歯磨きしても口が臭い理由:厄介な口臭の対策方法はコレ!

忙しい歯磨き

歯磨きだけでは口臭は消せない!?

「口臭が気になる25歳女性です。歯磨きしても何をしても口が臭いです。口臭で・・・13年間も悩んでいます。どうしようもないです。」

ご相談のお客さまのように歯磨きをしているのに口臭がしていると悩まれている方がたくさんおらえます。どうしてだと思いますか?それは、歯磨きをしたからといって口臭が治るわけではないからです。

子供の頃から、「歯磨きをしないと口が臭くなる。」と教えられていたあなたにとっては、意外かもしれません。

歯に付いたプラークは、口臭の原因になるので歯磨きを行なうことは大切なことかもしれません。でも、口臭はプラークからだけの臭いではありません。だから、口臭は歯磨きだけで解決しないことが多いのです。

それに、プラークは細菌が集まってできたものです。少し歯磨きを怠ると、すぐに細菌が増殖します。この2つのことを理解することで、今まで改善できなかった口臭でも、無くすことができるかもしれません。

今回の記事では、「歯磨きだけでは口臭が消せなかった理由」についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

歯磨きで取れるのは歯の汚れだけ

アメリカ人のホワイトニング歯磨き粉

当然ですが、歯磨きは歯の表面しか磨けません。歯面に付着しているプラーク(歯垢)を取るのが歯磨きの目的です。プラークを取ることで、虫歯や歯周病の予防ができます。だから、毎日の歯磨きは大切です。正しい歯磨き方法については、『あなたは歯磨き方法でこんな間違いをしていませんか?』をご参考にしてください。

ところが、歯磨きをしても口臭がするのは何故でしょう?

それは、歯磨きをしても歯面に付いているプラーク(歯垢)が取れるだけだからです。プラーク(歯垢)を歯石と勘違いしている方が多いのですが、プラーク(歯垢)は、細菌が集まってできたネバネバしたものです。排水口のネバネバと同じようなものです。

だから、歯だけではなく、舌にも付きます。

口の汚れは、プラークだけではありません。食べかすや細菌が、歯茎のポケット、頬の内側、喉、といろんな所に付着するのです。

歯磨きをしても口臭菌はとれない

口臭原因の8割以上が、口腔内の細菌が原因であることが分かっています。細菌がタンパク質を分解して臭いを発生します。詳しくは、『舌の細菌が口臭を発生させる!原因は歯周病菌が舌に感染するから』をご参考にしてください。

しかし細菌は歯磨きをしたからといって無くすことはできません。

たとえば、水虫がそうです。水虫を治したいからといって、いくら石鹸で洗っても水虫は治りません。もちろん、汚い足よりもきれいにしたほうが少しは改善できるでしょうが、治すことはできません。

それは、乾燥した皮膚の中に菌が入り込んでいるからです。ですから、皮膚の表面だけキレイにしても、菌が繁殖している皮膚がある限り、すぐに菌は増殖します。だから、水虫を治すのは難しい。

(爪の内部に水虫菌が入り込む)「爪水虫」になると、まったくといっていいほど足を洗っても良くならないのが普通です。爪水虫は、足を清潔にして水虫菌が住みにくい環境になると、余計に爪の中に水虫菌が隠れてしまうので悪質です。水虫菌は足が蒸れる季節までじっくり待っているのです。そして、足が蒸れると一気に指の皮を食べます。これが、菌の性質です。

水虫だと、皆さんもその通りだと思うかもしれませんが、口臭のことになると別のように思っているようです。しかし、水虫も口臭も生きている「菌」が原因だということは同じなのです。

口臭の場合も、口臭を発生する細菌は水虫と同じ性質の嫌気性細菌というのも面白いです。(くさいのも同じですよね。)

歯磨きをすれば、口腔の細菌は歯肉縁下や虫歯の穴、舌の溝など、歯磨きでは取れないところに逃げ込みます。

歯石が出来ていれば、菌にとっては絶好の環境になります。菌は歯石の細かい穴に入り棲息する。このことが、歯周病や虫歯の原因になる。歯周病と虫歯になると口臭が強くなるので歯石をそのままにしておくのはよくありません。

だから、歯磨きをしても口臭菌は残り、臭いも取れないのです。

口臭の原因

細菌が歯肉縁下で繁殖すれば、歯肉炎になり出血をすることがあります。この時、ただの細菌ガスだけではなく血生臭い悪臭がします。歯周病になると歯周ポケットができますが、もし歯周ポケットができていれば、ポケットの中に臭い液がたまるので口臭がします。歯茎の臭いについて詳しくは、『歯茎が臭い!歯周病が進行しているかも?治し方はコレ!』をご参考にしてください。

また、虫歯になれば食べ物の残りかすの腐敗臭と細菌ガスが混じり、残飯やどぶのような悪臭がする原因にもなります。歯の根本の歯茎が腫れていたり、被せが古い場合は、歯科で診てもらうことをおすすめします。

舌苔(ぜったい)も虫歯と同様なにおいですが、呼吸の通り道であるためよくにおいます。それと、舌の表面積が広いために、菌の量も多いというのが口臭を強くしている理由です。口臭原因については『日本口臭学会から学んだ最先端の「口臭の治し方」は意外とカンタン!?』をご参考にしてください。

口臭対策の基本はプラークコントロール

口臭は細菌が作ります。だから、口臭対策をするには、除菌しないといけないのです。単純に歯磨きを行っても、除菌はできません。だから、歯磨きをしても口臭がなくならなかったのです。

口臭の元となる細菌を除菌するには、除菌できる方法や除菌できる歯磨き粉を使用しないと効果はでないということになります。

効果的に口臭対策を行うには、口臭外来へかかることが良いかもしれませんが、先ほどから説明しているように口臭菌は水虫と同じですから、完全に除菌できることなどないのです。

口臭をしないようにするためには、細菌を増やさないように上手に共生することが大事なのです。共生というのは、たとえ菌があっても、口臭や歯肉炎や虫歯にならなければ問題ありません。そのような健康に問題ない状態をキープするのが、良く聞く「プラークコントロール」です。

どれだけ歯医者さんで口臭治療をしても治るのは一時です。ほっておくと、また細菌が繁殖するのは時間の問題です。だから治療をしてからの口腔ケアが重要なのですね。

効果的に口臭予防をするには、こちらの記事『本気で「口臭予防」する人のための10の方法』をご参考にしてください。

歯磨き以外の口腔ケアが必要

舌乳頭と舌苔の図

歯磨きしても口臭がする場合には、舌苔(ぜったい)が口臭の原因になっていることが多いです。

舌の苔を取ることで(一時的ですが)口臭が減少することは分かっています。だから、舌磨きをする人が多いのかもしれません。

しかし、舌ブラシで舌をゴシゴシと磨くと皮膚が削れてしまい傷が付き、細菌の餌になるので余計に口臭がするので気をつける必要があります。舌のケアについては『美息美人(びいきびじん)で舌苔を除去する方法…白い舌がきれいに』をご参考にしてください。

また、細菌を抑制するためには、唾液がよく出ることが重要です。唾液分泌を促すためにはガムを噛むことも良いことです。ところが、砂糖入りのガムや飴は、口腔内を酸性にしますから口臭予防にはならないばかりか、余計に悪化することがあるのでご注意ください。噛むならシュガーレスガムをお勧めします。

歯磨きをしても口臭がするケース

歯磨きをしても舌をきれいにしても、口臭がする場合があります。それは…次のようなケースです。

これらの場合には、どれだけ丁寧に歯みがきをしたり、歯科で治療を受けたとしても、口臭が無くなることはありません。その場合には、耳鼻科や内科の治療が必要になります。

歯磨きで消えない口臭の対策方法

うがいを行う女性

歯磨きをしても口臭が消えない場合には、ほとんどが舌苔(ぜったい)、膿栓(のうせん)、膿汁(のうじゅう)のいずれか又は、それらが重複して関係していることが多いです。

もちろん、他のケースもありますが、歯磨きだけで消えない口臭の場合には、8割以上が舌か喉に原因があります。

ですから、口臭対策とすれば、歯磨きの他に行わなければいけないことがあります。それは次の二つを実行することです。

  1. 舌の清掃ケア
  2. 喉の清掃ケア

口臭原因全体の7割以上は舌に原因があるといわれています。ですから、舌をキレイにすることは大切です。だからといって、舌ブラシなどで舌をゴシゴシと磨くと舌に傷がつき逆効果になるのでご注意ください。舌磨きについて詳しくは、『舌磨きをしないで舌苔(ぜったい)を取る方法!舌を磨くと逆効果になるのでご注意ください』をご参考にしてください。

そして、もう一つは、喉を清潔に保つことです。喉をキレイにするには、うがいを行うことが一番良いのですが、うがい薬を使用しても粘液である膿汁(のうじゅう)は取れません。

うがい薬には、殺菌作用がありますが、粘液(膿汁)を取る効果はありません。これが、膿汁を除去できない問題なのです。

ですが、美息美人(びいきびじん)のようなアルカリイオン水を使うと、容易に粘液(膿汁)を取ることができるので、膿汁でお困りでしたら、美息美人をお試しになってはいかがでしょう。膿汁予防について詳しくは、『のどの膿を予防する方法!これで膿栓(のうせん)と膿汁(のうじゅう)はなくなる』をご参考にしてください。

歯磨きだけではなく、舌と喉の清掃ケアを行うと、ほとんどの口臭が解決できるようになるので、今回の記事をご参考にやってみてはいかがでしょう。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する