腸内口臭ってなに?どんな臭いしている?対策法はコレ!

胃カメラを飲む男性

腸内口臭の原因と対策

「口臭がする!もしかしたら、胃腸が悪いからだ。。。」と嘆いている方がおられます。昔から、胃腸が悪くなると口臭がすると聞きませんか。でも、本当に胃腸が悪くなると口臭がするのでしょうか?もし胃腸が悪い時に口臭がするのなら、どのようなニオイの口臭がするのでしょう?

実は、「腸内口臭」といって、腸内の不調と口臭は深く関係しています。ですから、常に胃腸の調子が思わしくない場合には、胃腸を健康にする必要があります。

今回は、腸内口臭の原因と対策方法についてお伝えします。胃腸が悪く口臭が気になっている方は、是非ご参考にしてください。

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

腸内口臭はどんな臭い?

レモンを食べて酸っぱい子ども

胃が悪いと言っても、いろんな症状があります。食べ過ぎ飲みすぎによる胸やけ、胃炎による胃痛、胃潰瘍、胃がん、逆流性食道炎など。。

逆流性食道炎になると、胃液(胃酸、十二指腸液)が食道に向かって逆流してきます。胃酸は酸が強いため、逆流して触れる粘膜に炎症を起こします。そのため、胸やけをおこします。

他にも、逆流性食道炎の場合に起こるのは、呑酸(どんさん)です。呑酸が喉まで上がってくると酸っぱい刺激臭がします。

逆流性食道炎になると、それだけではなく消化不良の食べ物が喉に付着するので、喉から腐敗臭がします。

逆流性食道炎以外の場合は、たとえ胃が悪くても、食道弁があるため口に口臭が出てくることはありません。

でも、ゲップをすると消化不良の食べ物の口臭が出ます。ゲップをするのは、犬食いといって「くちゃ、くちゃ」食べる人に多いです。くちゃくちゃと食べると、食事と一緒に空気も飲み込むからです。ゲップが多い場合は、口を閉じて食べるなど食べ方に気を付けると治ります。

これ以外には、たとえ胃が悪くても、直接的に口から口臭が出ることはありません。

腸内口臭のチェック

うんこをした男性

腸内口臭のチェックはかんたんです。息がうんこ臭くなる。

胃から臭い息が出てくる。。。それもうんこ臭い息が。いきなり、うんこ臭い口臭と言われて、びっくり!したと思います。

うんこ臭い口臭って、どんなニオイ? そのまま、うんこのニオイです。便のようなくさい匂いです。このうんこ臭い口臭は、じつは、日本人独特の口臭だそうです。

出典:ほんだ歯科 便臭・おなら臭について

ほとんどの日本人が多かれ少なかれ臭っているそうということで、「えっ?ほんま?」という感じです。

満員電車なんかでムッとくるニオイもこの口臭みたいです。ところで、このうんこ臭い口臭の原因は、どこから出ていると思いますか?

やっぱりそう!腸です。腸にたまったガスが、血液中に取り込まれ、肺に入り、吐き出す息に混ざって出るようです。

ですから、腸の調子が悪いと、よけいにうんこ臭い口臭が出ます。うんこ臭い口臭がでないようにするには、まず、腸の調子を良くする必要があるわけです。

だからといって、「うんこ臭い口臭」のすべてが腸が悪いからではありません。詳しくはこちら『うんこ臭い口臭がするのは便秘だから?本当の原因は?対策はこうする!』をご参考にしてください。

腸内口臭になる原因

腸内ガス(おなら)

腸内口臭が起きる原因は、腸内のガスが腸管に吸収され肺をとおり呼気となって出るからです。腸内口臭の一番の原因は、便秘や下痢などによって食べた物が異常に発酵することからおきます。

腸の健康は、腸内に存在する細菌のバランス(腸内フローラ)が大きく影響しています。

腸内には細菌がおよそ100種類、100兆個も生息していることが知られています。体の健康には、この腸内細菌に占めるビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が占める割合を増やすことが重要です。善玉菌を増やすオリゴ糖や食物繊維を十分に摂って、同居人である腸内細菌と協同して健康を作ることが大切です。

我々ヒトの腸管、主に大腸には100種類以上、100兆個にも及ぶ腸内細菌(腸内フローラともよばれます)が生息しています。これらのほとんどは、酸素が存在すると生存することのできない嫌気性(けんきせい)菌です。ヒトの腸内細菌は、善玉の菌と悪玉の菌、そのどちらでもない中間の菌と、大きく分けて3グループで構成されています。これらの菌は互いに密接な関係を持ち、複雑にバランスをとっています。腸内細菌の中で一番数が多い菌は中間の菌で、次に善玉菌が多く、悪玉菌は少数です。

引用:厚生労働省、e-ヘルスネット、腸内細菌と健康

胃腸が悪いと舌苔もできる

胃腸が悪くなると免疫力が低下します。腸管には、免疫細胞や抗体が体全体の60%以上が存在しているといわれています。

腸管の主要な働きは消化吸収である。しかし免疫器官としても極めて重要である。多くの病原細菌は口から入り、腸などを通して体内に侵入する。これらの侵入物から身を守るために自己防衛体制として、腸管には、からだの中で最大の規模の免疫器官が配置されている。すなわち腸管には免疫の働きを担う細胞や、侵入者と直接戦うたんぱく質である抗体(主として免疫グロブリンA(IgA)の数や量はからだ全体の60%以上が存在している。
腸には免疫器官として腸管壁にある腸の上皮細胞(吸収細胞)に囲まれて、腸管上皮間リンパ球が存在する。さらに腸管壁にはパイエル板、腸管壁の下方部分にある粘膜固有層などが免疫系器官として局在している。

引用:公益社団法人 日本ビフィズス菌センター/腸内細菌学会 腸管免疫

胃腸が元気だと免疫力が高まり体も健康になります。しかし、腸内の悪玉菌が増え胃腸が悪くなると、免疫が落ち体調が悪くなる。その影響は、腸とつながっている口にも影響します。

特に大きく影響するのは、口臭です。不健康になると舌苔(ぜったい)が出来るため、口臭が強くなります。詳しくは、『胃腸が弱ると舌が白くなる!口臭がする!対策はこれ!』をご参考にしてください。

口内の免疫力が低下すると、口内の悪玉菌である歯周病菌や虫歯菌も増えます。そのため、胃腸が弱いと虫歯や歯周病にもかかりやすと悪いことばかり起きてきます。

腸内環境を整える方法

免疫力が低下する原因は、善玉菌が減り悪玉菌が増えるからです。ですから、免疫力を高めるためには、善玉菌を増やして腸内環境を整えないといけません。

【腸内環境を整える方法】

  1. 偏食をやめ栄養バランスの良い食事を心掛ける
  2. ヨーグルトや納豆などビフィズス菌と乳酸菌を含む食品を食べる
  3. 野菜や果物を多く食べる
  4. 腸を活発にするために毎日適度に運動する
  5. 規則正しい生活習慣にする
  6. 便秘にならないように決まった時間に排便する習慣をつける
  7. ストレスを減らす

腸内の善玉菌の割合を増やす方法には、大きく分けて二通りあります。
まず一つめは、ヨーグルト・乳酸菌飲料・納豆・漬物など、ビフィズス菌や乳酸菌を含む食品を直接摂取する方法です。摂取方法としては善玉菌を継続して腸内に補充すると効果的であるため、毎日続けて摂取することが勧められます。善玉菌は生きて大腸まで到達しないと意味が無いと言われますが、死んでしまっても善玉菌の体をつくる成分にも有効な生理機能が期待できますので、必ずしも生きて腸まで届く必要はありません。
二つめは、オリゴ糖や食物繊維を摂取する方法です。これらの成分は野菜類・果物類・豆類などに多く含まれています。消化・吸収されることなく大腸まで達し、善玉菌の栄養源となって増殖を促します。腸内細菌のなかにもともと存在する善玉菌に、好きなエサを優先的に与えて、数を増やそうという考えです。オリゴ糖は、大豆・たまねぎ・ごぼう・ねぎ・にんにく・アスパラガス・バナナなどの食品にも多く含まれていますので、これらの食材を食事に取り入れると良いでしょう。

引用:厚生労働省、e-ヘルスネット、腸内細菌と健康

胃腸が健康になると免疫力が高まります。そして、口臭も消えていきます。免疫力を高める方法について詳しくは、『口臭発生は免疫力が落ちたから!免疫って何?免疫力を高める方法はこれ?』をご参考にしてください。

胃が原因で口臭がする場合のサプリの効果は?

薬

口臭が気になると、「胃が悪いからなのでは?」と心配される方が多いです。そして、口臭サプリを食べる(飲む)。果たして、口臭サプリに口臭を消す効果があるでしょうか?

サプリメントは薬ではないので、胃の病気を治すことはできません。もし、胃炎などの病気が疑われる場合には、サプリメントに頼るのではなく、胃腸科を受診することが大事です。でないと、病気が悪化するかもしれません。口臭は病気になったというサインですので、病気が治れば口臭もなくなることが多いです。

腸が弱いと、腸に食事で入ってきたものが消化不良をおこすので、ガスが発生し呼気口臭となることがあります。また、腸の調子が悪いときには、免疫力が低下しているため口臭原因となる舌苔(ぜったい)ができやすい。胃腸が悪いときに舌に白い苔ができるのはそのためです。

その場合は、胃腸の調子を整えることが大切です。しかし、サプリメントよりも整腸薬のほうが効果があると思います。便秘や下痢ぎみのときには、ビオフェルミンなどの整腸薬がおすすめです。

暴飲暴食で消化不良を起こした時には、市販の胃腸薬を飲むと良いかもしれません。
慢性的にストレスがかかり胃腸不良を起こしている場合には、健胃消化作用のある生薬が配合された胃腸薬があります。
下痢を伴う消化不良には、乳酸菌配合の胃腸薬が効果的です。便秘症の場合にも乳酸菌は有効です。お試しください。

引用:整腸薬で口臭が治った!?

胃腸が悪い場合の口臭対策

腸は、精神的、肉体的ストレスに敏感に反応するので、ストレスをためないようにすることがコツです。腸が悪くなると免疫力が低下します。そのため、舌苔(ぜったい)ができ口臭が強くなります。
詳しくはこちら『胃腸が弱ると舌が白くなる!口臭がする!対策はこれ!』をご参考にしてください。

また、胃腸を健康にするには、食生活など規則正しい生活を心掛けることも大切なことです。

ストレスが原因で胃腸の調子が悪い場合に、間違っても、「ニオイを消すことをうたっているサプリ」を服用しても効果は期待できませんよ。どうせ飲むなら、整腸剤の方がいいと思います。

また、胃腸が悪くなるときには、ストレスが影響していることが多い。ストレスは自律神経を乱し健康を害するだけではなく、口臭も強くします。ですから、口臭をしなくするには、自律神経を整えることも大切なことです。詳しくはこちら『自律神経失調症と口臭の意外な関係』をご参考にしてください。

家族や友達に相談するなどストレスをかかえないことが大事ですが、好きなことや趣味で発散することも必要です。

このようなストレスが原因となっている口臭には、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」で歯みがきをしても無理ですよね~。

そんなことはありません。美息美人(びいきびじん)で胃腸を良くすることはできませんが、ストレスによって舌が白くなるなど口内環境が悪化している場合には、きれいにすることができます。

口内環境がキレイになると、気分もスッキリするためストレスが減るかもしれません。効果的に口腔ケアを行うために、美息美人(びいきびじん)がおすすめです。

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する