口臭原因

口臭原因が分からないとお困りではありませんか?口臭原因を知ることは、口臭を解決するために最も重要です。ところが、ほとんどの人は口臭原因が分からないために、困っているのです。

自分の口臭がどこから発生しているのか?また、その口臭がおきているのは、どういうことが原因になっているのか?

この根本的な原因がわかれば、効果的に対策ができるようになります。この記事では代表的な口臭原因をご紹介していますので、あなたの原因も分かると思います。

今まで歯科治療を受けても、色んな歯磨き剤やマウスウォッシュを使っても、何をしても口臭が治らなかったとしても、新たな気持ちでこのページの隅々まで目をお通しください。必ずお役にたつとお約束します。

日本口臭学会が発表した口臭治療の指針では、「口臭とは不快な臭気を意味するもので、その臭気があるかないかに関わらず、口臭が気になり悩む病態が口臭症である。」と、文頭に書かれていました。これって、どういうことでしょう?口臭があるなしに関わらず、口臭が気になる場合は「口臭症」だということです。

引用:日本口臭学会から学んだ最先端の「口臭の治し方」は意外とカンタン!?

口臭の悩みには個人差があります。悩みは人によって違って当然。しかし、口臭の問題は「考え方を変える」というような精神論だけでおさまるような単純なものではありません。

それは、口臭がしているという事実があるからです。それに、口臭がしていると、ご自分だけではなく周囲の人にも不快感を与えるからです。口臭がもとで人間関係が悪くなったというのはよくある話。

今後の人生をよくするためには、口臭がしているという事実(原因)を直視して適切に対策する必要があります。原因がわかれば対策ができる。行動すれば必らず解決の方向に進んでいきます。だからここで原因を見つけてください。

口臭原因の7割は舌苔(ぜったい)

口臭原因の7割以上は、舌苔(ぜったい)が原因だといわれています。ですから、口臭をなくすには舌苔(ぜったい)を取り、苔を出来なくすることが重要です。

舌磨きで白くなった舌

舌苔(ぜったい)は、舌に苔がはえたようなものをいいます。舌の上で、細胞のはがれ落ちたものや食事カスに細菌が繁殖してできたものです。苔の色は、一般的に白色なものが多いのですが、喫煙や口腔の衛生状態によって黄色や茶黄色になることがあります。

舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防

指で舌をなぜて嗅いでみると臭いので、舌苔(ぜったい)が口臭の原因になっているということが理解できます。

舌が臭いと感じるのは、この舌に着いている白い(または黄色い)苔が、臭いからです。

もちろん、舌苔(ぜったい)が多量に着いているほうがニオイも強いです。苔の量の分、ニオイ成分が蓄積されています。

引用:舌が臭い原因はこれ!対策はこうする!

舌乳頭と舌苔の図

舌苔(ぜったい)は、汚れに細菌が集まってできたものです。その細菌がたんぱく質を分解するときに、口臭ガスが出来るのです。

舌の細菌は、舌の中央から奥のほうに多く集まる性質があります。

舌苔をつくっている細菌は嫌気性細菌という細菌で、名前のとおり酸素が嫌いなので、口の奥や喉付近に集まります。
ですから、舌苔は舌の奥の部分に出来やすくなります。…これが、口臭の大きな原因です。

引用:舌の細菌が口臭を発生させる!原因は歯周病菌が舌に感染するから

正しい舌磨きの方法

舌苔(ぜったい)ができると、舌磨きをしませんか?多くの人たちが舌磨きをしたこけで、舌粘膜を傷付けてしまい舌苔が悪化しています。そして、さらに口臭がひどくなるという悪循環に。

歯ブラシや舌ブラシで舌を磨くと先ほどの糸状乳頭は、細胞が削れてしまいます。それどころか…糸状乳頭の傷が化膿!

引用:舌磨きをしてはいけない本当の理由

研磨剤入り歯磨き粉

舌を磨くだけでも良くないのに、歯磨き粉を付けて舌磨きをしている人がいます。市販の歯磨き粉の多くは、合成界面活性剤などの刺激成分が含まれます。その成分が舌粘膜に付くことで、舌の傷はもっと悪化しているかもしれません。

歯磨き粉を付けて舌磨きをしていることが口臭原因になっているケースは本当に多いです。あなたは大丈夫ですか?

歯磨き粉に含まれている成分の中には、洗剤にも含まれているラウリル硫酸ナトリウムという合成界面活性剤があります。その他にも、発泡剤や香料などどれも刺激の強いものが。

舌が白くなり舌磨きを行うと、舌乳頭が傷つきます。そこに、洗剤をつけたらどうなりますか?

引用:舌を磨いてはダメ!舌に歯磨き粉をつけたらダメ!どうすれば良い?

病気の男性

舌が白くなるのはどのような時が一番多いと思いますか?

風邪をひいたり、寝不足や疲労がたまると舌苔(ぜったい)ができます。このように、舌苔は免疫力が低下したときにできます。病気になると口臭がするのは、免疫が落ちているからです。

免疫力が低下する原因は、どうしてだと思いますか?
免疫力が下がる原因は…

  1. 仕事や過激な運動によって疲労したとき
  2. 寝不足で疲労が取れない
  3. 毎日の疲労の積み重ね
  4. 極度に不安や恐怖というストレスがかかったとき
  5. 毎日のストレスの積み重ねによる精神的疲労
  6. 偏食による栄養不足でエネルギーがでない
  7. 運動不足により身体エネルギーが低い
  8. 病気になり体が弱っている
  9. 薬による副作用

引用:膿栓と舌苔は免疫力の低下が一番の原因!免疫を高める方法

胃腸の弱い人に舌苔ができるのは、この免疫力低下が関係しています。胃腸が悪いときに口臭がするのは、そういう理由からです。

引用:胃腸が弱ると舌が白くなる!口臭がする!対策はこれ!

ストレスから舌が白くなるということをご存知ですか?不安や恐怖、緊張などのストレスが続くと、交感神経が活発になるので口腔乾燥をおこします。このようにストレスで舌が乾いていることが多いです。舌苔をできなくするには、ストレス対策が大事かもしれません。

たとえば、人前で話をしないといけないとなると、緊張感も最高潮になります。 そうすると、 くさ~い…。 口臭が起きるのは、緊張した時に口がカラカラに渇いてしまうからです。

引用:口がパサパサ、舌が真っ白で困ったら

臭い玉(膿栓)が口臭原因

何をしても口臭が治らない場合は、臭い玉(膿栓)が原因になっているかもしれません。臭い玉(膿栓)ができるのは、喉の扁桃(へんとう)なので歯科では診てもらえません。それに、口臭がしても、歯科では虫歯か歯周病の治療に専念するのが一般的です。そのため、口臭原因として臭い玉(膿栓)を見落とすことが多いのです。

ところで、臭い玉(のうせん)って何という場合は、次の記事をご参考にしてください。

「においだま」が多く出来ると、口臭が強くなります。だから、口臭が気になると、「においだま」ができているかもしれないと考えるのかもしれません。

しかし、「においだま」は、風邪をひいたり体調の不良などから免疫が低下すれば、かんたんにできるものです。たとえ、「においだま」が一時的に出来ても、飲食や咳などによって自然に取れていきます。

だから、過剰に心配するものではありません。しかし、人によっては、常に喉の壁に粘液がべったりと付着したような感じがあったり、喉に「えへん虫」がくっついている感じがします。

引用:「においだま」って何?口臭は他人に聞けないモノ!ここで解決してください

耳鼻咽喉科医師

臭い玉(膿栓)は誰にでもできるものですが、臭いだけがして見えていなことがあります。だから、よけいに悩むのかもしれません。

膿栓ができる場所は、扁桃腺にいくつもある小さな穴の中。だから、普通は見えていません。探しても見つからないはずです。

ところが、耳垢と同じように、汚れがくっついて膿栓が大きくなると、穴から出てきます。穴の外に出て顔をだすと見えます。

引用:膿栓が見えない?膿栓のできる場所はここ!直接取るのは危険

粘液のイメージ

喉から口臭を感じると、その原因は臭い玉(膿栓)だと思う人が多いのですが、じつは、本当の口臭原因になっているのは、臭い玉(膿栓)ではなく臭い粘液(膿汁)かもしれません。

これら深刻な口臭の問題をお持ちの方には共通点がありました。それは、膿栓(のうせん)ができることと、のどの両脇(扁桃)から粘ついた液が出ていたこと。

その人たちに、扁桃を指で触りニオイを嗅いでもらい感想を聞くと、一様に「下水のような臭いがする。」と答えが返ってきました。

引用:膿栓(のうせん)が口臭原因だと思っていたが?

口臭の元である膿汁(のうじゅう)は、扁桃(へんとう)から分泌される粘液(免疫物質)に細菌の死がいなどが混じり膿化したものをいいます。膿汁(のうじゅう)は、だから臭い!それに、固まると臭い玉(膿栓)になる悪質な液体なのです。

引用:膿汁(のうじゅう)が本当の口臭原因!膿汁は膿栓より臭い!

歯周病が口臭原因

歯周病のレントゲン写真

歯科疾患によって起きる口臭原因といえば、歯周病が最も多いでしょう。どうして歯周病になると口臭がするのかご存知ですか?

歯周病になると歯ぐきに炎症がおき歯周ポケットができます。この歯周ポケットの中から口臭が発生するのです。

歯周ポケットの中には、炎症によって血管壁からにじみ出た滲出液(しんしゅつえき)という血液などの液体がたまります。この液体が歯周病菌にとっては、かっこうのエサに。

そのため、歯周ポケットができると歯周病菌が増え、炎症が悪化することになるのです。そして、この部分から歯周病菌は歯の根元のほうへと感染していくことに。

また、歯周病になると口臭が強くなるのは、この歯周ポケットができ、臭い液がたまるからです。歯周ポケットの部分を指で押さえてからその指を嗅ぐと生臭いニオイがすることがあります。

引用:歯周病の口臭、出血、歯茎の腫れに効く歯磨き粉の選び

奥歯の奥をワンタフトブラシで磨く

歯周病でよくあるのは、奥歯の奥から口臭を感じるケースです。歯周病の多くは歯磨き不足から起きます。特に奥歯の奥は歯磨きが難しく磨き残しができやすいのです。だから、歯周病にもなりやすい。

どれだけ丁寧にブラッシングをしても、奥歯の奥側だけは磨き残しができます。奥歯の奥は歯ブラシが届きにくいので、プラークが付きやすい。そのため臭くなるのです。それだけではありません。奥歯の奥には親知らず(智歯)が生える。人によって様々で、親知らずが中途半端に出ていたり、横に生えていることも。そのため、それでなくても磨きにくい箇所なのに、よけいに磨けないのです。ですから、歯周病や虫歯になりやすい部位です。

引用:奥歯の奥からプンと口臭が…原因と対策

差し歯が口臭原因

レジン歯

他にも歯周病だと思っていなかったのに口臭がしているケースがあります。それは、前歯の差し歯からの口臭。差し歯を入れて期間がたつと歯ぐきと合わなくなりやすい。そのため、差し歯と歯ぐきの間の溝部分に歯垢が付き歯肉炎になることがあります。
歯肉炎になると、先ほどのように歯周ポケットから膿の臭いがするようになります。

差し歯が古くなると、人工歯と支台歯との適合が悪くなり隙間が出来てきます。この隙間には、食べかすが詰まりやすく歯周病菌などが繁殖しやすい。そのため、歯ぐきが腫れたり出血することも起きます。いわゆる歯肉炎です。

歯肉炎は歯周病の初期ですが、痛みもほとんどなく進行する病気です。そのままにしておくと、歯が長く垂れ下がり抜歯することにもなります。

引用:差し歯が臭い時の原因と対策

ブリッジが口臭原因

奥歯のブリッジを外したところ

ブリッジからも口臭がする場合があります。ブリッジというのは、抜歯したあとに人工歯を入れる連結歯のことをいいます。

ブリッジも差し歯と同様に、連結した底部分のブラッシングが難しい。そのため、そのため歯肉炎になることが多く口臭原因になるケースも。

ブリッジのダミー部分の底にプラークが着いても、歯ブラシが入らないので、食べかすなどの汚れがたまってしまいます。同じように、ブリッジの歯と歯の間もきれいに磨けません。

これが、「ブリッジを入れてから、歯みがきをしても口臭がする。。。」という理由です。

引用:ブリッジが口臭を発生させる…原因と対策

虫歯が口臭原因

虫歯

虫歯になると腐敗臭がするので口臭原因になりますが、虫歯をそのままにしている人は少ないと思います。

歯科で治療を受け、銀歯などの被せや詰め物によって治しているはずです。だから、「虫歯が口臭原因ではない」と思っている人がほとんど。

しかし、銀歯や詰め物は治療して年月がたつと歯と適合しなくなることも。銀歯や詰め物と歯との間にできた隙間から虫歯菌が感染し、二次カリエスになるケースが多いのです。神経を抜いていると痛みもなく虫歯が進行し臭いだけがする。虫歯の発見が遅れるなんてことにならないためにも、口臭を感じたら歯科で診てもらうことが大事です。

引用:詰め物の内部から口臭発生?

歯磨き不足が口臭原因になる

忙しい歯磨き

この記事を読まれている方であれば、口腔ケアをていねいに行われていると思います。だからといって、安心してはいけません。

口臭原因で多いのは、歯磨き不足によるものだからです。歯磨き不足になる原因で多いのは、睡眠に入る前の歯磨きです。口腔細菌が一番増えるのは睡眠中です。だから、寝る前にしっかりとブラッシングケアをすることが大切。

でも、寝る前は睡魔に負けることが多い。そのため、手を抜くことになり起床時には口が臭いなんてことに。

引用:歯磨き不足によって口臭が出る!夜歯磨きしないのは最悪

ところが、このような事実もあります。「きちんと朝晩歯磨きをしているのに口臭がする。」どうしてだと思いますか?

歯磨きをすれば、細菌は歯肉縁下や虫歯の穴、舌の溝など、歯磨きでは取れないところに逃げ込みます。歯石が出来ていれば、歯石の細かい穴に入り棲息します。

このように、歯磨きをしても口臭菌は残ってしまうのです。

引用:歯磨きしても口が臭い理由:厄介な口臭の対策方法はコレ!

ドライマウス(口腔乾燥)が口臭原因

舌が白くなった女性

口臭は口臭菌(嫌気性細菌)が作ります。その口臭菌が増えるのは唾液が少ないときです。

その理由は、唾液には酸素が含まれているからです。ところが、口腔が乾燥すると唾液が減少するため、嫌気性の口臭菌が増える。

だから、ドライマウス症になると口臭がひどくなるのです。

唾液が出なくなると、口の中はどうなると思いますか?

口の粘膜、そして舌までが、パサパサになります。すると、唾液の水分が蒸発し、唾液に溶け込んでいるニオイが気化し口臭となるのです。

引用:口がパサパサ、舌が真っ白で困ったら

ドライマウス症の人の場合は、虫歯、歯周病、舌苔、膿栓になりやすい。これらはすべて口臭原因になるので、口臭を解決するにはドライマウス対策が重要になります。

ドライマウスと口臭は密接に関係しています。口腔が乾燥すると、細菌が増殖しやすい環境になります。歯周病菌や虫歯菌が増えるため、歯肉炎や虫歯になりやすいのが特徴です。

他の人たちと 同じように歯みがきをしていても、歯肉炎や虫歯になりやすい人っていますよね。それは、ドライマウスが関係していたのです。

引用:もう、ドライマウスとも口臭とも、舌苔(ぜったい)ともさよならしてください

免疫力の低下が口臭原因

風邪にかかった女性

口臭原因で多い舌苔や膿栓ができるのは、免疫力が低下したときです。風邪など病気になると抵抗力が落ちるので舌が白くなります。そして、口臭も強くなる。

唾液の免疫力が低下することで、虫歯や歯周病になりやすくなる。だから、口臭もするようになるのです。

引用:膿栓と舌苔は免疫力の低下が一番の原因!免疫を高める方法

ストレスが口臭原因

ストレスが直接的に口臭原因になることはありませんが、ストレスがあると自律神経(交感神経)が乱れ唾液が減少します。また、不安、恐怖というストレスが慢性的に多いと、免疫力を低下させます。

舌苔や膿栓が治らない場合は、過剰にストレスがかかっていることがあります。

口臭があるとストレスになり、そのストレスが原因となって更に口臭が強くなるというように悪循環になる人が多いのです。

だから、口臭は厄介なのです。長期にわたり口臭が治らないと困っている人の多くは、この悪循環になっているようです。

引用:口臭が治らない本当の理由!歯磨きしても、うがいをしても…

ここにご紹介ものが主な口臭原因です。当てはまるものがあったのではないでしょうか口臭原因がわかったら大事なのは対策です。口臭を治すために効果的な歯磨き粉は、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」がおすすめです。

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

「臭い玉・膿栓」に関するQ&A

膿栓が臭い

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

臭い玉(膿栓)が気になっていませんか。

臭い玉がたまると喉から匂いを感じるようになり、家族からも「ドブ臭い」と言われるかもしれません。

人によっては、臭い玉を見たことがないけれど、口臭がひどく、「臭い玉が出来ているに違いない」と思い込み、人との会話が恐怖になっているケースもあります。

口臭が気になると、仕事や人間関係が上手くいかなくなります。そのためでしょうか、私の所へのご相談でも、、、

「喉の奥から嫌な匂いがして困っています。そのせいなのか普通に鼻で呼吸をしても臭うんです。」

「唾を飲み込む時に喉に違和感があります。唾を飲み込むたび周囲の人が鼻をおさえるので口臭が気になっています。膿栓が隠れていて見つからないし、耳鼻科で処方されている薬を飲んでもまったく効果はありません。」

「5年ほど前から膿栓があり、喉の違和感と口臭で悩んでます。膿栓は何気ない時に取れることがあるのですが、翌日にはまたすぐできてしまい、とても気になっています。」

「耳鼻科を受診しましたが、扁桃炎などは異常なく、膿栓も見た感じ見えないと告げられ、うがいするしかないと、さらっと流されてしまいました。」

「喉に常に痰のようなものが溜まっており、膿栓や膿汁のような臭いが喉から漂ってきます。」

「扁桃腺を切除しようか悩んでいます。手術した方がいいでしょうか?」

臭い玉・膿栓のご相談で多いのは、次のような内容です。

  1. 喉に違和感があるのは、膿栓が溜まっているからですか?
  2. 口臭がひどくて治らないのは、膿栓が原因ですか?
  3. 膿栓はどこに出来ますか?
  4. 膿栓は、どうして出来るのですか?予防方法はありますか?
  5. 膿栓を取る方法を教えてください。
  6. 喉がイガイガしたり、歯磨きをしても喉からの口臭が気になるのは何故?

必要な項目を読まれて「臭い玉・膿栓」に関するお悩みを解決してください。

臭い玉とはなに?

臭い玉とは、口蓋扁桃にたまる膿栓(のうせん)のことです。臭い玉は、咳やくしゃみをした時にポロッと口に出てきたりします。白くつぶつぶした塊なので、食べかすと間違えるかもしれませんが、指でつぶすとドブのような悪臭をしています。

通常の臭い玉であれば、小さいもので1ミリ程度の大きさから大きいもので5ミリ程度です。稀に1センチほどの巨大なものまであります。

臭い玉があると、喉がイガイガするなど違和感が続きますが、取れるとウソのように違和感も消えてしまいます。

臭い玉に関する疑問

膿栓による口臭

臭い玉はどこにありますか?

一般的に「扁桃腺」と呼ばれる「口蓋扁桃」の窪みの中にあります。コブのような扁桃腺は、舌のつけ根の左右にあります。

臭い玉はどうして出来るのですか?(膿栓の原因)

扁桃腺では、 口から入ってくる細菌やウイルスなどの侵入を阻止し、体を守る「免疫」として大事な役割を担っています。

その時の、リンパ球などの免疫の死がい、細菌の死がい、食べ物のカスが、扁桃腺の窪みにたまり固まってできたものが臭い玉(膿栓)です。

そのため、臭い玉(膿栓)は、病気でなくても誰にでもできるものです。

毎日できるのはなぜ?

細菌の感染によって「扁桃炎」をおこすと、扁桃は赤く腫れ、白い膿(膿栓になる)を持つようになります。

頻繁に臭い玉(膿栓)ができる、毎日のように出てくる人の場合は、「扁桃炎」になりやすいか「慢性扁桃炎」の可能性が高いです。一度耳鼻科を受診されることをおすすめします。

【膿栓がよくできる原因】

  • 生まれつき扁桃が腫れやすい
  • 扁桃腺肥大
  • ドライマウス(唾液量が少ない、口呼吸、によって喉が乾燥する)
  • 後鼻漏
  • 副鼻腔炎や咽頭炎

臭い玉があると口臭があるのですか?

臭い玉(膿栓)があっても、必ず口臭がするわけではありません。小さなものであれば、ほとんど匂いはしませんが、大きな固まりになると臭いも強くなります。

また、臭い玉(膿栓)が頻繁にできるようであれば、口臭がしている可能性が高いです。

喉からのドブ臭の原因

扁桃周囲炎になると、喉に白い膿(ウミ)を持つようになりますが、その膿(ウミ)が痰と混じって粘膜に付着します。これを膿汁(のうじゅう)と言い、これがドブ臭の原因です。

>> 喉に膿汁(のうじゅう)が着くと臭い!?膿汁とは?その原因と対策

扁桃周囲膿瘍(へんとうしゅういのうよう)

口の奥の両脇にある口蓋扁桃という組織が、細菌感染などにより炎症を起こす「扁桃周囲炎」が進行して周辺にまで広がり、膿を持った状態。

…ドクターズファイルより引用

扁桃周囲膿瘍の治療方法としては、抗菌薬の内服治療が一般的です。

口臭は耳鼻科疾患が原因

臭い玉(膿栓)がない場合でも、耳鼻科疾患があると口臭が起こります。

副鼻腔炎(蓄膿症)、咽頭炎、喉頭炎等の炎症があると、膿(ウミ)や血液が口腔内と周囲の上気道内に出てきて、臭いニオイが、吐く息に混じり口臭が起こります。

口臭は舌苔が原因

臭い玉(膿栓)で困っている人の場合、しばしば舌苔が厚くなっていることがあります。これは、喉に膿(ウミ)が付くと細菌が繁殖するからです。

舌苔量が増えると、卵の腐った(硫黄臭)ような口臭を発します。臭い玉(膿栓)、膿汁、舌苔、これらが重なることで、さらに口臭がひどくなっていきます。

「臭い玉が取れたら口臭が治りますか?」という質問もありますが、口臭を予防するためには、臭い玉(膿栓)対策だけではなく、舌苔対策も必要です。

>> 舌が白い!舌苔の原因と取り方

臭い玉ができやすいのですが、どうすればいいですか?(予防)

臭い玉(膿栓)を取ることで、違和感や口臭がなくなるかもしれません。ただし、それは一時的です。先ほどからお伝えしていますが、臭い玉(膿栓)は免疫の働きによる副産物だからです。

口臭がしないようにするには、臭い玉(膿栓)をできないように予防することが大事です。そのためには、臭い玉(膿栓)の原因となっている「耳鼻科疾患」の治療をすることが大切です。

【臭い玉(膿栓)の予防】

  1. 唾液の分泌を促す(よく噛む、水分摂取、唾液腺マッサージ、口呼吸を鼻呼吸に変えるなど)
  2. うがい(喉うがいで洗浄する)
  3. 小まめに水やお茶を飲む(口内と喉を洗浄する)

>> 膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?

臭い玉はどうすれば取れますか?(取り方について)

通常の臭い玉(膿栓)であれば、無理に取らなくても自然に取れてしまいます。食事中に食べ物と一緒に飲み込んだり、咳、くしゃみで取れることもあるので、放置しても問題ありません。

しかし、喉の違和感や口臭で悩んでいる時には、自然に取れるまで待てないかもしれませんよね。そのような時には、次のように臭い玉(膿栓)を除去されてはいかがでしょう。

臭い玉が目で見えるようであれば、綿棒を使えば臭い玉を取れる可能性があります。綿棒で臭い玉を取るやり方は、直接綿棒でほじり出そうとしないで、臭い玉のたまる陰窩(ポケット)の下あたりを軽く押すようにするのがコツです。うまくいけば臭い玉がポロっと出て取れますが、間違って綿棒で臭い玉を押し込んでしまうと、穴の奥に入ってしまい取れなくなるので注意が必要です。

引用:臭い玉の取り方…綿棒で取る

関連記事:臭い玉(膿栓)と口臭はうがいで予防する!?

☆この記事はリンクフリーです。口臭に悩まれている方のお役に立ててくだされば幸いです。

「口臭」に関するQ&A

口臭が心配な中年女性

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

口臭にお困りですか?
厚生労働省の実態調査によると、「日本人の10人に1人」が口臭が気になっているそうです。

口臭に不安を抱え、悩む人は年々増加しています。しかし、ほとんどの人は、口臭の「原因」や「治し方」についてはあまり分かっていません。これでは、気になる口臭を改善できませんよね。

もしかすると、あなたも「口臭は歯磨きで治せる」と思っていませんか?

口臭が気になると、人と会話することも不安で、仕事や人間関係にも悪影響を及ぼしているかもしれませんね。

当社への相談事例で多いのは、、、

  • 会話すると、相手が顔をしかめるので口臭がきついのか心配。
  • 歯磨きしても、すぐに口が臭くなります。
  • ドブのようなひどい匂いがしますが、何が原因ですか?
  • のどに痰のようなものが張り付いて臭い。
  • 臭い玉がよく出ますが、これが口臭原因ですか?
  • 胃腸が悪いから口臭がしているのですか?
  • 舌が白いのが口臭の原因ですか?
  • 口臭外来で「問題ない」と言われたが、明らかに臭いです。
  • 遺伝なのか、家族はみんな口臭がします。
  • どうすれば口臭が治りますか?

ご相談者の中には、「口臭はずっと気になっていて、マスクをしてても匂うのか、会話の時、相手の人の私の口元への目線が気になります。」や、「いろんな歯磨き剤、歯科や口臭外来への通院、耳鼻科の抗生物質、、すべてやり尽くしても20年来の口臭は消えず、むしろ出産、加齢とともに悪化し、悩んでいます。」という方もおられました。

それでは、「口臭」に関するお悩みにお答えさせていただきます。

どうして口が臭くなるのですか?

厚生労働省の発表によると、口臭の9割が「歯周病」と「舌苔」に原因があります。口臭を改善するためには、この二つを上手に対策することがポイントとなります。

関連記事> 小学生でもわかる「歯周病」

Q1)歯磨きしても口が臭いのは何故?

A1)起床直後、空腹時、緊張時は、唾液の分泌が減少し細菌が増殖するため、口臭が起こりやすくなります。これらの口臭を「生理的口臭」と言いますが、通常は唾液によって口内が洗浄され、匂いがコントロールされています。

口臭の原因となる細菌(プラーク)は、歯ブラシでブラッシングすると除去できるので、歯磨きで口臭を予防することができます。

しかし、歯周病にかかっていたり舌苔が付着していると、歯磨きをしても「臭いの原因」を取ることはできません。歯周病のような「病的口臭」の場合は、歯磨きだけで匂いを抑えることは難しいのです。

※『病的口臭』…歯周病、虫歯、副鼻腔炎・扁桃炎などの耳鼻科疾患、内臓疾患、糖尿病、癌など。

Q2)胃が悪いから口臭がしているのですか?

A2)ほんだ歯科の本田俊一院長によると、「胃の不調が口臭に直接的に影響することはない。」しかし、胃などの消化器官に変調をきたすと、口内が乾燥し、唾液の分泌が減少します。そして、唾液による口腔内の洗浄・清浄化リズムが崩れるために細菌が増殖して「口臭を発生させる」と、言っています。

また、胃腸の消化が悪い時には、腐敗ガスが毛細血管に吸収されて(鼻からの)呼気口臭が出ます。他にも、逆流性食道炎の場合は、胃液が込みあげてきて酸っぱい臭いになります。

Q3)喉からドブ臭い匂いがしますが、何が原因ですか?

A3)のどから悪臭を感じる場合は、その原因の多くは「膿汁(痰とウミが混じった汁)」です。免疫の働きで「痰」は誰にでもできますが、耳鼻科疾患や乾燥によって細菌が増えると、口臭はドブのような酷い臭いになります。

※ドブ臭の原因…鼻かぜ、インフルエンザ、咽頭炎、中耳炎、副鼻腔炎など。

…参考文献:「もう口臭で悩まない!」日本口臭学会常任理事、ほんだ歯科 本田俊一著より

臭い玉がご心配な場合は、こちらで解決してください。
>> 「臭い玉・膿栓」に関するQ&A

Q4)長年、原因不明の口臭に悩んでいます

A4)ほとんどの口臭は「歯周病」か「舌苔」が原因です。この二つは、どちらか一つだけがあることは稀です。たいてい「歯周病」の人は「舌苔」が付いていて、「舌苔」のある人は「歯周病」になっています。

その理由は、どちらにも同じ種類の菌が存在するから感染するのです。ですから、片方だけ対策しても、口臭が治ることはありません。

また、口腔ケアに力を入れても、(膿栓や膿汁など)耳鼻科に原因があれば、口臭が治ることはありません。もし、咳や痰が気になるようでしたら、耳鼻科を受診をされてはいかがでしょう。

Q5)子どもの口臭は何が原因ですか?

A5)口臭は「唾液の分泌不足」と「口呼吸」によって口内が乾燥することで発生しますが、これは子どもの生活習慣が大きく影響しています。

【子どもの口臭原因】

  • よく噛まない(テレビを見ながら食べる、お茶で流し込む、柔らかい食べ物が中心)
  • お菓子をよく食べる(スナック菓子などの食べかすが歯に残る)
  • 歯磨きが出来ていない(特に、就寝前の歯磨き)
  • 口呼吸

口臭を予防するには、、繊維の多い野菜、小魚、固いせんべいなどを多く食べるようにして、加工食品を控えるといいです。

また、口呼吸の場合は、鼻呼吸に変えると口臭が改善されます。睡眠時に口呼吸をしている場合は、マウスピースを装着することが有効的です。(マウスピースは歯科で作ってもらえるのでご相談ください。)

口臭チェックの方法を教えてください

口臭が気になっているが、「口臭があるかどうかわからない」。「だから心配!」という人が多いです。心配してストレスが積み重なると、唾液が減少するため、口臭にはよくありません。

口臭があるかどうか、チェックしてみると、「この程度か」と思うかもしれません。口臭対策を行なう前には、まず「口臭チェック」を行なうことが大切です。

【口臭チェックの方法】

1,唾液の匂いを嗅ぐ…指をなめた後、5秒ほど乾かしてから匂いを嗅ぐ。

2,ビニール袋に息を吹き込む…ビニール袋やコップに息を吹き込み、一度深呼吸してから匂いを嗅ぐ。

3,歯間ブラシの匂いを嗅ぐ…臭いの気になる隙間に歯間ブラシを入れ、数回動かした後、ブラシの匂いを嗅ぐ。(歯周病の場合におすすめ。)

4,口臭チェッカーで測る…タニタ製などの簡易口臭チェッカーで計測する。(チェッカーに息を吹きかけると、口臭値を5段階で判定できる。)

口臭ケアは何をすれば良いですか?

歯磨きしても息が臭い

Q6)マウスウォッシュしても口が臭いです

A6)口臭は、嫌気性菌がタンパク質を分解した時に生まれるVSC「揮発性硫黄化合物」という臭い物質です。口臭原因となる「菌」と「VSC」は、唾液中とプラーク中に存在しています。

マウスウォッシュで唾液を浄化することは可能ですが、歯にくっ付いている「プラーク」は、歯ブラシでブラッシングしないと除去することは不可能です。

正しく口臭予防するには、「うがい」と「歯磨き」を行うことが大切です。

関連記事> 口臭がアルカリイオン水のうがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

Q6)タブレットを噛む方が良いですか?

A6)一般的なタブレットには香料が含まれているため、ニンニク料理を食べた後や、喫煙後にタブレットを噛むと、(臭いを消すことはできないが)臭いをごまかせるかもしれません。

しかし、タブレットで口臭対策しようと思うと、期待外れになるのでご注意ください。

Q7)起床時の口臭が気になるのですが、どうすれば?

朝起きた直ぐは口内に細菌がいっぱいあり、口がネバネバし、口臭も強い、のが一般的な傾向です。

その理由は、睡眠中は、唾液がほとんど分泌しないためです。人が寝ると、口の中の嫌気性菌が活発に増殖を繰り返し、朝になると口の中は細菌でいっぱいになっています。

起床時の口臭を予防するためには、、寝床に入る前に、歯磨きをていねいに行なうことをおすすめします。一日のうちで一番歯磨き効果があるのは、「寝る前の歯磨き」です。

Q8)おすすめの口臭ケアは?

A8)口臭の最大原因は、「歯周病」と「舌苔」です。ですから、歯磨きをていねいに行なうことと、舌の清掃がポイントになります。

【歯周病予防に効果的な歯磨き方法】

  1. 歯磨き粉は米粒程度の量にする(付け過ぎないのが上手に磨くコツ)。
  2. ふつうの硬さの歯ブラシ(ブラシ部の幅が広いプレミアム歯ブラシがおすすめ)で、歯面をブラッシングする。歯と歯の境目の汚れを取るように磨くのがコツ。
  3. 極細毛の歯ブラシを使い、歯と歯茎の境目の溝(ポケット)の中を磨く。
  4. ワンタフトブラシを使って、通常のブラシで磨きにくい、奥歯の奥、ポケットなどの汚れを取る。
  5. 仕上げは、歯間ブラシを使用して、歯間の汚れを掃除する。

「舌のケア・清掃」には、次のような方法があります。

  • 専用の舌ブラシで、軽く舌の汚れを取る。
  • 舌に乗せる泡タイプの液体ハミガキ『薬用ピュオーラ』を使う。
  • 人差し指で、舌をマッサージするように撫ぜて汚れを落とす。途中うがいをして口中を洗浄する。
  • アルカリイオン水の口臭予防歯磨き粉『美息美人(びいきびじん)』でうがい。

口が臭いのですが、どうしたらいいですか?

Q9)歯科で治療したら口臭は治りますか?

A9)虫歯が原因の場合は歯科治療で口臭はおさまりますが、歯周病の場合は治療後もしっかり歯磨きケアを行なう必要があります。(歯周病は体調などで変化して口臭を起こす。)

Q10)舌を磨くと口臭が治りますか?

A10)舌苔が付着していると口臭になるため、舌を磨くなどして「舌苔を除去する」ことは、予防効果があります。

しかし、過剰に舌磨きを行うと、粘膜を傷つけて口腔乾燥を起こし口臭がひどくなるので磨き過ぎないようにご注意ください。(舌の磨き過ぎは、舌苔慢性化の原因にもなる。)

Q11)口臭の治し方にはどんな方法がありますか?

A11)口臭を治す主な方法は、、、

  • 歯科治療(歯周病、虫歯、口内炎など)
  • 口臭外来で治療(口臭診断、カウンセリング、歯磨き粉などの口腔ケア剤の処方、ホームケアの指導)
  • ブラッシングや舌清掃などのホームケア
  • 耳鼻科疾患の治療
  • ドライマウスの改善

関連記事> 舌磨きはコットンが効果的!?

Q12)一番効果がある方法を教えてください

A12)人により口臭の原因は様々です。そのため、その人の原因にそった対策を行なう必要があります。

何度も申し上げますが、、誰にでも一応に効果があるとすれば、「歯周病」と「舌苔」の改善をすることです。喉からドブ臭がある場合には、「膿栓・膿汁」の対策も必要になるでしょう。

市販の商品で、これらを一度に対策するものはありませんが、口臭予防歯磨き粉「美息美人」を使うと、アルカリイオン水であるため、歯磨き、舌苔ケア、喉うがい、に効果的で口臭予防におすすめです。

★口臭に関する疑問や質問にお答えします★
⇒ 無料口臭相談(メール)

☆この記事はリンクフリーです。口臭に悩まれている方のお役に立ててくだされば幸いです。

唾液が出ない!?その原因と対処法は?

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

唾液が出ないと「病気かもしれない?」と不安になるかもしれませんが、唾液が出ないのは病気ではなくストレスが影響していることが多いです。唾液の分泌は自律神経が関係しているからですが、唾液量が少ないと口臭を発生する、舌苔ができる、舌がピリピリ痛む原因になるかもしれません。

舌苔や舌痛症を予防するには、唾液の分泌を多くすることが重要です。唾液には、殺菌作用など口内を洗浄する働きがあります。そのため、たくさん唾液が出ていると口臭はしないのですが、唾液が少なくなり口が乾いてしまうと口臭がするようになります。

このように、唾液の分泌は口臭に大きく影響します。ところが、唾液を出すことは自分の意思で自由に出すことはできません。だから問題なのですよね。

でも、よく唾液が出る人もいれば、あまり出ない人もいます。どうしてそのような違いが生まれるのでしょう?

じつは、唾液の分泌は自律神経が関係しているということがわかっています。それに、自律神経の働きはその人の性格が影響します。だから、人の性格が間接的に口臭に影響しているかもしれないのです。

今回の記事は、唾液をたくさん出して口臭を予防する方法についてです。ぜひご参考にしてください。

唾液と口臭の関係

舌苔が臭いと困っている女性

唾液にはたくさんの酸素が含まれています。その酸素があることで、口臭をつくる嫌気性細菌が増えることができません。

ところが、唾液の分泌が少ないと好気性細菌によって唾液中の酸素が消費されてしまい、嫌気性細菌が活発になります。ネバネバした唾液が臭いのはそのためです。詳しくは、『唾液が臭い原因と臭わなくする方法』をご参考にしてください。

ですから、口臭が起きないようにするためには、唾液が沢山出ていて、さらさらしている必要があります。

ところで、唾液が多量に出る人とほとんど出ない人の違いは、ストレスを抱えやすい性格にあることを知っていましたか?

唾液が出ない原因

口が粘つく

唾液の分泌が少なくなる症状を「ドライマウス」といいます。ドライマウスになると、口内炎や口唇炎になりやすいだけではなく、虫歯、歯周病などの疾患にもなりやすくなります。そして、舌が乾くことから舌苔(ぜったい)ができるので口臭も強くなります。舌苔(ぜったい)について詳しくは、『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

このようにして、唾液が出なくなることはいろんなトラブルを引き起こします。だから、唾液が出ないことは問題なのです。でも、唾液が出ないからといっても、人によってその原因は様々です。

【唾液が出ない原因】

  • 加齢
  • ストレスによって自律神経に異常をきたす。
  • 食事のときに良く噛まない。
  • 噛む筋力が低下し唾液腺を刺激しないことも影響しています。
  • 更年期障害
  • 糖尿病・腎不全などの病気が原因。
  • 薬の副作用(抗うつ剤、睡眠薬、降圧剤など)

唾液がよく出る人の性格

唾液がよく出る人といえば、赤ちゃんや子どもです。どうしてだと思いますか?唾液は安静状態のときに良く出るようになっています。安静時唾液流と言うそうです。赤ちゃんはお母さんに抱かれリラックスしているからかもしれません。

このように、心配事がなくぼうっとしているリラックス状態や、しゃべったり歌を歌ったりして楽しいときに唾液は良く出ます。

ですから、大人でも子どものように無邪気で楽観的であるか、いい加減であつかましい、また、嫌なことがあっても思い悩まない人の方が、唾液はよく出る傾向にあります。

そのような人は、虫歯や歯周病になりにくく、口臭も起きにくいという特徴があるのです。

唾液が出ない人の性格

口をおさえる女性

反対に、周囲に気配りが強く、人に迷惑を掛けていないか気になる人は、唾液が出にくいといわれています。どうしてだと思いますか?

不安、緊張、ストレスが自律神経(交感神経)に影響を与えるので唾液も減るからなのです。自律神経と唾液との関係について詳しくは、『自律神経失調症と口臭の意外な関係…ストレスで口臭が強くなる!』をご参考にしてください。

もし、口臭が気になり、「他人に迷惑を掛けていないだろうか?」といつも考えていたら要注意です。その思い込みから会話をすることが減るため、唾液の分泌が減少しているかもしれません。

このように、性格面では、几帳面で完璧主義の人や神経質の人に唾液が出にくい傾向があります。きちんとした性格はストレスも溜まりやすく、唾液が出にくくなってしまうので、多少いい加減さが必要なのかもしれません。

リラックスして唾液を出すようにする

明るくなったOL

これまでの内容から、人の性格が口臭に影響していることがわかったのではないでしょうか。もし、あなたがドライマウスであれば、周囲を気にしすぎることが唾液を出なくしていたかもしれません。だから、口も乾きをつくり、口臭発生を引き起こしていたのかも。

だったら、口臭を予防するには、「周囲への気配り」を抑える必要がありませんか?このようにいうと、誤解を受けるかもしれませんが、「周囲への気配り」というのは、過ぎると自分を大切にしすぎていることにつながります。

「相手からどう思われているか?」、「嫌われないだろうか?」というストレスです。

ほとんどの人は周囲の考えを気にするものです。意識過剰になるとストレスが増えてしまいます。そんな時には、気持ちを入れ替え、リラックスして考えると良いかもしれません。

「他人からどう思われてもいい。」、「ひとは、ひと」というように考えられるようになると、口臭の恐怖から開放されます。その結果として唾液が出るようになるかもしれませんね。

美息美人(びいきびじん)で唾液が出るようになる?

清流

美息美人(びいきびじん)を使うようになってから、唾液がよく出るようになったというお客さまがおられます。コメントに書かれている内容に、私も驚きました。「美息美人にそのような効果があるのだろうか?」と。

美息美人はアルカリのため、人によっては使用後に口が乾くことがあっても、唾液が出ることはありません。それなのに、今までドライマウスだった人が、「口内が潤うようになった」と報告してくれています。

その理由について調べたので、お話させていただきます。

口内が乾燥する大きな原因は、唾液が出ないことです。

この唾液が出ない理由に、自律神経(交感神経)が影響していることをお話しました。自律神経(交感神経)は、ストレスの影響を受けます。実は、このストレスに答えがあったのです。

ストレスというと、一般的に精神的ストレスをイメージするかもしれませんが、口腔が汚れて悪化している状態も自律神経はストレスと認識します。

歯周病で膿が出ていたり、舌苔(ぜったい)が出来ていると、口腔内は細菌が増え酸性化します。この状態がストレスなのです。

ところが、美息美人(びいきびじん)を使い口腔環境がキレイになると、細菌が減り舌苔が減り、口腔内は中性を保つことができます。当然のことですが、口腔がキレイになりスッキリすれば、ストレスがなくなります。

ストレスがなくなると、精神状態もリラックスする。そのため、唾液分泌が良くなる。

これが、真実です。美息美人で唾液が分泌するのではなく、美息美人を使い口腔環境が改善されるから唾液が出るようになるのです。

そして、唾液が出るようになるから、舌苔(ぜったい)も出来なくなり口臭がしなくなるのですね。舌苔除去については「舌苔(ぜったい)を効果的に除去したいなら、知っておかなければいけない3つの調査結果」をご参考にしてください。

唾液がネバネバするときの対策

唾液の分泌が減少すると、唾液がネバネバするようになります。口の粘つきは不快なものですが、それ以上に口臭の原因になることが問題ですよね。

唾液は99.7%以上が水分だといわれています。水分が減ると細菌が増え多量のニオイ成分が唾液に溶け込みます。

ですから、ネバネバ唾液を嗅ぐと臭いわけです。この臭い唾液が気化することで口臭が発生するのです。

口臭をなくすためには、このネバネバ唾液を改善しないといけないのです。そのためには、唾液を出すようにすることがもっとも重要なのです。詳しくは『ドライマウスの対策はコレが一番!いったいどんな方法なのか?』をご参考にしてください。


サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

免疫力が下がると歯が痛くなる!口臭がおきる!

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

疲れた時やストレスが続いた時に、歯が痛くなることがあります。それは、ストレスによって体の免疫力が低下したことが原因です。

免疫力が下がると細菌をコントロールできなくなり、虫歯がなくても歯周病が悪化して歯が痛みます。また、口内細菌が増えるため舌苔も厚くなりがちです。そのため、舌が白くなり口臭が発生します。

普段より口臭が強く感じたら、ストレスが多くかかっているかもしれませんので、休息を取るようにしましょう。

今回の記事は、ストレスと突然の歯の痛みや、ストレスと口臭の関係についてお伝えします。

ストレスと免疫力の関係

ストレスがかかると、歯が痛くなるほか、いっぺんに口臭がおこります。

人は、ストレスや緊張を受けると、交感神経の方が優位となるので、唾液の分泌を抑制するように働き、ドライマウスの症状となります。

多くの人の前でスピーチをすると、緊張して口の中がカラカラに渇くのもそういう理由からです。
この他にも、普段からストレスがあると、唾液の分泌が減少し口臭が強くなります。

そして、唾液の分泌が少なくなる(または、唾液の免疫力が下がる)と、虫歯や歯周病にもなりやすくなります。

口臭で悩まれている方の多くが、そのこと自体でストレスを抱えることになり、よけいに口臭を強くしてしまうという悪循環に陥っていることが多いのです。

ですから、口臭をなくそう、なくそうと、焦らないでじっくりと構えてリラックスすることも大事です。

ストレスは歯周病を進行させる

疲れやストレスを感じている時に、根尖性歯周炎(歯周病の一種で、歯根の先に膿の袋がある)が悪化して、歯が痛んだり歯ぐきが腫れたり出血したりする方が多いです。

その理由は、、
①ストレスが自律神経のバランスを崩すことが原因になっている。
②ストレス(多忙など)が原因で食事の乱れや十分に歯磨きができていない。

自律神経が乱れると、免疫機能が低下し歯周病菌が増殖します。口の中の菌が急激に増えることで、歯ぐきに炎症が起こり、歯が痛くなることも。

ストレスで膿栓がたまる

膿栓がたまるのは、喉に細菌が増えたからです。細菌をやっつけるために体が反応し免疫物質が分泌される。その死骸がかたまってできたのが膿栓です。

膿栓ができやすいのは、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎の人ですが、どちらも免疫力が低下した時に炎症を起こしやすくなります。

ストレスで舌苔が厚くなる

舌苔が厚くなるのは、口腔に細菌が増えることが原因です。細菌が増えるのは唾液の量と質が影響します。

自律神経のバランスが整っていて、サラサラ唾液が多量に分泌されると、口腔内の細菌を洗い流してくれます。そして、免疫力の高い唾液であれば、殺菌作用が強く細菌を減らすことができます。

細菌が増えると、舌の上の菌が活発に繁殖して舌苔を厚くします。舌苔ができないようにするには、唾液を沢山出すようにして、免疫力を高めなくてはいけません。

免疫力アップで歯周病を予防する!

歯周病や口臭を予防するなら、免疫力を高めることが有効です。「免疫力」とは、細菌やウイルスを退治する自己防衛力のことを言います。

腸内環境を整える

腸内環境を整えるには善玉菌を増やすことが大切です。乳酸菌が多く含まれる発酵食品を積極的にとり、善玉菌を増やしましょう。

体温を上げる

「体温が1℃下がると免疫力は30%低くなり、1℃上がると免疫力は5~6倍になる」と言われているほど、免疫力は体温に大きく左右されます。

体温を上げる方法としては、①適度な運動、②入浴、③バランスの良い食事、などが有効です。

質の良い睡眠をとる

ぐっすり眠られないなど睡眠の質が悪いと、ホルモンバランスが崩れ、免疫力の働きもおかしくなります。良質な睡眠で身体をゆっくり休め、自己免疫力を高めるようにしましょう。

まとめ

ストレスで免疫力が低下すると細菌が増殖するため、一変に歯周病を悪化させたり口臭を強くします。

歯周病や口臭を予防するためには、歯磨きを十分におこなうことも必要ですが、普段から免疫力が下がらないように気をつけましょう。

関連記事

間違いだらけの歯周病予防!?

ストレスが口臭原因かも?口臭を改善するためのポイントについて

歯茎から出血する9割はストレスが原因!?

成人の3割が鼻水がのどに!後鼻漏が口臭原因かも!?

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

鼻水が喉に垂れる症状を後鼻漏(こうびろう)といいます。

鼻炎や副鼻腔炎になると、鼻水が喉(のど)に落ちてきて気持ちが悪くなります。それどころか、喉(のど)に落ちる鼻水は、口臭の原因にもなるということをご存知でしたか?

もしかしたら、「後鼻漏(こうびろう)かもしれない」と気になっていましたら、今回の記事がお役に立ちます。

記事では「後鼻漏(こうびろう)って何?」のほか、後鼻漏と口臭との因果関係と対策についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

後鼻漏(こうびろう)って何?

鼻水予防ミスト

風邪をひいたり寒かったりすると、誰でも鼻水がでるものです。でも、普通、鼻水は鼻の外に流れるものですよね。

ところが、鼻の奥をとおって、のどに流れることもあります。このような症状はありませんか? 

このような症状のことを後鼻漏(こうびろう)といいます。ある調査によると成人の3割が後鼻漏(こうびろう)だともいわれています。

後鼻漏(こうびろう)になり、鼻水がのどに流れることが一日のうちに何回もあると、のどにたまった鼻水(鼻汁)にばい菌が繁殖します。

すると、のどや舌に炎症が起き、口臭が発生!ということに。

ikiwokagu

後鼻漏(こうびろう)になる原因

後鼻漏(こうびろう)の原因

  1. 蓄膿症(副鼻腔炎)
  2. アレルギー性鼻炎
  3. 血管運動性鼻炎
  4. 逆流性食道炎
  5. いびき・睡眠時無呼吸症候群

鼻炎になると、多量に鼻水が喉に流れてくるので、鼻水を口から吐き出すか飲み込むしかなく苦しく不快感が大きくなります。この症状が後鼻漏(こうびろう)です。

後鼻漏(こうびろう)は、鼻水が咽喉に落ちる症状のことを言いますが、鼻水には原因があります。

bien

後鼻漏で一番多い原因は、蓄膿症(副鼻腔炎)です。2番目がアレルギー性鼻炎です。慢性的な後鼻漏(こうびろう)の場合には、蓄膿症やアレルギー性鼻炎になっていることが多いので、まず耳鼻咽喉科で治療を受けることをおすすめします。

鼻水が気になる場合には、耳鼻咽喉科で病気の治療を受け、そして、炎症をおこしている咽喉や舌の治療を受けることが必要です。炎症を治さない限り口臭を無くすことはできません。

耳鼻科疾患によって後鼻漏(こうびろう)が疑われる場合には、いくら歯科治療をしても口臭が治ることはありません。

臭い玉をうがいで取る方法については『膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?』をご参考にしてください。

血管運動性鼻炎というのは、あまり耳にしたことがないかもしれませんが、経験している人が多い鼻炎です。冬に体が温まると鼻水が出ませんか?また、食事をした後に鼻水が出ることはありませんか?これらは個人差がありますが、外気の温度や環境の変化によって鼻の神経が反応して鼻炎になるケースもあります。

ほかにも、逆流性食道炎が鼻炎の原因になることもあります。

夜間寝ている時に胃酸の逆流が起こると、鼻の奥の上咽頭にまで逆流が起こることがあります。
上咽頭には耳管という、耳とつながる管がありますが、
胃酸はこの耳管を通じて、耳まで逆流する事が知られています。
上咽頭に胃酸が逆流すると鼻の奥に炎症が起こり、鼻がのどにおりているような感覚がおこります。

意外かもしれませんが、いびきが後鼻漏の原因になっていることがあります。

いびきは、軟口蓋の ”のどちんこ” が振動して音が出ることがありますが、
この部分が腫れるとやはり鼻と喉の奥の突き当たりの部分に違和感を感じるようになります。
いびきから更に進んで睡眠時無呼吸がおこると、逆流性食道炎も起こりやすくなり、症状は悪化します。
いびきは気道が狭いことでおこります。

引用:朴澤耳鼻咽喉科

鼻水を飲み込むと口臭原因になる!?

一時的に鼻水が出る場合は、鼻水はサラサラしています。普通は、アレルギー性鼻炎の場合でも鼻水はサラサラです。サラサラの鼻水は、喉にたまることなく自然と飲み込んでいます。だから、口臭の原因にもなりにくい。

しかし、風邪や蓄膿症(副鼻腔炎)による鼻水は、膿が含まれて粘ついています。そのため、何もしないでそのままにしていると、喉に張り付き口臭原因になります。

だからといって、風邪や蓄膿症(副鼻腔炎)による鼻水には、細菌やウイルスが多く含まれているので、飲み込むのはおすすめできません。このような粘ついた鼻水が落ちてくる場合は、鼻をかんで外に出すほうが良いです。

喉に痰がたまり口臭が気になっている場合は、『痰がからむ!喉が臭いのは膿栓だけじゃない7つの原因と対処法』をご参考にしてください。

後鼻漏(こうびろう)が口臭を引き起こす理由

バイオフィルム

咽喉に炎症がおきると、扁桃から粘ついた免疫物質が出ます。免疫物質は細菌と戦うために分泌されるのですが、戦ったあとに膿となります。

この膿の汁(膿汁のうじゅう)が臭いの元です。また、膿汁(のうじゅう)が固まると膿栓(のうせん)になります。どちらも口臭の原因です。
そのため、継続的に鼻水が喉に垂れるようになり口臭を発生します。
臭い玉(膿栓)について詳しくは『臭い玉が喉にできる人とできない人の特徴とは?その違いについて教えます』をご参考にしてください。

それどころか、後鼻漏(こうびろう)になると鼻が詰まるために、口呼吸にもなりやすく、粘液や粘膜を乾燥させ炎症を増長させることがあります。

いびき(口呼吸)

さらに、口呼吸で口が乾燥すると舌も舌苔ができ白くなります。後鼻漏(こうびろう)になると、このように舌苔(ぜったい)ができたり口臭が悪化しやすくなります。

後鼻漏(こうびろう)による口臭の対策方法

蓄膿症の治療

  1. 鼻水による後鼻漏(こうびろう)の対策としては、先ず、耳鼻咽喉科で診てもらうことです。
    疾患がある場合には、うがいや鼻うがい、吸入器など、外側からの対策も併用していくことが必要です。(耳鼻科治療でやってくれます。)
  2. 市販のうがい薬でよくうがいを行う。うがいを行うことで咽喉や舌の清潔を維持することが大切です。
  3. 口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使用して、口と咽喉をきれいにする。

この3つの内、どれかをすることで口臭を軽減できます。

うがいを行う女性

この他にも、後鼻漏による口臭対策法として、市販薬や漢方薬、そして、鼻うがいを行う方法もあります。詳しくは、『後鼻漏(こうびろう)が原因の口臭には…市販薬と対策はこれ!』をご参考にしてください。

口臭が発生するのは、歯周病菌や舌苔(ぜったい)だけではなく、後鼻漏(こうびろう)のように喉の炎症からも臭うことがあります。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」はアルカリイオン水を使用しますので、歯磨きとうがいに用いることができるので口と咽喉の口臭を予防できます。

咽喉からの口臭が気になる場合には、アルカリイオン水で小まめに「ゴロゴロうがい」をすると良いです

口臭原因については⇒⇒『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

美息美人の(びいきびじん)アルカリイオン水は、細菌を繁殖させないように予防する効果もあります。

arukariionsui

ですから、アルカリイオン水でゴロゴロうがいをすると、後鼻漏(こうびろう)など咽喉からの口臭には効果的です。是非、試してみてください。

それと、大切なことなので再度申し上げます。鼻水の症状が続くようであれば、耳鼻科で鼻と喉の診断・治療を受けることが大事です。

その上で、後鼻漏(こうびろう)による口臭を予防するには、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」でうがいを行うことをおすすめします。


サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

口臭が治らないから辛い!その原因は?

口臭が気になる

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

お客さまから「口臭は一生治らないのですか?」というご相談をいただいたのでご紹介したいと思います。相談の内容は「口臭があることを20代後半に指摘され、口臭外来に行ったり、サプリメントを買ったり、お金の続く限りやってきましたが、お金だけが消えてしまい、臭いの解消は出来ませんでした。つらいです。」という悲しいお話でした。

この方のように、ずっと口臭が治らないことで困っている人が多いです。

そこで、いつものようにYAHOO!知恵袋を確かめてみると、「歯医者、内科、耳鼻科と行ったり、水をたくさん飲んだりしましたが、口臭はまったく治りません。自分でも臭いと分かります。」という悲壮感の漂う質問が見つかりました。

そうですよね。悪臭を感じているのに、病院にかかっても原因が分からないと「変な病気(舌がん)じゃないだろうか?」と不安に襲われますよね。

ということで、、今回は「何をしても口臭がなおらない」、その原因と対策についてお伝えします。

なぜ口臭が起こるのか?

口臭が治らない原因についてお話する前に、「どうして口臭が発生するのか?」についてご説明したいと思います。

健康な人でも「生理的口臭」は起きる

通常、虫歯や歯周病など歯科疾患がなく、歯磨きケアが十分にできている人であれば、他人を不快にするような臭いはほとんどありません。

しかし、口臭は健康な人でも起きます。それは、朝起きがけに感じる口の臭いです。起床時は唾液が粘ついて口がまずくなりがちですが、歯磨きをして朝食を摂った後には臭いは気にならなくなるのが普通です。これは「生理的口臭」の特徴で、誰にでも起きるものです。

>>「朝の口臭」はヤバい!唾液がネバネバ!前夜と当日の朝にしてほしい対策とは

口臭原因の9割は「病的口臭」

「生理的口臭」にたいして、虫歯や歯周病など歯科疾患が原因の口臭は、「病的口臭」と呼ばれます。JACP 日本臨床歯周病学会によると、口臭原因で一番可能性が高いのは「歯周病」だと言われています。

歯周病菌が代謝の過程で産生する硫化水素やメチルメルカプタンという物質が臭いの発生源となるからです。

酸素を嫌う嫌気性菌である歯周病菌は、歯肉に炎症をおこしてポケットを作ります。ポケットができると、ここに歯周病菌(嫌気性菌)が繁殖して口臭はひどくなります。

>>口臭がうんこくさい!?原因と治し方について

ですから、歯周病で口臭がしている時には、歯周病を治療してなおすことが最善の方法なのです。

口臭が治らないのはなぜ?

歯周病などが原因の「病的口臭」であれば、歯科治療とお家でのブラッシングケアを十分におこなうことで、口臭を改善すること可能です。(ただし、完治しない場合でも臭い値は軽減する。)
しかし、それでも口臭がなおらない場合には、臭いの原因は歯科ではない可能性が高いといえます。

口臭原因は他にあるかもしれない

どれだけ努力をしても口臭が改善しない場合は、舌苔(ぜったい)と膿栓(のうせん)が原因になっているケースが多いです。次にあげるのは、歯科治療をしてもなおらない場合の口臭原因です。

【歯科以外の口臭原因】
1, 舌苔(舌の表面に細菌が繁殖する)
2, 膿栓(扁桃腺に膿が溜まる)
3, 膿汁(喉粘膜に膿と痰が付着する)
4, 副鼻腔炎(副鼻腔にたまる膿が臭う)
5, 後鼻漏(膿が混じった鼻汁が喉に垂れる)
6, ドライマウス(口やのどが乾燥して細菌が繁殖する)
7, 糖尿病などの内科疾患
8, 口腔がん

関連記事>>口臭の原因がわからない!?よくある口臭原因と適切な対策方法

耳鼻科や胃腸科でもなおらないのは何故?

口臭が気になり耳鼻咽喉科や胃腸科を受診しても、「健康状態は問題ありません」と治療もなく済まされることがあります。

ご相談者の中には、膿栓がよく出てくるため、口臭が気になり耳鼻咽喉科に行ったところ、「膿栓は病気ではないので気にしなくていいです。」と帰された、という方がいました。勇気を出して「口臭」の相談をしたのに、悲しくて胸が張り裂けそうになったそうです。

耳鼻科医院によっては、膿栓の除去(吸引や洗浄によって)をしてくれる病院もあるので、残念な結果にならないよう、行く前に電話で問い合わせするといいでしょう。

また、胃腸科に口臭を相談しても、ほとんどの病院では「歯科に行くよう」に勧められます。その理由はこうです。たとえ胃腸が弱くても、それが影響して口臭となる可能性は、歯科疾患よりはるかに低いからです。

腸内に悪玉菌が増えて腸壁に炎症が起こると、体の治癒力が働きます。その治癒力は、消化器官の延長である舌にも及び、舌乳頭が伸びることに。(角化が起こりやすい。)
引用:胃からくる口臭を治したいのですか?

口臭は一生なおらないは嘘!

ここまで読まれて尚、口臭は一生治らないものだと諦めていませんか?
口臭は遺伝や体質的なものだから、治せないと信じている人がいますが、それらの考えは嘘です。

口臭がある人とない人には、体質や特徴に違いがありますが、口臭が改善しない最大の原因は不十分な口腔ケアと生活習慣にあるからです。

たとえ、今口臭で困っていたとしても、正しく対処することで口臭を治すことは可能です。

【口臭の治し方】

1, 口臭チェックをして正しい口臭値を認識する。(自臭症を解決するため)
2, 歯科を受診して検査と歯科治療を受ける。
3, 舌苔のケアを行って口臭を予防する。
4, のどのうがいを行い、口臭原因となる膿栓と膿汁を予防する。
5, 唾液を出すようにして、口腔乾燥を予防する。
6, 小まめに水やお茶を飲み、口内の清潔を保つ。
7, ストレスを軽減し、自律神経を整える。

関連記事>>アルカリイオン水のうがいによって口腔環境を改善し、口臭を予防する

まとめ

何をしても口臭が治らない場合は、舌苔や膿栓が原因のことが多いです。膿栓の予防は、アルカリイオン水のうがいが効果的ですが、舌にびっしりと舌苔が着いている場合は、舌ケアをしましょう。

>>舌磨きはコットンが効果的!?

また。喉からの口臭が止まらない場合は、早目に耳鼻科を受診されることをおすすめします。

歯磨きで取れない口臭がうがいでスッキリ

 

子供の口臭、母親はどうするべきか?

子どもの口臭:ケースごとの対策方法

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

もし、子どもと会話したときに、口臭を感じたら心配するのではないでしょうか?
子どもの息が臭いと、「友達がなくなってしまうのではないだろうか?」と思うかもしれません。

子供だからといって、口臭がないわけではありません。実際、多くのお母さん方がご自分の子供の息が臭いことで悩んでいます。
ところが、一口に口臭といっても、原因も様々。ですから、その子供の原因にあった口臭対策が必要になります。

今回の記事は、子供の口臭で多い原因とその子供の症状にあった対策法をご紹介します。ご参考にしてください。

子どもの口臭を放置したときのリスク

子供の口臭だからといって、簡単に済ませていると色んな弊害が起きるかもしれません。

先ほども述べましたが、子供は正直ですから、「○○ちゃん、口が臭い!」と言われることもあります。それがエスカレートすると、子供のお友達からいじめに発展するケースもあります。子供の時に受けた心の傷は、ずっと残ることが多いので、精神の成長に支障を来たすかもしれません。

美息美人(びいきびじん)のお客さまの中にも、「子供の時に母親から息が臭い!」と言われたことで、大人になった現在も自臭症が治らず悩んでいる人たちが多くおられます。ですので、子供に指摘するときは、言葉一つ一つに十分な配慮が必要です。

また、口臭は病気のサイン。お口や喉にばい菌が増えたことで臭いがしているのですから、ほっておいて良いことがありません。専門のお医者さんに診てもらうことが重要です。
それでは、子供の口臭原因で多いものから対策法についてもご紹介します。

子どもの口臭原因

歯磨き不足が原因

子供の口臭で一番多いのは、何といっても歯磨きが十分にできていないこと。低年齢の子供では、長い時間歯磨きをしていても、歯ブラシをほおばっているだけでしっかりと磨けてないことが多いのです。

特に、奥歯や歯の裏側は磨きにくいので虫歯になりやすい。ですから、子供が歯磨きをした後に母親が点検することが大切です。
また、歯並びが悪いとか狭い隙間などは、大人でも磨きにくいものです。そのような箇所は母親が磨いてあげると良いかもしれません。

一度虫歯が出来ると、次から次へと虫歯ができやすくなります。詰め物や銀歯を入れると、歯垢がつきやすくなるため二次カリエスに。

抜歯することになるとブリッジを入れるのですが、残った歯に負担がかかるため、歯周炎のリスクも増えます。

将来、このような悪循環にならないためにも、歯磨きをしっかりと出来るように指導することも大事です。子供が一人できちんと歯磨きができるようになるまでは、母親が手伝うことも大切です。

詳しくは『虫歯を治療してるのに臭い!口臭原因は2次カリエスかも』をご参考にしてください。

口呼吸が原因

母乳よりもミルクで育つ子供が増えたことや、おしゃぶりをしないことが口呼吸の原因ともいわれています。哺乳瓶のミルクは、吸う力が弱くても容易にミルクが出ますが、母乳は力いっぱい吸わないと出ません。赤ちゃんがお乳に吸い付いたまま、鼻で呼吸することに。それが良かったようですね。
また、おしゃぶりを口に入れていると自然と鼻呼吸が習慣になります。口を閉じる筋力もつきます。

これらのことが影響して、子供になっても口呼吸をしていると口臭が起きやすくなります。
その理由は、人は本来、鼻呼吸をするようにできています。鼻から空気を取り入れると、塵や雑菌・ウィルスも一緒に入ってきます。それを防ぐために、鼻の中には沢山の毛が生え、粘液でくっつけるようになっています。

ところが、口呼吸の場合には、口には塵や雑菌・ウィルスへの防御システムがありません。口から喉に直接入ってしまう。喉には、扁桃(へんとう)という免疫システムがあり、ここで雑菌やウィルスとやっつけます。

しかし、これが口臭を起こすことになるのです。

雑菌やウィルスの死骸が粘液と固まり、膿栓(臭い玉)という臭い物質ができてしまいます。膿栓(のうせん)は、乳白色で米粒大の大きさです。扁桃(へんとう)の穴にたまり覗くと白く見えることがあります。悪臭がするので、「臭い玉」とも呼ばれます。

膿栓(臭い玉)が出来た時の対策方法は、耳鼻咽喉科にかかることが大切です。膿栓を放置していると、口臭が強くなるだけではなく喉に炎症が起きることも。詳しくは『口臭の元!膿栓(臭い玉)ができる4つの原因と取り方』をご参考にしてください。

口呼吸をしていると、口腔内が乾燥し自浄作用も低下するため虫歯菌や歯周病菌も増えやすく、将来的に虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

ですから、口呼吸から鼻呼吸に変えるためにマウスピースを作ったり、鼻呼吸トレーニングを行なうことをお勧めします。詳しくは『口呼吸⇒鼻呼吸に変えると口臭が消える!?』をご参考にしてください。

鼻炎が原因

アレルギー性鼻炎などで鼻が詰まると、口呼吸になります。慢性的に風邪の症状で鼻が詰まっている子供の場合も鼻で呼吸ができないために、口呼吸になります。

子供が口呼吸をしていると、口臭も発生しやすくなりますので、元々の原因となっている鼻炎などの疾患を治すことが大切です。

ちくのう症(副鼻腔炎)が原因

ちくのう症になりやす子供がいます。それは、風邪をひきやすいとか、アレルギー性鼻炎の子供。他に鼻の形も影響しますが、鼻づまりや鼻水の症状が続くとちくのう症になることがあります。

ちくのう症になると、鼻の奥に副鼻腔という穴に膿がたまります。この膿が悪臭を放つので口臭の原因となります。

ちくのう症は、早期であれば、抗生物質の治療でかんたんに治る病気ですので、早めにお医者さんにかかることが大事です。放置や自己治療をしていると、ちくのう症が慢性化するので注意してください。

また、ちくのう症の場合には、口臭も強烈ですのですぐに判断できます。口臭がひどいと感じたらちくのう症を疑ってみる必要があります。

胃腸虚弱が原因

子供が歯磨きも丁寧にしているし、口呼吸にもなっていない。それなのに口臭がしている場合には、胃腸が口臭の原因になっているかもしれません。
胃腸が弱いと、消化不良を起こし腸内で発酵したガスが、呼気として出てくるため臭うことがあります。

子供の胃腸が弱い場合には、食生活の見直しも大切です。だらだらとお菓子など食べさせないで一日3食、おやつは1回(または2回)ときちんと決めて食べさせることも大切。その他、柔らかい食べ物やお菓子を食べていると咀嚼が少なくなるため唾液分泌が悪くなります。唾液が少ないと舌が白くなりやすく口臭も起きやすくなります。

また、ストレスが多いと胃腸の調子を悪くするので、十分遊びや運動をさせることも大事です。この他、睡眠不足もよくありません。少ない場合には十分睡眠時間をとり規則正しい生活習慣を作ると良いです。詳しくは『胃腸が弱ると舌が白くなる!口臭がする!対策はこれ!』をご参考にしてください。

子どもの口臭で一番気を付けること

はじめにお伝えしたように、子供の心は傷つきやすく、その傷は大人になっても残ってしまいます。ですから、間違っても「口が臭い!」と言わないことが肝心です。

もし、子供の時に「口が臭い!(嫌われている。)」と感じてしまうと、一生を通じて「私は口が臭いからみんなに迷惑をかけている。」というように、悲観してしまうかもしれません。それが自臭症です。

そのようなことにならないためにも、「きちんと歯磨きを行なえば口臭は治る」ということを正しく教えてあげてくださるようお願いします。

関連記事>>アルカリイオン水で虫歯を予防!


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

妊娠すると口臭が起こる!?その原因と対策は?

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

妊婦さんから、「口臭」についての相談を良く受けます。妊娠をすると、生活環境が変わり色んなストレスを抱えることもあります。

また、身体的にも変化が起きるかもしれません。そのため、唾液も減ることも。唾液が減れば口臭が発生しやすくなります。

それに、妊娠を機会にそれまで会わなかった人たちとも会う機会が増えます。そんな時に「口臭がしていたらどうしょう。」と周囲に気を遣っていては、胎教にも良くありません。

今回の記事では、妊婦さんが安心して出産に臨めるように、「妊娠中の口臭原因と対策」についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

妊娠中に起きる口臭の原因といっても沢山あるので、代表的なものについて一つ一つお話しします。

妊娠中の口臭原因

妊婦の歯磨き不足

電動歯ブラシで歯磨きを行う

妊娠中はつわりが起きるため、お口に歯ブラシを入れただけで、おえっとなるかもしれません。それに、お腹の中の赤ちゃんに神経が向き、歯磨きがおろそかになることもあります。だから、妊娠前とは違って口内が汚れ口臭がすることがあります。

この妊娠期の口臭について述べられた論文をみつけたので、ご報告いたします。

日本口臭学会第1回学術大会の一般口演7で「妊娠期の口臭」という演題で大塚医師、阿部医師、本田医師が発表されていました。

2008年4月から2010年4月までの100名の妊娠女性の口腔内状態を審査した結果を比較検討した結果、妊娠中の女性でジメチルサルファイドの識別値を超える割合が45%と一般女性よりも高くなった。

女性にとって妊娠期は、被妊娠時と比較し体調(つわり)などにより、口腔内衛生状態が悪化する傾向がある。

本田医師によると、妊娠期に入ると、今までやってきた細部への細かな口腔ケアができなることが原因で口腔内の衛生状態が悪化するそうです。

妊娠すると、特に女性ホルモンにより口臭がでていると思っていたのですが、妊娠すると細かな口腔ケアができていなくなった結果、衛生状態が悪化し、歯肉炎になったり、口臭がしたりするそうです。

「妊娠期の口臭」とか、「妊娠期歯肉炎」といわれるので、妊娠期になると、特別な原因となるのものがあると思っていたので、単純に歯磨き不足が口臭の原因という今回の結果は予想外でした。

唾液が減る

妊娠中は、生活環境が変わりストレスも多くなります。そのため、自律神経のバランスがくずれ唾液が減少して粘つくことがあります。

唾液が減りお口が乾燥すると、舌にも汚れがたまり口臭がすることに。こんなことにならないように、趣味や会話を楽しむなど意識的に行動することで、ストレスを軽減することも大切です。

ドライマウスについては⇒⇒ドライマウスの症状と原因「駆け込みドクター」で紹介

食事の嗜好が変わる

ハンバーガー食べる女性

妊娠中は、急に酸っぱいものが好きになるなど食べ物の嗜好が変わることがあります。逆に苦手だった甘いお菓子が大好きになることも。

そのため、口腔内の環境が酸性に傾くこともあります。口腔内が酸性化すると菌が増え、舌に苔ができたり、口臭がすることも起きます。

歯科治療が出来ない

レントゲン写真を見る歯科医

妊娠中はつわりが起きたり、産婦人科に通うことも多くなるため、多少、虫歯や歯周病があっても我慢することになるかもしれません。

早めに歯科治療すれば簡単に治るケースでも、そのままにすることで、悪化します。虫歯や歯周病になると、口臭が発生します。

喫煙回数が増えた

タバコを吸う女性

妊娠によって、様々なストレスが増えるということをお話ししました。ですから、喫煙習慣がある人の場合には、喫煙回数が増えるかもしれません。稀に、それまで喫煙をしたことが無い人が妊娠を機に喫煙をするようになることもあります。

喫煙は、舌苔(ぜったい)ができたり、歯周病を引き起こします。どちらも、口臭の原因ですので、良くないのですが、その喫煙が増えればその分口臭リスクも高まります。

妊娠中の口臭対策

  1. 歯磨きを楽しむ。丁寧に歯みがきを行なうのが基本の対策です。
  2. 歯科で治療や検診を受ける。
  3. 趣味や会話を楽しみストレスを軽減する。
  4. できるだけ喫煙回数を減らすとか、ニコチン・タールの薄いものに変える。

そして、この他に次の裏ワザもお試しください。

  1. 妊娠中の口臭対策(裏ワザ)
  2. 酸っぱいものを食べたあとに、アルカリイオン水でうがいをして口内を中和する。
  3. 喫煙したあとも、アルカリイオン水でうがい。
  4. 白くなった舌は、「美息美人(びいきびじん)」でケアする。

アルカリイオン水は、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」で作ります。

妊娠期に限らず、歯磨き不足によって口中の衛生状態が悪くなると、口臭がするようになります。ですから、現在、口臭がしていないからといって、安心していてはいけません。

口臭原因については⇒⇒『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

口臭予防に歯磨きは大事です!


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

究極!リアルな「口臭チェック」で実際の臭いを感じる方法

「リアル口臭チェック」で実際の臭いを感じ、病気のサインを知ることができます

口腔ケアアンバサダーの上林登です。

口臭対策する時に、最初にやらなければならないのは口臭チェックです。口臭があるかどうか調べるにはタニタ製などの簡易口臭チェッカーがありますが、「リアル口臭チェック」を使うと、実際の口臭を感じることができます。

「リアル口臭チェック」で調べると、あなたの口臭の原因や病気の予兆も分かります。というのは、口臭は病気のサインだからです。そのためにも、自分の口臭がどんな臭いをしているかを感じる必要があります。

しかし、一般的な口臭チェックでは、口臭の度合いを調べることができても、どんな臭いなのかという「臭いの種類」まで調べることができません。

そのため、今回の記事は、あなたの実際の口臭が「どんな臭いなのか?」?、そして、「どれほど臭いのか?」を調べる方法をご紹介します。是非ご参考にしてください。

自分の口臭を知らない人が多い

自分の実際の口臭を知らない人が多いです。本当です。自分の口臭が気になっているのに、「口臭がしているかどうか分かりません。」と答える方が多いのです。

自分で口臭をチェックする方法は、『おすすめの口臭チェックは匂いを嗅ぐだけ!?』がご参考になります。

それでは口臭を解決するどころか、よけいに口臭で悩むことにもなりますよね。そのような事にならないようにしないといけません。

ところが、実際は次のように反応していませんか?

口臭チェッカーなんて信じられない

何かの拍子に自分の口臭って、「どのくらい臭いのだろうか?」と気になることがあります。 そのような口臭が不安になった時に、良く使われているのが口臭チェッカーではないでしょうか。

でも、その時に口臭を測っても、口臭チェッカーの値を素直に信じられましたか?

「口臭チェッカーなんて信じられない」と思ったことはありませんか?

もし、口臭レベルが0 だったら…

「そんなことない!」
「もっと臭いはず!」

「この口臭チェッカーこわれてない??」
と、思いませんでしたか。

もし、口臭レベルが4 だったら…

「それほど臭いわけない!」
「こんなに臭くないよ!」

「この口臭チェッカーこわれてない??」
と、思ってしまいますよね。

口臭チェッカーが信じられない場合は、こちらの記事『口臭チェッカーあてにならない!正しい使い方は?』をご参考にすると良いです。

結局、口臭チェッカーで測っても、口臭チェッカーの値は信じられないのです。

その証拠に、口臭外来でも最終の口臭チェックの時には、歯科 医師が患者の口に鼻を近づけて嗅ぐのが主流になっているのをご存知でしょうか。

口臭を嗅がせるのは恥ずかしいですよね。自分で口臭を確かめることができれば
一番良いと思いませんか。

そのような理由から、より「リアル」に口臭を感じることができる
口臭チェック法を考えました。

その方法をこれからご紹介しますので、
今までの口臭チェックに不満がある方は、ご参考にしてください。

口臭が発生する仕組み

リアル口臭チェックをご紹介する前に 、人の口のなかで実際に「口臭」が発生する仕組みについて知ってくださいね。

今からお伝えする口臭チェックは、この口臭発生の仕組みを再現する方法です。

  1. 口臭の元である「臭い物質」は、唾液中に溶け込んでいる
  2. 緊張などの理由から口腔が乾燥すると、唾液が気化する
  3. 口の中に、気化した口臭ガスが充満する
  4. そして、会話や呼吸した時に、口臭が放出される
  5. 周囲の人が臭いを感じる
  6. 自身の口臭を直接感じる人もいますが、周囲の反応によって「自分が口臭」だと感じる

口臭発生のプロセスについて詳しくは、『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・』をご参考にしてください。

リアル口臭チェック

今、説明した「口臭発生の仕組み」をリアルに再現するために、少し面倒かもしれませんが楽しんで行ってみてください。動画でもアップしていますのでご参考にしてくだされば幸いです。

準備するもの

  • 食パンを
    お口に入る大きさに切る。
  • 梅干し1個。
  • グラスまたはコップ。
  • ドライヤー
  • 扇風機。

食パンの切れ端を口に入れる

梅干しを目の前に置いて、
パンをお口に入れます。

梅干しは「唾液」を出すためのものです。

出てきた唾液がパンに浸み込みます。

これが「リアルその一」です。

パンをお口に入れたら口の中で転がします。

この時、決して噛んではダメです。

パンをグラスの中に吐き出す

口の中のパンを
グラスに吐き出します。すぐに、
ラップでグラスを密封します。

口腔内の状態を再現する
「リアルその二」です。

グラスを温める

グラスをドライヤーで温めます。(約20秒)

ドライヤーを使って
口内の乾燥状態を再現する「リアルその三」です。

距離をとり臭いを嗅ぐ

グラスとの距離を測ります。

会話する時の距離は、
大体、腕1本分です。

ニオイが来るように扇風機を置くと良いです。

扇風機を使って
会話している状態を再現する「リアルその四」です。

腕1本分離れて臭いを嗅ぐ

いよいよですね。
恐怖の瞬間が来ました。

グラスのラップを外します!腕1本分の距離では臭わないのが普通です。
でも、くさい場合は、周囲に迷惑をかけているかもしれないので要注意です。

グラスに鼻を近づけて嗅ぐ

次は、直接嗅いでみます。

相手の口に鼻をつけてニオイを嗅ぐことなんて日常生活ではありませんが、キスする時のことも考えて、においを確かめた方が良いと思いますよ。

また、
口臭は病気のサインだといわれています。

臭いの種類によって病気になりやすい体質もわかるので、

「どんなニオイがしているか?」も調べると良いです。

どんなニオイがしているのか確かめてください。

それほど臭いわけではないけれど、 「パンの酵素のような独特なニオイが少しありました。」程度であるなら問題ありません。

しかし、
口臭の種類によっては、病気が原因になっていることがあるので、注意が必要です。

口臭は病気のサイン

雑巾の臭い…虫歯や歯肉炎が原因

硫黄臭・温泉臭…胃腸が弱い、胃炎や十二指腸潰瘍などの可能性も

生乾きの服の臭い…むくみ体質で、肺炎や気管支炎など呼吸器系の病気になりやすい

甘い果実の臭い…糖尿病の危険性

アンモニアの臭い…関節痛、むち打ち

焦げた肉や魚の臭い…高血圧の危険性

下水の臭いがする… 膿栓や膿汁が原因の場合も。膿栓・膿汁について詳しくは、『膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?』をご参考にしてください。

この口臭チェックはみなさんにも、是非おすすめします。

口臭が気になった場合は、「口臭がうんこくさい!?原因と治し方について」をご覧ください。


サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

口臭が治らない!?治らないのは?

口臭が治らない原因

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

「口臭が治らない原因」について考えたことがあるかもしれませんね。でも、答えが見つからなかったのではないでしょうか。

口臭原因について書かれた記事は多くあります。それなのに、「口臭が治らない」という人があとを絶ちません。

不思議ですよね。原因が分かっているのに口臭が治らないのですから。私も口臭が治らなかった一人です。そのため、「口臭が治らないのは何故なのか?」といつも探していました。

実は、一般にいわれている「口臭原因」は、見える(嗅覚の)原因なのです。口臭は、嗅覚だけではなく心の問題なのです。ですから、口臭を治すためには、実際の口臭と心の不安の両方を解消することが必要なのです。

今回の記事は、厄介な「口臭症」についてお伝えします。「口臭が治らないのは何故なのだろう?」とお困りでしたら、是非ご参考にしてほしいです。

だれでも知っている一般的な口臭原因

この記事を読まれているあなたであれば、「口臭原因」については歯医者さんよりも詳しいかもしれませんね。でも、「口臭原因」をご存知ない方のためにご説明します。

口臭の90%以上は、口の中の病気(歯周病や虫歯、粘膜疾患など)が原因。

治療を必要とする病的口臭の原因には全身疾患からくるものもありますが、ごくわずか(10%以下)で、90%以上は口の中の病気が原因で起こります。
病的口臭の90%以上は口の中にその原因があり、歯周病、むし歯、歯垢(しこう)、歯石、舌苔(ぜったい)、唾液の減少、義歯(入れ歯)の清掃不良などがあげられます。治療の対象となります。
引用:兵庫県歯科医師会 口臭

10%ほどの口臭原因は、扁桃腺炎、副鼻腔炎、上気道中咽頭がんなどの耳鼻科疾患が占める。引用:日本口臭学会(口臭への対応と口臭治療の指針2014)

全身疾患が原因の口臭は少ないですが、次のようなものがあります。

  • 糖尿病;アセトン臭
  • 腎不全;アンモニア臭
  • 肝疾患;ジメチルサルファイド
  • 肺がん;アセトン

これらの口臭は、血液中に溶け込み呼気口臭となる。引用:日本口臭学会(口臭への対応と口臭治療の指針2014)

口臭が治らない原因

口臭原因が分かっているのなら治るのでは?

病気が口臭の原因になっているのなら、原因となる病気を治療することが大事ですし、治癒すれば口臭も治るはずですよね。

でも治らないのはどうしてだと思いますか?

実は、口臭症の本当の原因は、今お伝えしたものと違うからです。

口臭と口臭症の違い

口臭は空気で、専用の測定器で臭気レベルを測ることができます。簡易口臭チェッカーでも、レベル1からレベル5まで判定できます。

ところが、口臭は厄介で自身の鼻(嗅覚)では分からないのが普通です。というのは、人の嗅覚は同じニオイに麻痺するようにできているからです。

そのため、自身が口臭がしていると感じるためには、口臭測定器で計測してもらうか、周囲の反応で気づくしかないのです。(家族などが口臭を指摘することもある)

そのため、「口臭がしている」と言っても、その人のストレス度合により「口臭がひどい!」と感じたり、「臭っているかもしれない」程度だったりと様々なのです。このように人の感じ方は異なるのです。

もしかすると、口臭レベルが1の人が「口臭がひどい!」と悩んでいるけれど、口臭レベル5の人は「口臭がしているか分からないけれど臭っているかも。」と思っているかもしれないのです。

→ 人が鼻を触るのは口臭がしているからだけではない!自臭症の原因と克服法

ですから、口臭(口臭測定値)と口臭症(口臭のストレス度)を同じテーブルで考えてはいけないのです。

口臭レベルが下がっても口臭症が治っていなければ、口臭の解決にはならないからです。

嗅覚過敏症

嗅覚が麻痺する割合よりもはるかに少ないのですが、「嗅覚過敏」になるケースがあります。

妊婦は匂いに過敏になることがよくあります。また嗅覚過敏は、原因が精神的なものである場合もあります(心因性)。つまり、心因性の嗅覚過敏がある人には、明らかな体の病気がみられません。

引用:MSDマニュアル家庭版

ストレスが口臭原因になる

口臭が厄介なのは、ストレスが口臭原因になるからです。不安や恐怖というストレスがあると、交感神経が活発になり唾液が出なくなります。口腔が乾燥すると、口内の口臭物質(揮発性硫黄化合物)が気化して口臭となります。

→ 舌苔が取れないのはストレスが原因!ストレス解消と対策はこうする!

→ ドライマウスは口臭をひどくする!改善する鍵は菌にある

だから、口臭を治すためには、口臭症を治すことが大事なのです。

口臭原因になっている病気を治療しないから治らない

この記事の始めに、口臭原因となる疾患をご紹介しました。それらの病気が口臭原因となっているのなら、治療して病気を治さなければ口臭を治すことはできません。

ところが、「どうせ治らないから」と病気を放置したままにし、「口臭が治らない。。」と悩んでいる人も。

適切な口腔ケアをしていない

口臭原因の90%は、口腔内にあります。また10%は扁桃炎などの耳鼻科疾患が原因だといわれています。膿栓や膿汁ができることで喉からも口臭が出ます。

ここまで分かっているのなら、口腔ケアと喉のケアを行えば口臭が治るはずです。どうして口臭が治らないのでしょう?

口腔ケアと喉のケアのやり方が正しくないと考えるのが妥当でしょう。効果のない方法をどれだけ行っても口臭を改善することはできません。

あなたの口臭原因に適したケア方法を研究することが大事です。

効果的な口臭対策とは

厄介な口臭を治すためには、「口臭レベルを下げる」ことと、「口臭の不安をなくす」ことの二つが大事です。この二つのことを実現しないことには、口臭は解消されません。

口臭対策

  1. 口臭チェックをする
  2. 口臭があれば、歯科で検査してもらう。
  3. 虫歯や歯周病があれば、その治療をする。
  4. 口臭チェックをして、改善していれば解決!
    口臭が改善していなければ、歯科以外に原因があると考える。
  5. 舌苔をチェックする
    舌苔が多量に付いていれば、舌苔対策が必要!
  6. 舌苔が付いていないのに口臭がするのなら、
    耳鼻科疾患を疑い、診断を受ける。
  7. 耳鼻科疾患が見つかれば治療を受ける
  8. 耳鼻科に問題がなくても、喉に違和感があれば、
    膿栓や膿汁を疑う。
  9. 喉に違和感や口臭を感じる場合は、
    喉のケアを続ける。
  10. 口臭チェックを行い、改善していれば解決!
  11. 口臭が改善していない場合は、
    内科疾患(または服用中の薬)を疑い診察を受ける。
  12. 内科に問題がなければ、胃腸が弱っているかもしれない。
    元気な胃腸にするために、生活習慣や食生活を見直す。
  13. 口臭が気になったら口臭チェックをする

引用:本気で「口臭改善」したい人のための対策方法10!何をしても治らなかった原因はこれ!

口臭症対策

口臭症を治すためには、ストレスの原因になっている「トラウマ」を避けて通ることはできません。

自臭症の原因にはトラウマが関係しています。トラウマになった経験を突き止めて、どうしてこれほどストレスを抱えているのかを考えないといけません。そして、そのストレスの原因は、嫌な体験と周囲の反応を意味なく関連付けしていることも認める勇気が必要です。

自律神経の乱れを改善するためには…

  1. 専門医で受診する。心配となっている病気・症状を治療する。
  2. カウンセリングを受ける。
  3. ストレスを軽減するために趣味や運動をする。
  4. 楽しいことを行なう。
  5. 考え方を変える。
  6. 深呼吸をする。
  7. ストレッチで体を伸ばす。体を動かす。

引用:その口臭!ストレスが原因かも?

口内と喉のケア

口内と喉の口臭源(舌苔、膿栓、膿汁など)を取り除くために、「アルカリイオン水うがい」が良いということをご存知でしょうか?

舌苔うがいで舌を綺麗にする

>>舌が白い!舌苔の治し方って知っていますか? 

アルカリイオン水で舌苔を取る

アルカリイオン水には、たんぱく質を分解する作用があります。ですから、アルカリイオン水を使うと舌苔を溶かすことができるので、しつこい舌苔でも取り除くことができるのです。

これは、アルカリイオン水が舌苔を分解するイメージです。

アルカリイオンが舌苔を溶かすイメージ

本来は、唾液が舌の汚れを洗い流すのですが、ドライマウスの場合はそれができません。そのため、舌苔ができるのです。

唾液が舌を洗浄

ところが、アルカリイオン水を使うと、ドライマウスで舌苔ができる場合でも唾液の代用ができます。

唾液の代わりにアルカリイオン水で殺菌洗浄する

アルカリイオン水で膿栓を取る

アルカリイオン水でうがいを行うと、がんこな臭い玉(膿栓)を取ることができます。その理由は、臭い玉(膿栓)もたんぱく質からできているからです。そのため、アルカリイオン水でうがいを行うと臭い玉(膿栓)の表面が溶けるため、皮膚から外れやすくなるのです。

アルカリイオン水で膿栓を取るイメージ

もちろん、同じたんぱく質から成る臭い汁、膿汁などの口臭の源を除去できるので、口臭が予防できます。

まとめ

今まで治らなかった口臭の原因が分かったのではないでしょうか。口臭が治らなかった原因は、口臭と口臭症の両方を治す必要があったのです。

口臭対策には、アルカリイオン水がいいということも。

口臭対策に使えるアルカリイオン水についての記事は、「口臭、アルカリイオン水」や「舌白い、アルカリイオン水」、「膿栓、アルカリイオン水」で検索してみてください。

しかし、アルカリイオン水について勘違いされていませんか?

アルカリイオン水と言っても、飲料水のアルカリイオン水では効果がありません。その理由は、こちらを見ると納得できますよ。今すぐごらんになってください。

↓ ↓ ↓

 

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報