きで治ると思っているからではないでしょうか。

もしかすると、あなたも歯周病の予防歯磨き粉を使用していませんか?薬用歯磨き粉が悪いとは申しませんが、それで歯茎からの出血は止まりましたか?問題はそれです。たとえ歯磨き粉を変えても出血は治らないことのほうが多いのです。

歯磨きで出血する場合の原因

歯磨きしたときに出血すると嫌な気持ちになりますよね。出血の原因は、歯槽膿漏(歯周病)が多いのですが、その他にもあります。いろんな出血の原因をご紹介しますのでご参考にしてください。

引用:西永福歯科 歯磨きすると歯から血が出てくるのは何故なの

歯槽膿漏(歯周病)が原因

歯磨きをした時に歯茎から出血する場合には、歯槽膿漏(歯周病)が原因になっています。そのほとんどは歯肉の炎症によるものです。

出血する歯茎を観察すると歯周病かどうかが分かります。歯茎の色が黒ずんでいたり、ぶよぶよと腫れていることが多いです。その部分を歯間ブラシなどでこすりニオイを嗅ぐと、血生臭いニオイがする。これらすべてが、歯周病(歯肉炎)になると起きる症状です。

歯周病の調べ方について詳しくは『歯周病は歯間ブラシを嗅ぐと分かる!?歯周病のチェック方法7つ』をご参考にしてください。

歯周病は歯周病菌に感染することからなる病気です。感染当初は歯茎に炎症が起きるだけですが、徐々に歯茎を傷め歯根部分の歯を支える組織(歯根膜、歯槽骨)まで溶かしていきます。最終的には、歯が抜けるという怖い病気です。

それだけではなく、歯周病菌は毛細血管に入りこみ体中の血管内にもプラークを作ることが分かっています。現在では、歯周病菌が原因となって高血圧、心臓病、脳梗塞、糖尿病を引き起こすといわれています。歯周病と成人病との関係について詳しくは『歯周病は病気を引き起こす!糖尿病、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、、、』をご参考にしてください。

虫歯が原因

虫歯が原因で出血する場合があります。虫歯が進行すると、虫歯菌が歯根に穴をあけ歯茎に膿の袋を作ります。膿の袋が出来た状態を根尖性歯周炎といいます。

歯がしみるなどの症状が起きる歯髄炎を放置すると、歯髄が死んで(失活して)「歯髄壊死」の状態になります。さらに放置を続けると、歯の内部(髄腔と呼ばれる、歯髄が入っている部分)に停滞する多数の細菌によって、壊死した歯髄が腐敗してしまい、「歯髄壊疽(えそ)」の状態になります。
歯の内部には多数の細菌が生息しているため、やがて歯根の尖端にある血管などが入ってくる孔(根尖孔)から、歯根の周囲の組織(根尖歯周組織)に細菌の感染が広がり、病巣が拡大していきます。その結果、歯根の尖端に炎症が起きて膿が溜まった状態「根尖性歯周炎」が起きます。

引用:恩賜財団 済生会 根尖性歯周炎はこんな病気

根尖性歯周炎になると、歯茎が腫れることがあります。そして、歯磨きをしたときに、腫れた歯茎が破れると、膿が混じった血が出ることになります。

そのようなことにならないためにも、虫歯ができていれば、痛くなくても検査や治療を受けることが大切です。

食事した時の歯の詰まりが原因

歯並びが悪くなくても、加齢によって歯と歯の間にすき間が出来やすくなります。歯と歯の間に隙間ができると、食べた物が詰まりやすくなり、キレイに掃除ができず放置していると、歯茎に炎症が起きます。

歯肉炎が悪化すると、歯ブラシの毛先が当たるだけでも出血します。そのようなことにならないためにも、日頃から丁寧にブラッシングすることが大切です。

効果的な歯磨きについて詳しくは、『正しい歯磨き方法と効果的な歯磨きの仕方の違いとは』をご参考にしてください。

歯ブラシが合っていないことが原因

歯槽膿漏の場合は、歯茎が腫れているので出血しやすいのですが、そうでなくても、歯茎が弱いケースがあります。

歯茎が弱い人が固い歯ブラシを使うと、歯茎を傷付け出血することがあります。また、ブラッシングが悪いと歯茎ばかり磨き歯茎下がりの原因にもなるのでご注意ください。詳しくは、『歯周病予防のために歯ぐきブラッシングをしたら、歯ぐきが下がった!?』をご参考にしてください

人によって歯茎の状態が違うので、ご自身に合った歯ブラシを選ぶことが大事です。だからといって、どれが一番合っている歯ブラシなのか分からないのではないでしょうか。そんな時は、歯医者さんにご相談するのが一番良いです。

体調不良が原因

いつもは歯茎の調子が良い人でも、仕事の疲れやストレスがたまると歯茎が腫れることがあります。これは、免疫力の低下が原因です。免疫力が低下すると、歯周病菌の感染や増殖が起こりやすくなるため、歯肉炎が悪化しやすくなります。免疫力について詳しくは、こちらの記事『口臭発生は免疫力が落ちたから!免疫って何?免疫力を高める方法はこれ?』が参考になります。

そのため、いつもは歯磨きをしても出血しないのに、血が出ることも。休養をとり体調が戻れば、歯肉炎は治まることが多いですが、治らない場合は、歯科で診てもらうことをおすすめします。

被せやブリッジが古くなったのが原因

新しい被せ物やブリッジの場合には、被せた歯と適合しているかもしれませんが、年数が経つと、被せ物と歯の間にすき間が出来たり、歯茎の間に段が出来ることがあります。

隙間や段の部分には、汚れが付きやすく歯垢が付く原因になります。歯垢は、歯周病菌などばい菌の塊なので歯肉炎の原因になります。そのため、歯磨きをしたときに出血することも。

このケースでは、口臭の原因になることも多いので、差し歯やブリッジが臭くなったら、歯槽膿漏(歯周病)を疑ってみてはいかがでしょう。詳しくは、『差し歯が臭い時の原因と対策』をご参考にしてください。

歯茎からの血は出したほうが良い!?

歯磨きのときに出血するので、歯医者さんに「強く歯磨きしない方が良いですか?」と伺ったことがあります。その時に、歯医者さんからは、「たまっている血は出した方が良いですよ。」と言われたことがあります。

あなたもそのような経験はありませんか?

いいえ、歯磨きを控えるのは逆効果です。歯茎から血が出ているときは、「歯磨きをしたらもっと血が出そう」「刺激を与えると治りが悪くなりそう」という気持ちから、多くの方はブラッシングを控えがちになります。しかし、この判断は正しくありません。歯茎から血が出ているので、歯周病に罹患している可能性があります。歯周病にかかっているとしたら、ブラッシングを控えると逆に進行してしまいます。

引用:東京国際クリニック/歯科 歯茎から血・膿が出る

歯肉炎によってたまっている血の中には、膿やばい菌がいっぱい混じっています。ですから、歯医者さんが仰るようにたまっている血を出す方が治癒を早めるようです。

だからといって、歯肉炎で痛めている歯茎をゴシゴシとブラッシングするのは良くありません。歯磨きで血を出しても良いのは、歯石除去の後なので勘違いしないでくださいね。

歯茎からの血を出しきってもよいケースは「歯科で歯石、プラーク汚れをきちんと取り除いたあと」です。歯石を取り除く前は、その周りにうっ血して淀んだ血液が溜まっている状態です。歯石、プラークを取り除いたあとに淀んだ血を出し切ってしまえば、血流によって健康な歯茎に戻る場合もあります。

逆に、まだ歯の周りに歯石が付いている状態のときは血を出し切ってはいけません。炎症している歯茎に傷を付け、炎症を悪化させたり細菌に感染させたりする危険もあります。

引用:マイカラット 歯磨きで歯茎から出血…!? 原因と対処法

歯磨きをすると痛い場合には、やさしく磨いたほうが良いです。しかし、歯垢を取ることが歯磨きの目的ですので、歯磨きが出来ないほど痛みが強い場合は、歯科で診てもらうことをおすすめします。

軽度歯肉炎と重度歯周炎の違い

誤解しないでほしいのですが、歯周病には、初期の軽度歯肉炎から骨吸収まで進んだ後期の歯周炎まで病状によっていろんな症状があります。

炎症が大きな歯周病の場合には、薬を服用したり、患部に薬を塗布することが必要です。歯周病の治療について詳しくは『歯周病を治したい!治療にかかる期間と費用は?』をご参考にしてください。

でも、初期の軽度歯肉炎であれば、基本的に薬はいりません。まして、歯磨き粉にまで薬を入れる必要はありません。ちなみに、「軽度歯肉炎」は歯周ポケットの深さが2ミリ以下を指します。3ミリ以上になれば、歯科治療が必要ですので誤解しないでください。

歯周病が治らないのは何故?

歯磨きで困っている女性

歯周病が治らないことについて考えたいと思います。

その前に、人には自然治癒の力が備わっています。たとえば、足の指にすり傷ができたとします。はじめに傷口をきれいに洗い流して乾かすと、あとは、ほっておいても自然と傷口が治っていきますよね。

このような自然治癒力は、人間に元々備わっている力です。これって、不思議なことですか?

しかし、傷ついた患部を泥がついたままにしてほっておくと、化膿しますよね。

これは、傷にばい菌が繁殖するので化膿するわけです。膿が出ていてもそのままにしておくと、いつまで経っても傷口は治りません。ばい菌が繁殖し傷口が余計に悪化します。

当然すぎて、だれも疑問をもたないのではないでしょうか。ところが、歯肉炎になると、違う考え方をしてしまうようです。歯茎も足の皮膚も同じ体の一部です。同じように自然治癒力が備わっていてもおかしくありません。

重要なことなので、もう一度申し上げますね。歯周病菌に感染し歯茎に炎症が起きたとしても、口腔全体を清潔にすれば炎症による出血は自然治癒します!

でも、歯肉炎なのに、口腔全体を不清潔のままにしていれば、炎症が治ることは困難でしょう。それなのに、口腔ケアを優先しないで薬用歯磨きで治そうというのは邪道かもしれません。(効果的な口腔ケアは、歯科でPMTCを受け、毎日適切なブラッシングケアを行うこと。)詳しくは『歯周病はマウスウォッシュや歯磨き粉では治らない!?テッパンのプラークコントロールはこれ!』をご参考にしてください。

歯周病に薬用歯磨きは効かない?

「歯周病に効く歯磨き粉」というものがあります。これらの歯磨き粉には、歯周病に効果がある薬用成分が含まれています。歯周病歯磨き粉について詳しくは『歯周病の口臭、出血、歯茎の腫れに効く歯磨き粉の選び方』をご参考にしてください。

だから、歯周病に効くと思ってしまうかもしれませんが、でも本当に歯周病が治ると思いますか?

薬用成分には、歯周病菌を殺菌する薬剤や歯茎の炎症をおさえる薬剤などがあります。だから、効果があるはずです。

ところが、歯周病菌について詳しく知ると、歯磨き粉では効果が少ないことが理解できます。歯周病菌は単体ではありません。いろんな細菌が集まってプラークを形成します。

プラークはバイオフィルムともいわれ、プラークの外からの攻撃をブロックします。殺菌剤が効かないのは、そういう理由からです。だからといってあきらめる必要はありません。それは、ネバネバしたプラークは、ブラッシングで除去できます。だから、毎日ていねいに歯磨きをおこなえば歯周病の元となるプラークを除去できるのです。

これを歯垢(プラーク)と言い、粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。

この歯垢(プラーク)1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、むし歯や歯周病をひき起こします。その中でも歯周病をひき起こす細菌が特異的に存在していることが解明されています。

じゃあ、どうして殺菌剤を使用するのかというと、細菌はプラークだけではなく、唾液中にもあるからです。そのような単体の歯周病菌には効くわけです。しかし、歯周病の本体はプラークであり、そのプラークを除去しないことには根本的には歯周病は解決できないのです。

歯垢(プラーク)は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。 これはブラッシングだけでは取り除くことができません。この歯石の中や周りに更に細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

歯周病予防で重要なことは、歯磨き粉の種類ではなく、ていねいなブラッシングケアです。でもブラッシングだけでは磨き残しができ、プラークが歯石になる。だから、歯科で歯石除去をしてもらうことも大切なのですね。

引用:日本臨床歯周病学会 歯周病の原因

歯茎を磨いても歯周病は治らない?

歯茎マッサージを受けたことがありますか?それとも、自身で歯磨きのときに歯茎もブラッシングしていませんか?歯茎マッサージについて詳しくは、『口臭予防の歯茎マッサージ』をご参考にしてください。

このように歯茎をマッサージするのは、歯茎をマッサージすると歯周病が治ると思ってるからではないでしょうか。でもよく考えてください。確かには歯茎をマッサージすると、血行がよくなるので悪くないかもしれません。

しかし、先ほどから言ってますが、歯周病の根本原因は歯周病菌のかたまりであるプラーク(または歯石)です。

どれだけ歯茎をマッサージしても、プラークと歯石を除去しないことには、永遠に歯周病を治すことはできません。だから、歯茎をマッサージしても、出血を止めることができないのです。

歯茎から出血する場合の対処方法

歯科治療を受けている患者

歯茎からの出血を止めるには、先ず歯周病を治療することが重要です。次にPMTC(歯石除去とクリーニング)によって、歯についたプラークと歯石を除去する。

そして、毎日、ていねいにブラッシングケアをする。

歯周病の進行の程度にかかわらず、初めに行われるべき治療が歯周基本治療です。原因である歯垢の除去および歯石の除去、歯の根の面の滑択化、ぐらぐらする歯の咬み合わせの調整などです。

歯垢の除去をプラークコントロールといい、そのほとんどはご自宅でのセルフチェックとなります。 場合によっては、歯科医院で器械的に行うこともあります。

引用:日本臨床歯周病学会 歯周病の治療方法

ですから、歯肉に初期の炎症が起きても、PMTCとブラッシングによって炎症部分をきれいにしてやれば、自然と炎症が治まり歯肉が再生されます。

具体的にどうすればいいかというと…
歯周ポケットのなかのプラークを除去すればいいのです。

大事なのは炎症を起こしている部分をきれいにする。そのためには、正しいブラッシングで歯肉縁下を掃除することが大切です。

歯周ポケットの中は、通常の歯ブラシでブラッシングしても磨き残しができます。そのため、ご本人は丁寧にブラッシングしていると思っていても、歯肉炎が治らないことが多いのです。

このようなことにならないために、歯周ポケットの清掃には専用の歯ブラシの使用が必要になります。歯周ポケットの清掃に役立つのが、ワンタフトブラシです。

ワンタフトブラシは、毛先が一束にまとめられていて、先が細くとがっているので、歯周ポケットの中を磨くことができます。

必要であれば、歯医者さんにかかり歯石除去とクリーニングをしてもらいます。このことだけで、初期の軽度歯肉炎であれば治るのが普通です。

これで治らない場合には、内科疾患や抗生剤の副作用によって免疫機能が衰えている可能性があります。その場合には、お医者さんに相談する必要があります。

歯肉炎を治し予防するためには、歯周ポケットの中を清掃することが重要だということはご理解できたと思います。そのためには、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」の使用をおすすめします。

美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水は、狭い歯周ポケットの中のプラークや細菌の餌となる汚れも良く取れるのでおすすめです。歯周病だけではなく口臭予防にもなります。もし、歯肉炎になり歯茎からの出血で困っていましたら、今回ご紹介した方法をお試しください。

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する