「口が臭い」おじさんの秘密とは?息年齢80歳、口臭の秘密を教えます…

このメッセージを読むまでは、歯医者さんには行かないでください。
「口が臭い」と悩まれているあなたにお知らせしたくてパソコンの椅子に座りました。

もし、あなたの年齢が30代40代という若さなのに、下水のような酷い口臭がしてお悩みでしたら、この記事がその秘密をお教えします。

今回の記事をご参考にして「口が臭い」ことから開放されてください。

口が臭いのは加齢だからは誤解

口が臭いとか体が臭いと、加齢臭と結び付けられることがあります。
高齢者であれば、多少口が臭くても問題にされないかもしれません。でも、若いのに口が臭いと、周囲の状況は一変に変わるかも。

ヒソヒソ、ぼそぼそ、、、

私なんか、目の前の人に堂々と鼻を押さえながら話をされたことがあります。あなたは、ここまでの仕打ちをされたことがないかもしれませんが、口臭が不安だと、会話しながらドキドキしているかもしれませんね。

こんな状況があるので誰にも相談できない。これが口が臭い人の大きな悩みです。

でも安心してください。口臭は若くても関係ないです。その証拠に若くても口が臭い人もいれば、高齢者でも臭わない人も大勢おられます。

加齢臭と口臭は違う

加齢臭に関しては世間からの誤解が多いです。たとえば、加齢臭は中年の男性だけがするもので女性はしないとか、オヤジが臭いのが加齢臭であり、若者は加齢臭はしないと思われているのではないでしょうか。

じつは、加齢臭は男も女もします。それに、最近は食生活やストレスの影響から、若者でも加齢臭が出ることがあるのです。

そして、もう一つ大きな誤解は、口臭も加齢臭だと思われていることです。中年以上の年齢の人の息が臭いと加齢臭だと思われることがあるようですが、口臭と加齢臭は根本的に異なります。

口臭は口内や喉に存在する悪玉菌が発生するガス。しかし、加齢臭は皮脂腺から分泌される脂肪酸が、常在菌によって酸化や分解されることで発生しています。

加齢臭の元になっているのは、「ノネナール」というニオイ成分です。加齢臭「ノネナール」は、皮脂腺から分泌される脂肪酸「9-ヘキサデセン酸」が、過酸化脂質や皮膚常在菌によって酸化したり分解されることで発生します。
汗をかきそのままにしておくと、ばい菌が臭い成分を作ります。ですから、汗をかいたらそのままにしないで、キレイにふき取ることが大事です。
また、加齢臭「ノネナール」を作っている「パルミトオレイン酸」という脂肪酸は、加齢とともに増加するので、このことが、年齢とともに加齢臭が出る原因のようです。

だから、臭くなるのも首の周りや頭皮からです。

加齢臭がするのは…
頭(頭頂部)
首の後ろ
顔のTゾーン
胸元

耳の後ろ周り
背中
デリケートゾーン
お風呂で体を洗うときには、特にこの部位をていねいに洗うと良いでしょう。

引用:加齢臭はおやじだけではない!女性が臭うのは何歳から?効果的な対策ポイント5つ

おじさんの口臭原因

歯のレントゲン写真

口臭がすると、はじめに思いつくのは、虫歯か歯周病ではないでしょうか。

そのため、口臭が気になるようになると、歯医者さんに行く人が多いのかもしれません。当然ですが、虫歯や歯周病になれば口臭が発生するので、治療を受けないといけません。

でも、虫歯や歯周病になりやすい『体質』があることまで知らないのでは。

虫歯や歯周病になりやすい人には共通した特徴があります。それは、ドライマウスです。そして、ドライマウス(口腔乾燥)の人は、舌苔(ぜったい)もできやすいことが分かっています。舌苔(ぜったい)ができる原因について詳しくは、『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

口が乾くと舌も乾き白い苔ができます。いわゆる舌苔(ぜったい)ですが、これは、口内の汚れと細菌が集まってできたものです。舌苔ができていると、口が乾く度に臭い物質が気化し息が臭くなります。

もし、虫歯や歯周病になりやすい体質であれば、舌も観察したほうが良いです。ところが、舌が白くなったからといって、歯医者さんに行っても舌苔の治療をしないのが普通です。歯医者さんで舌苔の相談をすると、普通は次のように言われます。

舌磨きで長くなった乳頭

「歯磨きのときに舌ブラシで磨くようにすると良いです。」

この言葉を信じて舌を舌ブラシなどで磨くと、粘膜を傷つけてしまい細菌が繁殖しまうため逆効果になります。気をつけてください。舌磨きがいけない理由については、こちらの記事『舌を磨いてはダメ!舌に歯磨き粉をつけたらダメ!どうすれば良い?』をご参考にしてください。

口が臭いのは胃腸が原因と考えるのは早合点

風邪をひいた時など体調を崩したときに、口が臭くなることがあります。だからでしょうか、口が臭いのは胃腸が悪いからだと考える人が多いようです。

しかし、それだったら、病気が治り健康になれば息もきれいになるはずです。

onna

同じように、快便で便の色も形もよければ、胃腸も健康なはずです。ところが、健康な状態にも関わらず、「口が臭いから胃腸が悪いかもしれない。」と不安になっている人も多いのです。

本当に胃腸が悪い場合には、逆流性食道炎を起こしていることがあります。逆流性食道炎になると、胃の中から消化不良の食べた物が逆流して喉に付着するため、ばい菌が増えて喉から臭くなります。酸っぱい味や臭いがしたら要注意です。胃腸と口臭の関係について詳しくは、『腸内口臭ってなに?どんな臭いしている?対策法はコレ!』をご参考にしてください。

不安が当たることは確率的には少ないでしょうが、不安をそのままにするのは精神面にも良くありません。そのような場合には、内科(胃腸科)を受診してみてはいかがでしょう。

口が臭くなる本当の原因

口がぱさぱさに乾燥する

先ほども口が臭くなる原因は、「ドライマウス」だとお話しました。ドライマウスの特徴は、口が乾きパサパサになる場合と、唾液がネバネバになる場合です。

唾液が粘つくと唾液自体が臭く、呼吸しただけでも周囲の人に口臭を感じさせることも。詳しくは『口がネバネバする原因はこれ!粘つきの解消方法はこれ!』をご参考にしてください。

実は、ドライマウスになる大きな理由はこの2つです。

いびき(口呼吸)

  1. 唾液が出ない
  2. 口呼吸(又はイビキ)

このどちらかだと、口や喉が乾くドライマウス症を起こします。ドライマウスになると、舌苔(ぜったい)が出来やすくなります。

舌苔(ぜったい)が出来ると息も臭くなる。このことが、口臭の最大原因だといわれています。

ところが、ドライマウス症が起こすのは、これだけではないのです。

喉の両側に扁桃(へんとう)という免疫物質を出す組織がありますが、扁桃に、口臭原因となる臭い玉を作るのです。

膿栓の図解

臭い玉は、咳をしたときなどに出てくることがあります。乳白色をした米粒大のものです。誰でも一度は出てびっくりした経験があるのでは。

この臭い玉を潰すと悪臭を発します。元々は扁桃から分泌された粘液です。それが、細菌と戦い腐敗して固まり臭い玉となります。

ですから、臭い玉になる前の粘液も臭いのです。

粘液は、喉にどろ~とへばり付き痰のように違和感があります。そのニオイは、下水のヘドロや便臭だったりと酷いものです。

もうお分かりですね。おじさんの口のニオイは…次の3つ。

  1. 舌苔(ぜったい)
  2. 臭い玉
  3. 粘液(正しくは膿汁のうじゅう)

この3つに重点をおいて対策をすることで、おじさんの口臭い悩みから開放できます。

おじさん臭から開放されるには

titiko

舌苔(ぜったい)が出来て舌が白くなっている場合には、こちらの記事「美息美人(びいきびじん)で舌苔を除去する方法…白い舌がきれいに」が参考になります。

臭い玉が出来てお困りでしたら、こちらの記事「口臭の元!臭い玉(膿栓)ができる4つの原因と取り方」をご覧ください。

喉にネバネバした粘液が出来て困っていましたら、「うがいで膿栓(臭い玉)を効果的に取る5つのポイント」が参考になるかもしれません。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する