差し歯が臭い時の原因と対策

ポーセレンの歯

「差し歯が臭い」と多くの人たちが密かに悩まれています。
実は私もそのうちの一人でした。

8年前のことです。差し歯と差し歯の間を歯間ブラシでこすってから嗅ぐと、異様な臭いがしました。
この臭いがショックで、それから不安がつきまとうようになったのです。

他の歯間も、同じように歯間ブラシでこすって嗅ぐと臭くないのに、差し歯の間だけが臭い。それまでは、まったく口臭を気にしていなかったのですが、その日からは差し歯の臭いが気になって、何度も歯間ブラシを使っては嗅ぐようになったことがあります。

あなたは、差し歯が臭くなったようなことはありませんか?

口臭がしていることが分かると気になりだし、日常生活にも支障をきたしますよね。

そこで、今回の記事では、差し歯が臭くなる原因と解決方法についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

差し歯って何?

差し歯の図
出典:りょうき歯科クリニック 差し歯って何?

一昔前までは、歯根に穴をあけ、その穴にピンが付いた人工歯を植立する方式の補綴物のことを差し歯といっていました。

今でも「差し歯」という人がいますが、現在は上の写真のような方式に変化しています。

歯根に穴をあけるのは差し歯と同様ですが、人工歯を装着する前に一度ピンが付いた支台歯を立てます。その支台歯に(ポーセレンや硬質レジンの)人工歯を被せるのが一般的です。

でも、多くの人はどちらも総称して、「差し歯」と呼んでいるようですね。

差し歯の歯間が臭くなる原因

差し歯が臭い

ブリッジだから臭い

差し歯を入れる患者さんの場合には、1本だけではなく、隣合わせに複数本の歯が虫歯になっているケースが多いです。時には抜歯して前歯が抜けているケースも。

そのようなケースでは、ブリッジを入れます。

差し歯

差し歯の歯間は歯ブラシの毛先が入りにくく、磨き残しができるために、歯垢もつきやすくなります。そのため、臭くなりやすい。

天然歯(自然歯)の場合には歯垢がついても、野菜などの繊維食を食べたときに取れることがありますが、差し歯のような人工歯には、歯垢が着きやすいです。


だから、差し歯の間を歯間ブラシでこすって嗅ぐと臭いのですが、たいていは、その部分の歯ぐきが歯肉炎になっている可能性が高いのです。

歯肉炎になると、歯周ポケットも深くなり食べかすが溜まりやすいだけではなく、歯周病菌や膿(うみ)も溜まるので、腐敗のスピードも早くなります。

だから、差し歯の歯間を歯間ブラシで磨いてもすぐに臭くなります。詳しくは『歯ぐきから臭い液が出てる?』をご参考にしてください。

差し歯と歯ぐきの間に隙間ができる

siniku

上の写真のように、差し歯を入れている人の歯ぐき部分が黒くなっているのを見たことがあるかもしれません。

このように、差し歯が古くなると、人工歯と支台歯との適合が悪くなり隙間が出来てきます。

この隙間には、食べかすが詰まりやすく歯周病菌などが繁殖しやすい。そのため、歯ぐきが腫れたり出血することも起きます。いわゆる歯肉炎です。歯肉炎は歯周病の初期ですが、痛みもほとんどなく進行する病気ですので、そのままにしておくと、歯が長く垂れ下がり抜歯することにもなる怖い病気です。

そこまで進行していなくても、歯肉炎になると歯周ポケットができるため、歯周病菌による膿がたまり口臭が発生します。歯周病菌による口臭が最も強い口臭ですので注意が必要です。

もちろん、歯肉炎になっていたら、自身でニオイを感じるだけではなく周囲にも口臭で迷惑をかけているかもしれません。そのような場合は、『本気で「口臭予防」する人のための10の方法』をご参考にしてください。

差し歯が原因の口臭への対策

歯周病の進行

差し歯から口臭が発生する原因は、一番多いのは歯肉炎です。歯肉炎になるのは、差し歯が合わなくなってることやブリッジの場合には、歯磨き残しができるからです。

差し歯が支台歯に適合していない場合

レントゲン撮影

  1. 歯科でレントゲン撮影などで検査をしてもらい、適合性を診てもらうことが重要です。
  2. 差し歯が古くなっているとか適合していない場合には、治療をして補綴物を作り替えます。
  3. 歯肉炎の治療をしてもらい、その後も定期的に歯石除去をしてもらう。
  4. 歯間ブラシやフロスを使用して、歯間部をより丁寧に清潔にする。詳しくは『口臭の元!歯間ブラシが臭くなる原因と対策ポイント4つ』をご参考にしてください。

ブリッジの場合

基本的な対策は、差し歯と同じですが、ブリッジの場合には歯根部に過剰負担がかかるため、歯根が割れていることもあります。

歯根にヒビ割れが出来ると、その隙間から細菌が感染するので簡単には治療は出来ません。ヒビ割れの治療をしても、多くは再発の繰り返しになります。最終的に抜することも多いです。

そのためにも、レントゲン撮影で検査してもらうことは大事です。

1本だけの差し歯よりも、ブリッジの方が支台歯への適合も悪くなるのが早いです。ですから、ブリッジから口臭がある場合には、早めに補綴物を作り替えるほうが良いかもしれません。

歯間の口臭を解決した歯ブラシ

歯科治療

私の場合には、歯医者さんで調べてもらうと、軽度の歯肉炎ということが分かったので、歯石除去とクリーニングをしてもらいました。
そして、歯間ブラシを使うだけではなく、ワンタフトブラシを使用するようにしたのです。

歯肉炎が治った大きな理由は、このワンタフトブラシの使用だったのです。

ワンタフトブラシはこれです。

ワンタフトブラシ
出典:Amazon エビス プロフィッツワンタフトブラシ

ワンタフトブラシと○○を一緒に使えば最強!

でも、実際はこれだけではありません。
歯肉炎と口臭を解決したもっと大きな理由は、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」の存在があったからです。

じつは、私の場合には、差し歯だけではなく、奥歯のブリッジの底部分の歯間も差し歯と同じように、臭かったのです。

okubanurizzi

ところが、その部分もワンタフトブラシで磨くことによって臭わなくなったのです。

でも、美息美人(びいきびじん)を2~3日使わないと、歯間ブラシがすぐに臭くなりますので、差し歯やブリッジがある場合は、手を抜くとだめですね。

そんなこともあって、現在は真面目にケアを行っています。そのため、口臭がすることはありません。

もし、あなたも差し歯やブリッジを入れていて歯間が臭いとお困りでしたら、この実証済みの方法をお勧めします。

今、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を購入されると、特典でワンタフトブラシも付いてきます。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」公式サイトはこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

口臭外来では常識の口臭対策!これで98%の口臭原因と予防方法がわかる!

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する