臭い玉(膿栓)

喉に白い臭い玉(膿栓)ができたことで困っている人が多いのではないでしょうか。でも、臭い玉(膿栓)は取っても何度でもできるし、人によってできる原因が異なります。ですので、自分の臭い玉(膿栓)ができる原因をよく知って対策することが重要です。
こちらでご紹介している記事をお読みいただければ、臭い玉(膿栓)の悩みを解決できると思います。

臭い玉(膿栓)とは

膿栓(臭い玉)を指の上にのせる

膿栓(臭い玉)は、扁桃(へんとう)の穴に粘液(免疫)と細菌の死がいが集まってできた米粒大の固まりです。 ですから、膿栓が出来ると、喉がイガイガしたり、喉から鼻に抜ける口臭を感じるようになります。

引用:口臭の元!臭い玉(膿栓)ができる4つの原因と取り方

臭い玉(膿栓)が出来る場所

臭い玉(膿栓)ができると、喉に白い玉が見えることがありますが、一般的には扁桃(へんとう)の陰窩(いんか)という穴の中にかくれているために見えないことの方が多いのです。詳しくは『膿栓が見えない?膿栓のできる場所はここ!直接取るのは危険』をご参考にしてください。

臭い玉(膿栓)ができた時の症状

えへん虫

臭い玉(膿栓)は見えていないのに、喉にイガイガなど違和感を感じたり喉から鼻にかけて下水臭がすることも。喉がイガイガしエヘン虫がよく出る場合は、『エヘン虫が暴れる原因とだまらす方法はコレ!』をご参考にしてください。

臭い玉(膿栓)が口臭原因!?

臭い臭いと鼻をつまむ女

ところが、ある日くしゃみや咳をした時に、臭い玉(膿栓)が口に飛び出してくることがあります。初めて異様な形の臭い玉(膿栓)を見たり、ひどいニオイを嗅ぐことで、口臭が気になるきっかけになる人が多いです。

臭い玉(膿栓)が臭くなるのは…

細菌の死がいの固まりである膿栓(のうせん)に細菌が繁殖し腐敗を起こすからです。だから…膿栓(のうせん)は臭い!

引用:口臭原因!膿栓(のうせん)についての基礎知識

本当は膿汁(のうじゅう)が口臭原因になっている

粘液のイメージ

膿汁(のうじゅう)というのは聞きなれない名前かもしれませんが、膿汁は膿栓の元となる粘液です。

膿汁ができると、喉に痰がへばりつくような感じになり違和感を感じることがあります。また、膿汁は唾液に混じり、舌の奥に舌苔(ぜったい)をつくる原因になる。この二つのことによって、強い口臭を発生する原因になります。

口臭の元である膿汁(のうじゅう)は、扁桃(へんとう)から分泌される粘液(免疫物質)に細菌の死がいなどが混じり膿化したものをいいます。

膿汁(のうじゅう)は、だから臭い!それに、固まると臭い玉(膿栓)になる悪質な液体なのです。

引用:膿汁(のうじゅう)が本当の口臭原因!膿汁は膿栓より臭い!

臭い玉(膿栓)や膿汁ができる原因

膿栓のできる仕組みの図

臭い玉(膿栓)や膿汁は、喉にばい菌が増えることで扁桃(へんとう)の陰窩という穴にできるのですが、次のようなことがあると、更にできやすくなります。

  1. 口呼吸で喉が乾燥する
  2. 唾液が少ないため、喉が洗浄できない
  3. 後鼻漏で喉に細菌が増える
  4. 蓄膿症
  5. 鼻炎
  6. 咽頭炎、喉頭炎
  7. 逆流性食道炎

引用:膿栓(臭い玉)は取ってもすぐできる!予防の仕方はコレ!

耳鼻科疾患があるときには、治療をうけて先ず病気を治すことが大事です。また、口呼吸などによって口腔乾燥を起こしているときには、それらを改善することも大切です。

臭い玉(膿栓)の取り方

膿栓を綿棒で取る

綿棒などを使用して、ご自分で臭い玉(膿栓)を取ろうとする人がいますが、喉を傷つけたりばい菌が感染するかもしれないので、おすすめできません。安全に臭い玉(膿栓)を取る方法は耳鼻科で除去してもらうのが良いと思います。しかし、耳鼻科では、高熱が出ているなど悪化しているケースを除いて取らない医師が多いようです。まずは耳鼻科で相談されてはいかがでしょう。

耳鼻科では、イソジンなどのうがい薬でうがいを行うように勧められることが多いです。イソジンのようなうがい薬には、喉のばい菌を殺菌する効果がありますが、臭い玉(膿栓)を取るのは難しいかもしれません。

うがいを行うだけであれば、水によるうがいでも代用できます。

引用:うがいで膿栓(臭い玉)を効果的に取る5つのポイント

臭い玉(膿栓)の予防

息をはく女性

喉に細菌が感染しても、異常増殖しなければ、いずれ喉はきれいになります。それは、食事や飲み物、唾液が喉の細菌を洗い流すからです。そして、免疫作用によって喉が清潔になります。これが健康な人のからだ。

ところが、この除菌作用が働かない人がいます。除菌できなければ、慢性的に喉が不衛生状態になる。そして、膿汁(のうじゅう)ができるのです。

ところが、この除菌作用が働かない人がいます。除菌できなければ、慢性的に喉が不衛生状態になる。そして、膿汁(のうじゅう)ができるのです。

臭い玉(膿栓)ができやすい人の特徴は、口呼吸や唾液が少ないこと。そして、喉にばい菌が増えやすい環境にあることです。

ですから、臭い玉(膿栓)ができないように予防するためには、口呼吸を鼻呼吸になおすことも大事ですが、毎日、のどうがいを行い清潔を保つようにしなければいけません。常に喉がきれいな状態であれば、臭い玉(膿栓)や膿汁は予防できます。

引用:のどの膿を予防する方法!これで膿栓(のうせん)と膿汁(のうじゅう)はなくなる

膿栓できやすい食べ物とは?原因と予防方法を徹底解説

膿栓と口臭の関係:避けるべき食べ物と簡単予防法

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

膿栓(臭い玉)は、口の奥にできる小さな白い塊で、口臭や不快感の原因となることがあります。膿栓ができやすい食べ物やその原因を知ることで、予防対策を講じることが可能です。

本記事では、膿栓の原因となる食べ物や生活習慣について詳しく解説し、膿栓の予防方法や対策を紹介します。膿栓に悩む方や予防したい方に向けて、役立つ情報を提供します。

膿栓とは何か?

膿栓の定義とその役割

膿栓(のうせん)とは、喉の奥にある扁桃腺のくぼみに溜まった細菌や食べ物のカス、白血球の死骸などが固まった白い塊のことを指します。一般的に「臭い玉」とも呼ばれ、その名の通り、強い不快な臭いを放つことがあります。膿栓は口臭の原因の一つとなり、口の中に違和感や不快感をもたらすことが多いです。

膿栓ができるメカニズム

膿栓は主に扁桃腺のくぼみに細菌や食べ物のカスが溜まり、これに白血球が反応して死骸が集まることで形成されます。これらの物質が固まって塊となり、膿栓ができるのです。

また、口内が乾燥していると、唾液の洗浄作用が弱まるため、細菌が増殖しやすくなり、膿栓ができやすくなります。特に、免疫力が低下している時やアレルギー反応がある場合は、膿栓が形成されるリスクが高まります。

膿栓ができやすい原因

口内環境と膿栓の関係

口内環境は膿栓の形成に大きく影響します。特に、口内に細菌が多く存在する場合、これが膿栓の主要な成分となります。食べ物のカスや死んだ細菌が扁桃腺のくぼみに溜まり、膿栓が形成されます。さらに、歯磨きやうがいなどの口腔ケアが不十分だと、細菌の増殖を抑えられず、膿栓ができやすくなります。

免疫力とアレルギー体質の影響

免疫力が低下すると、体内での細菌やウイルスに対する防御機能が弱まり、膿栓ができやすくなります。また、アレルギー体質の人は、喉や鼻の粘膜が常に炎症を起こしやすく、これが膿栓の形成を助長します。慢性的なアレルギー反応や免疫機能の低下は、膿栓のリスクを高める重要な要因です。

ドライマウスのリスク

ドライマウス(口腔乾燥症)は、口内が乾燥して唾液の分泌が減少する状態です。唾液には口内を清潔に保つ役割があり、これが不足すると細菌の増殖が促進され、膿栓ができやすくなります。ドライマウスは特に高齢者や薬の副作用で発症しやすく、これが膿栓の原因となることが多いです。適切な水分補給と口腔ケアがドライマウス対策として重要です。

膿栓できやすい食べ物

高糖分の食べ物

高糖分の食べ物は膿栓ができやすい原因の一つです。糖分は細菌の栄養源となり、口内の細菌が増殖しやすくなります。これにより、細菌の死骸が多く溜まり、膿栓が形成されやすくなります。特に、キャンディーやチョコレートなどの甘いお菓子、甘い飲み物は避けるべきです。

柔らかくて粘着性の高い食べ物

柔らかくて粘着性の高い食べ物も膿栓ができやすくなります。これらの食べ物は歯や喉のくぼみに残りやすく、細菌の繁殖を助けます。例えば、パンやケーキ、ピーナッツバターなどが該当します。このような食べ物は、しっかりと歯磨きやうがいをしないと、口内に残りやすいため注意が必要です。

酸性の食べ物や飲み物

酸性の食べ物や飲み物も膿栓の形成を助長します。酸性の環境は口内の細菌バランスを崩し、悪玉菌が増殖しやすくなります。これにより、膿栓ができやすくなります。例えば、レモン、酢、炭酸飲料などが酸性の食品です。これらを摂取する際は、水で口をすすぐなどの対策が有効です。

膿栓を予防するための食事方法

よく噛んで食べることの重要性

よく噛んで食べることは、膿栓を予防するために非常に重要です。噛むことで唾液の分泌が促進され、口内の細菌や食べ物のカスを洗い流す効果があります。また、しっかりと噛むことで食べ物が細かくなり、喉のくぼみに残りにくくなります。特に、食事中に意識してよく噛むことで、口内の清潔を保つことができます。

唾液分泌を促進する食べ物

唾液分泌を促進する食べ物を積極的に摂取することも、膿栓の予防に効果的です。例えば、酸っぱい食べ物や飲み物(レモン、酢)、噛みごたえのある食べ物(野菜や果物)、香辛料(生姜、にんにく)などが唾液の分泌を促進します。

これらの食べ物を日常的に摂ることで、唾液の分泌を増やし、口内の浄化作用を高めることができます。

水分補給の重要性

水分補給は膿栓の予防に欠かせない要素です。口内が乾燥すると細菌が増殖しやすくなり、膿栓ができやすくなります。適度な水分補給を心がけることで、口内を潤し、唾液の分泌を助けることができます。

特に、日中こまめに水を飲む習慣をつけることで、口内の乾燥を防ぎ、膿栓の予防につながります。また、アルコールやカフェインは脱水作用があるため、過剰摂取を避けることが重要です。

膿栓を防ぐための生活習慣

口腔ケアの方法

効果的な口腔ケアは、膿栓の予防に直結します。以下のポイントを意識して、日々のケアを徹底しましょう。

  • 歯磨き:食後には必ず歯を磨き、特に歯と歯の間や歯茎の境目を丁寧に清掃します。電動歯ブラシを使うとより効果的です。
  • デンタルフロス:デンタルフロスを使って、歯間の食べ物のカスやプラークを除去します。
  • うがい:食後や寝る前には、抗菌性のあるマウスウォッシュを使って口内を洗浄します。
  • 舌クリーナー:舌の表面に付着した汚れを取り除くことで、細菌の繁殖を防ぎます。ただし、磨きすぎには注意が必要です。

規則正しい生活とストレス管理

規則正しい生活とストレス管理も、膿栓の予防に重要です。

  • 規則正しい食事:バランスの取れた食事を規則正しく摂ることで、免疫力を維持し、口内の健康を保ちます。
  • 十分な睡眠:十分な睡眠をとることで、体の免疫機能を正常に保ちます。寝不足は免疫力の低下を招き、膿栓のリスクを高めます。
  • ストレス管理:ストレスは免疫力を低下させる要因となります。適度な運動や趣味の時間を持ち、ストレスを上手に管理することが重要です。
  • 水分補給:日常的に水分を摂取することで、口内の乾燥を防ぎ、細菌の繁殖を抑えます。

これらの生活習慣を見直すことで、膿栓ができにくい環境を作ることができます。日々の習慣を大切にし、健康な口内環境を維持しましょう。

膿栓ができてしまった場合の対処法

自宅でできる膿栓の取り方

膿栓ができてしまった場合、自宅で簡単に対処できる方法があります。ただし、無理に取り除こうとすると、喉や口内を傷つける恐れがあるため、慎重に行いましょう。

  • ガーグル:塩水や抗菌性のあるマウスウォッシュでうがいをします。これにより、膿栓が自然に浮き上がることがあります。
  • 水飲み:水を飲むことで膿栓が自然に取れることがあります。特に、炭酸水は効果的です。
  • 綿棒や水鉄砲:綿棒を使って優しく膿栓を押し出す方法があります。水鉄砲(水ジェット)を使うと、安全に膿栓を除去することができます。ただし、力を入れすぎないように注意が必要です。
  • ガムを噛む:ガムを噛むことで唾液の分泌が促進され、膿栓が取れやすくなります。

専門医に相談する際のポイント

膿栓が頻繁にできたり、自宅での対処が難しい場合は、専門医に相談することが重要です。以下のポイントを踏まえて相談しましょう。

  • 症状の詳細:膿栓の頻度や大きさ、他の症状(喉の痛みや腫れ、口臭など)を具体的に伝えます。
  • 既往歴:アレルギーや扁桃炎などの既往歴がある場合は、医師に伝えましょう。これにより、適切な治療方針が立てられます。
  • 生活習慣:日常の生活習慣(食事、ストレス、睡眠など)についても相談し、膿栓の予防策を一緒に考えてもらいます。
  • 治療方法の選択:膿栓の除去方法や予防策について、医師のアドバイスを受けます。場合によっては、扁桃腺の除去手術が提案されることもあります。

膿栓の問題は、適切な対処と予防策を講じることで改善が期待できます。専門医の助言を活用し、健康な口内環境を維持しましょう。

膿栓と口臭の関係

口臭の原因としての膿栓

膿栓(臭い玉)は、口臭の主要な原因の一つです。膿栓は細菌、食べ物のカス、白血球の死骸などが混ざり合ってできた塊で、これらが分解される過程で強い悪臭を放ちます。特に、扁桃腺のくぼみに膿栓が溜まると、その臭いが呼気に混じり、口臭が発生します。

膿栓があると、口臭が持続的に発生することが多く、日常生活や対人関係において大きな影響を及ぼします。

膿栓による口臭を防ぐ方法

膿栓による口臭を防ぐためには、以下の対策を実践することが重要です。

  • 定期的な口腔ケア:歯磨き、デンタルフロス、うがいを徹底し、口内の細菌の増殖を防ぎます。特に、就寝前の口腔ケアは効果的です。
  • 水分補給:口内を常に潤すために、水分をこまめに摂取します。これにより、唾液の分泌が促進され、細菌の繁殖を抑えることができます。
  • 適切な食事:膿栓ができにくい食べ物を選び、バランスの取れた食事を心がけます。高糖分の食べ物や粘着性の高い食べ物を避けることが重要です。
  • 唾液分泌を促す習慣:ガムを噛んだり、酸味のある食品を摂取したりして、唾液の分泌を促します。これにより、膿栓の形成を防ぎます。
  • 医師の診察:頻繁に膿栓ができる場合や口臭が気になる場合は、専門医に相談します。医師のアドバイスや治療を受けることで、根本的な問題を解決することができます。

これらの方法を実践することで、膿栓による口臭を効果的に防ぐことができます。日々のケアと適切な対策を取り入れ、清潔で健康な口内環境を維持しましょう。

まとめ

膿栓は口臭や不快感の原因となりますが、適切な対策を講じることで予防できます。よく噛んで食べることや唾液分泌を促す食べ物の摂取、十分な水分補給、そして日常的な口腔ケアが重要です。また、規則正しい生活とストレス管理も膿栓のリスクを減らすポイントです。

頻繁に膿栓ができる場合は、専門医の診察を受けることも検討しましょう。これらの習慣を取り入れることで、健康な口内環境を維持し、膿栓による口臭を防ぐことができます。

参考記事:

参考文献:

 

うがいで膿栓を予防する

膿栓が取れるとなぜ気持ちいい?謎を解き明かす

膿栓が取れて清々しい顔の男性

口腔ケアアンバサダー(社団法人 日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

膿栓(臭い玉)が取れる瞬間の解放感は、多くの人が経験するものですが、その背後にはどのようなメカニズムがあるのでしょうか?

膿栓は扁桃腺のクリプトに溜まった細菌や食べかす、死んだ細胞の混合物で、喉の違和感や口臭の原因となります。この記事では、膿栓が取れると気持ちいい理由を科学的に解説し、その感覚の具体的な要因と、安全な取り除き方、さらには予防法についても詳しく紹介します。

膿栓(臭い玉)とは何か?

膿栓の成り立ちと口腔内での役割

膿栓(臭い玉)は、扁桃腺のクリプト(小さな溝)に溜まった細菌、食べかす、死んだ細胞の混合物です。この白または黄色の塊は、口臭や喉の違和感の原因となることがあります。

扁桃腺は口腔と喉の入り口に位置し、体内に侵入しようとする細菌やウイルスから私たちを守る役割を果たしています。その過程で、これらの異物が扁桃腺の溝に詰まり、膿栓が形成されるのです。

膿栓が引き起こす違和感とは

膿栓自体は通常、健康上の深刻な問題を引き起こすものではありませんが、その存在はしばしば違和感や不快感を引き起こします。特に大きな膿栓ができた場合、喉に違和感、圧迫感、または異物感を感じることがあります。

また、膿栓が口腔内で分解される過程で、不快な臭いの原因となることもあります。このため、膿栓が自然に取れるか、あるいは安全な方法で取り除かれると、これらの違和感や不快感が解消されるため、多くの人が取れたときの「気持ちいい」という感覚を報告しています。

この感覚は、単に物理的な違和感が取り除かれることによるものだけでなく、心理的な安堵感にも関連していると考えられます。

膿栓が取れた瞬間の「気持ちいい」感覚

膿栓が取れる瞬間に感じる満足感や解放感は、多くの人に共通する経験です。この感覚の背後には、心理的および物理的な要因が深く関わっています。

膿栓除去の瞬間の心理的・物理的解放感

膿栓の除去は、心理的な解放感をもたらします。膿栓が存在することによる違和感や不安から解放されることで、心理的な安堵感を覚えます。

また、物理的な側面では、膿栓が引き起こす圧迫感からの解放や、口腔内の清潔感の回復が「気持ちいい」と感じる理由です。特に、膿栓が大きい場合や長期間存在していた場合には、その除去による解放感はより顕著になります。

膿栓が取れるとなぜ気持ちいい?

膿栓が取れると、喉の圧迫感が解消され、清涼感や快適さを感じることができます。また、膿栓の除去により、口臭の原因が取り除かれるため、口腔内が清潔で新鮮な状態に戻ります。この快感は、物理的な解放感と心理的な安堵感が組み合わさることで生じます。

さらに、膿栓除去後は口腔衛生の重要性を再認識し、日々のケアに一層注意を払うようになります。このように、膿栓が取れた際の「気持ちいい」感覚は、物理的な除去と心理的な安堵感が組み合わさることで生まれます。

安全に膿栓を取り除く方法

膿栓の自己処理にはリスクが伴うため、正しい方法を守ることが重要です。無理な取り除き方は扁桃腺を傷つけ、感染症を引き起こす可能性があります。専門家の指導のもとで安全に膿栓を管理する方法を学びましょう。

膿栓の取り除き方には正しい方法があり、安全性を最優先に考える必要があります。自宅で行う場合は、以下のステップと注意点を守ってください。

自宅でできる膿栓除去の基本ステップ

  1. 準備:清潔な環境を整え、手を洗って消毒します。必要な道具(綿棒や懐中電灯など)を用意しましょう。
  2. 位置の特定:鏡と懐中電灯を使い、膿栓がある扁桃腺の位置を確認します。
  3. 軽い圧力をかける:綿棒を使い、膿栓に軽く圧力をかけて除去します。無理に深く押し込まないようにしましょう。

専門家の指導のもとで使用することで、安全に除去できます。無理な取り除き方は避け、扁桃腺を傷つけないように注意しましょう。

膿栓除去時の注意点と安全対策

  • 優しさが鍵:扁桃腺を傷つけないよう、非常に優しく行動してください。強く押しすぎると扁桃腺を傷つける可能性があります。
  • 無理をしない:自宅で簡単に取れない膿栓は、無理に取り除こうとせず、耳鼻咽喉科を受診してください。
  • 清潔を保つ:使用する道具はすべて清潔に保ち、除去後は口をすすいで清潔に保ちましょう。

「膿栓が取れてスッキリした」という体験は、正しい方法で安全に膿栓を取り除いたときにのみ得られます。無理な除去は避け、必要に応じて専門家の助けを求めることが大切です。

膿栓を予防する生活習慣

膿栓は一般に臭い玉とも呼ばれ、口腔内の不快な問題の一つです。しかし、適切な口腔衛生と生活習慣を維持することで、その形成を予防することが可能です。

正しい口腔衛生の維持

膿栓を予防するためには、以下の口腔衛生習慣を守りましょう:

  1. 毎日のブラッシングとフロッシング。
  2. うがいや水分補給で口腔内を潤す。
  3. 健康的な食生活を心がけ、砂糖や加工食品の摂取を控える。

膿栓予防に効果的な食生活と生活習慣

食生活と全般的な生活習慣も膿栓の予防に寄与します。禁煙やアルコール摂取を控えることも大切です。

これらの習慣を取り入れることで、膿栓によるイヤな気持ちを減らし、より健康な口腔環境を維持することができます。

膿栓に関するよくある誤解

膿栓(臭い玉)に関しては、多くの誤解があります。これらの誤解を解き明かし、膿栓に対する正しい理解を深めることが重要です。

膿栓の誤解と実際

誤解1: 膿栓は病気の兆候である。
実際: 膿栓自体は通常、無害であり、多くの人が経験する自然な現象です。ただし、頻繁に大量に発生する場合は、根底にある口腔衛生の問題を示している可能性があります。

誤解2: 膿栓は口臭の主な原因である。
実際: 膿栓が口臭を引き起こすことはありますが、口臭の原因は多岐にわたります。適切な口腔衛生を維持することが、口臭を予防する最善の方法です。

膿栓除去の迷信と科学的根拠

迷信1: 膿栓を強く押し出すことで簡単に取り除ける。
科学的根拠: 膿栓を無理に取り除くことは、扁桃腺やその周辺組織を傷つけるリスクがあり、感染の原因となることがあります。安全な取り除き方を学び、必要に応じて専門家の助けを求めることが重要です。

迷信2: 特定の食品やサプリメントが膿栓の予防に効果的である。
科学的根拠: 膿栓の形成は、主に個人の口腔衛生習慣や扁桃腺の構造によって左右されます。健康的な食生活は全体的な健康に良い影響を与えますが、特定の食品が膿栓の予防に直接的な効果を持つという科学的な証拠は限定的です。

専門家の助言:いつ医療の手を借りるべきか

膿栓の除去は多くの場合自宅で安全に行えますが、「膿栓が取れた!」と喜ぶ人がいる一方で、時には専門家の介入が必要になることもあります。

膿栓除去で専門家の介入が必要なケース

自宅での膿栓除去が心地よい解放感をもたらすこともありますが、以下のような状況では専門家の助けを求めることが賢明です:

  • 大きな膿栓が取れない場合:自力で安全に除去できない大きさの膿栓がある場合、無理に取ろうとすると扁桃腺を傷つける可能性があります。
  • 頻繁な再発:膿栓が頻繁に再発する場合、根本的な原因を特定し治療する必要があります。
  • 取り除いた後の痛みや出血:膿栓を取り除いた後、異常な痛みや出血がある場合は専門家の診断が必要です。

耳鼻咽喉科医に相談すべき症状

膿栓除去による一時的な快感を得ることはありますが、以下のような症状が見られる場合は、耳鼻咽喉科の専門家に相談することをお勧めします:

  • 持続する口臭や喉の不快感:膿栓が原因でない他の病気が隠れている可能性があります。
  • 喉の痛みや飲み込みにくさ:膿栓が大きくなりすぎて扁桃腺に炎症を引き起こしている場合があります。
  • 発熱や全身の倦怠感:これらの症状は膿栓以外の感染症を示している可能性があります。

膿栓が「取れて気持ちいい」という瞬間は確かに爽快ですが、不適切な自己処理はリスクを伴います。特に上記のような症状がある場合は、迷わず専門家の診断を受けることが重要です。

まとめ

多くの人が膿栓(臭い玉とも呼ばれる)が取れたときに感じる「気持ちいい」という感覚について報告しています。膿栓が取れると、喉に以前感じていた違和感や圧迫感が解消されるため、清涼感や解放感を感じることがあります。特に、膿栓が大きい場合や長期間違和感を感じていた場合には、その除去がより顕著な快感につながることがあります。

ただし、膿栓の除去は慎重に行う必要があります。無理に取り除こうとすると、扁桃腺を傷つけたり、感染を引き起こしたりするリスクがあります。安全に膿栓を取り除く方法や、頻繁に膿栓ができる場合の予防策については、耳鼻咽喉科の専門医に相談することをお勧めします。

・関連記事:

うがいで膿栓を予防する