女性のための口臭ケア

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

一般的に、女性が口臭を起こすのは、ホルモンバランスの乱れが原因だと言われています。普段口臭がしていない方でも、生理や妊娠によって口臭が出やすくなるからです。

ホルモンバランスが崩れると、口が乾いて舌苔ができたり口臭を発生するようになるからです。女性ホルモンのバランスが崩れやすいのは、月経期、妊娠期、閉経期。この時期に口臭で悩む方が多いのは当然かもしれませんが、実は、女性の口臭原因はそれだけではありません。

女性が口臭を直せない原因は普段の生活の中にあることが分かっています。女性は育児や家事に忙しいために、ていねいに歯磨きを行う時間がないことがネックなのです。このほかにもストレスが口臭に影響しているケースも多いのです。

今回は、口臭で悩む女性のための対策をご紹介します。もし口臭で悩まれていましたら是非ご参考にしてください。

>>口臭ケア!これで口臭を防ぐことができる

女性におすすめする口臭ケア

女性特有の口臭原因については、「30~40歳代の女性に多い口臭の原因はコレ!口臭対策はこうする!」をご参考にしてください。

歯磨きする時間がない方の口臭ケア

歯磨きができていない

意外にも、女性が口臭になる原因に、多忙な生活が影響しているケースが多いのです。女性が結婚すると、出産、育児、家事、職場といくつもの仕事をするようになります。

一日24時間の中でこれらをすべてこなすには、時間のやりくりが大変。そんな理由から、歯磨き時間を削っている女性が多いのではないでしょうか?

口臭予防で最も大切なのは、言うまでもなく「歯磨き」です。歯磨きする時間は、最低でも朝晩2回、1回の歯磨きに7分以上はかける必要があります。

ところが、ほとんどの既婚女性は、2~3分しか歯磨きをしていないのが実態なのです。

⇒⇒ 舌苔や口臭をうがいだけで取り除くことができる美息美人とは?

時間が少ない方には、常にペットボトルを持参してこまめに水を飲むとか、うがいを行うことをおすすめします。これだけでも、口臭を減らすことが可能です。ぜひお試しください。

ゆっくり食事ができない方の口臭ケア

意外かもしれませんが、口臭予防で大事なことは食事です。なぜかと言うと、唾液が最も多く分泌されるのが食事のときだからです。食事を味わいながらよく噛むと唾液量が増え口内が洗浄されます。

当然、口臭が予防されます。それだけではありません、唾液が沢山出ると、虫歯や歯周病の予防にもなるのです。

口臭を予防するためには、ゆっくりと噛んで食事を楽しまれるよう、おすすめします。

睡眠不足の方のための口臭ケア

女性に不眠症が多いようです。不眠症でなくても、一般的に女性の場合は忙しく寝る時間が遅いようです。

でも、寝不足の翌日に舌が真っ白になっていたというような経験をしたことはありませんか?

睡眠不足になると、免疫が低下して舌苔ができやすくなります。そして、口臭が強くなります。慢性的に睡眠不足になると、口臭が治らないので、できるだけ睡眠をとるようにしてほしいのですが、それも無理な場合は、、

ハーブティーや白湯を飲んだり、お風呂に浸かってリラックスするようにしてください。自律神経が整うことで、口腔乾燥の改善が期待できますよ。

ストレスが多い方の口臭ケア

女性は、ホルモンバランスが崩れることによって舌が白くなり、口臭が強くなることがあります。女性の場合には、ストレスが舌苔をつくっているケースが多いようです。

ストレスを抱える女性

女性は、男性と違って生活が複雑なのがストレスの原因かもしれません。男性の場合は、一日のほとんどが職場です。しかし、女性は、職場、友達、近所付き合い、家族(夫、子ども)と気をつかうことが多いため、ストレスがたまりやすいのかもしれません。

緊張、不安、心配、恐怖、怒りなどのストレスは、自律神経の乱れを起こします。そして、唾液が出なくするため、舌が白くなりやすいです。

ストレスは、舌が白くなるだけではなく色んな病気の原因にもなります。舌苔ができたときには、「ストレスがたまっているかも?」と疑ってみることも必要です。そんな時は、おしゃべりや好きな趣味などによってストレスを発散しましょう。

舌苔は口が苦くなるなど味覚障害の原因になります。

喫煙・飲酒が多い方の口臭ケア

ストレスを発散するためかもしれませんが、女性の喫煙と飲酒が増えています。しかし、喫煙と飲酒は口臭がひどくなる原因になるのでご注意ください。

タバコを吸うと、毛細血管を収縮させるし、免疫低下を起こします。そのことから歯周病になりやすいです。歯周病になると口臭がひどくなるので、禁煙されることをおすすします。

また、アルコールは口腔乾燥を起こすため、舌苔ができやすく治りにくくなります。飲酒されるときのコツは、飲みすぎないことと、水を小まめに飲むことです。

腸内環境を整えて口臭を改善する

便秘や下痢で腸内環境が乱れると、口臭の原因になります。

女性の中には、神経性胃腸炎や便秘症の方が多いようです。腸内環境が悪くなると、腸内で発酵したガスが血管内に吸収され呼気口臭となります。呼気口臭とは、鼻から出るうんこ臭い息のことです。

また、腸内環境が悪い時には免疫が低下するために、口臭が発生しやすくなります。普段から、胃腸を健康にすることをこころがけることが大切です。

腸内フローラについては、こちらに詳しく載っています。
ビオフェルミン、腸内フローラをもっと知ろう

まとめ

歯科衛生士のブラッシング指導

このように、女性ホルモンの関係から、女性特有の口臭が生まれるわけですね。だからと言ってあきらめる必要はありません!

それは、女性ホルモンが急激に増えたり、逆に減少することで、唾液の分泌が減ることから、細菌が増殖することが原因だからです。ですから、妊娠中で舌が白くなったり口臭がするようになったとしても、出産後は良くなるというように一過性であるのが普通です。

舌が白いことでお悩みでしたら、こちらの『舌磨きはコットンが効果的!?』をご参考にしてください。

どうしても気になるようでしたら、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」で歯磨きとうがいを行うことで、口臭を予防することは可能です。もし、女性特有の口臭でお悩みであれば、是非お試しください。

SNSでもご購読できます。