舌が白いとお困りですか?

舌が白い(舌苔)ことで健康や口臭を心配されている方が多くおられます。そのため、今回は「舌が白いのはなぜ?」をテーマにお答えしたいと思います。

Googleで「舌が白い」と検索すると、グーグルとヤフーを合わせた月間検索数が約27,000件もありました。それほど舌が白いことに困っている方が多いのでしょう。

「舌が白い」で複合キーワードを調べると、、、

  • 舌が白い コロナ
  • 舌が白い 胃腸
  • 舌が白い 画像
  • 舌が白い 肝臓
  • 舌が白い 漢方
  • 舌 白い 取り方
  • 舌 白い 取れない 知恵袋
  • 舌が白い 口臭
  • 喉 痛い 舌が白い
  • 舌が白い 子ども

などのキーワードが上位表示されました。Google検索ユーザーは、舌が白いことに関連して病気口臭などについて詳しく知りたいのでしょう。

ところが、知恵袋では「舌苔を取りたいけれど取れない!」の閲覧数が多かったのです。ということで、「舌苔 取れない」のワードに絞ってお答えしていきたいと思います。

舌について

ピンク色の舌画像

「舌が白い・舌苔」についてお答えするにあたり、先ず「舌」について理解してください。
舌の役割は、舌で味を感じる。そのほか、舌は食べ物を飲み込む時の助け、言葉を発音するために使われます。

ところが、人間が言葉を使う前までは、舌は味覚と食事のための臓器でした。元々、舌は消化器官の一部であり、直接目で見える内臓ですが、舌が白い理由と「肝臓」は関係ありませんね。

舌診の画像

そのため、舌をよく観察すると、体の健康状態の変化を発見することができます。この方法を取りれているのが、中国医学から伝わった「舌診」です。

人によって舌の色には違いがみられます。舌が赤色だと血行が良いですが、舌が白い人は血流が悪く冷え性だといわれます。

この舌色だけではなく、舌の表面に苔が付着している場合があります。この苔は舌苔(ぜったい)と言い、細菌が集まってできた塊で口臭の原因になります。

舌が白い 画像

そのため、舌苔が付くと「口臭がしているかもしれない」と気にされる人が多いのです。もしかするとあなたも、、毎日歯ブラシや舌ブラシで、舌磨きを行っていませんか?

舌磨きで、簡単に舌苔が取れる場合は問題ないのですが、舌磨きをしても汚れがとれないと不安になりますよね。舌苔ができると次のような症状がおこります。

【症状】
・舌に分厚い舌苔がついている
・舌苔がまだらの地図状になっている
・舌が黄色
・口臭が強い
・口が苦い、口がまずい
・口がネバネバ
・口が乾く
・舌に溝ができる、ひび割れができる
・食べ物の味が分からない、味覚障害

引用:舌が白い:症状・原因・対策・舌ケア

>>口が苦い・舌が白いと悩んだら実践してほしい5つのこと

舌苔の原因

舌が白くなると、「コロナ」と関連付けして心配される方もいますが、新型コロナに感染したことで舌苔が出来たという報告はありません。

しかし、舌苔とコロナが全く関係がないわけではありません。口内、特に舌の表面に細菌が増えるとコロナに感染するリスクが高いと言われているからです。

新型コロナウイルスに感染するとしたら、舌に着く可能性が高いといえます。そのため、舌苔ができて白く(黄色く)汚れていると、コロナに感染するリスクが高くなります。

引用:舌みがきで新型コロナの重症化を予防しましょう

舌を診察する医師の画像

また、新型コロナに限らず、風邪やインフルエンザに罹った時にも舌苔は出来るので、新型コロナで発熱したり免疫が下がると舌が白くなると思われます。

舌に苔が出来る原因はいくつか考えられますが、主な原因は次のようなものです。

1, 胃腸の調子が悪い(便秘、下痢、異常発酵、炎症)。よくない食習慣や運動不足により腸内環境が乱れている。
2, 免疫が低下している。疲労、寝不足、ストレスが原因で免疫低下を招いている。
3, ドライマウス。加齢、自律神経失調症、ストレス、薬の副作用が原因で唾液量が減少して口腔が乾燥している。ほかに、口呼吸(開口、いびき、喫煙)が原因のことも。
4, 口内環境の悪化。歯磨き不足、歯周病、虫歯、カンジダなどで、嫌気性菌が増殖している。

舌苔が取れないのは何故?

舌苔は単なる汚れではありません。舌乳頭の角化にカビのように細菌がくっついてできた苔です。そのため、ブラシで磨いても舌苔は取れないのです。もし、完全に取ろうと磨くと粘膜を傷つけてしまうことになるのでご注意ください。

また、舌苔はストレスや疲労、胃腸の不調が影響してできます。そのため、心身の状態が良い時は舌がきれいでも、不健康になると舌苔が厚くなり、息も臭くなってしまいます。

舌苔対策

舌磨きの画像

一般的な舌苔を取り除く方法は「舌磨き」ですが、舌を磨き過ぎないようにしましょう。

舌が白くなると、ほとんどの人は舌磨きをすることで舌苔(ぜったい)を取ろうと考えますが、舌をゴシゴシと磨くと、舌乳頭は傷つくということをご存知ですか?
引用:舌磨きで傷ついた舌は何日で治る?傷の治し方はコレ!

舌が白いまま治らない場合に考えられる原因は、①過剰な舌磨きによって舌に傷が付いた②舌乳頭が長くなり汚れが溜まりやすくなった。ことです。

舌を磨く方法は、専用の舌ブラシを用いて、舌の奥から前方に優しく数回なぜるように磨きます。

慢性的に舌苔が付いている場合には、舌磨きだけではなく、舌のケアも行いましょう。

1, 舌磨きのあとに、舌に保湿ジェルを塗り粘膜の乾燥を防ぐ。
2, お口の体操などで舌をよく動かして唾液の分泌を促す。
3, アルカリイオン水や重曹水で「うがい」をして、口内を酸性化させない。
4, 胃腸に不安がある方は、「漢方薬」や「ビオフェルミン」などを服用する。

関連記事:舌をピンクにする方法

口臭予防

口臭が気になる女性の画像

舌苔の色は、白色のほかに黄色い苔があります。口腔に臭い物質VSC(揮発性硫黄化合物)が多いと、舌苔の色は白から黄と濃くなります。そのため、舌が黄色いほど口臭が強い傾向にあります。

舌が白く汚れている場合は「口臭」が発生しますが、口臭原因は舌苔だけではありません。歯周病などお口に疾患がある場合が多いですので、定期的に歯医者さんを受診されることもおすすめします。

口臭予防する一番効果がある方法は、もちろん「歯磨き」による口腔ケアです。
そして、唾液を沢山出るようにしないといけません。口の苦みや、口のネバネバ、お口の乾燥が気になる場合は、チューインガムを噛むなどすると唾液の分泌を助けます。

また、一見関係ないように思うかもしれませんが、「水を飲む」と唾液量が増えるし、自律神経を整える効果もあるので、こまめに水や白湯を飲むことをおすすめします。

喉が痛い」ことと「舌が白い」ことの関係性ですが、風邪などで扁桃炎や咽頭炎になると喉が痛く、咳や痰が出るようになります。そのような場合には、舌が白くなるかもしれませんが、喉の炎症が治ると自然に舌もきれいになるでしょう。
喉の痛みが続く場合は、早目に耳鼻咽喉科など病院にかかるようにしましょう。

健康なのに「子どもの舌が白い」場合で多いのは、口呼吸で舌や喉が乾燥しているかもしれません。

「赤ちゃんの舌が白い」場合は、たいていは母乳やミルクのカスが粘膜に付くことが原因で心配ありません。清潔なガーゼを水で湿らせて拭くと取れますが、取れない場合は、「がこうそう」や「カンジダ」が原因のことがあります。病院を受診するようにしてください。

この記事は、口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登が書きました。

【関連記事】

舌が白いと口臭になる!舌磨きのポイントは舌を傷つけないこと
口臭の元「舌苔」の正しいケア方法と注意点!

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する