歯周病かどうかは歯間ブラシで分かる!?

歯間ブラシ

歯ぐきが下がってきた….。歯ぐきの色が悪い…。歯が浮いている…。
もしかしたら、歯周病かもしれない。。。

歯周病になると口臭がするそうだが、におっているのかどうか分からないので不安。。。。

そのように心配していませんか?今回の記事は、症状から歯周病かどうかを見分ける方法をご紹介します。ぜひご参考にしてください。

歯磨きをしたときに出血する

歯みがきで出血

もしかしたら、歯周病では?
出血する部分を舌で吸ってみると、生臭い味がする。。。。
こんなことがあると、「周囲にも口臭がしているのでは?」と不安になりますよね。

でも、残念ですが、歯ぐきから出血する場合のほとんどは歯周病によるものです。出血がなくても、歯ぐきを舌でなめると生臭く感じたら、それは歯肉に炎症がおきているからです。

このような症状があると、口臭が強くなります。口臭の内でも、歯周病による口臭は特に強いといわれているので、要注意ですね。

歯茎の色が悪い

重度歯周病

多分、歯周病が原因で歯茎が黒ずんできたんだ。
ということは、口臭もしているに違いない。。。。。

もしかしたら、あなたも、このように口臭がしているのではと悩まれていませんか?

自分の口がにおっているのかどうか分からないので、このようにして悩みを持ち続けている人が多くおられます。

歯ぐきが黒ずむとか、歯ぐきが腫れぼったいのは、歯肉炎の代表的な症状です。このような場合は、一日も早く歯科で診てもらうことをおすすめします。

歯間ブラシで歯周病かどうかが分かる

歯周病かどうかを簡単に分かる方法をお教えします。

それは…

歯間ブラシを使う方法です。

歯間ブラシが臭い

歯間ブラシで歯周病が疑われる歯と歯茎の間をこすります。
そして、その歯間ブラシをにおって見てください。

くさ~い

そのニオイが食べかすの臭いではなく、異様な臭いであれば、それは歯周病の可能性が大です。

歯周病になると、膿が出てきます。
その膿とプラーク(細菌のかたまり)が歯間ブラシにつきますので、とんでもなく臭いにおいがします。くわしくは、『歯周病の口臭、出血、歯茎の腫れに効く歯磨き粉の選び方』をご参考にしてください。

もちろん、周囲にも臭うことになります。

このような結果になった場合には、至急、歯医者さんに行かれることをお勧めします。
歯周病を治療することで口臭も治りますので、まずは、歯医者さんへ行ってください。
それを放置すると、いつまでも口臭で悩むことになります。

まとめ

歯医者さんで歯周病を治療する場合でも、口臭予防歯磨き粉「美息美人」を使うと、効果は上がります。

でも、歯周病は、軽度なものから重度のものまでありますので、素人考えで美息美人だけに頼るのは危険です。

それに、歯周病ははじめは痛みもありません。突然、歯ぐきが腫れることがあっても、日にちの経過とともに自然に治ってしまいます。そのため、放置することが多いのです。

ところが、治ったと思っても、歯周病は歯ぐきの内部に進行しています。徐々に歯肉炎をおこし、歯周ポケットも深くなります。

歯周ポケットができると、汚れがたまりやすくなるため、歯石がたくさんできます。そうなると、歯周病の進行はいっぺんに早くなります。

今までは、疲労やストレスがたまったときだけ、歯ぐきが痛んでいたのが、日常的に歯ぐきが痛むとか腫れを起こすようになります。このようにして、歯周病は、進行するのです。

重度の歯周病の場合には、手遅れになると抜歯することになってしまうからです。

軽度な歯肉炎程度であれば、口臭予防歯磨き粉「美息美人」でしっかりと歯磨きをすれば治る場合もありますが、軽度か重度かという判断は、難しいので、やっぱり歯医者さんで診てもらってくださいね。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する