舌が白いなら保湿ジェルをつけるのがおススメ。なぜおススメなのか・・・

口腔保湿剤は、口腔乾燥になった高齢者への口腔ケアや訪問歯科診療などで、舌の保湿を目的として使用されます。しかし、口腔乾燥、特に舌の乾燥は高齢者だけではなく、若い世代にも起きる問題です。

舌が乾くと、舌苔が厚くなり口臭が発生しますよね。そのため、舌磨きをしていると思いますが、中々取れない舌苔や、舌が乾いてピリピリする場合があります。

このようなケースでは、舌用の保湿ジェルを使うことで、頑固な舌苔を取れやすくしたり、舌の乾燥を防ぎ痛みを和らげる効果が期待できます。

元々、舌の保湿ジェルは、舌磨きで痛んだ舌やピリピリする症状を和らげるためのものでした。しかし、現在では、舌磨き用のジェルも販売されています。

保湿ジェルと舌磨きジェルの成分には大差がありませんが、ジェルを舌磨きに使ったり保湿用に使うことで舌苔の改善効果を上げることができます。

今回の「舌用保湿ジェルを使用した舌苔対策」についての記事は、口腔ケアアンバサダーの上林登(社団法人日本口腔ケア学会認定)が書きました。舌が白くなってお困りでしたら、ぜひご参考にしてください。

舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔の原因と取り方

口腔保湿ジェルの効果

私の舌は治らない

乾いた舌に口腔保湿ジェルを塗ると口腔乾燥を軽減できるため、口臭予防になります。他にも、ドライマウスや過剰な舌磨きから、舌がぴりぴり痛む時にも保湿ジェルは効果的です。

舌を保湿すると口臭予防になる

いびきをかく男性

舌苔(ぜったい)ができる一番の原因は、口腔乾燥(ドライマウス)です。口臭が発生するのは、口腔が乾燥したときです。

舌が乾燥すると細菌が多量に増え、唾液が蒸発してニオイが発生する。これが口臭の仕組みです。

ですから、舌苔の予防も口臭予防も、口腔を乾燥させないようにすることが重要なのです。

口腔が乾燥するのは、人によって違います。加齢によって唾液が少なくなっているケースもあれば、ストレスが影響して唾液が出なくなっている人もいます。人によっては、降圧剤などのお薬を服用していて、その薬の副作用で唾液が減少しているなんてこともあります。

口腔乾燥は、「口呼吸」によって起きていることもあります。

たとえば、鼻炎で鼻がつまっている場合は鼻で呼吸ができません。そのため、寝ているときに無意識に口呼吸になります。朝、起きたら口や喉がカラカラしていたら要注意です。これと同じことが、いびきをかく人でも起きます。

睡眠時に口呼吸になっていると口内と喉に細菌が増え、臭い玉(膿栓や粘液)もできます。口呼吸の人が口臭があるのはそのためです。

口腔乾燥(ドライマウス)を改善する方法は、こちらの記事『喉がイガイガするのは喉の奥が乾燥しているから。喉の乾燥を防ぐ方法とは?』をご参考にしてください。

舌の痛みを軽減できる

舌磨きはだめです

舌がぴりぴりと痛む原因に、舌の磨き過ぎがあります。ドライマウスの人が舌を磨くと、粘膜を傷つけてしまい舌が乾き、かえって口臭がひどくなります。

それどころか、舌磨きのし過ぎで舌がぴりぴりと痛くなり、味覚まで分からなくなる人がいます。舌が白くなった人たちのほとんどが、このような体験をされています。

→ 舌が痛い!ヒリヒリする。…何科に行けば良い?お薬は何が良い?

舌が白くなるのは誰でも起きることです。しかし、舌苔(ぜったい)が出来ると、見た目も悪いし口臭の原因にもなります。そのため、舌磨きをして舌苔(ぜったい)を悪化させることが多いのです。

そのような場合には、すぐに舌磨きをやめて、保湿ジェルを舌に塗り粘膜の保護をするようにしてください。それでも痛みがおさまらない場合は受診されることをおすすめします。

舌磨きが良くない理由は、『舌磨きは歯磨きでやってはダメ。コットンにあるものをつけて磨く方法とは?』をご参考にしてください。

湿っている舌には保湿ジェルは必要ない

唾液の分泌が正常に働いている場合は、舌の表面が湿っています。その場合には、保湿ジェルを使う必要がありません。(塗っても意味がありません。)

舌の色は、薄らと白い膜が張っているのが正常な舌です。舌の表面には乳頭が生えているのですが、食事などで舌を動かすと乳頭がすれて角化を起こし白くなります。

こんな感じです。

健康な人の舌

ところが、舌苔(ぜったい)や口臭が気になりだすと、薄っすらと白い舌でも気になってしまうようです。この心配が強くなる唾液が減少し舌が乾くのでご注意ください。

口腔保湿ジェルの使い方

ドライマウスが治った女性

舌磨きジェルの使い方

舌ジェルで舌苔が取れる、と過剰に期待しない方がいいです。舌ジェルで舌苔が取れたりドライマウスが治ることはありませんが、口腔保湿ジェルを使うと舌苔の予防になります。

舌磨きはよくありませんが、舌が白いと「どうしても舌磨きをやめられない!」という人がいます。そのようなケースでは、舌磨きを許すことがあります。だからといって、ブラシでゴシゴシと磨いてはいけません。

舌粘膜(舌乳頭)を傷付けないように、できるだけ優しく舌磨きを行う必要があります。そのために使ってほしいのが「舌磨きジェル」です。舌磨きに使うのは、保湿ジェルでも代用できます。舌ジェルには、舌苔を柔らかくして浮かび上がらせる効果があるので、舌磨きに向いています。

1、舌の上にジェルを塗り、10秒ほどそのままにします。
2、舌ブラシを使い、舌の奥からゆっくり優しく舌苔をふき取ります。
3、舌苔を1回ふき取る度に、舌ブラシは水道水で洗浄します。
4、同じ個所を何度もこすらないようにして、舌苔を完璧にきれいに取らないようにするのがコツです。
5、舌磨きを終えた後は、舌に保湿ジェルを塗りこむようにしてください。

口腔保湿ジェルの使い方

チューブからジェルを米粒大だけ出して指にとり、舌一面に塗ります。舌の奥の白い部分を中心に塗る。ジェル状なのでよく伸び、塗りやすいのが良いです。それに少し甘い味がしておいしく感じるので、誰でも使いやすいと思います。

ジェルを舌にひと通り塗ったら、一度、唾液といっしょに吐き出してください。(説明書に吐き出すよう記載あり)これで終了です。

さらに、舌用保湿ジェルを効果的に使うには、ジェルを塗る時間帯を選ぶことが重要です。舌がパサパサに乾くのは朝なので、おすすめは寝る直前に塗るようにしてください。

就寝前の歯磨きのあと、仕上げに保湿ジェルを塗ると良いです。是非お試しください。

口腔保湿ジェルの種類と成分

口腔保湿ジェルは、ドライマウス(口腔乾燥症)から起きる舌の痛みなどの症状を、和らげるための口腔保湿剤のことです。商品・メーカーによって、口腔用ジェル、口内保湿ジェル、口腔ケアジェル、舌ジェル、などと分かれていますが、口腔・舌の保湿という目的は同じです。

口腔保湿ジェルの種類

保湿ジェルは、ネット通販でも購入できますが、歯科医院でも購入できるので歯医者さんに相談されることをおすすめします。

商品名一覧(商品名/発売元)
・オーラルバランス/バイオティーン/T&Kティーアンドケー株式会社
・ジェントル(マウスジェル・マウスウォッシュ・トゥースペースト)/ペプチサル
・うるおいキープ (キープジェル・うるおいミスト・マウスウォッシュ)/和光堂
・ビバジェルウェット/東京技研
・アクアバランス マウススプレー/ライオン歯科材株式会社
・マウスピュア/川本産業
・オーラルピース (ジェル・スプレー&マウスウォッシュ)/株式会社トライフ
・コンクール マウスジェル/ウエルテック株式会社
・デンチャージェル/デントケア?
・ウェットキーピング/株式会社オーラルケア
・うるおーら/株式会社ビーブランド・メディコ・デンタル
・ハニーウェット/日本ゼトック株式会社
・オーラルアクアジェル/株式会社 ジーシ
・ニューオーラルモイスチュア/株式会社菱化デンタル
・オーロラコート/株式会社 明治
・口腔保湿ジェル/サラヤ
・オーラル・リフレ ジェル/モリタ

2017年追加
・お口を洗うジェル/日本歯科薬品
・リフレケアH/イーエヌ大塚製薬株式会社

出典:NAVERまとめ(2020年9月30日サービス終了)

私が実際に試して良かったのでおすすめしたいのは、歯科医院で購入したConCooL社の「マウスジェル」です。舌苔が出来た時に舌磨きと舌の保湿に使用すると、舌の乾燥を防ぐ効果がありました。

コンクールマウスジェル

舌保湿ジェルの成分

始めに舌保湿ジェルの効果をお伝えしましたが、どのような成分が含まれているのでしょう?

楽天市場のランキング上位のジェル成分を元にご紹介しますので、ご参考にしてくだされば幸いです。

1、口内保湿ジェル バイオティーン オーラルバランスジェル…成分/グリセリン、水、ソルビトール、キシリトール、カルボマー、ヒドロキシエチルセルロース、水酸化Na。効能/うるおい、口臭予防、中性の湿潤剤。

2、ビバ・ジェルエット…成分/水・グリセリン・アルギン酸Na・ヒドロキシエチルセルロース・セチルピリジニウムクロリド・安息香酸Na・クエン酸・クエン酸Na。効能・特徴/介護用. 口腔ケア用に開発した湿潤ジェル。

3、オーラルプラス 口腔保湿ジェル うるおいキープ…成分/ヒアルロン酸、トレハロース配合。効能/たっぷり水分で保湿、うるおい、口臭予防

4、ウエルテック コンクールマウスジェル…成分/保湿剤…ラクトフェリン(牛乳)、湿潤剤…ホエイタンパク(牛乳)。効能・特徴/お口の潤いを簡単ケア。

5、口臭予防 エクセレントブレス ブレスコントロール マウスコンディショナー…成分/水、グリセリン、セルロースガム、塩化ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、ヒドロキシエチルセルロース、メチルパラベン、グリチルリチン酸2カリウム、メントール、香料(グリーンハーブタイプ)、甘草エキス、ムクロジエキス、オウゴンエキス、ヒアルロン酸ナトリウム 。効能・特徴/お口のマッサージ剤、ドライマウス用。

ほとんどの保湿ジェルには、舌や口腔粘膜を保湿するために水とグリセリンが含まれているということをご理解ください。

口腔保湿剤の選び方

口の粘つきや舌の乾燥、舌の痛みがある時には、舌用保湿ジェルを選ぶといいです。ジェルが粘膜を湿らせて乾燥を防ぐ効果があります。

舌苔が厚くなり、舌磨きしたい時には、舌磨き用ジェルを使用するようにしましょう。

口腔を乾燥させないために

舌苔ができないように予防するためには、口腔乾燥を起こさないように保湿することが大切です。

1、 就寝中の口呼吸を改善する(いびき、開口をやめるために、唇に医療テープを貼る)
2、 寝る前に水を飲む
3、 起床後に水を飲む
4、 日中も小まめに少量ずつ水を飲む
5、 良く噛む
6、 お口の体操、舌の運動を行い唾液の分泌を促す
7、 口腔保湿ジェルなどを使用する

うがいで予防

舌苔うがいで舌を綺麗にする

舌が白くなっている場合に私がおススメしている方法は小まめにうがいをすることです。喉と舌の細菌は短時間で増えるので、小まめにうがいで洗浄することが大事です。

うがいの仕方は、喉の左右にある扁桃腺に水が当たるようにするのがコツです。そして、水よりもアルカリイオン水を用いる方が断然効果が上がります。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水でガラガラとうがいをするのがおすすめです。

水を飲む

舌苔の予防は小まめに水を飲むことが大切です。本来、口と喉の中は唾液が洗浄してきれいにしています。しかし、ドライマウスの場合は唾液が少なく口腔環境を悪化させるため、その代替として水を飲むようにしましょう。

細菌は喉や舌が乾くと増えます。ですから、小まめに水を飲むのが細菌を増えないようにするためには有効です。この方法で、沢山の人が改善されています。

まとめ

会話を楽しむ女性

今回は、舌ジェルについてご説明しました。舌ジェルには、保湿用と舌磨き用のジェルがあります。保湿用ジェルは、ドライマウスや舌磨きによって舌が痛むときに使うと良いです。

舌磨き用ジェルというのがありますが、過剰に期待しない方が良いです。舌磨きはしない方が良いのですが、「舌磨きをどうしても止められない」という人のためのものです。

ブラシを使わないので舌を傷めることがなくなるので、舌磨きをしたいという方にはおすすめです。また、舌ジェルには保湿効果もあるので、痛んだ舌を保護する効果もあります。

舌苔は厄介ですが、舌ジェルを上手に使い、「うがい」や「水を飲む」、「生活習慣の改善」によって舌がきれいになるでしょう。是非お試しください。

もし、舌が白いことでお困りでしたら、こちらの記事「舌が白い!それは口臭がひどくなるサイン。舌苔を取り除く方法を教えますをご覧ください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する