臭い玉(膿栓)を取るためのコツ!youtube動画の方法は危険!

うがいを行う女性

臭い玉(膿栓)を取るときのコツと予防のコツ

臭い玉(膿栓)で悩まれている人は意外と多いです。でも、耳鼻咽喉科に相談しても、臭い玉(膿栓)を取ってもらえないので、困ってるのではないでしょうか?

今回の記事では、うがいだけで簡単に臭い玉(膿栓)が取れる方法をお伝えします。

臭い玉とは

膿栓(別称:臭い玉)という言葉をはじめて耳にした人もおられるかもしれませんね。人によって「臭い玉」という場合がありますが、正式な名前は膿栓(のうせん)です。

臭い玉(膿栓)ができやすい人は、咽喉に細菌が繁殖しやすくなるため口臭が強くなる原因にもなるので要注意です。

臭い玉(膿栓)は、扁桃(へんとう)から分泌される粘液(免役物質)と細菌の死骸や食べかすと混じり固まってできます。臭い玉(膿栓)の中では細菌が腐敗臭を作っています。ですから、臭い玉をつぶすとひどい悪臭を放ちます。だから「臭い玉」と呼ばれるようになったのでしょうね。

臭い玉はどこにできる?

膿栓

臭い玉(膿栓)が出来る場所は、ここです。右側の扁桃(へんとう)部分に見える白い米粒状のものが臭い玉(膿栓)です。

喉ちんこの奥の左右にある扁桃腺(口蓋扁桃)に、臭い玉ができます。ふつうは扁桃腺にできますが、ここ以外にできることもあります。(臭い玉は口蓋扁桃、咽頭扁桃、舌扁桃のどこにでもできます。)

臭い玉は病気ではない

臭い玉(膿栓)ができても、病的でないかぎり特に問題ありません。しかし、口臭が強くなるので、困るわけですよね。

耳鼻咽喉科に行っても、痛みや熱が無い限り「病気ではないので特に問題ありません。誰にでもできるものですからご安心ください。」と、何もしないで帰されることが多いようです。しかし、臭い玉(膿栓)ができるのは、蓄膿症や扁桃炎が原因になっていることがあります。詳しくは、『鼻の中が臭い!原因不明の場合は蓄膿症に注意、「3割の裏にある後鼻漏」』をご参考にしてください。

アレルギー性鼻炎や蓄膿症は慢性的になるので、お医者さんでもそれほど問題にしないかもしれません。しかし、臭い玉(膿栓)ができると口臭も強くなるので、そういうわけにはいきませんよね。だから、臭い玉(膿栓)を自分で取ろうとするのかもしれません。

家庭で臭い玉を取る方法

膿栓を綿棒で取る

お医者さんに臭い玉を取ってもらえないため、家庭で臭い玉を取る方法が流行しているようです。

代表的な取り方には、

  1. 綿棒や箸でほじる
  2. 注射器(ピストン)のような器具を使い水を吹きかける
  3. シャワーを吹きかけ膿栓を洗い流す
  4. うがいで膿栓を洗い流す

などがあります。詳しくは『口臭の元!膿栓(のうせん)ができる4つの原因と取り方』をご参考にしてください。

しかし、自分で取ろうと喉をいじると粘膜を傷つけ炎症を起こしかねません。傷がつくとよけいに臭い玉(膿栓)ができる原因になるので、喉をいじるのはおすすめできません。次にご紹介するのは、阿川佐和子さんの膿栓の取り方です。決してマネをしてはいけません。

あるとき、いつものように口腔観察に熱中していると、喉の奥にプツンと白いかたまりが付着しているのを発見した。
小さなかたまりは一つだけでなく、よく見ると二つ、三つと見つかった。口内炎の一種だろうか。しかし、それにしては痛くない。痛みを感じないデキモノとは、もしかしてガンかもしれない。そう思うと、急に心配になった。
・・・・
そこで今度は直接、かたまりに触れてみようと決心し、人差し指を突っ込んだ。当然、「オエッ」となるのだけれど、我慢しなければ。なにしろ生死にかかわっているかもしれないのである。
ようやく指先が問題の地点に到達したかと思われたとき、ふいに、プルンとかたまりが飛び出した。

阿川佐和子さんが膿栓(のうせん)を告白

臭い玉を取る動画で閲覧数の多かった方法

youtubeで臭い玉(膿栓)を取る動画を探すと、本当にたくさんの動画があるのでビックリします。それほど臭い玉(膿栓)で困っている人が多いのですね。

youtubeにアップロードされている動画の中から一部の方法をご紹介します。

舌で臭い玉(膿栓)を取る

この方法は、あまりにもグロテスクなので動画を見るのはおすすめしません。でも、この舌で臭い玉(膿栓)を取る方法はアリかもしれません。

動画では、舌を器用に動かして扁桃の穴から出ている臭い玉(膿栓)を取る様子が写っていました。舌を扁桃に押さえつけると、臭い玉(膿栓)が穴から少しずつ出てきて、最後には米粒のような臭い玉(膿栓)が舌の裏に落ちていました。その後、落ちた臭い玉(膿栓)を、また舌を使って口に出すという動画でした。

これは、使っている道具が舌なので、柔らかく喉を傷つけたり感染する心配がありません。それどころか、舌を動かすことで舌筋が鍛えられるため、唾液線も活発になるかもしれません。でも、舌筋が衰えている人が、無理に喉の奥まで舌を動かすと、舌が引きつってしまうかもしれないのでご注意ください。

綿棒で臭い玉(膿栓)を取る

綿棒で臭い玉(膿栓)を取っている人が多いようです。だからでしょうか、youtubeでも綿棒で臭い玉(膿栓)を取っている動画が多かったです。

舌で臭い玉(膿栓)を取るよりも、綿棒のほうが合理的です。しかし、綿棒は柔らかそうですが、喉の粘膜を強く押さえると痛いのが分かります。また、綿棒の棒が短いので、扱いにくく、あちらこちらと粘膜を突っつくことになります。それに、汚い指が喉の粘膜に触れます。このことで、喉に炎症を起こす可能性が高いです。

でも、喉に炎症が起きると、臭い玉(膿栓)ができることを知ると、綿棒で取ろうとはしないはずです。

つまようじ、ピンセットで臭い玉(膿栓)を取る

動画の中で多かったのが、つまようじやピンセット。意外にもつまようじのような先のとがった物を使って臭い玉(膿栓)を取っている人が多いので驚きました。

動画の中では、つまようじやピンセットで器用に、扁桃に付いている臭い玉(膿栓)を取っていましたが、一つ間違えると喉の粘膜を刺してしまい出血するかもしれません。このような怖いことをやっていることにも驚きましたが、動画にアップロードしていることで勘違いするのではと心配しました。

うがいで臭い玉(膿栓)を取るときのコツ

うがいする

耳鼻科のお医者さんに、臭い玉のことを相談すると、必ずといっていいいほど「うがいをして喉をきれいにしてください。」といわれます。

臭い玉は、うがいを続けることで取れるだけではなく、喉を清潔にできるので臭い玉ができにくくなる効果も期待できるというわけです。

うがいで臭い玉を取るときのコツをご紹介します。
水を口に含んだら、上を向いてなるべく水が喉の奥まで届くようにします。このとき「オーハーオーハー」と言いながらうがいをすると、喉が動いて臭い玉が動かしやすくなります。

引用:その臭い玉が口臭の原因かも?!自分で取っても大丈夫?WELQココロとカラダの教科書

水を吐き出しても取れないときは、喉を少し詰まらせて息を吐き出す(痰を吐き出すような感じで膿栓を絞り出す)方法も試してみてください。扁桃の表面にくっついている臭い玉なら、これだけで除去できることがあります。

ところが、実際、水でうがいをしても、それほど効果はありません。うがい薬を使うのがいいのですが、うがい薬を毎日使うのは気が引けるかもしれません。

そんなあなたのために、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使用されているお客様から、「膿栓(のうせん)が良く取れる。」とご報告をいただいていますので、その方法をご紹介します。
↓ ↓

「喉の奥から膿栓の臭いがするのが悩みでした。自分ではなかなか膿栓をとれないので耳鼻咽喉科に行ってとってもらっていましたが、美息美人(びいきびじん)を使っていると一度にではないですが大きな膿栓がポロポロと出てくるようになりました。たまっていたのが出たんじゃないかと思います。

今もたまに小さい膿は出てきますが、悩んでいた膿栓の臭いはほとんどなくなりました。ありがとうございます。

舌も白かったのですが、美息美人でちゃんと磨いたらだんだん綺麗になりました。
ただ、美息美人(びいきびじん)を使わないとすぐに白い舌に戻りますし、また綺麗になるまでに時間もかかります。継続して使用するのが大事だと思いました。なくなりそうなので、リピートして使い続けてみたいと思います。」(お客様の声より)

美息美人(びいきびじん)を使用したこのお客様は、具体的に何をしたことで膿栓(のうせん)が取れたと思いますか?

その方法とは、本当にシンプルです。ガラガラうがいをしただけです。でも、勘違いしないでほしいのですが、美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水でうがいをしたからです。詳しくは『うがいで膿栓(臭い玉)を効果的に取る5つのポイント』をご参考にしてください。

もっと詳しくいうと…

朝晩の歯磨きのときに、ガラガラうがいを行います。そして、日中も小まめに、ガラガラうがいをします。

膿栓予防に水を飲むのがコツ

ストローとコップの水

もっと、効果をあげるためには、日中、小まめ水を飲むことが大切です。水を飲む理由は、膿栓(のうせん)が出来やすい人の場合、唾液の分泌が少ないとか、口呼吸になっていて咽喉が乾燥しやすい体質のことが多いからです。

咽喉が乾燥すると、細菌も繁殖しやすくなりますので、粘液(免役物質)が多量に出て… 膿栓(のうせん)が出来ます。ですから、水を飲んで細菌を洗い流すことが大切なのですね。

水道で手洗い

外出から帰宅すると手を洗うのは、手についているばい菌を洗い流すため。水流だけで、ほとんどのばい菌は除菌できるといわれています。

うがいも手洗いと同じです。水でうがいをおこなうことで喉を清潔にできます。そして、膿栓ができないように予防できます。

ところが、重要なことなので、再度申し上げます。

よく「うがいをしても臭い玉が取れない」という方がおられます。これは、たとえうがいで臭い玉が取れたとしても、また出来るということがあります。それほど、臭い玉は何度でもできるものです。

臭い玉がよく出来る人の特徴は、喉が乾燥しやすい。睡眠中にいびきをかいていたり、鼻炎で鼻づまりになり口呼吸になっていることが多いのです。そのため、喉が乾燥し膿栓ができるのです。

この場合の対策は、喉を乾燥させないことです。そのためには、小まめに水を飲むことが大切です。水を飲むと唾液の分泌も促されます。反対に水分不足になると唾液が減ってしまいます。

膿栓予防のコツは、睡眠前に歯磨きをし、仕上げに喉のガラガラうがいをする。そして、コップ一杯の水を飲む(半分でも良い)ことです。

これだけでも効果がありますが、起床すぐにも、ブクブクうがいとガラガラうがいを行い、寝ている間に増えた細菌を洗い流すと良いです。そして、喉を潤すためにコップ一杯(半分でも良い)の水を飲むことをおすすめします。

もし、膿栓(のうせん)でお困りでしたら、美息美人をぜひお試しください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する