歯周病が治らない!歯磨きをしても歯茎の腫れが引かない時の対処法

歯科治療を受けている患者

歯周病が治らない原因と対策方法

歯医者にかかり治療を受けたのに歯茎の腫れが再発した。定期的に歯石を取り、クリーニングもしてもらっているのに一向に治らない。

歯周病があるので口が臭い。口臭があると、人と話すのが怖いので家のなかに閉じこもってしまう。だからといって、口が臭いことを誰にも相談できない。

一人で悶々とした日々を送る。でも、そうしている間にも、歯周病菌は歯茎をむしばんでいきます。ふつうは、そうですよね。口臭を治したい、早く歯周病を治したい。でも、その方法が分からないのです。

そういう方のために、今回の記事では、治らない歯茎の腫れと口臭の対策方法についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

歯周病とは

歯周病は、歯肉炎や歯槽膿漏(しそうのうろう)などといろんな呼び名がありますが、どれも医学的には同じ病気で、程度や症状をもとに呼んでいるようです。

歯周病の正式な呼び名は、歯を支える歯肉や歯根膜などの歯周組織に炎症ができる病気ということで、学名では「歯周炎」と統一されてきています。

歯周病が治らないから口臭がする

口臭がしている時には、歯周病を疑えというほど、口臭原因の大半は歯周病によるものです。詳しくは、『口臭を感じたら歯周病を疑え!いろんな歯周病と対策方法』をご参考にしてください。

口の中には食べかすだけではなく、細胞の剥がれ落ちた片や血が出ることもあります。これらタンパク質は歯周病菌のエサとなります。詳しくいうと、歯周病菌がタンパク質を分解して腐敗臭を発生させるのです。

【歯周病菌が産生するVSCガス】

  • 硫化水素
  • メチルメルカプタン
  • ジメチルサルファイド

だから、歯周病菌が多いほど口臭も強くなるのですね。ところで、歯周病菌といえば、歯垢の中にあるものだと思っているのではないでしょうか。もちろん、歯周ポケットの内部の歯に付いている歯垢(歯石ができると歯垢も増える)に多くあるのですが、実は、舌の表面にも多く存在しているのです。

特に、コケのような舌苔(ぜったい)が出来ていると、舌の表面に歯周病菌が増えます。舌苔がある人の多くは、口腔が乾燥しやすいために、よけいに口臭が発生しやすくなる。悪循環です。

悪循環は、歯周病になると舌苔ができる、、舌苔ができると口腔乾燥を起こす、、、歯周病菌が活発になる、、、口臭が強くなる、、、と続くかもしれません。そうならないためには、歯周病を治すことが大事です。

歯周病と口臭の関係について詳しくは、『歯槽膿漏になり口臭がする!歯周病の治し方と口臭予防の方法』をご参考にしてください。

歯周病になる原因

  1. 歯周病菌が、歯と歯茎の間の歯周ポケットに巣(プラーク:ほかの細菌と共生している)をつくります。
  2. プラーク内の細菌が、食べ物カスや血液、細胞の死骸を腐敗させる。
  3. この腐敗するときに毒ガスを発生する。これが口臭。
  4. 毒ガスが歯肉を痛め、歯槽骨を退縮させます。
  5. この状態でブラッシングをすると、出血があります。
  6. 出血した血液中には、膿や細菌が多く存在するので、悪臭を発生します。

歯茎の腫れが治らない

歯周病になると歯茎が腫れます。いろんな腫れ方がありますが、人によっては歯茎がブヨブヨに腫れていることがあります。

でも、初期の歯周病の場合には歯茎が腫れても痛くないことが多く、歯医者さんで治療を受けずに放置している場合があります。

しかし、歯周病は進行する病気です。痛みがなくても歯の奥深く進行し、歯茎の炎症だけでなく歯根膜などの歯周組織や骨まで食い荒らしていくかもしれません。ですので、早めの受診をおすすめします。

歯茎が腫れると、歯茎が紫色や黒色になるので、見た目も悪くなり心配されている方がおられます。歯科治療を受けることが大事なのですが、市販薬で治そうとする人が多いのも事実です。

軽度の歯周病であれば、治すことができなくても、市販薬で歯周病の悪化を止めることができるかもしれません。詳しくは、『歯周病に効く市販の薬と歯磨き粉はコレ!正しい使い方はコレ!』をご参考にしてください。

歯磨きをしているのに歯周病が治らない

軽い歯肉炎であれば、歯周ポケットの中をきれいに洗浄して歯石をとりプラークが付着しにくい状態にし、毎日、丁寧なブラッシングを心掛ければ治っていきます。歯周病の歯磨き方法について詳しくは、『歯茎からの出血は歯磨きで治る!?歯周病になった時の正しいケア方法』をご参考にしてください

治っていくというのは、もともと、体には自然治癒力が備わっています。指をナイフで傷つければ、日にちとともに治ります。これが、自然治癒力です。歯肉にも自然治癒力があるので理論的には勝手に治るはずです。

ところが、ナイフで切ってしまった指を不清潔にし、膿がでていても消毒もしないでそのままにしていては、良くなるどころか更に悪化してしまいます。こんなことは、小学生でも知っています。

しかし、歯周炎となると…ブラッシング時に出血がしていても、膿が出ていても、歯周ポケットが深くなり、細菌の巣であるプラークが付いていてもきれいにしようとしないで、ほったらかし。これが、歯周炎は治らない一つの原因です。

ですが、たとえ、歯科治療を受けて美息美人を使いブラッシングをしたとしても、歯周病が治癒するのは、初期段階だけです。えっ?と思うかもしれませんが、これが現実です。

始めに申し上げたように、歯周病(歯周炎)は、歯槽骨が退縮してしまう病気です。いくら歯肉が、きれいに完治してもなくなった骨の組織は戻りません。ですから、歯茎が引き締まっても、歯が長く垂れ下がったように見えます。

まだ、このように治ればいいのですが、歯周炎が悪化すれば、歯周ポケットが深くなります。歯周ポケットは健康な人で2~3ミリですが、歯周炎になると、6ミリ以上にもなります。

これだけ深くなると、歯医者さんで定期的にクリーニングをしても、ブラッシングだけできれいに食べかすを取ることは不可能かもしれません。だから、歯科で定期的に歯石除去とクリーニングを受ける必要があります。歯石除去について詳しくは、『歯石除去は必要?痛くない?自分で取れる?何か月おきが良い?費用は』をご参考にしてください

ですから、歯磨きをしていても、歯周病菌が増殖するのです。たとえ一時的に歯周病の症状が治まっていても、免疫が低下すると簡単に再発します。ですから、歯を磨いていても歯茎の腫れが治らない。

もちろん、口臭も治ることはありません。現在の歯科医療レベルでは、歯周病と上手に付き合う。それでも悪化すれば、抜歯ということになります。

このように、歯周病になると一生治ることは無いと考えておくほうがいいです。これ以上、悪くならないように努力することが大切なのです。

そのために、美息美人(びいきびじん)を使用して悪化しないように状態をコントロールする。これが、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」の考え方です。

具体的には…

  1. 歯科で治療を受ける
  2. 歯石除去とクリーニングをする
  3. 3か月ごとに定期検診を受ける
  4.  美息美人(びいきびじん)で口腔ケアを行う
  5. ワンタフトブラシを使用して歯周ポケットをきれいにする

これらを行うことで、歯周病を予防することができ口臭予防にもなります。是非お試しください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する