膿栓は誰にでもできるもの?

膿栓(臭い玉)をできないようにする方法

いろんな歯みがきに変えても、口臭が治らない。
虫歯や歯周病を治療しても、口臭が治らない。
胃腸の調子も悪くない。
耳鼻咽喉科でも、問題がないといわれた。

もしかしたら、口臭原因は膿栓(のうせん)かもしれない。。。

そんなふうに悩んでいる方がたくさんおられます。こんな膿栓(のうせん)について調べましたので、発表させていただきます。

膿栓(のうせん)は、臭い玉といわるくらいつぶすと臭いです。ふつうは米粒大の白い玉状のものです。

扁桃(へんとう)の陰窩(いんか)にできるので、綿棒で取るひともおられるようですが、咽喉(のど)の粘膜は、かなりデリケートです。

綿棒でもかんたんに傷つきますので、自分で膿栓(のうせん)を取るのはかなり危険な行為です。

ネバネバした粘液

扁桃(扁桃腺ともいう)からは、細菌やウィルスをやっつけるために常にネバネバした粘液が出ています。咽喉(のど)が乾燥すると、粘液中の白血球が細菌やウィルスを退治して膿(うみ)になります。

粘液が膿栓(のうせん)になる?

この膿(うみ)や粘液が痰のようなものになります。粘液は飲みこんだり、吐いたりしてなくなるものなのですが、乾燥すると、白い塊になります。固まると膿栓(のうせん)になるのです。

鼻炎や咽喉(のど)に炎症があると、慢性的に痰がでやすくなり、さらに、口呼吸などで乾燥すると、膿栓(のうせん)ができます。

膿栓(のうせん)をできないようにするには

膿栓(のうせん)を出来なくするには次のことが大切です。

1、痰がでないようにすること。
鼻や咽喉(のど)の炎症を慢性化させないことが大切です。咽喉を清潔にして細菌が増えないようにすることが大事です。

2、口や咽喉が乾かないようにすること。
喫煙は、口腔乾燥の元といわれています。お口の体操などで、唾液を出すように努力することも大事です。

この二つを守ることが大切です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それでも、膿栓(のうせん)が気になる場合には、こちらの記事「膿栓の取り方~5つの方法~ 」をご参考にしてください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する