気になる口臭の臭い対策と口腔ケア

友達と会話をはじめたら、相手の人に「あなたの口臭いよ!」と言わんばかりに手で鼻をふさがれた…そんな経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

どんな時にいやな臭いがするかというと、たいていは、虫歯や歯周病になり細菌が増殖しているとき、あるいはストレスや緊張でドライマウスになっているときでしょう。

その臭いの原因は嫌気性菌です。つまり原因は、排水口の汚れやエアコンのカビが臭うのと同じです。口の細菌は常在菌といって誰にでもあるものですが、唾液が減少し異常増殖すると口臭が発生します。そのメカニズムと対策について、見てみましょう。

口臭原因

口臭が発生する一番の原因は、歯磨き不足だからです。毎日歯磨きをしていても、歯の隙間や、歯と歯ぐきの間にあるポケットにはプラークが付きます。それは、ブラッシングでは、80%~90%しか歯は磨けないといわれているからです。

細菌の塊であるプラークは24時間経つと形成され、その後固い歯石になってしまい、通常のブラッシングでは取れなくなります。このことが虫歯と歯周病の原因となり、結果的には口臭を引き起こすのですが、どんなときに口臭は発生するのでしょうか?

それは、口腔が乾燥したときです。唾液の分泌量が少ないと口内細菌が増えます。細菌は細胞の死がいなどのタンパク質を分解して口臭物質VSC(揮発性硫黄化合物)を産生しますが、口腔が乾燥したときに気化して口臭となります。

日本歯科医師会HPのお口のなんでも相談「口臭」より引用しました。

口臭の原因をまとめると…

  • 歯磨きの磨き残しによるプラーク
  • 虫歯と歯周病
  • 唾液の分泌不足

また、舌苔(ぜったい)ができると、口臭の原因になります。舌の上に白い苔がびっしりあれば要注意です。口臭が気になるとの相談で案外と多いのは、差し歯からの口臭です。

この他にも、副鼻腔炎や鼻炎で後鼻漏になっていると、(慢性)扁桃炎になりやすく、口臭の元になる臭い玉(膿栓)ができやすくなりますので、気になる場合は耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。

口臭が気になるのはどうして?

自分の口臭や体臭は慣れてしまい、臭いがしているかどうかを自身で判断できません。これは、嗅覚が麻痺するからです。そのため、周囲の反応を見て、「口臭がしていないだろうか?」と過剰に気にするのでしょう。

しかし、この口臭を気にするあまりのストレスによって、自律神経を乱すため、かえって口臭を悪化させてしまいます。

口臭チェック

口臭が気にならないようにするためには、正しい口臭値を知ることが大事です。そのための口臭チェック方法をご紹介しますので、口臭を確認されてはいかがでしょう。

  • 指をなめて5秒ほど時間をおき、唾液の匂いを嗅ぐ
  • タニタの口臭チェッカーなどの簡易口臭計測器を用いて、臭いを計測する
  • 口臭外来などで口臭を計測してもらう

口臭菌が増殖する原因は、唾液不足と歯磨き不足

唾液は口を潤すだけでなく、虫歯、歯周病、口臭などのトラブルから守ってくれています。唾液の成分は95%以上が水ですが、唾液には、自浄作用、抗菌作用、pH緩衝作用、再石灰化作用、粘膜保護作用などの働きを持つ成分が含まれているからです。

このように、唾液は、口臭を予防する上で重要な役割をはたしているので、唾液の分泌が減ると口臭が発生するようになります。そのため、ドライマウスで口がネバネバしていると口臭が起きます。

ドライマウスの原因には…

降圧剤などお薬の副作用、ストレス、自律神経の乱れ、糖尿病などがあります。

また、細菌が増殖するためには、細菌のエサとなるタンパク質が必要となります。それに、細菌はプラーク化しないことには増えることはできないのです。

歯磨きした後は、食べかすやプラークが除去されて臭わないのですが、歯磨きを休んだときは口が臭くなるのはそのためです。

このようにして細菌が増えると、口内が酸性に傾きます。それどころか、酸性環境が口臭の原因菌(嫌気性菌)を活発にして増殖させることにも。

歯磨きとうがいが有効な対策

一番簡単で効果のある対策は、歯磨きとうがいです。最低でも一日2回、朝起きた時と夜寝る前に歯磨きをするのが望ましく、歯科医院で歯科衛生士に歯磨きを指導される理由です。

歯科治療というと「削る・詰める・抜く」というイメージでしたが、2000年頃から「予防歯科医療」へシフトしました。その主流となるのが歯磨きとうがいによる口腔ケアです。
大阪大学歯学部の教員によるミニ講義より引用しました。

電動歯ブラシを利用する

一見、歯磨きは簡単そうですが、狭い歯と歯の間、歯周ポケットには歯ブラシが届きません。また、歯並びが悪かったり、矯正装置、ブリッジなどが装着されていると綺麗に磨くことは困難です。そのため、歯科では、フロスや歯間ブラシ、ワンタフトブラシなどを併用することを勧められると思いますが、一番簡単な方法は「電動歯ブラシ」の使用です。ブラウンオーラルBなどの電動歯ブラシは少し高額ですが、良く磨ける(除菌率99.9%)ためおすすめです。

これだけ努力して歯磨きをしても、完璧にプラークを除去することはできません。そのため、2~3か月に一度は、歯科医院で定期的にPMTC(歯石除去・クリーニング)を受けるようにしましょう。

市販のデンタルリンスを利用する

ドラッグストアでは、口臭予防用のマウスウォッシュやデンタルリンスでうがいして、口内細菌を除菌する効果が得られるとうたう口腔ケア剤が売られています。これらは、どうしても口内洗浄だけになり、一番大切な歯磨き効果を得ることができません。口臭予防の効果につきましては、実際にやってみて判断する、といったところでしょうか。

アルカリイオン水を利用する

歯科医師の中には、虫歯・歯周病の予防、口臭予防に重曹水のうがいを推奨する歯医者さんがいます。確かに、臭いの元を一番除去できるのは重曹のようなアルカリかもしれません。しかし、重曹水はPh8.2ほどしかなく、期待し過ぎないほうがいいかもしれません。アルカリイオン水で口臭を予防する方法としては、Ph10.5の口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」がおすすめです。このアルカリイオン水の濃度は、重曹水の10倍から100倍あるので、歯磨きとうがいの効果を期待するのなら試す価値があります。

口臭菌の増殖を防ぐには

では、毎日の口腔ケアで、口臭菌の増殖を防ぐ手段はないものでしょうか。

歯の表面にプラークが付着する原因は、歯磨き不足と唾液減少が原因であるとご説明しました。つまり、ブラッシングで歯の汚れを落として、口内を清潔に保つことができれば、口臭を予防する効果は期待できます。

方法としては、アルカリイオン水と電動歯ブラシを利用して、起床時と就寝前に歯磨きを行います。就寝前は、眠気が増してしまい歯磨きをおろそかにしがちですが、頑張って丁寧に磨くことが大事です。

舌苔で舌が白くなっている場合には、就寝前の歯磨き時に、軽く舌を磨き舌苔を取り除くようにしましょう。このとき気を付けないといけないのは、舌を磨き過ぎないことです。舌粘膜を傷めると、細菌が増えて逆効果になります。

この他にも、こまめに水を飲むと、口内の汚れを洗浄し、唾液量を増やす効果も期待できるのでおすすめします。

【関連記事】
舌磨きなど舌苔の対策について
膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?

【参照リンク・参考文献】
日本歯科医師会 歯とお口のことなら何でも分かるテーマパーク8020
日本口臭学会 口臭と口臭症に関連する用語
日本口臭学会誌 口臭への対応と口臭治療の指針2014
日本口腔ケア学会
日本歯周病学会
日本臨床歯周病学会

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する