気になる「口臭」の予防と対策

人と接する時に口臭で相手を不快にしていないか、不安になっていませんか?

自信をもって人と会話するためには、口臭予防のためのケアは必須です。しかし、口臭は自分では気づきにくいものなので、エチケットとして日頃から気を付けることが大切です。

特に人と会う前は口が乾くため、匂いが気になるという方が多いのではないでしょうか?

今回は、口臭を抑える様々な方法をご紹介します。この記事は、口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登が書いています。

口臭の予防・対処法

歯周病や虫歯などは「病的口臭」の原因になりますが、舌苔(ぜったい)などによる「生理的口臭」の場合は、口の中の汚れ(プラーク)が関係しているので、常に口内を清潔にすることが肝心です。

最も汚れやすいのは、舌の表面と歯ブラシの届きにくい所です。ですから、口臭を予防するためのポイントは、舌清掃と歯磨きになります。

口臭の予防方法としては、以下のようなものが挙げられます。

歯磨きに時間をかける

歯磨きをしているのに汚れ(プラーク)がたまるのは、歯磨きをしている時間が少ないことが一番の原因です。

しかし、朝は忙しいため、ブラッシングを丁寧にすることはできませんよね。また、口の中に細菌が増える時間帯は寝ている時です。

そのため、就寝前の歯磨きは、時間をかけて丁寧に歯を磨くことが大事です。眠くても頑張って歯磨きすれば、朝の歯磨きを簡単にすませても口内の清潔は保つことができます。

>>正しい歯磨き方法

舌苔を除去する

歯磨き不足などから口内が汚れると、舌苔が異常に増加します。舌苔はタンパク質の汚れと細菌の塊で出来ているため強い臭いを発生するため、舌苔を除去する必要があります。

舌苔で舌が白くなっている場合には、1日1回程度、舌ブラシで舌を軽くなぜて舌苔を除去しましょう。ただし、舌を磨き過ぎると逆効果になるので気をつけて磨かないといけません。

>>コットンで舌を磨く方法

>>舌の奥の舌苔が取れない!効果的な舌苔の取り方

唾液を出す

唾液の分泌量が減少すると、口内細菌が増えて口臭が発生します。口臭をしないようにするためには、食事の時によく噛んで食べるなどして唾液の分泌量を増やすことが大切です。

唾液分泌を促すには、「ぱ・た・か・ら」を繰り返し発声するパタカラ体操や、唾液腺(耳の下、顎の下)をマッサージする方法が有効です。

簡単にできるのは、舌を突き出して唇を舐めながら一周する方法です。この方法が一番唾液が出るかもしれません。

>>唾液腺マッサージの仕方

小まめに水を飲む

ドライマウスの場合には、口腔乾燥と細菌の増殖によって口臭が発生しやすくなります。唾液の分泌が少ない場合は、小まめに水やお茶を飲んで口内と喉の汚れを洗い流すようにしましょう。

>>ドライマウスの原因と対策

その他の予防方法

喫煙や飲酒を控えましょう。アルコールやニコチンは、強い匂いを発する成分なので、摂取すれば口臭が強くなるからです。

匂いの強い食べ物も口臭の原因になります。ニンニクやニラなどが入っている食事は、人と会う前日から避けるようにしましょう。

他に、口臭を防ぐためには、胃腸を健康にすることが大事です。胃腸が不調になると舌苔ができるからです。胃腸のためにも、刺激の強い食事を避けるとかストレスを軽減するように心がけましょう。

また、根本的な口腔状態の改善には至りませんが、デンタルリンス、マウスウォッシュなどで洗口することで、短時間であれば口臭予防が期待できます。

喫煙後にタブレットをなめる人もいますが、臭いをごまかすだけで、口臭が消えるわけではありませんので、期待し過ぎないことです。また口臭予防を謳うサプリもありますが、即効性はありませんので、急な時の対策には不向きです。

口臭予防歯磨き粉

効果的に口臭予防するためには、歯磨きによるセルフケアが重要ポイントになります。ほとんどの市販歯磨き粉には、合成界面活性剤が含まれているため口腔乾燥を起こすからです。口臭予防を目的とするのであれば、刺激性成分が含まれていない無添加歯磨きがおすすめです。

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

口臭予防歯磨き粉はいくつか種類がありますが、アルカリイオン水の歯磨きがおすすめです。細菌が増えると口内が酸性化しますが、アルカリの作用で口内を中和させます。

また、アルカリにはプラークなどのタンパク質を溶かす働きもあるため、研磨剤が含まれていなくても口内の汚れを落としやすくなります。

舌苔や臭い玉が気になる場合は、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」をお勧めします。

歯周病の場合は薬用歯磨き粉

歯周病(歯肉炎や歯周炎)になると、膿臭い特有の口臭になります。歯周病は歯科治療しないと治りませんが、それまで薬用歯磨き粉で口臭を抑えることが可能です。

歯周病用の薬用歯磨き粉を、歯間ブラシまたはワンタフトブラシに少量付けて、患部に塗り込みます。歯磨き剤を塗布した後は、できるだけうがいしないほうが効き目があります。

おすすめの歯磨き粉は、薬用カムテクトシュミテクトです。

口臭にまつわるよくある悩み

「口臭」についてよく聞かれるお悩みを解説します。

Q)自分では口臭がしているかよくわからないのですが、チェックする方法はありますか?

私たちの嗅覚は、長時間同じ匂いをかいでいると、その匂いを感じなくなってしまいます。
そのため、たとえ口臭がしていても自分自身の臭いに気が付くのは困難です。家族に聞いてみるのが手っ取り早いですが、それが出来ない場合は「簡易口臭チェッカー」を利用されてはいかがでしょう。

>>口臭チェックの仕方

Q)周りの人は気にならないというが、どうしても臭いが気になります。

口臭は相手も不快にするため、自分自身の匂いにとても敏感になってしまいます。中には、臭くないのに「自分はくさい」と思い込んで(精神的な)自臭症になっている人もいます。この場合は心理カウンセリングなど専門的な治療が必要になるので、気になる方は口臭外来を受診することをおすすめします。

>>口臭の原因がわからない!?よくある口臭原因と適切な対策方法

歯磨きで取れない口臭がうがいですっきり

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する