舌が白い(舌苔)

舌が白くなり困っている人が多いのではないでしょうか。でも、舌苔(ぜったい)は人によってできる原因が異なります。ですので、自身の原因や状態をよく知って対策することが重要です。

こちらでご紹介している記事をお読みいただければ、舌苔の悩みを解決できると思います。

舌苔(ぜったい)とは

舌磨きで白くなった舌

舌が白く(または黄色く)なり汚れているのを舌苔(ぜったい)といいます。舌苔ができると、ほとんどの人は舌ブラシなどを使い舌磨きをおこなうのではないでしょうか。

しかし、舌を磨いても舌はきれいになることはありません。それは、舌乳頭の間に細菌などの汚れが付着しているからです。たとえ、舌磨きをしても、舌の表面だけしか落とせないのです。

舌乳頭と舌苔の図

舌苔(ぜったい)は、舌に苔がはえたようなものをいいます。舌の上で、細胞のはがれ落ちたものや食事カスに細菌が繁殖してできたものです。苔の色は、一般的に白色なものが多いのですが、喫煙や口腔の衛生状態によって黄色や茶黄色になることがあります。

引用:舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防

過剰な舌磨きによって舌苔が悪化する

舌磨きによって舌が傷ついている人が多いです。舌が傷つくと、ヒリヒリしたり味覚障害をおこし口が苦く感じることも。

舌苔(ぜったい)からは臭い物質が産生され唾液中に溶け込むために苦味を感じます。ですから、舌が白くなっているときに苦いと感じることが多いのです。

引用:口が苦いときの原因6つと対策

舌乳頭は細い組織なので、食事でも傷つき角化するようなデリケートな組織。それをゴシゴシと磨くと傷つくのは当然です。ところが、そのことで舌の角化が進み舌苔も増えます。

舌乳頭の角化の図

舌苔が増えると、さらにゴシゴシと磨くと思いますが、それって、傷部分をこすり化膿させているのです。これでは、舌苔が治ることはありませんし、口臭も悪化するでしょう。

よく、過剰に舌磨きをした人が、炎症を起こし真っ赤になっていることがあります。それは、舌に傷がついてしまったからです。

そのようにならないためにも、舌の汚れを取るときには十分注意しなければいけません。

引用:舌磨きをしないで舌苔(ぜったい)を取る方法!舌を磨くと逆効果になるのでご注意ください

研磨剤入り歯磨き粉

舌を磨くだけでも良くないのに、さらに歯磨き粉をつけて磨く人もいます。ほとんどの歯磨き粉には刺激の強い合成界面活性剤が含まれているので、舌苔が悪化する原因になっています。

引用:舌を磨いてはダメ!舌に歯磨き粉をつけたらダメ!どうすれば良い?

舌苔ができる原因

病気の男性

舌苔(ぜったい)と一言でいっても、舌苔ができる原因は様々です。身体の不調からくる免疫力の低下からも舌は白くなりますが、舌苔ができるのは口腔が乾燥することが大きく影響しています。

細菌が増えるのは、唾液が出ないか、唾液の免疫力が低いか、もしくはどちらも当てはまる場合です。この条件に当てはまる人の場合は、口腔内に増えた細菌が舌にも感染します。

引用:膿栓と舌苔は免疫力の低下が一番の原因!免疫を高める方法

胃腸が弱い人の場合は常に免疫力が落ちているため、舌苔がよくできます。

  • 胃が痛い、胃が重く感じる。
  • 胃潰瘍、胃炎、胃のポリープ、胃がん。
  • 十二指腸炎、過敏性症候群、腸炎。
  • 便秘、ガスがたまる。下痢。

などが代表的な胃腸の病気です。これら胃腸の病気になると、舌も白くなります。だから、内科に行くと舌診をするのですね。
昔から、お医者さんが患者を診断するときには、舌を見て病気を判断しますが、そういう理由からです。

引用:胃腸が弱ると舌が白くなる!口臭がする!対策はこれ!

舌が白くなった女性

免疫力低下のほかに舌苔のできる原因は、唾液が少ないか口呼吸による口腔乾燥(ドライマウス)によるものです。

舌がパサパサになる症状をドライマウスといいます。ドライマウス症は10人に1人の割合であるといわれます。しかし、ドライマウスの対策法についてはあまり紹介されていません。

引用:舌がパサパサになる人必見!速攻でドライマウス対策する方法

ドライマウス(口腔乾燥症)の症状としては、口がパサパサする人もいれば、唾液がネバネバで不快感を感じる人もいます。

唾液が出ないと、最初に起きるのは唾液の粘つきかもしれませんが、唾液が減ると細菌が増えるので舌に苔ができ白くなります。

引用:口がネバネバする原因はこれ!粘つきの解消方法はこれ!

口呼吸もドライマウス(口腔乾燥)の原因になります。

口で呼吸をしていると、舌も渇くので舌が白くなりやすい。舌の白いものを舌苔(ぜったい)といいますが、悪化すると、舌全体が真っ白い苔で覆われます。

引用:口呼吸⇒鼻呼吸に変えると口臭が消える!?

鼻炎などで鼻がつまっていると、寝ている時に口呼吸になるので注意が必要です。鼻炎の場合はその治療も大事です。

いびきをかく男性

鼻炎のほかに、いびきをかいていても口呼吸になり、朝起きた時に舌が白くなりやすいです。いびきをかく人が口臭が強いのは、そのためです。

いびきの習慣があると、口腔と喉が乾燥します。そのため、口腔と喉に細菌が増え、舌苔(ぜったい)や膿栓(のうせん)、膿汁(のうじゅう)ができやすくなります。そのため、喉から口臭がすることがあります。

引用:えっ、本当?いびきで口臭になるってご存知でしたか?

膿栓(臭い玉)を指の上にのせる

口や喉が乾燥すると、舌苔だけではなく膿栓(臭い玉)もできやすくなります。膿栓(臭い玉)はくしゃみをした時に喉から口に出てくることがありますが、悪臭がするので「においだま」ともよばれます。詳しくは『「においだま」って何?口臭は他人に聞けないモノ!ここで解決してください』をご参考にしてください。

膿栓(臭い玉)ができると、舌苔もできるというように悪循環になることも。

膿栓(臭い玉)のニオイは、「下水やどぶのニオイ」、「うんこのニオイ」、「残飯のニオイ」など、悪いイメージばかりです。

実際に膿栓(臭い玉)を指にとってつぶしてから嗅ぐと、とんでもなく酷い悪臭がします。

引用:口臭の元!臭い玉(膿栓)ができる4つの原因と取り方

歯周病のレントゲン写真

口が乾くと細菌が増えるので、虫歯や歯周病になりやすいです。歯周病になると、さらに舌苔ができやすくなります。ですから、口を乾燥させないことが大切です。

歯周病菌が増えると、歯周ポケットだけではなく舌の表面にも繁殖します。そして、他のばい菌とプラークを形成して舌苔(ぜったい)をつくります。

引用:歯槽膿漏になり口臭がする!歯周病の治し方と口臭予防の方法

舌苔(ぜったい)の対策と予防

よだれ

舌苔ができると唾液が臭くなり口臭原因となります。舌が白くなるのは、疲労・病気やストレスなどによる免疫力の低下もありますが、唾液が少ないドライマウス(口腔乾燥症)が多いです。

ドライマウスになる原因には、加齢ストレスによる自律神経の乱れよく噛まない食事習慣更年期障害、糖尿病、薬の副作用シェーグレン症候群などがあります。

唾液には抗菌作用があり細菌を洗浄しているからです。…唾液には抗菌作用があり細菌を洗浄しているからです。

引用:唾液を出す7つの方法…ドライマウス対策

水を飲む女性

だから、舌苔をできなくするには唾液がたくさん出るようにすることが大事なのですね。そして、もう一つ重要なことがあります。それは、舌のケアです。

はじめにお伝えしたように、舌磨きをおこなうのは逆効果です。舌を磨かずに優しくケアする方法をご紹介します。

美息美人のアルカリイオン水を使ってうがいとブラッシングに使用します。

アルカリイオン水を使うと、狭い歯間や舌乳頭の間にも浸透し容易にプラークを落とすことができるので口の中がさっぱりします。

それが何を意味するかというと、舌のプラークがなくなるので、白い舌をピンク色にするのです!

引用:美息美人(びいきびじん)で舌苔を除去する方法…白い舌がきれいに

舌苔(ぜったい)でお困りでしたら、ぜひ美息美人をおすすめします。

「舌が白い」に関するQ&A

舌が白いのが悩み

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

舌が白くなり、お困りではないですか。
舌苔(ぜったい)が付いて舌が白くなると、口臭を感じるようになり、周囲の人の目(反応)が気になりますよね。このように舌苔で悩むのは、「口臭」と「見た目の悪さ」が原因ではないでしょうか。

舌が真っ白く(または黄色)口臭がきつい、そのため、仲の良い友人との会話を楽しめない方もいます。

ですから、「舌苔」によるご相談数が、当社への「口臭相談」でも多いことには納得します。ご相談者の中には、、

「舌からガスが沸いてくるみたいで口がネバついて臭いです。人から臭いと言われます。」

「長年、舌の清掃をしてますが、何の改善もなくて一生治らないのではと思ってしまいます。正直、心が折れかけてます。」

「舌が真っ白でドライマウスです。誰かと話すと相手が顔をしかめるので、口臭がきついのだろうかと心配でまともに話ができません。治し方がわかりません、すこしでも楽になりたいです。」

「舌の上の白い舌苔が気になっています。とくに喉の奥の方の舌苔は、除去しても取り切れません。朝起きて歯磨きをして出社前に舌苔ブラシで除去して出社するのですが、通勤中にすぐに舌苔がついているのがわかります。元々ドライマウス気味でしたが口臭を気にして歯磨きの回数を増やし、舌苔除去をするにつれ、ドライマウスがひどくなっているようにも感じます。
近距離で人と話すのが怖く、必ず口元を隠して話してしまいますし、近距離で話していて鼻をこすられるととてもショックな気持ちになります。皆さんは食事後でも平気で人と近距離で話しています。
食事後に歯磨きをしない人ほど口臭が無い気もしますが、いかがでしょうか?」

という方もおられました。

相談者からの「お悩み事例」で多いのは、、、

  • 舌苔が多く口臭が気になる。
  • ドライマウスで舌が真っ白。
  • 舌ブラシで舌を磨いても、舌苔が取れない。
  • 胃腸が弱いので舌苔ができるのですか?
  • 舌が白い(舌苔)のは遺伝ですか?
  • 3年も舌苔除去に取り組んでいるが、何をしても舌苔がとれない。
  • 舌苔はケアをしても何故取れないのですか?
  • 舌の奥の方だけ白くなる。

それでは、「舌苔」に関するお悩みにお答えさせていただきます。

なぜ舌は白くなるのか?

Q1)舌が白くなるのは遺伝ですか?

A1)舌が白くなるのは遺伝ではありません。舌苔はストレスや体調不良によって誰にでもできるものです。舌の汚れは誰にでも付着するものなので、「白く薄い布」が舌の表面を覆っている状態であれば問題ありません。(ほかにも、舌乳頭がこすれて角化を起こすため、舌は薄っすらと白く見えるのが普通です。)

Q2)胃腸が悪いから舌苔が付着しているのですか?

A2)胃腸が不調であると、舌苔が厚くなり口臭が発生するようになります。

胃腸(主に胃)の病気や精神的なストレスは、舌によく反映しますので、舌の色や苔を観察するとある程度胃腸の健康状態が判定できます。

…名古屋市立大学大学院医学科研究生体機能・構造医学専攻 感覚器・形成医学講座 口腔外科分野 横井基夫教授 「第2回日本口臭学術大会講演 舌の変化を読み取る~舌診と口臭~」より引用

Q3)いつも舌が白いのは病気ですか?

A3)舌苔自体は病気ではありませんが、体調不良をおこすと、舌苔の量も多くなり口臭が気になってきます。

舌の上には、古くなって剥がれた口腔粘膜の細胞や細菌、食べカスや汚れなどが付着します。 これらが舌の上に固まって付着したものが、「舌苔(ぜったい)」です。 

たとえ体調不良で舌が真っ白くなったとしても、体調を整えて健康が回復すれば、舌苔が取れるのでご安心ください。

常に厚く舌苔が付着して、舌が真っ白く(黄色く)なっている場合には、健康状態が良くないかもしれません。その場合は、健康診断をされることをおすすめします。

【舌苔が厚くなる原因】

  • 胃腸の不調や病気
  • ストレス、疲労、寝不足などにより自律神経が乱れる
  • 口腔乾燥(唾液量の不足、口呼吸)
  • 口腔環境の悪化(歯磨き不足、歯周病などの歯科疾患、義歯、ブリッジなどが原因)
  • 喫煙

関連記事> ドライマウスの原因と対策

舌苔がとれないのは何故?

舌の奥が白い

Q4)舌を磨いても舌苔がとれないのは何故ですか?

A4)「舌苔」は単なる汚れではなく、舌乳頭(糸状乳頭)の角化した部分に細菌が集まり、汚れと固まってできたカビのようなものです。そのため、ブラシで舌を磨いても、完全に取ることはできません。

舌苔を完全にまで取ろうとすると舌乳頭を削ることになり、専用の舌ブラシでも、無理に取ろうとすると舌を傷つけてしまいます。磨き過ぎると、舌がぴりぴりと痛くなったり、口臭がひどくなるのでご注意ください。

>> 舌磨きはしないほうがいい、舌苔は磨かなくても除去できる!?

「舌苔が取れない」もう一つの原因は、体調不良で舌苔ができているケースです。この場合には、たとえ舌苔を除去しても体調が改善しないかぎり、当然ながら、またすぐに着いてきます。

口臭や舌苔が気になる時は、「体調を整えなさい!」と舌が教えてくれている、と理解すればいいかもしれません。

Q5)舌の奥の方だけ取れないのは何故ですか?

A5)舌苔は舌の奥に付着しやすいです。その理由は、舌の奥やのどには、細菌やウイルスを捕獲する扁桃という免疫組織があるからです。そのため、舌の奥、のどには、ウミが混じる痰状の粘液が付着し、舌苔も増えやすくなります。

予防としては、のどを乾燥させないよう唾液の分泌を促すほか、(喉の細菌汚れを洗浄するため)こまめに水やお茶を飲むといいでしょう。

舌苔があると口が臭い?

Q6)口臭は舌苔が原因ですか?

A6)口臭の主な原因は、揮発性硫黄化合物VSC(硫化水素やメチルメルカプタン)で、卵の腐ったような匂いや硫黄臭を発します。

舌苔には嫌気性菌が多く繁殖しているため、タンパク質汚れを分解する時にVSCを産生し、口臭の原因となります。そのため、舌苔の量が多いと、口臭が強くなる傾向にあります。

ほとんどの生理的口臭は、舌苔と唾液中の菌が原因となっているので、効果的に口臭対策をするには舌苔を予防することが大切です。

関連記事> アルカリイオン水のうがいは、口臭予防になるのだろうか!?

舌がヒリヒリする

Q7)舌がヒリヒリするのは病気ですか?

A7)必要以上に舌磨きを続けると、舌粘膜を傷つけてしまい、舌がヒリヒリと痛むことになります。

舌を磨いていないのに舌が痛い場合は、「舌痛症」かもしれません。舌痛症は、ストレスが影響するとも言われていますが、はっきりとした原因はわかっていません。

しかし、ドライマウスで舌が乾くと、軽く舌を磨いただけでも痛みを感じ、歯磨き粉の刺激成分がしみて痛くなることがあります。ドライマウスの場合は、舌磨きや市販の歯磨き粉の使用は控えた方がいいでしょう。

> 舌磨きで傷ついた舌は何日で治る?傷の治し方はコレ!


舌苔を除去する方法はこちら>> 口臭ケアブランド『美息美人(びいきびじん)』で舌苔を溶かして取る方法


☆この記事はリンクフリーです。口臭に悩まれている方のお役に立ててくだされば幸いです。

舌が白いと口臭が発生する!?舌苔の原因と予防法

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

会話の時に感じる、お口のニオイ。「もしかして相手の人も臭いに気付いているかも…?」と不安に感じることってありますよね。

口臭には病的口臭と生理的口臭がありますが、口臭の7割は舌苔から発生していると言われています。ですから、口臭を防ぐには舌苔が着かないように予防することが重要です。

今回の記事は、どうして舌が白くなるのか、どうすれば舌苔を付かなくして口臭予防できるのかについてご紹介します。

舌苔の原因

舌には、古くなり剥がれ落ちた口腔粘膜や細菌、食べカスや汚れなどが付着します。 これらが舌の表面に溜まったものが「舌苔(ぜったい)」です。

舌は胃腸など消化器官の延長にあるため、内臓の状態が舌に表れます。便秘や下痢、胃腸疾患などで内臓が不調になると、糸状乳頭(舌乳頭)の先が伸びて角化を促進します。

このことが舌苔を厚くする大きな原因となります。

関連記事>>舌が白い!舌苔の原因と取り方

舌苔の原因となる生活習慣をしていませんか?

いつもは、きれいなピンク色の舌をしている人でも、舌が白くなる時があります。舌苔が出来ると口が臭くなりますので、すぐに、口臭は舌苔があるからだと思いますよね。

⇒ 健康なピンク色の舌にするための方法

でも、口臭の元である「舌苔」が出来る原因についてまで、考えたことがあるでしょうか?

舌苔は誰にでもできますが、次のような日には特に白くなります。それは、暴飲暴食してお酒を飲んで夜更かしした翌朝です。

朝起きて鏡を見ると、舌の奥には白い苔がべっとりついて、唾は粘つき、きつい口臭がしたという経験はありませんか?

でも、この経験から分かることがあります。それは、病気でなくても体が疲労して免疫が低下すると、舌苔がよくできるということ。
そして、唾液の分泌が減ると、口内細菌が増えて、舌苔ができ、口臭が出るということです。

舌苔ができやすい生活習慣をご紹介すると…

喫煙やいびき・開口による口腔乾燥や、偏食、暴飲暴食、唐辛子など辛い食べ物が多い食習慣。寝不足やストレスが多い、、このような生活習慣があると舌苔がよくできるのでご注意ください。

舌苔の症状には個人差がある

舌が白いとか舌苔ができていると言っても、「舌苔」の程度は大きく異なります。そのため、症状にも違いがあります。

舌の上にびっしりと舌苔があると、口臭で迷惑をかけてしまうかもしれません。また、舌苔の色が、黄色や茶色のように濃い場合には、さらに口臭が強くなるので気をつけましょう。

舌が白くても、、舌の表面に白く薄いカーテンが被っている程度では、ほとんどニオイの心配はありませんのでご安心ください。

じつは、このように薄い舌苔ができるのは、舌乳頭の角化が原因です。食事で舌がすれたり、老化した細胞が角化したことで、舌が白く見えるのです。

しかし、舌苔ができる人は、(唾液量が少ない)口腔乾燥のことが多く、口が粘ついたり、舌がぴりぴりと痛む症状に悩まされることがあります。

口臭原因は舌苔の「菌」です

舌が白いと、口臭の発生を心配して舌みがきを行う人がいますが、舌苔そのものが口臭原因ではありません。

ニオイは、細菌が口内のたんぱく汚れを分解することで発生するガスです。口臭の元となる嫌気性細菌は、汚れとかたまると舌苔になりますが、本当は唾液中に多く存在しています。舌がきれいでも口臭がある場合は、口内環境が悪いからかもしれません。

唾液は、スポンジ状の舌苔に浸透し臭いを発しますが、舌みがきで舌苔を除去しても、口臭は完全にはとることは難しいです。

口臭を完全除去するには、舌清掃だけではなく、歯磨きやマウスウォッシュを使い口腔ケアをして口内を清潔に保つことが大切です。

口腔ケアは、唾液中の雑菌を減らし、間接的に誤嚥性肺炎の予防にもつながります。

関連記事:よだれの臭い(布団、マスク、キス)を消す方法!唾液の臭い予防と対策について

口臭が気になるなら、舌苔ケアを見直してみましょう

口臭になる一番の原因は唾液量の不足です。ストレスがたまらないようにして、唾液の分泌量を増やすように心がけましょう。

また、寝不足、喫煙、飲酒、お菓子の食べ過ぎなど生活習慣を見直してみることも大切です。

口臭が気になる方へのおすすめは、洗口剤によるうがいと、白湯などを飲むなどして水分補給するといいです。

口腔ケアに、舌苔を溶かす「アルカリイオン水」の口臭予防歯磨き粉「美息美人」をうがいに使うと、舌苔をできにくくします。

舌苔の予防

舌が白いと、すぐにでも舌磨きをして綺麗にしたいと思うかもしれません。しかし、たとえ舌磨きをしても、舌苔を完全に取り除くことは不可能です。

根本的原因を改善しない限り、舌は白くなります。また、過剰な舌磨きによって、舌がヒリヒリしている時には、舌は磨かないようにして舌用の保湿ジェルを塗布するようにしましょう。

口臭を改善するには、舌みがきで舌苔を除去することが有効です。だからといって、歯ブラシでゴシゴシと何度も舌をこすると、舌の粘膜を傷つけてしまい、かえって舌苔の原因になるのでご注意ください。

【正しい舌の磨き方】

1,舌みがきは、朝か夜、どちらか一回にする。
2,専用の舌ブラシを使用する。
3,鏡を見ながら舌の汚れた部分だけを磨く。
4,舌の奥から前に舌ブラシを3~4回動かす。この時、優しくなぜるように磨くのがコツです。
5,舌苔は完全に除去できません。一度に舌をきれいにしようとしないで、毎日の舌清掃で少しずつ改善するようにしましょう。

⇒ 舌磨きしないほうがいい ❘ 正しい舌磨きの方法はこうする!

⇒ 舌磨きがダメな理由5つ。コットンにあるものをつけて舌を拭く方法とは?

舌苔は一度に取れない

舌磨きの経験がある人であればよく知っていることですが、歯ブラシで舌を磨くと、白い糸状乳頭が逆立ち絨毯のようになります。舌磨きを行う前よりも、舌の状態が悪くなりショックを受けられる人が多いと思います。

舌苔は一度に綺麗にできないことを理解し、舌ケアを行わないといけません。舌苔が多くあっても、一変に舌苔を取ろうとしないで、毎日少しずつケア(舌磨きなど)を行うのが正しいやり方です。

舌にひび割れがあるケース

舌の中央に縦に走る溝があることがあると、舌苔ができやすくなります。溝状舌には、先天性の溝と口腔乾燥などから後天的にできるケースがあります。

溝が深いと汚れがたまり臭くなります。また、舌苔の原因にもなります。対策とすれば、舌の溝を清掃することが大切ですが、磨き過ぎると逆効果になりますのでご注意ください。

柔らかい歯ブラシで、溝部分を2~3回なぜるようにして清掃するといいです。この時、完全に取らないようにしてください。

最後に、コットン(綿花)に美息美人のアルカリイオン水を湿らせて、溝部分に塗布すると、口臭予防になります。効果の高い時間帯は、就寝前と朝起きてからの歯磨き時です。

看護・介護の舌苔ケア

重症患者の看護や寝たきり高齢者などの介護の現場では、自身で口腔ケアを行うことができないため、口腔衛生が悪くなり舌苔ができます。多量に舌苔ができると、誤嚥性肺炎や口臭の原因になるので、毎日舌ブラシで舌を磨いて綺麗にする必要があります。

免疫力を高める

免疫が高いと舌苔ができにくくなります。免疫力を高める食べ物を進んで食べるようにしましょう。納豆、漬物、ヨーグルトなどの発酵食品や、海藻類やキノコなどの食物繊維が免疫をアップする効果があります。
また、体を温めると免疫が高まるので、生姜、にんにく、とうがらしを食べたり、お風呂にゆっくりと浸かるのもおすすめです。

まとめ

舌が白い時は、体調が良くないサインだと思った方が良いです。そのためには、毎朝、歯磨きの時に鏡を見て、「舌が白くないか?」確認しましょう。

また、舌苔は細菌の塊であるため、舌が白くなっていると、外からの菌やウイルスに感染しやすくなります。口内の衛生状態が悪いと新型コロナウイルスの感染リスクも高くなると言われているので、毎日舌磨きなど舌ケアを行うことも大事です。

関連記事>>舌が白いと口臭になる!舌磨きのポイントは粘膜を傷つけないこと

舌苔(ぜったい)を除去したいなら、知っておかなければいけない3つの調査結果

舌磨きで口臭が改善したのは32%

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

口臭予防のために舌を磨いている方が多いと思いますが、舌磨きにはどの程度の予防効果があるのかご存知ですか?

舌磨きにより口臭予防効果を調べるために、鶴見大学歯学部(中村幸香先生ほか)が臨床テストを行った調査結果があります。この中で、舌磨きによって口臭を改善できたのは32%だけだったのです。

この事実から、舌磨きを行っても口臭を防ぐことは難しく、今より効果的な舌苔を除去する方法が必要と結論づけられていました。

現在、舌苔の除去で効果があるのは、アルカリイオン水を使った舌清掃です。今回の記事は、舌磨きよりも効果があるアルカリイオン水を使用する舌清掃をご紹介します。是非ご参考にしてください。

舌磨きの効果テスト

歯医者の舌磨き指導

私「歯医者さんでは、舌苔や口臭のことで相談してくる患者さんに、どうやって答えてる?」
三女「院長先生は、舌ブラシを使って舌磨きすることを勧めてるけど、私は、磨きすぎたら口臭が悪化するから、舌を磨くときは優しくしてねって指導しているよ。」
引用:舌苔のケア方法。完全に除去する必要はないってホント!? 

臨床試験の目的

口臭の主な成分には揮発性硫黄化合物(VSC)がある。VSCは歯垢や歯周ポケットが発生源となるほか、舌表面に由来するものが少なくない。

その場合は、舌清掃を併用しないかぎり口臭は消滅しない。このように舌清掃は口臭予防において重要だと考えられているが、歯科大学衛生科の調査では舌清掃は必ずしも普及していなかった。(学生でも正しい舌清掃を知らないのが実体。)

→ 舌が臭い、口臭がするそれは舌苔が原因です。舌苔を取り除く方法とは?

口臭外来の受診者が日常行っている舌清掃が効果的になされているかどうかを検討した。

1回目の調査結果(初診時)

自臭症で悩む女性

2015,7,1から8,25までに口臭外来に受診した初診患者は66名。

66名の内、口臭なしが15名。口臭ありが51名。(口臭なしと診察された患者さんが22.7%もあったのです!)

さらに、口臭あり51名の内、「自分で舌磨きをしている」患者さん25名(約半数が独自の方法で舌磨き等を行っているという事実。)を対象にして、歯科医師が正しい舌清掃を指導した結果が2回目の調査結果です。

2回目の調査結果(舌清掃を指導後)

舌がキレイになった女性

歯科医師から正しく舌清掃を指導してもらった結果、なんと、25名の内8名が口臭なしに。(32%に指導の効果が。)

ところが、残りの17名の患者さんは依然として効果がありませんでした。(歯科医師から直接指導を受けても68%が効果なし、口臭ありのままだったのです。

この結果を受けて、舌清掃の指導効果がなかった17名の患者さんに対して、歯科医師が専門的に舌清掃を行った。
※専門的舌清掃…舌表面をガーゼで拭き取る。必要に応じて吸引法(機械を用いて舌苔を吸引する)を行う。

この結果が3回目の調査結果です。

3回目の調査結果(歯科医師による舌清掃後)

口臭外来の診察

歯科医師によってガーゼと吸引法で舌清掃を行った結果、指導効果のなかった17名の患者さんの内、12名が口臭なしと測定されました。(歯科医師による舌清掃では、70%の効果があったのです。)

それでも、残りの5名の患者さんは、依然として効果がなかったのです。(30%の患者さんには、歯科医師による清掃を受けても効果がないという事実が。

結論

舌がきれいにならないのは何故

口臭外来受診者において、対象者の80%以上が舌清掃を行っていたことから口臭対策としての舌清掃の重要性は広く認識されていたが、患者自身が日常行っている舌清掃では25人中8人しか口臭の改善が認められず、その口臭除去効果は低かった。このため、より効果的な舌清掃方法の普及が必要だと考えられた。

引用:日本口臭学会会誌より抜粋

舌磨きの効果

鶴見大学歯学部の今回の調査結果を知ることで、どのように感じられたでしょう?

舌が白くなるとほとんどの人が舌磨きをしますよね。舌磨きを行ったからといって口臭がなくなるわけではないのですが、「舌磨き以外に舌苔を除去する方法を知らない」ということが一番の問題なのかもしれません。

舌磨きのし過ぎで舌がヒリヒリする

また、舌磨きが習慣になり、舌磨きをしても綺麗にならないのでいつまでもごしごしと舌を磨き、舌苔が悪化するケースも。

⇒⇒ 舌磨きはしないほうがいい、舌苔は磨かなくても除去できる!?

舌磨きだけで舌苔を取るのは、歯科医師でも難しい技術を要します。素人の私達が舌を磨いて良いはずがありません。

だからといって、舌が汚れる度に口臭外来で舌清掃を受けることは困難ですよね。だから、舌苔(ぜったい)は厄介です。

舌苔(ぜったい)が出来る原因

舌が白くなる原因

舌苔(ぜったい)が出来る人と出来ない人には、どんな違いがあると思いますか?

舌苔ができる原因は、、、
1. 唾液の分泌量の減少(加齢、ストレスなど)
2. 薬の副作用(降圧剤、安定剤、睡眠誘導剤など)
3. 胃腸の疾患や不調(便秘、下痢)
4. 喫煙(ヘビースモーカー)、飲酒

引用:舌が白くなる原因が何なのか知っていますか?

この重要なことを知らないで、単純に舌磨きをしても舌苔(ぜったい)は改善しません。舌苔(ぜったい)が出来たといっても人によって原因は様々なのです。

舌苔について詳しくは「舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?」をご参考にしてください。

口呼吸

口呼吸をしないように横向きで寝る

口が乾くと舌粘膜の細菌が増えます。そのため、口呼吸をしている人の場合には、舌が白くなりやすいです。

ところが、普段は鼻呼吸をしていても、睡眠中だけ開口して口呼吸になっている場合には、ご本人が口呼吸を自覚していないこともあります。

「いびきも口呼吸もしていないけれど、朝起きた時に舌が白くなって口臭がする。」ということも。

ですから、舌が白いとか口臭が治らない場合には、一度、口呼吸になっていないか調べることも必要です。

調べる方法としてお勧めなのは、スマホのアプリです。無料で色んなものがあります。いびきの音や寝息の他、熟睡している時間帯なども分かります。「いびき アプリ」で一度お調べください。

唾液分泌量が少ない

ドライマウスの症状

舌苔(ぜったい)は細菌が作ります。そのため、唾液が十分分泌していると細菌が増えることもなく舌もきれいな状態で保たれます。

ところが、唾液量が少ないと細菌が増え舌苔(ぜったい)が出来ます。それだけではありません、唾液に舌苔(ぜったい)で作られる口臭物質が唾液に交じり、唾液自体も臭くなります。

唾液分泌が減少する要因

  • ストレス
  • 加齢などによる唾液腺の衰え
  • 抗うつ剤などお薬の副作用
  • 内科疾患
  • シェーグレン症候群

などがあります。

膿汁(のうじゅう)

膿汁の症状

咽喉には、口や鼻から細菌やウィルスが入ってきます。それらを扁桃(へんとう)というリンパ組織で免疫物質を分泌しやっつけます。

免疫物質は粘ついた液で、細菌と戦った後は強いニオイを発します。この粘液を膿汁(のうじゅう)といいます。

膿汁(のうじゅう)が舌に付着すると、舌苔(ぜったい)が出来やすくなるので、舌苔を予防するためには、膿汁対策が必要です。

舌粘膜の状態

糸状乳頭が長い

舌乳頭が長くなる

舌の表面には、糸状乳頭がびっしりと立っています。この糸状乳頭と乳頭の隙間に食べかすや細菌がくっつき舌苔(ぜったい)ができます。

ですが、人によっては糸状乳頭が長い場合があります。この場合には、余計に汚れや細菌が溜まりやすくなるので舌苔(ぜったい)も出来やすくなります。

溝状舌(こうじょうぜつ)

舌の溝

舌の表面に溝が出来ることがあります。舌が乾燥したときに特に溝ができやすく、普通は体調が良くなれば無くなります。

この溝が出来ている舌のことを溝状舌(こうじょうぜつ)といいます。溝の深さや長さは色々です。

人によっては、ずっと深く長い溝が出来ていることがあります。溝には汚れや細菌が溜まりやすく、そこから舌苔(ぜったい)が大きくなります。

口臭予防法

舌苔(ぜったい)ができると口臭も強くなります。鶴見大学歯学部の報告のように、口臭を予防するには舌をきれいにすることは必須といえます。

しかし、人によって糸状乳頭が長いとか溝があるという場合には、舌磨きを行っても完全に清掃することは出来ず、ついつい過剰に磨いてしまいます。(舌の磨き過ぎによって更に糸状乳頭が長くなることも。)

無意識に過剰な舌磨きを行っているのですが、舌乳頭が傷つき化膿してしまうのです。そして、舌苔(ぜったい)が悪化し口臭も治らないという悪循環に。

舌磨きをやめる

舌磨きは絶対するな

舌磨きを行っていて、舌苔(ぜったい)が取れずに口臭が継続している場合には、先ず舌磨きをやめることです。舌苔を取ることが出来ないので怖いかもしれませんが、舌磨きをやめないことには、悪いスパイラルから抜けることはできません。

口呼吸を鼻呼吸に変える

口呼吸をしている限り、口臭を改善するのは困難です。鼻呼吸に変えると舌だけではなく、口腔環境がよくなるので健康になります。

唾液を出す

口臭を予防するためには、唾液の分泌量を増やすことが最も重要です。

【唾液を出す方法】

  • よく噛み咀嚼回数を増やす
  • よく喋る
  • 舌を動かす、顎を動かす(お口の体操)
  • 唾液腺を刺激(唾液腺マッサージ)

水を飲む

ドライマウスだから水を飲む

口臭を予防するには、口腔を乾燥させないことが大切です。その役目を本来は唾液が補っているのですが、舌が乾燥しやすい場合には、小まめに水を口に含み飲むことが必要です。

口腔ケア

歯磨きで歯周病予防

口臭細菌は、歯や歯周ポケットのほか喉にも存在しています。ですから、丁寧に歯磨きケアを行うことやうがいを行うことが大切です。

しかし、市販の歯磨き粉には合成界面活性剤などの刺激のある成分が含まれています。唾液分泌が多い場合には、たとえそれらの物質が入っていても唾液が洗い流します。

ところが、唾液が少なく舌が乾く人の場合には、添加物がいつまでも舌に沈着し舌乳頭を痛めるため、舌苔(ぜったい)が悪化させることが多いです。

ドライマウスの場合は、無添加の歯磨き粉を使用することをおすすめします。

効果的な舌の清掃方法

口臭を改善するためには舌苔を除去しないといけません。しかし、舌磨きでは舌苔を除去することは困難で、舌磨きで口臭を改善することは望めないでしょう。

そこで、おすすめなのは、口臭予防歯磨き粉「美息美人」のアルカリイオン水を使用する舌清掃です。

口臭をアルカリイオン水で消す

美息美人のアルカリイオン水は、PH11.4の強アルカリのため、殺菌力だけではなく、舌に付着したタンパク質を分解する働きがあります。

このアルカリイオン水を歯磨きとうがいに使うことで、舌苔がふやけるため、歯磨きの後に軽く舌ブラシでふき取ることができます。

舌苔が溶けるイメージ

また、舌苔が厚い場合には、コットンにアルカリイオン水を浸み込ませて舌苔に塗布します。アルカリの殺菌作用により、舌苔の予防になります。

舌苔を除去し、口臭を改善するためには、美息美人のアルカリイオン水がおすすめです。

白い舌苔をうがいで除去

舌が白い!舌苔の原因と取り方

きれいなピンク色の舌の女性

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

舌が白くなると口臭原因になります。そのため、舌を磨いて清掃しているのではないでしょうか?

ところが、舌を磨いても舌苔はとれませんよね。知恵袋でも「舌苔を取りたいけれど取れない!」と困っている質問が多かったです。

なかなか舌苔が取れないのは、、舌苔は、角化した舌乳頭に細菌が付着してできた苔だからです。それだけではありません。唾液の分泌が不足すると、細菌が増殖して舌苔は厚くなります。

舌苔があると口臭や誤嚥性肺炎の原因にもなるので、舌苔の原因を理解して正しく舌苔を取り除くようにしましょう。

舌苔は細菌のかたまり

舌苔は、細菌や食べかす、はがれた粘膜などが舌乳頭に付着してできた白い苔状のかたまりです。嫌気性菌が唾液中のタンパク質を分解して揮発性硫黄化合物が産まれます。これが、口臭(臭いガス)になります。

舌の表面にある「舌乳頭」は伸びたり削られたりして角化をしますが、長くなると、乳頭の間にはがれた粘膜がたまり、舌苔が厚くなります。

舌苔のつき方は人により様々で、舌の一部だけ、舌全体、奥の方だけに付くなど、舌苔の範囲や量には個人差があります。また、体調などによっても、舌苔が多い時とあまりつかない時があります。

舌苔の原因~舌苔はどうしてできるの?

舌が白い 画像

舌苔が付いて取れない時は、次のことが原因になっているかもしれません。もし当てはまることがあれば、その対策をすると舌苔が取れやすくなります。

  1. 口の中の清掃不足
  2. 唾液の分泌量の減少
  3. 口呼吸
  4. 薬の副作用
  5. 胃腸の不調(便秘、下痢、異常発酵、腸炎)

口の中の清掃不足

舌苔は、舌の表面に溜まる汚れなので、口の中がキレイに清掃できていないとカンジダが増えるため、舌苔がつきやすくなります。歯を磨くだけではなく、適度に舌苔を取り除くことも必要ですが、過度に磨き過ぎないようにすることも大切です。

唾液の分泌量の減少

唾液には、食べカスや細菌などを洗い流す作用や殺菌作用、湿潤作用があります。そのため、唾液量が減ると、細菌が増えて舌苔がつきやすくなります。

【唾液量が減少する原因】

  • 舌を動かさない(よく噛まない。会話しない)
  • ストレス(不安・緊張などによる自律神経の乱れ)
  • 糖尿病など生活習慣病
  • 薬の副作用(降圧剤などの薬には、唾液の減るものがある)
  • アレルギー
  • 口呼吸(口腔乾燥)
  • シェーグレン症候群

関連記事>> ドライマウスの症状と原因「駆け込みドクター」で紹介

口呼吸

口呼吸をしていると口内が乾き、舌苔の原因となります。普段、口呼吸をしていない人でも、寝ている時にいびきをかいていたり、口を開けて呼吸をしていると口の中が乾燥して舌苔がつきやすくなります。

この他にも、喫煙習慣があると、舌苔が改善しにくくなります。

薬の副作用

唾液量の減少の原因で意外と多いのが、服薬している薬による副作用です。

抗うつ剤、鎮痛剤、血圧降下剤、抗ヒスタミン剤、抗パーキンソン剤など多くの薬に唾液分泌低下の副作用があると報告されています。

胃腸の不調

胃炎などによって胃腸に障害が起こると、舌乳頭が伸びて汚れがよく溜まるようになります。下痢や便秘が続き胃腸の調子が悪い時に、分厚い舌苔がつくのはそのためです。

胃腸が不調であると、舌ブラシで除去しても直ぐに舌苔は付着してしまいます。

舌苔の取り方

先述しましたが、舌苔は適度に取り除くことが望ましいです。ここでは、舌苔の取り方のポイントと注意点についてご紹介します。

正しい舌磨きの方法

舌磨きの画像

舌粘膜はデリケートなので、舌苔を完全に除去しようと何度も磨いたり、固いブラシでゴシゴシ磨くと舌を傷つけてしまい逆効果(舌苔と口臭の原因)になります。舌磨き専用の舌ブラシを使い、優しく磨くようにしましょう。

うがいにマウスウォッシュやマウスリンスを使う人がいますが、市販の商品にはアルコールが添加されているものが多く、舌を乾燥させる原因になります。マウスウォッシュなどを使用される場合はノンアルコールのものを選ぶようにしましょう。

関連記事
>> 舌磨きはしないほうがいい、舌苔は磨かなくても除去できる!?
>> 舌磨きで傷ついた舌は何日で治る?傷の治し方はコレ!

舌磨きのやり方とポイントは、次の方法を参考にしてください。

1、 鏡を見て、舌の白くなっている部分を確認します。
2、 舌ブラシを水道水で洗う。(1回動かす度に洗う。)
3、 舌ブラシを(舌苔のついている部分を)舌の奥から手前に向けてゆっくりと動かします。この時、往復して磨かないようにしましょう。
4、 舌磨きは、優しくなぜるように磨いてください。強くゴシゴシと磨いてしまうと、舌がひりひりしたり、味蕾を傷つけ味覚障害になるので、磨き過ぎないように気をつけましょう。
※同じ個所を磨くのは3回までにしてください。
5、 舌の奥は、舌苔が付きやすい部分ですが、奥にブラシを入れると嘔吐反射しますので、無理に磨かないようにしましょう。
6、 一日の舌清掃は、朝と就寝前の2回がベストです。

引用:舌が白い!舌苔の取り方知っていますか?

乾燥対策

口腔が乾燥すると舌苔の原因になります。舌を動かす「お口の体操」や、唾液腺マッサージを行い唾液の分泌を促進しましょう。また、乾燥する季節は、室内に保湿器を置いて保湿することも大事です。

口腔乾燥が激しい場合は、市販の舌に「舌用保湿ジェル」を塗るといいでしょう。ガムを噛む、キャンディーを舐めて唾液を出す方法もありますが、砂糖は虫歯になるのでご注意ください。

舌苔対策のまとめ

ピンク色の舌画像

舌苔を取るには、舌苔除去だけではなく免疫を高めるために体質を改善することも必要です。詳しくはこちらの記事をご参考にしてください。

>> 舌をピンクにする!?健康なピンク色にするための方法について

舌磨きの注意点

一般的な舌苔を取り除く方法は「舌磨き」ですが、舌の磨き過ぎに注意しましょう。

舌が白くなり対策しても治らない場合に考えられる原因は、、

①過剰な舌磨きによって舌に傷が付いた。

②舌乳頭が長くなり汚れが溜まりやすくなった。

舌を磨く方法は、専用の舌ブラシを用いて、舌の奥から前方に優しく数回なぜるように磨くのがコツです。

なかなか取れない舌苔の除去法

胃腸の不調などが原因で慢性的に舌苔が付いている場合には、舌磨きだけではなく、舌のケアも行いましょう。

1, 舌磨きのあとに、舌に保湿ジェルを塗り粘膜の乾燥を防ぐ。
2, お口の体操などで舌をよく動かして唾液の分泌を促す。
3, アルカリイオン水や重曹水で「うがい」をして、口内を酸性化させない。
4, 胃腸に不安がある方は、「漢方薬」や「ビオフェルミン」などを服用する。

頑固な舌苔の対策にはアルカリイオン水による舌ケアと「うがい」がおすすめです。
>>口臭ケアブランド『美息美人(びいきびじん)』が舌苔を溶かして取る仕組み

舌苔対策で実績のある方法をご紹介します。

歯磨きと舌清掃を行った後、コットン(綿花)にアルカリイオン水(美息美人)を湿らせてから舌に塗ります。

たったこれだけですが、この方法を毎日続けると、舌苔の減少が実感できると思います。ぜひ一度お試しください。

うがいで舌苔が取れる歯磨き粉

パンをやめると舌苔がなおる!?小麦粉アレルギー(グルテン過敏症)とは

パンをやめると舌苔がなおる

パンを食べるのをやめたら舌苔がなおったと、お客様からご報告をいただきました。パンを食べないようにしただけで舌苔が治ったなんて、始めは信じられませんでしたが、パンの原料である小麦粉について調べれば調べるほど確信に近づいていきました。

実は、このお客様は小麦粉アレルギー(グルテン過敏症)らしいのです。だから、パンなどの小麦粉が舌苔に良くなかったようなのです。

小麦粉アレルギー(グルテン過敏症)は、まだよく分かっていないこともあるようですが、順天堂大学とヤクルトの共同研究では、50人に2人の確率であるそうです。(糖尿病の場合はその7倍)

小麦粉アレルギー(グルテン過敏症)の人がパンを食べると体調を悪くし、様々な病気になり舌苔や口臭もそのうちの一つなのです。

もし、何をしても舌苔が治らない場合には、小麦粉アレルギー(グルテン過敏症)かもしれないので、この記事を読んで確かめられてはいかがでしょう。

今回の記事は、小麦粉アレルギー(グルテン過敏症)と舌苔の関係についてです。舌苔を改善するためのご参考にしてください。

舌苔とは

舌が白くなっている部分を舌苔(ぜったい)といいます。舌苔は、舌乳頭の角化から始まり、舌乳頭の間に細胞のはがれ落ちた死がいや食べかすに細菌が繁殖してできた苔のようなものです。

舌苔には唾液が浸み込むために、口腔乾燥を起こすと唾液の水分が蒸発し口臭が発生します。そのため、舌苔がができると口臭がひどくなるため、舌苔を取りたいという人が多いです。

しかし、舌苔は舌ブラシでこすっても表面が取れるだけで、舌磨きで舌をきれいにすることができないばかりか、舌磨きが舌苔が悪化する原因にもなっています。

舌苔を取り除くことも大事ですが、大切なのは舌苔をできなくすることです。そのためには、先ず、舌苔ができる原因を知ることが重要です。

→ 舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?

舌苔ができる原因

一般的に舌苔ができる原因といえば、「唾液量の減少」です。唾液には殺菌作用や洗浄作用があるため、口腔を清潔に維持する働きがあります。しかし、唾液が減ると口腔内細菌が増えるので、舌苔が出来ることになるのですね。

唾液が減る要因には、加齢、ストレス、薬の副作用、糖尿病などがありますが、これらは直接舌苔ができる原因ではなく唾液が減るから舌苔ができるのです。

唾液量の減少の他にも、免疫力の低下や抗生剤の使用で舌苔ができることがあります。

この記事を読まれている人であれば、これらが舌苔ができる原因(要因)だということはご存知だと思います。しかし、それとは全く違う「パン」に舌苔ができる原因があると知ったら驚きでしょう。

パンを食べると舌苔ができる

舌苔ができるのは舌に汚れがたまるからです。ですから、ごはんやパンなどの炭水化物は舌に食べかすが溜まりやすいので良くない。舌苔を予防するためには、繊維質の多い野菜をよく食べる必要があると思っていました。

しかし、パンが舌苔に良くないのは、それだけではなかったのです。

パンを止めたら舌苔がなくなった

実は、口臭予防歯磨き粉「美息美人」のお客様で、美息美人を使いながらも舌苔が中々改善しない方がいました。その方が、小麦粉が体に合わない体質(グルテン)の人があるのを知って、もしかしたら自分もと思い、パンを食べるのを止めたそうです。

すると、それまで治らなかった舌苔が一辺に取れてしまったそうなのです。お客様からいただいたメールをご紹介します。

上林さんこんにちは。
いつも美息美人を使用しています、使用して2年以上になりますが改善はしても、なかなか完全には良くならない状態が続いていましたが最近急激に舌の状態が良くなってきたので他の人の参考になればと思いメールしました。

自分が実践した方法は、精製した小麦粉を出来るだけ摂らないということです。
小麦はアレルギーの原因物質としても知られていますが、小腸の粘膜にも悪影響をあたえるらしいです。
そこから、胃腸の状態が悪化して口臭につながったり、また小麦粉を使用した油で揚げた菓子は油の摂り過ぎでアレルギーの原因になったりしているそうです。

それと、小麦粉から作られる菓子やパン類は粒子が細かく、舌の表面に残りやすく、歯と歯茎の間に残って口臭の原因にもなります。
また硬いフランスパンやクッキーなどのお菓子は、飲み込む時に舌の奥の方にキズを作ってしまい、舌磨きと同じような効果で舌の粘膜が荒れ、はがれやすくなり結果、口臭が悪化してしまいます。

最近、これに気づいて美息美人の使用も継続した結果、一気に舌の状態が改善しました。
今では寝起きでも舌が白いことは全くないです。
是非、舌が白くて困っている人に上林さんから教えてあげてほしいです。

個人差があるので、誰にでも当てはまるものではないと思いますが、、、

パンを食べるのを止めただけで舌苔が治るなんて、当初私も信じられませんでしでした。それで、色々調べたことをお伝えしますので、ご参考にしてくだされば幸いです。

小麦粉が体に合わない体質

精製した小麦粉が体に合わないアレルギー体質を「グルテン過敏症(不耐症)」といいます。グルテンという言葉は、テニスのジョコビッチによって有名になったみたいですね。

セルビア出身の男子テニスプレーヤー、ノバク・ジョコビッチ選手。彼は世界ランク3位で伸び悩んでいたとき、ある簡単な検査でグルテンに過敏な体質を持っていることを知った。

そこで彼は14日間、グルテンを含む小麦食品を一切断った。すると体調がよくなり、パフォーマンスもアップした。2週間後、再びグルテンを含むベーグルを1個食べてみたところ、その翌朝は体のキレが悪く体力が続かなかったという。
「腸管に炎症が起きていたんですね。『リーキーガット』になっていたんです」

普通、小腸の粘膜を覆っている細胞は、1つ1つが規則正しく結びついて並んでいるのだが、グルテンアレルギーがあると、この細胞の結びつきが崩れて緩み、腸管に穴が開く。すると中から毒素が漏れ出し、それが脳へと到達して「キヌレニン」という神経毒性物質を生み出すという。これが『リーキーガット』。

「『キヌレニン』が脳のニューロン(神経細胞)に作用すると、神経伝達物質が出にくくなります。つまり、『キヌレニンがジョコビッチ選手の脳を犯していた』ということです」

ジョコビッチ選手は本格的に小麦食品を除去し、良質なタンパク質や脂質を十分に摂る食生活に変えた。そして世界ランキング3位から1位へと上り詰め、快進撃が続いている。

引用:「いつものパンがあなたを殺す」の翻訳をされている順天堂大学大学院教授・白澤卓二先生の記事より抜粋

パンを食べると舌苔ができるのは

グルテン過敏症(小麦粉アレルギー)の人がパンを食べると、舌苔ができるようです。このことについて、当サイトの監修医であるファストロ滋子医師(腸カビの専門医師)が次のように説明しています。

カビが二形性菌であることと関係しています。条件次第で酵母にも菌糸にも変身するのです。酵母はビール酵母やパン酵母のように、糖などをアルコールと炭酸ガスに分解しながら成長する菌。一方、細長い糸状の菌糸は腸管壁を突き抜け、穴を開けてしまいます。ちなみに菌糸は口腔内でも、口腔粘膜に穴を開けます。

引用:デイリー新潮

カビの菌糸は口腔内に穴を開けるので、舌粘膜を傷付け舌苔の原因になるのですね。

カンジダが舌苔を作る

口腔には、未同定の細菌を含め約700種、腸内フローラに匹敵するほど多種類の常在細菌が生息している。…その細菌密度は糞便のそれよりはるかに高い。

引用:日本大学歯学部 細菌学教室

常在菌の中には、嫌気性細菌やカンジダ(カビ)もあり、共存共栄して調和していて口内フローラとも言われています。カンジダ(カビ)が常在菌だと聞くと驚くかもしれませんが、カンジダは普段はおとなしく悪さをしないカビの一種です。

しかし、何かの理由からカンジダ(カビ)が異常繁殖すると、舌や粘膜に白苔を作ります。舌苔は、カンジダの他にも多くの種類の細菌が集まり構成されているプラークです。だから、厄介です。

カンジダ症

口の常在菌の一つにカンジダ菌という真菌(カビ)があり、この菌は口の中で異常に増えることがあり、口腔カンジダ症を発症することがあります。症状としては口の中にぬぐい取れる白斑を認め、軽度の場合は無症状で経過します。悪化すると、潰瘍や赤みがでてきて粘膜や舌の痛み、味覚異常、口角炎などを引き起こします。

引用:国立病院機構 熊本医療センター

カンジダ症の原因としては、

  1. 体の抵抗力が落ちたとき
  2. 抗菌薬、ステロイド薬などの長期投与で口内フローラのバランスが崩れたとき
  3. 義歯の汚れ

このような時に、カンジダ(カビ)が異常に増殖して起きます。

小麦粉アレルギー(グルテン過敏症)

小麦粉アレルギーの人がパンばかり食べると、腸壁に穴が開くそうです。

小麦の主成分はブドウ糖ですが、グリアジンとグルテニンという2つのたんぱく質も含みます。グリアジンとグルテニンは水を含むと、ネバネバとしたグルテンとなります。この「グルテン」が、腸の粘膜を傷つけ、リーキーガット症候群と呼ばれる症状を生みだすといわれています。
リーキーガット症候群とは、腸管壁における過度の浸透状態のことをいいます。腸壁の粘膜に細かな損傷があるため、腸内にあるべき物質が分子レベルで漏れだしてしまう状態のことです。
こうなると、腸は十分に働けず、消化と吸収の作業が妨げられてしまいます。

引用:東洋経済 一般社団法人グルテンフリーライフ協会 代表理事

グルテン過敏症が引き起こす病気

おなかのカンジダ(カビ)が増えると、体調不良を起こします。体調不良は免疫低下を起こし、舌苔の原因になるのですね。

疲れやすい体質や、嘔吐、下痢や便秘を引き起こすような有害物質が体の中で作りだされます。すると、免疫力も低下し、感染症を起こしやすい体質に。さらに、低血糖も引き起こすので、カビの原因である甘いものをよけいに求めるようになるんです

引用:女性自身 「葉子クリニック」院長の内山葉子先生

カンジダ(カビ)の増殖は、不眠や自立神経の乱れも起こすため、舌苔の原因になるのですね。

1. 腸の炎症を引き起こす
2. さまざまな有害物質を発生させる
3. 低血糖を引き起こす
4. 免疫トラブルを起こす
5. 不眠や自律神経の乱れなど、体の悪循環を引き起こす

引用:『おなかのカビが病気の原因だった』(内山葉子/マキノ出版)

腸内フローラのバランスが崩れると多くの病気を引き起こします。

リーキーガットの陰には、ディスバイオーシス(腸内毒素症)が存在します。腸内環境が悪化し、腸内フローラのバランスが崩れた状態のことです。

腹部膨満感、げっぷ/ドライアイ/身体のほてり、傷口が治らない/ぜんそく、アトピー、花粉症/口臭、虫歯、歯周病、舌苔/頭痛、脳のくもり、倦怠感/肛門や膣の刺激、発赤/短期記憶喪失、集中困難/リウマチ、関節痛、筋肉の痛み、しびれ/耳鳴り、めまい/キレやすい/不安感……。

引用:デイリー新潮 オーラル ウェルネス クリニック ファストロ滋子医師

大腸内にカンジダ(カビ)がある人の割合

大腸内にカンジダ(カビ)があるのは、健康な人で50人に2人、糖尿病患者では50人に14人。この数字は多いのか少ないと思うかはあなたの感覚次第ですね。

臨床現場では、大腸内にカンジダが存在する場合があることはわかってきましたが、ほとんど議論されていません。しかし、順天堂大学とヤクルトの共同研究で、健康な人で50人に2人、糖尿病患者は50人に14人、血液中に腸内細菌が見つかりました。原因は私が“腸もれ”と呼ぶリーキーガット症候群です。

引用:デイリー新潮 東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎氏

腸カビは、メタボリックの人に多いそうですので、太り気味の方はご注意ください。

腸カビ診断

「自分の腸内にはカンジダ(カビ)がないだろうか?」と不安ではないですか。

その場合、こちらで腸内にカンジダ(カビ)があるかどうか診断できます。クリックすると診断とタイプ別対処法も分かります。

→ 腸カビ診断

これは、あくまでも目安です。正確な診断は有料になります。お問い合わせの際は、「上林(うえばやし)の紹介」とお伝えください。

小麦粉アレルギー(グルテン過敏症)の対策

腸内のカンジダ(カビ)を減らす食事

「カビを増やさない・減らす食事6ポイント」だ。

【1】甘いものを控える!
【2】炭水化物を減らす! 特に小麦製品(雑穀、いも、そばは比較的安心)
【3】GMO(遺伝子組み換え)食品や添加物を避ける
【4】質のよいタンパク質や、新鮮な無農薬の野菜をとる
【5】毎日同じものは食べないようにする
【6】カビが発生しやすい食品を避ける

カビが発生しやすい食品は、「バナナやパイナップルなどの輸入物の果物や、甘味の強い果物」「とうもろこし」「小麦・大麦」「乳製品」「砂糖」「ナッツ類」「コーヒー」「ビール・日本酒・ワインなどアルコールや甘酒・麹類」だ。

引用:女性自身 「葉子クリニック」院長の内山葉子先生

これは、大腸にカンジダ(カビ)を増やさないための食事ですので、そのまま口腔カンジダに当てはまらないですが、私の経験上では、パン、ビール、日本酒は舌苔がよくできます。

アルコールは、種類よりも飲みすぎが一番悪いのですが。他にも、甘いケーキやアイスクリームも舌苔がよくできますね。(個人差があります。)

内山先生は他にもさまざまな原因を挙げている。まず、甘いものや炭水化物の多量摂取だ。これらはカビのエサになってしまうので、増殖の一因となる。また、パンやチーズ、麹漬けの食品、一部のアルコール類も取りすぎはNG。これらに共通しているのは「発酵食品」ということ。

本来は体に良いものだが、多量摂取は腸内のカビに悪影響を与えてしまうことがある。同様にキノコ類も取りすぎは控えよう。また、サプリメントの過剰摂取もNG。吸収しきれなかった成分がカビのエサになりかねないのだそうだ。

引用:ダ・ヴィンチニュース

腸と舌は似ているので、舌苔ができる食事と酷似しています。だからといって、口腔フローラは人によって違うため、そのまま当てはまらないと思ったほうがいいです。

それよりも、色々試して自分が食べると舌苔ができるモノを知っておくことが大事です。

舌苔を改善する方法

今回の記事は、舌苔の原因の一つとして小麦粉アレルギー(グルテン過敏症)があると言いました。小麦粉アレルギー(グルテン過敏症)の場合には、グルテンフリーの食事療法などが必要になります。

しかし、舌苔は厄介です。それだけで治ることはないでしょう。その理由は、舌苔には唾液量の減少が大きく影響するからです。舌苔を改善するためには、唾液量を増やす対策も必要です。

→ 歯磨きしても口がネバネバする原因10!唾液の粘つき対策はこうする!

そして、もう一つ大切なことがあります。それは、舌苔ができるのは口内環境が悪いからです。口内に汚れがたまり口内細菌が増えることから舌苔ができます。

だから、舌苔ケアが大事です。舌苔のケア方法は次のようにしないといけません。

1、 健康な舌の色で舌苔が薄い場合には、舌磨きはしない方がいいです。
2、 厚い舌苔が付いている場合には、軽く舌を磨くと口臭予防になります。ただし、強く磨きすぎると舌粘膜を傷つけてしまい、口腔乾燥や口臭の原因になるのでご注意ください。
3、 舌の磨き方は、舌ブラシを使って舌の奥から優しく2回程度なぜるように磨く。(歯ブラシは毛先が硬いのでよくない)
4、 舌磨きの頻度は、舌苔が付いている時だけにする。一日、朝と夜の歯磨きの時だけで十分です。
引用:舌苔のケア方法。完全に除去する必要はないってホント!? 

舌苔をできないようにするには、口内をきれいにしないといけません。その方法がこれです。

→ 口臭が治らない本当の理由!歯磨きしても、うがいをしても…


著者:上林ミヤコ(歯科衛生士)
日本歯科学院専門学校 歯科衛生士学科卒業。一般歯科医院に勤務後、株式会社アイオーン上林歯研究所で主に口臭相談業務を担当。
→ 執筆者プロフィール

サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

舌苔の状態をチェック!あなたの舌苔は正常?口臭は大丈夫?

舌苔画像と比べて状態をチェックしましょう

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

舌苔ができても他人と比較することができないため、「口臭がしていないだろうか?」とか、「病気じゃあないだろうか?」と不安になっていませんか?

そのようなあなたのために、舌苔レベルを5段階に分けて画像(写真)に作成しました。画像(写真)をご自分の舌と比較して最も近いレベルの説明をお読みになってください。あなたの舌苔の原因と口臭レベルがどれだけか分かります。

舌苔レベル1

舌苔は正常レベルです。

舌苔が出来ているというよりも、舌乳頭の角化によって舌表面がうっすら白くなっている状態です。角化は誰にでも起きる正常な症状ですので、ご心配する必要はありません。これからも、この正常レベルを維持するようにキレイな口腔環境を保ちましょう。

口臭レベル1

通常の会話やキスでは、ほとんど口臭の心配はありません。

でも、起床時や空腹時には口臭が発生しやすいので、口臭レベル1だからといって安心すると、大変なことになることも。

舌苔レベル2

舌の奥の方にだけ舌苔が出来ている「舌苔レベル2」

このレベルの人は、舌苔が出来たりなくなったりと日によって変化があります。

舌苔は、仕事などで疲労やストレスがたまり免疫が下がった時に良くできます。ですので、舌苔が出来た時は、健康状態が悪くなったというサインととらえると良いかもしれませんね。

健康がもどれば、舌もキレイになるのでご安心ください。

口臭レベル2

顔を近づけて臭いを嗅ぐと分かるレベルの口臭です。

2~3メートル離れていれば分からない口臭ですので、それほど心配はありませんが、狭い室内や車内は要注意です。

臭いが気になる場合は、小まめに水を飲むと良いでしょう。

舌苔レベル3

舌の奥の方に出来た舌苔が、治らずに慢性化している状態。

舌苔がこの状態の人の場合は、健康状態が優れないとか自律神経が乱れているなどが原因になっていることが多いです。対策とすれば、十分な睡眠や運動や趣味を積極的にして心身ともに元気になることが効果的です。

他にも慢性舌苔の場合には、暴飲暴食や偏食などの食生活が影響していることもあるので、当てはまる場合には、食生活を見直し改善することが望ましいでしょう。

口臭レベル3

2メートルほど離れていても、「ぷん」と口臭がするのを感じるレベルです。

口臭対策には、水を飲むことことや、「舌の運動」がおすすめです。出来るだけお口を乾かさないようにすることがコツです。

舌苔レベル4

舌の奥から手前にかけて半分ほど舌苔ができている状態。

このレベルになると、舌苔が黄色や茶色ぽく見えることもあります。

舌苔レベル4は、お口の中にばい菌が増え口腔環境が悪化している状態ですので注意が必要です。

このレベルが慢性化している人の場合には、虫歯や歯周病にもなりやすいという特徴があります。また、喉に臭い痰(膿汁)や膿栓もできやすく、喉がイガイガするなどの違和感もあるかもしれません。

喉に違和感がある場合は、耳鼻科疾患の疑いもあるので、早目に受診されることをおすすめします。

舌苔が出来る原因は人によって違います。
舌苔については⇒⇒『舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?

[PR]舌が白い場合はアルカリイオン水で取るのがオススメ!

口臭レベル4

口臭レベル4は、相手が少し近づくだけで口臭を感じるレベルです。

このレベルになると周囲に迷惑をかけるかもしれないので、積極的に対策をとらないと日常生活に支障が起きてきます。

対策とすれば、食生活、喫煙習慣、生活習慣の見直しだけではなく、耳鼻科の治療や口呼吸(いびき、開口)の改善などが必要になることもあります。

また、睡眠前の口腔ケアを今まで以上に丁寧に行うことや、日中も小まめに水を取ることをおすすめします。

舌苔レベル5

舌苔レベル5は、かなり危険なレベルです。

舌全体が厚く真っ白な舌苔で覆われています。舌磨きを行うことで、舌苔がはがれ地図状になることも。過剰な舌磨きをしている人に多いのですが、舌がヒリヒリと痛むとか異常に口が乾くというような不快感を生じることもあります。

舌苔レベル4の原因は様々ですが、多いのは次のようなものです。

  1. 過剰な舌磨き
  2. 薬の副作用(降圧剤、睡眠誘導剤、安定剤など)
  3. 鼻や喉の疾患
  4. 逆流性食道炎
  5. 自立神経失調症(ストレスなどによる)

このような舌苔が出来ている場合は、他に悪影響が出るかもしれないので、早目にお医者さんにご相談されることが大切です。

口臭レベル5

口臭は、最も臭いレベル5です。
「ドブ臭い」とか「下水の臭い」、「便の臭い」がするといわれる口臭がします。

このレベルになると、周囲の人が口臭を感じます。相手だけではなくご自身もストレスになりますので、放置しないで直ぐに口臭外来や耳鼻科に行かれることをおすすめします。

口臭対策としては、先ずお医者さんで診断・治療を受けることが重要です。そして、積極的な口腔ケアを行うことも大切です。「治らない」とあきらめないで前向きに努力されることが一番大事なことです。

今すぐ過剰な舌磨きをやめて、アルカリイオン水のうがいに変えられてはいかがでしょう。

白い舌苔をうがいで除去


サイト運営責任者:上林登
株式会社アイオーン代表取締役、上林歯研究所所長、口臭予防歯磨き粉 美息美人の開発・製造販売
日本口臭学会会員、日本歯周病学会会員、日本口腔ケア学会会員
→ サイト運営情報

漢方では「舌が白い」は胃腸が原因

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

漢方医学の基本概念では、心身の陰と陽のバランスが保たれている時は健康状態が良いと考えます。その反対に、心身のバランスが崩れると病気になると考えます。

からだの中でも特に、胃腸は精神的ストレスや過労によって不調を起こす部位です。胃腸の調子が悪くなると、消化器官(胃腸)の延長線上にある舌の粘膜にも影響を及ぼし、舌苔(ぜったい)ができます。

舌(舌苔)の色は、五臓(肝・心・脾・肺・腎)、気・血・水が影響して変化するため、舌の状態を観察することで血液の状態、水分代謝の状態、健康状態を知ることができます。

また、漢方の治療では、陰陽のバランスを取り戻すことを重視しているので、食事や運動のほか睡眠など生活習慣の改善することで胃腸を健康にしていきます。胃腸が健康になると、舌苔が減りピンク色に近い健康的な舌になることで確認できます。

健康状態に不安がある場合は、今回の記事をご参考に舌を観察してみてはいかがでしょう。

舌診(ぜつしん)

漢方では、舌を観察して健康状態を診断する方法を用います。舌を診ると、患者の血液の状態や水分代謝の状態などから様々な情報が得られ、健康状態を診断することができます。

舌を観察するときは、形、色、大きさ、舌苔、舌裏の静脈などを観察して異常がないか調べます。

舌は鏡で簡単に見ることができるので、普段の健康状態を診断するためにお勧めします。

舌の状態

舌の色は、白から赤、紫、黒ぽくなるほど、冷え性から熱になります。

舌の色で健康をチェックする

舌の見方は…たとえば、舌が白くぼってりと厚い場合には、疲労や食生活の乱れ、睡眠不足などで全身が弱っている状態です。そのため、風邪をひきやすいので、舌が白い時には注意が必要です。また、風邪をひくと熱が体の中にこもるため、白い苔が黄色く熱の色になります。

健康な舌は、粘膜がピンク色で舌の上にうっすらと白い膜が張っています。

陽虚:舌が湿って苔が生えているように見える場合は、基礎体力に乏しい。

陰虚:舌がカラカラに乾いて溝が出来ている場合は、高血圧や糖尿病の人に多い。

血(おけつ):血の流れが悪い場合には、白色や紫色の舌です。

痰湿:白い舌苔がベッタリとくっついている場合は、身体の水分が溜まった状態。水分・脂肪の代謝が悪い時に現れる。

舌にギザギザの歯型がついている:この場合は、舌が厚いとか歯並びが原因ですが、舌筋が衰える「低位舌」が原因かもしれません、

舌が白い(症状)

舌苔が厚くなっている時は要注意です。疲労やストレスがたまると、体が免疫低下になり舌苔ができます。先ず舌が白いかどうかを見るようにしましょう。

舌が白いと困っている人が多いです。舌が白くなっている部分を舌苔(ぜったい)といいます。舌苔は、舌の中央部に一番多くあり、舌の奥にかけて白くなります。人によっては黄色くなります。

舌苔ができている人に多い症状は、舌が乾燥してパサパサになる、舌が痛い、苦い、変な味がして食べ物の味が分からない、口臭がする、、、などです。舌苔の原因について詳しくは『舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?』をご参考にしてください。

>>舌磨きはコットンが効果的!?

舌が白くなる原因

舌が白くなる原因は2つあります。一つは、唾液が少ないか口呼吸が原因です。もう一つは、免疫力の低下が原因です。

東洋医学の舌診では、舌が白くなっていると「免疫力の低下」が原因だとします。これは、西洋医学でも言っていることです。ですから、日本口臭学会や歯科大学でも教えられます。

東洋医学では、舌苔ができるときには胃腸が弱り消化不良を起こしているといわれています。消化不良を起こせば免疫も下がります。

>> 舌が白いのは胃腸が原因 ❘ 対策はストレス発散と食習慣

舌に分厚い苔が載っているとします。これは、消化が追いつかず、食べ物がたくさんお腹に残っていると判断します。東洋医学では「食積」という消化不良の状態です。ですから、東洋医学からすると、舌苔の厚い人は口臭がして当然なのです。
出典:甲子園鍼灸治療センター 舌診 舌を見て分かること

舌苔対策

ですから、舌苔を取るというか治すためには、対処療法ではなく、消化不良の原因を取り除かないといけないというわけです。

さらに東洋医学では、消化不良を起こしているのは、「自律神経の乱れ」。いわゆるストレスによるものだと。詳しくはこちら『ストレスが舌苔の原因になる!?』もご参考にしてください。
自律神経が乱れると、次のような症状がおきます。当てはまるものはありませんか?

【自律神経が乱れから起きる症状】

  • 頭痛
  • めまい
  • 疲れがとれない
  • 食欲不振
  • よく眠れない
  • 手足がむくむ
  • 冷え性
  • 肌が荒れる
  • 慢性の肩こり、腰痛
  • 月経不順、月経痛
  • イライラする
  • のぼせる

ですから、舌苔(ぜったい)ができる根本的な原因である自律神経を整える必要があるのです。

自律神経を整えるために、東洋医学では鍼灸や整体によって治療しています。もし、西洋医学だけで舌苔が取れない場合は、鍼灸や整体が有効かもしれません。

暴飲暴食で舌が白くなった体験談

私の舌苔(ぜったい)ができた体験をご紹介します。これを読むと漢方でいわれるように「免疫低下が舌苔に影響する」という説明がよくわかると思います。お恥ずかしいですが、勇気をだしてお話します。

なんてことだ!
ずっと舌が白いことなんてなくて、喜んでいたのに…

正月早々に舌が白くなった理由は、帰省して実家の兄と飲んだからです。田舎の空気と水がおいしい!うれしくて、田舎の料理がおいしく酒の量が増えたのです。

しまった!

飲み過ぎてから翌日に反省しても後の祭りです。

いつもは、必ず寝る前には、歯磨きと舌磨きをしますが、その日は酔っぱらってしまい、睡魔に負けたのです。
そんな調子ですから、歯磨きをすることもできずに、寝てしまったのです。

そして、

翌朝、目を覚ますと喉がからから。前日にお酒を飲み過ぎたからです。妻が言うには、いびきもすごかったようです。

いつものことなのですが、飲み過ぎたときには、いびきをかくようです。(本人は知らないので、…ようですと表現しました。)

当然、口呼吸!になり、口もカラカラ。。。

眠い目をこすりながら、洗面台に歯磨きに行き鏡を覗くと、、、、

舌が白い!!

何てことだ!

思わず、ゴシゴシと舌を磨きそうになりました。(皆さまが、舌を強く磨いてしまっていることが良く分かりました。)
舌をゴシゴシと磨きたいのをグッと我慢して、平静を保ち、口臭予防歯磨き粉「美息美人」のビンから一振り、
でも、もう一振り!!!そして、歯磨きをいつもどおりに。

それでも、白くなった舌はきれいになりませんでした。その日の午前中は、お腹の調子も悪く、トイレにも何度か行くことに。

そのためもあり、朝食を抜きお腹を休めていると、お昼には元気が戻ってきました。二日酔いもなく快調に。

午後になっても心配で何度か鏡を見ると、あれ?白くなっていた舌がきれいになっている。漢方でいうところの「陰陽のバランス」が整ったからですね。

いつもの舌に戻っていたのでほっとし、胸を撫ぜおろしました。

皆さまは、乱れた生活をして私のように舌が白くなったことはありませんか?
私の場合は、お正月早々舌が白くなるという経験をしましたが、舌が白くなる原因と治し方も分かりました。

私の舌が白くなった理由

①暴飲暴食

②酒(アルコール)の飲み過ぎ

③口呼吸

④睡眠不足

⑤就寝前に歯磨き・舌磨きをしない

以上のことがいくつか重なると、誰でも舌が白くなるということを身をもって教えられました。
舌が白くなっているときには口臭もひどくなるので、口臭が気になる時は漢方で教えるように生活習慣を改善して心身のバランスを調えることが大切です。

まとめ

舌苔(ぜったい)ができる原因は、いろいろありますが、その中でも免疫力の低下によって舌苔ができることは多いです。

そして、舌苔がよく出来る人の特徴の一つに、胃腸が弱く消化不良を起こしていることがあります。胃腸の不調はストレスが影響していることが多く、自律神経を乱す原因にもなります。

その場合の対策として、鍼灸や整体が有効なことがあるかもしれません。また、歯型の原因として「冷え」が関係している場合には、漢方薬が有効かもしれません。

でも、自律神経の乱れや冷えについて気になる場合には、自己判断しないで専門のお医者さんに診てもらうことが大事です。

参考文献:

舌診臨床診断記載、平成24年度厚生労働省科学研究 舌診研究班

埼玉医科大学公衆衛生学教室 舌診の研究

クラシエ薬品

舌苔を予防する12の方法

舌苔の予防方法について

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

口臭原因の6割が舌苔(ぜったい)によるものだと言われています。つまり、口臭をなくすためには、舌苔(ぜったい)を取り除くことが重要です。

ところが、単純に舌磨きを行った程度で舌苔を取ることは出来ません。たとえ専用の舌ブラシを使用したとしても、完全に舌苔を除去することは不可能です。

その理由は、菌からできている舌苔は、舌の角質に根を張っているからです。だから、舌磨きで舌苔を取ろうとすると、舌乳頭まで削り取ることになってしまうのです。このことが、過剰な舌磨きによって舌苔を悪化させている原因です。

また、舌苔が出来るのは、胃腸の不調、ストレス、口腔乾燥など、体質的なことが影響しています。そのため、どれだけ努力しても一晩で舌が綺麗になることはありません。ですから、舌苔を取るために大切なことは、生活習慣の改善です。

今回の記事は、舌苔を予防するための方法をご紹介します。舌苔がとれないとお困りでしたらぜひご参考にしてください。

舌苔を予防するために理解すること

舌苔とは、舌の表面に付いた苔のことをいいます。舌苔が厚くなると口臭も強くなる傾向にあります。

舌苔(ぜったい)は、食べかすやはがれ落ちた細胞に細菌が集まってできた固まり「プラーク」です。そのため、口臭原因になります。

舌苔が厚くなる原因

ドライマウスで口の中を見せられない

舌苔がよくできる人がいます。反対にいつもピンクで綺麗な舌の人もいます。この違いは何だと思いますか?

舌苔がよくできる原因がわかれば、舌苔ができないようにできます。舌苔がよくできる原因は色々ありますが、特に多いのは次の2つです。

  1. ドライマウス(唾液分泌が悪い)
  2. 免疫低下(胃腸が弱い、ストレス、睡眠不足、偏った食事、体調不良など)

【舌苔が着く原因】

  • ドライマウス(口呼吸。唾液の分泌が少ない。)
  • 水分摂取が少ない。
  • 柔らかい食べ物を良く食べる。(菓子やハンバーグなど)
  • 歯磨きをていねいにしない。(就寝前に歯磨きをしないなど)
  • 会話しない。運動しない。
  • 舌の上に溝ができている。舌乳頭が異常に長い。
  • 食べ過ぎ、飲み過ぎが多い。(喫煙や飲酒も含む)
  • 不安やイライラなどストレスが多い。
  • 夜寝られない。
  • 加齢で内臓が弱ってきている。
  • 降圧剤、睡眠誘導剤などの薬の副作用。
  • 内科疾患。

引用:舌が白いと口臭になる!舌磨きのポイントは粘膜を傷つけないこと

舌苔が取れないのは?

ふつうは舌が白くなっていても、体調が良くなれば舌は綺麗になるものです。そして、先ほどの舌苔ができる原因の対策をおこなえば改善していくもの。

ところが、慢性的に舌が白くなり、どんな努力をしても舌苔が治らないケースがあります。

私の舌は治らない

慢性的に舌苔が治らない原因の多くは、この4つだけなのです。

【舌苔が治らない原因】

  1. 過剰な舌磨き
  2. 歯磨き剤の添加物(合成界面活性剤、発泡剤、香料など)
  3. マウスウォッシュ(アルコール含有)
  4. ストレス(舌苔がなおらないことへの不安・恐怖)

舌苔の予防方法

これまで、舌苔ができて舌が白くなる原因と、どれだけ努力しても舌苔がなおらない原因についてお伝えしました。

じゃあ、どうすれば舌苔(ぜったい)ができなくなるでしょう?次の12の項目を取り入れることで舌苔をできなくすることが可能になります。

【舌苔をできなくする方法】

  1. よく噛んで食べる
  2. よく喋る
  3. ていねいに歯磨きする
  4. 暴飲、暴食、喫煙をしない
  5. 小まめに水を飲む
  6. 乳酸菌を摂取する
  7. リラックスを心掛ける
  8. 軽い運動をする
  9. 鼻呼吸をする
  10. 舌に保湿ジェルを塗布する
  11. 良く寝る
  12. 健康的な食生活にする

舌磨きをやめる

舌磨きのし過ぎで舌がヒリヒリする

間違っても舌磨きを行ってはいけません!

舌磨きをすると、乳頭は簡単に削れてしまい、傷つきます。すると、傷の部分に細菌が繁殖し、もっと舌苔(ぜったい)がができてしまいます。

もし、舌磨きをしていたら、今すぐ止めた方が良いです。じゃあ、どうすれば?

舌磨きが良くない理由は、『舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・』をご参考にしてください。

唾液を出す

唾液が舌を洗浄

唾液には抗菌力が備わっているので、唾液が充分に出ていれば、舌苔(ぜったい)が出来ることはありません。
たとえ、少し舌が白くなったとしても、唾液には、直ぐに白くなった舌を元に戻す力があります。

ところが、、、唾液は、加齢や精神的ストレスから減少しますので、唾液の分泌を増やすことは容易ではありません。
じゃあ、どうすれば?詳しくは『歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!』をご参考にしてください。

舌を上顎にこすりつける

舌を上あごにつける

上あごの粘膜は舌よりも硬く、ごつごつとしています。舌を上あごにこすりつけることによって、舌の表面についている舌苔が取れます。舌苔がすべて取れるのではなく、取れるのは舌の表面にある舌苔だけです。

これを繰り返すことで舌苔の減少が期待できるし、舌を動かすことで唾液の分泌を促す効果も見込めます。しかし、舌を上あごにこすり付けてみると分かりますが、思うように舌苔が取れないことにガッカリするかもしれません。

だからといって、舌を上あごにこすりつける方法を否定するわけでもありません。毎日、舌を上あごにこすりつけることで、舌の筋肉が鍛えられ、唾液腺の刺激になるため、唾液の分泌が活発になります。

唾液がよく出ると舌苔の予防になり、最終的には口臭予防になるのでおすすめします。

ガムを舌でころがす

デート前の口臭ケアでガムを噛む女性

舌を上あごにこすりつけるのが難しい人の場合は、ガムや小さく切った昆布を口にいれ、舌で転がすようにするといいです。

先ほどの舌を上あごにこすりつける方法と同様に、ガムや昆布を舌の上で転がす方法には、舌苔を取る効果もありますが、唾液も促進できるのでおすすめします。

勘違いしないでほしいのですが、ガムで舌苔をくっつけて絡めとることはできません。ガムを噛むのは唾液を出すためです。ですから、ガムの味がしなくなってからも噛むようにしてくださいね。

免疫力を高める

ストレスと体調不良が舌苔の原因なのね

舌苔(ぜったい)を作っているのは細菌です。そして、その細菌たちをコントロールしているのは、口内からの唾液と分泌物。

これらには、免疫力があり口内が不衛生にならないように守る力があります。ところが、仕事や生活で疲れがたまるとか、不安によるストレスがかかると、免疫力が低下します。

免疫力が低下すると、風邪などにも感染しやすくなりますが、それだけではありません。舌の上の細菌も増えることに。これが、舌苔(ぜったい)が治らない理由です。

ですから、舌が白くならないようにするには、心身を健康にし免疫力を高めることが大切です。

口呼吸を鼻呼吸にする

鼻呼吸を意識する

口呼吸で多いのは、喫煙と睡眠時の開口です。

口呼吸をしていると舌が乾燥し舌苔ができるだけでなく、いつまでたっても舌苔がなおらないかもしれません。

睡眠時に開口やいびきをしている場合には、歯科や呼吸科でご相談されてはいかがでしょう。

水を飲む

小まめに水分をとる女性

水または白湯を飲むことで舌苔を予防できます。

舌苔は、舌の上に細菌や汚れがたまることでできます。それでも、舌苔ができない人がいます。その理由は、唾液がよく出ているからです。唾液によって舌が綺麗に洗浄されているのです。

ところが、ドライマウスで唾液が少ないと細菌や汚れがたまり舌苔ができることに。

ですから、舌苔がよくできる、舌苔がとれない人の場合には、水や白湯を小まめに飲まれることをおすすめします。

胃腸が弱い場合には、白湯を飲むことで胃腸が元気になりますよ。

歯磨きとうがい

歯科衛生士のブラッシング指導

舌苔(ぜったい)ができないようにするには、口腔内を常に清潔にしておくことが重要です。歯磨きケアが不十分で口腔内が不衛生になっていれば、舌が白くなります。

口腔を清潔にする実証済みの良い方法があります。

それは、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水で歯磨きとうがい。

舌苔うがいで舌を綺麗にする

舌苔(ぜったい)をを作る細菌は酸性環境が好きですが、アルカリ性が苦手です。

だから、弱アルカリの唾液に細菌をコントロールする作用があるのですが、唾液の代わりとして、美息美人のアルカリイオン水を使います。

唾液のように24時間中使うということは出来ませんが、朝晩の歯磨きと日中2回程度のうがいだけで、舌が白くならないようにコントロールできることは、多くのお客さまによって実証済みです。

でも、舌が真っ白いとか唾液も臭い、口が苦い、よく口が乾くという場合には、口臭も強くなっているかもしれないので、早めに対策されることをおすすめします。

良く噛む

よく噛んで食事する女性

咀しゃく回数を増やすことは大切です。顎と舌を動かすことによって唾液分泌を促すことができます。柔らかい食べ物ばかりではなく固い食べ物や繊維質の野菜を食べることも大事です。食事で舌を動かすことで舌苔(ぜったい)がはがれる効果もあります。

良く会話をする

会話を楽しむ女性

会話をすることで、顎や舌を動かすことができ唾液腺の刺激にもなります。会話をすることは自律神経にも良い影響を与えるので、唾液が出やすくなります。

パタカラ体操のようなお口の体操をすることも舌苔予防になりますが、特にそのような努力をしなくてもよく喋り顎と舌を動かすことでたくさん唾液が出てきます。

会話が楽しいと、副交感神経が活発になるためサラサラとしたきれいな唾液が分泌されます。サラサラ唾液が多量に出ると口内が洗浄され口内環境が改善されます。

このように会話することは舌苔予防になりますが、カラオケで好きな歌を唄うことは、さらに効果があるといわれています。この時気をつけないといけないのは、アルコールを飲まないことと睡眠不足です。

カラオケが舌苔予防になるからと、徹夜で唄ったら翌朝には舌が真っ白になってるかもしれませんよ。

リラックスする

お風呂でリラックスする女性

ストレスは、身体の健康に影響します。心配や緊張などストレスが多くなると自律神経に悪影響を与え、唾液が出なくなり口内が乾いた状態になります。唾液がでないと舌が白くなります。逆にリラックス状態の時には、サラサラした唾液が沢山出るようになっています。
運動や趣味など好きなことを積極的に行うことで、唾液の分泌が促進されます。

身体を良く動かす

運動する人

身体を動かすことは大事です。運動をすると身体の緊張がほぐれます。また、ストレスの軽減にもなるので、唾液が良く出るようになり舌苔(ぜったい)の予防になります。

舌苔(ぜったい)の予防には、身体だけではなく口や舌を動かすトレーニングを取り入れると良いです。(会話やシュガーレスガムを噛むなど)

睡眠を十分とる
十分な睡眠をとる女性

体が疲れた時に舌苔が良くできます。舌苔は免疫力の低下が大きく影響しますので、寝不足すると翌朝には「舌が白い」経験をしたことがあると思います。

舌苔を予防するためには、寝不足しないように早く寝て十分に睡眠を取ると良いでしょう。

ところが、寝つきが悪く中々寝られない方がおられます。だからといって睡眠誘導剤を飲むと薬の副作用によって、唾液分泌が減り舌苔が出来やすくなるのでご注意ください。

睡眠誘導剤などのお薬を服用されている場合は、お医者さんに副作用の少ないお薬に変えてもらうなどご相談されてはいかがでしょう。

健康食を摂る

生野菜が舌苔を予防する

舌苔は健康状態が悪くなるとできます。これは、免疫力が低下することで口腔細菌が増え口内環境を悪化させるからです。

体の健康を作るためにはどんな「食事」を摂るかが重要です。コンビニ食ばかり摂らずに栄養バランスを考えた食事を摂るようにしないと、知らないうちに健康を害してしまい免疫が下がってしまいます。

また、健康を維持するためには、肉と野菜のバランスも大切ですので、肉や揚げ物中心にならないようにすることも必要です。免疫が高まると風邪もひきにくくなり、舌苔と口臭の予防になります。

果物や野菜には、水分が多く含まれそれ自体が舌苔を取る作用があるものも。毎日、新鮮な野菜や果物を食べるようにすると健康になるので舌苔もできにくくなります。

舌苔予防になる食べ物については「舌苔を溶かす食べ物・予防できる食べ物について教えます」をご参考にしてください。

白い舌苔をうがいで除去

口が乾くのは薬の副作用かも!

薬の副作用で口が乾く!薬の種類とは

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

異常にお口が乾くとお困りではありませんか。よく口腔内が乾燥するのは、加齢が原因だという人がいます。しかし、調べてみると、意外なことに、服用しているお薬に口が乾く原因があることが多いのです。

口腔内が乾燥すると、舌苔(ぜったい)ができ舌が白くなりかもしれません。もしかすると、現在服用されているお薬が舌苔の影響しているかもしれません。

お薬の種類によっては、薬の副作用で唾液が減少するものがあります。唾液が減ると舌が白くなるので、どれだけ口腔ケアを努力しても良くならない場合もあるのでご注意ください。

そのためにも、服用している薬の種類と副作用について確認する必要があります。

今回の記事は、口の乾きの原因となる「薬」についてと、口腔が乾燥したときの対策についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

口が乾くことで起こる症状

唾液量が減少して口が乾く(ドライマウス症)と、次のような症状を起こします。

  • 唾液がねばねばする
  • しゃべりにくい
  • クッキーなどの食べ物が飲みこみにくい
  • 味がわかりにくい
  • 口の中や舌が痛い
  • 口の中が舌がひりひりする
  • 口内や舌が汚れやすい
  • 口臭がする
  • 入れ歯が装着しにくい
  • 唇が切れること

口の中が乾き、このような症状が起きることを口腔乾燥症とかドライマウス症と言います。唾液が減ると口腔環境が悪化するため、虫歯、歯周病、口内炎、口腔カンジダ症などに感染しやすくなります。

そして、舌苔(ぜったい)が出来やすくなります。口腔乾燥と舌苔は深く関係しています。詳しくは、『舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?』をご参考にしてください。

口が乾く原因

少し前、テレビ番組の『駆け込みドクター、ドライマウス』の中で、口腔乾燥の原因について次のように説明していました。

  • 噛む力の低下によって、咀嚼回数が減り唾液分泌も減少する
  • ストレスが原因。自律神経の乱れが唾液分泌を減らしている
  • 糖尿病などの生活習慣病が口腔乾燥の原因
  • 薬の副作用が口腔乾燥の原因
  • アレルギーが原因
  • 口呼吸(いびき)によって口腔が乾燥する
  • シェーグレン症候群が原因

引用:ドライマウス症の治し方…TV「駆け込みドクター」編

薬の副作用

口が乾くと「加齢が原因」だと考える人がいますが、薬の副作用によって唾液が減っていることがあります。高齢になると病気になる率も高くなり、それに伴い薬を服用するようになるので間違える人も多いのかもしれません。

薬を服用している場合は、一度、その薬の副作用を調べてみてはいかがでしょう。

(口が乾く原因として)
「薬の副作用(抗うつ剤、鎮痛剤、抗パーキンソン剤、降圧剤などの多くの薬物の副作用として唾液分泌の低下があります)」

引用:日本口腔外科学会

薬の副作用で口が乾く症例

薬の副作用があると、口腔ケアをどれだけ行っても舌苔や口臭が改善できないことがあります。

ご相談者から、努力しても白くなった舌が改善されないとのメールがありました。その時の私との相談のやり取りをご紹介します。

「美息美人を使ってから舌の白さもましになり、口臭もなくなったかな?と思っていたのですが、また、舌が真っ白になり、毎日うがいしてますが、取れずに悩んでいます。何が原因でしょうか?うがいした時だけ臭いもないのですが、直ぐに口の中が乾いてネバネバした状態が続くので、悩みも解消されずにいます。」

気になったので、この方に、こんな質問をしてみました。「現在、お薬を服用されていませんか?」

すると、「最近になって胃の調子が悪く、抗コリン薬を飲んでいます。

「えっ?もしやと思ったのでお聞きしたのですが、それが原因かもしれません。」

こんなやり取りがありました。

じつは、お薬によっては、副作用で唾液の分泌が抑えられ、口が乾く種類の薬剤があります。その薬とは…抗コリン薬です。

抗コリン薬は、いろんなお薬に含まれています。たとえば、睡眠剤や抗うつ剤のほか、風邪薬や腹薬、降圧剤などにも入っていることがあります

この他にも、薬ではありませんが、市販のマウスリンスにはアルコールが含まれているものが多く、口腔乾燥の原因になることがあるので、成分表示を確かめるようにしましょう。

お口の乾きで困っている場合は、薬を処方される前に、お医者さんに一度ご相談されたほうがいいかもしれません。

薬の副作用で口の乾きを起こす薬

口の乾きを起こしやすい薬をご紹介します。もし服用されていたら、かかりつけのお医者さんにご相談されてはいかがでしょう。

≪口内乾燥を起こす頻度の高い薬剤≫

・降圧剤(血圧を下げる薬)
ラウオルフィア製剤(レセルピンなど)
冠血管拡張薬(アダラートなど)
・向精神薬
フェノチアジン系(コントミン・ヒルナミンなど)
三環系抗うつ薬(トフラニール・アナフラニール・トリプタノールなど)
・抗てんかん薬
クランポール・テグレトールなど
・パーキンソン病薬
アーテン・ネオドパストン・シンメトレルなど
・抗ヒスタミン薬
レスタミンなど
・鎮咳去痰薬
エフェドリンなど
・消化性潰瘍治療薬
ベラドンナアルカロイド(アトロピン・スコポラミンなど)
抗コリン薬(ブルコパン・メサフィリン・コランチルなど)

引用:兵庫区薬剤師会

日本は薬大国といわれています。病院に行かなくても、ドラッグストアで簡単にお薬を手に入れることができるからです。

ところが、薬は病気の症状を抑えるためには有効ですが、薬には必ず副作用がついてきます。ですから、服用する前には、その薬の副作用も良く知っておく必要があります。

特に、舌が白くなって困っている場合には、唾液が出なくなったり、利尿作用があるものを避けたほうが良いです。

もし、現在服薬されている場合には、掛かり付けのお医者さんにご相談されると良いです。副作用の少ない漢方薬などに変えていただけるかもしれません。

それでは、ドライマウスを引き起こす副作用のあるお薬をご紹介します。

抗コリン薬

抗コリン薬は主に、慢性胃炎、急性胃粘膜病変、胃潰瘍、十二支潰瘍、食道炎、食道潰瘍、胆のう結石、尿路結石症などに使用されます。

副作用:口が乾く、便秘、吐き気、頭痛、めまい、眼圧上昇、排尿障害など。

抗コリン薬とその特徴

[ ブスコパン ]

  • 4級アンモニウム類に分類される抗コリン薬
  • 胆石症、尿路結石症、膀胱炎、月経困難症などによる疼痛緩和などにも使用する
  • 錠剤、注射剤があり用途などによって選択される

[ チアトン ]

  • 4級アンモニウム類に分類される抗コリン薬
  • 胆のう・胆道疾患、尿路結石症などによる疼痛緩和などにも使用する
  • 顆粒剤もあり、嚥下機能の低下した患者などへのメリットが考えられる

[ ロートエキス ]

  • 3級アミン類に分類される抗コリン薬
  • 本剤は市販薬(ストッパ下痢止めEX など)の成分としても使用されている

[ ガストロゼピン ]

  • ムスカリン拮抗薬に分類される抗コリン薬
    • アセチルコリンの作用するムスカリン受容体に作用し抗コリン作用をあらわす
    • 胃酸分泌作用などをあらわすホルモンであるガストリンを抑える作用もある

[ ダクチル ]

  • 3級アミン類に分類される抗コリン薬
  • 潰瘍や胃炎などでの痙攣性疼痛の改善の他、切迫流・早産における症状改善などにも使用する

降圧剤

血圧が高い人の場合、利尿薬を服薬します。これは、おしっこすることによって塩分に含まれるナトリウムを排出させ血圧を下げるのが目的です。

しかし、利尿によって体の水分も減少します。結果、唾液も減ることに。

副作用:利尿作用、便秘、嘔吐、動悸、息切れ、けいれん、めまいなど。

風邪薬

風邪薬の副作用といえば、「眠くなる」が有名です。でも、風邪薬を飲むと頻尿になることがあります。

頻尿になる原因は、風邪薬には「抗ヒスタミン剤」が含まれているからです。何回もオシッコをして水分が失われるとドライマウスになります。だから、舌が白くなりやすいのです。
副作用:眠気をもよおす、喉と口の乾き、だるさ、めまい、吐き気など。

花粉症の薬

花粉症の薬にも、風邪薬と同じ抗ヒスタミン剤が含まれています。だから、花粉症のお薬を服用していると舌が白くなりやすいです。

副作用:眠気をもよおす、喉と口の乾き、便秘、下痢、だるさ、めまい、吐き気、動悸、太る、生理不順など。

抗うつ剤、睡眠誘導剤など

「寝られない」という人が多くおられます。そんな時に睡眠誘導剤を服用するかもしれません。しかし、睡眠誘導剤にも「口が乾く」という副作用があります。

他に、抗うつ剤や精神安定剤を服薬した場合にも、ドライマウスになるかもしれません。これらの薬の副作用は以下のとおりです。

  • ふらつき・めまい・頭痛
  • 消化器系の働きが悪くなることによる、嘔吐・食欲不振・腹痛・下痢
  • 唾液の分泌が少なくなってのどが渇く
  • 呼吸が浅くなる
  • 疲れ・脱力感
  • 肌荒れなどの湿疹
  • 目の前がぼやけるなどの視覚障害
  • 味覚障害・のどの乾き
  • 性欲の低下
  • 免疫が低下して風邪などの病気にかかりやすくなる

これらの副作用は、飲んだ直後だけでなく、翌日にまでもちこすことがあります。眠れたからと言って、かならずしも体調が良くなるとは限りません。

利尿薬

利尿薬を服用すると排尿が促されます。当然ですが、排尿によって身体の水分が失われるため、口が乾くことになります。

ところで、この「利尿薬」は、どのような病気の時に使われるのでしょうか。一般的には、次のような病気のときに処方されることがあります。

  • 高血圧症
  • 心性浮腫
  • 腎性浮腫
  • 尿路結石
  • 癌性腹水
  • 肝性浮腫
  • 緑内障
  • メニエル病
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 肺気腫

口腔乾燥の対策法

口腔乾燥の対策としては…

  1. 糖尿病などの疾患がある場合には、その治療が先決です。
  2. お薬の副作用によって口内や喉が渇く場合には、お薬を変更したり調整することが必要です。
  3. ストレスによって口腔が乾燥している場合には、ストレス緩和に努めることが大事です。
  4. 歯科で問題がある場合は、欠損歯や不適合の被せを改善し、衰えた咀嚼機能を回復することで唾液分泌が正常に働くようにします。

ドライマウスに対応するには、口腔保湿ジェルやスプレータイプの商品など薬局やドラッグストアで買えるものもあります。

商品について詳しくは→ ドライマウスの対策はコレが一番!いったいどんな方法なのか?

唾液をよく出るようにするには…

・唾液の分泌を促すお口の体操や歯ぐきのマッサージ
・食事を何回かに分けてとる
・繊維の多い食品を多くとる(咀嚼回数が増えるため)
・小まめに水を飲む
・口呼吸から鼻呼吸への習慣づけ

他にも口腔乾燥のときに効果があるのは…

・刺激性の食物をさける
・部屋が乾燥しないようにする
・人工唾液の投与も必要です。

引用:もう、ドライマウスとも口臭とも、舌苔(ぜったい)ともさよならしてください

舌苔(ぜったい)ができて困っている場合には、舌に保湿ジェルを塗ることをおすすめします。保湿ジェルを塗ると舌苔ができにくくなるだけではなく、舌苔が取れやすくなります。一度お試しください。

唾液を出す方法について⇒⇒歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!

[PR]舌が白い場合はアルカリイオン水で取るのがオススメ!

まとめ

今回の記事は、薬の副作用で口が乾くことについてお伝えしました。

薬は病気を治すためのものですので、舌苔(ぜったい)を治すことよりも薬を服用するほうを優先しないといけません。たとえ、その薬によって、舌が白くなっていたとしても、病気が治り、薬を飲む必要がなくなれば、舌はきれいになるので、それほど神経質になることもないと思います。

もし、服用している薬の副作用で「口が乾く」と悩まれていましたら、今服用されている薬の成分を調べられてはいかがでしょう。

舌磨きはしないほうがいい、舌苔は磨かなくても除去できる!?

歯ブラシで舌を磨く

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定資格)の上林登です。

意外かもしれませんが、口臭予防歯磨き粉「美息美人」のお客様からのご相談で多いのが、「舌磨きをしても口臭が治らない」です。

確かめるためにYahoo!知恵袋を見てみると、口臭対策として「舌磨き」を行うのは一般的な行為のようです。ところが、舌を磨いても舌苔(ぜったい)は取れず、口は粘ついたままで口臭も改善しない人ばかり。

質問内容を見ると、「舌を磨くのは悪いことですか?」「舌磨きはダメですか?」「舌磨きを止めたら口臭が悪化しませんか?」など。舌磨きをやめてしまうと「口臭が改善しない」と誤解しているようです。

実は、、口臭の発生は、唾液の分泌が減少して口腔乾燥を起こすことが原因です。唾液の働きが機能しない状態になり、歯垢の付着、歯周病の悪化、舌苔の増加、口臭の悪化を引き起こします。

口臭が気になるからと、乾いた舌を硬いブラシでゴシゴシ磨くと、舌乳頭を傷つけてしまい、舌苔と口臭を悪化させるので、十分に注意しないといけません。

今回は、舌磨きの効果とデメリット、適切に舌苔を除去する方法をお伝えします。ご参考になれば幸いです。

関連記事>> 舌が白い!舌苔の原因と取り方

舌苔は口臭原因になる

日本口臭学会「口臭への対応と口臭症治療の指針2014」によると、、

舌苔は口臭原因となる因子の一つであり、舌苔の成分は粘膜の剥がれ落ちた細胞、細菌、血球、食べかすですが、タンパク質分解酵素によってアミノ酸に分解されVSC(揮発性硫黄化合物)になる。このVSCが気化して口臭になるのです。

舌磨きの効果

だから、(指針によると)舌清掃により舌苔を減少させることは口臭の軽減や予防に効果がある、と記載されています。しかし、舌清掃の説明には、「ただし過度の舌清掃は、舌表面を傷つける恐れがあるので注意が必要。」と但し書きがありました。

舌苔を取ると口臭の軽減と予防になるが、やり方を間違えると舌を傷つけるリスクがあるのです。

舌磨きのデメリット

舌磨きには(一時的に)口臭を消すメリットがありますが、デメリットもあります。

・デメリット1『口腔乾燥』…舌粘膜は唾液によって保湿されていますが、舌磨きをすると保湿成分がはがされ、更に舌を乾かしてしまう。(結果的に口臭を悪化させる)

・デメリット2『味覚障害』…舌磨きで味蕾細胞を傷つけてしまうことで食べ物の味が分からなくなる。

・デメリット3『舌痛症』…過剰に舌磨きを行うと、舌に炎症を起こしてしまい、ヒリヒリと舌が痛くなることも。

・デメリット4『舌乳頭が伸びる』…舌磨きによって乳頭が削れると、角化が進み舌乳頭が長くなってしまい、汚れが溜まりやすくなり舌苔が厚くなります。

以上が舌磨きのデメリットです。「舌磨きは絶対だめ!」「舌磨きは今すぐやめてください!」と指導する歯科医師の理由も同じ意見です。

結論は、舌磨きはしないほうがいい

結論から申し上げますと、出来る限り舌磨きはしないほうがいいです。

出来る限り「磨かないほうがいい」というのは、舌苔と唾液の分泌量には個人差があるからです。過剰な舌磨きによって舌が痛い、口腔が乾いている場合には、たとえ舌苔が厚く付着していても、舌磨きはしてはいけません。舌磨きを続けると、かえって口腔を乾燥させて口臭を悪化させてしまうからです。

舌苔量が少ない場合は、たとえ口臭が不安でも舌磨きする必要はありません。通常の舌は「舌の表面が薄っすらと白い膜が張っている」状態ですので、白い苔が薄い場合は磨かないでください。

少量の舌苔でも、黄色い場合は口臭原因になります。その場合は、適切に舌清掃を行うと口臭の軽減ができます。

関連記事>>ティッシュで舌磨きすると簡単に口臭が防げる!?

正しい舌磨きの仕方

舌磨きを行う場合は、道具と方法に十分配慮してください。

【舌磨きのポイント】

1,専用の舌ブラシなどを使用することが大切です。樹脂製の硬い毛先の歯ブラシで舌磨きを行うのは絶対にやめてください。

2,タングクリーナーやスプーンで舌苔を除去することは困難です。そのため磨き過ぎの原因になるのでやめてください。

3,正しい舌磨きの方法は、(嘔吐反射の防止のため)べぇ~と舌を突き出して、舌ブラシを使い舌の後方部から舌の先端に向け優しく磨きます。(舌磨きは2往復程度)

4,舌磨きの頻度は、朝の歯磨き時に1回磨くだけで十分です。

舌磨きだけで口臭予防はできない

舌磨きをしていない人でも口臭のしていない人が多くおられます。どうしてだと思いますか?

その理由は唾液にあります。十分に唾液が分泌されると、舌の上に溜まった食べかすや細菌などの汚れを洗い流します。そのことで、舌苔はできなくなり口臭が予防されるのです。

口臭を予防するために最も重要なことは、唾液量を増やすことにあります。舌磨きをしても口が乾いていたら、舌磨きする意味がありません。

口臭予防のポイントは、唾液の分泌を促進させることなのです。「舌磨きを止めたら心配」と口臭に不安を持つ人がいますが、口臭に効果的なのは舌磨きよりもドライマウスの改善です。

>>ドライマウスの対策はコレが一番!いったいどんな方法なのか?

舌磨きをしないで舌苔を取るには?

舌磨きをしなくても舌苔を除去する方法があります。それは「うがい」です。

アルカリイオン水を口に含み、ブクブクとうがいすることで舌苔の清掃ができます。アルカリイオン水を口に含むと、唾液と同じように舌の汚れをふやかし浮かすことができるからです。

柔らかくなった舌苔は、歯ブラシかコットン(綿花)で優しくなぜるだけで除去することが可能です。

>>舌磨きはコットンが効果的!?

しかし、表面の舌苔(ぜったい)が取れても、舌乳頭の間に隠れている汚れの一部は取れません。この残った汚れは、ただの汚れではありません。人の口にとって大切な汚れです。

というのは、人の口には、健康上必要となる菌があるからです。よくいう常在菌です。だから、すべての菌を取るのは間違った考えなのです。

だから舌苔ケアのコツは、美息美人(びいきびじん)を使った後も、薄らと白く見える程度が望ましいといえます。

そして、もう一つあなたの知らないことがあります。

それは、今まで唾液が出なかったのは、舌が汚れていたことが影響していたのです。舌の汚れが取れ口腔環境がよくなれば、ストレスが減り唾液の分泌が良くなります。

そのため、日ごとに舌がキレイになります。毎日、美息美人を使っていると、ドライマウスの人の唾液がよく出るようになることがあります。その理由は、口腔環境が改善されることによって自律神経が整うからです。

もし、舌が白くなっているからと不安になっていたのでしたら、これで安心できたのではないでしょうか。

「ご安心ください。」と申し上げたいのですが、舌苔(ぜったい)を作っているのが菌なので、口腔ケアをおこたるとすぐに舌が白くなってしまいます。

そうならないためにも、美息美人(びいきびじん)で毎日ケアし予防することが大切です。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のご購入はこちら ↓