唾液が臭い!ネバネバ唾液とサラサラ唾液の違い

唾液はなぜ臭うの?

口腔ケアアンバサダー(社団法人口腔ケア学会認定)の上林登です。

唾は臭いもの、というイメージがあるかもしれませんが、じつは出たばかりの唾液は無臭です。
指を舐めたときに発生するあのイヤなニオイは、唾液そのものではなく、唾液や口内の汚れ(細胞の死がいや食物カス)をエサにした細菌がつくり出した臭い物質のせいなのです。

さらに、唾液腺の働きが悪いと、においやすい粘ついた唾液が出る場合もあります。唾液腺マッサージやお口の体操などで、適度に唾液の分泌を促して唾液腺の機能を鍛えることが大切です。

関連記事:「口臭」に関するQ&A

ネバネバ唾液が口臭を発生させる

口臭はネバネバ唾液が原因です。その理由は、、ネバネバ唾液には細菌のエサとなるタンパク質が多く含まれているからです。

唾液線からの唾液分泌は、自律神経(交感神経、副交感神経)によってコントロールされますが、興奮によって交感神経が優位になると、唾液タンパク質が多く分泌されようになります。

興奮時に分泌される、ノルアドレナリンが受容体に結合することがタンパク質分泌の引き金となる。

引用:歯科学報「唾液腺からの水とタンパク質の分泌の仕組み」

そのため、自律神経が乱れて交感神経が優位な人は、(タンパク質の多い唾液を分泌するため)唾液が臭くなる、歯垢が付きやすい、舌苔が増える、そして口臭が強くなりやすい。

興奮した時に口が臭くなるのは、ワキが臭くなるのとよく似ています。
参考>ワキが臭くなるのは?

唾液はもともと無臭!

会話を始めると不快に感じるのが、お口のにおい。
ところが、唾液腺から出る唾液には臭い原因となる物質はほとんど含まれていません。

唾液が舌の表面で、剥がれ落ちた粘膜のカスや食物のカスなどと混じり合ったところで、これを細菌が分解することで匂い物質が発生し、臭くなるのです。

※匂い物質
メチルメルカプタン :たまねぎが腐ったような匂い
硫化水素 :卵が腐ったような匂い
ジメチルサルファイド :キャベツが腐ったような匂い

口臭原因

口臭は、口の中にいる細菌によりタンパク質が分解・発酵される過程で出るガスです。硫黄のような匂いや、玉ねぎが腐ったような匂いは、唾液の匂いがもととなって、細菌が作り出した物質が臭いのです。
また、舌下腺から出るネバネバ唾液からは、細菌の分解によってニオイが発生しやすいです。ドライマウスは女性の多いと言われていて、ストレスやお薬の副作用などが原因で唾液の分泌減少が起こります。口臭が気になる場合は、ドライマウスの可能性が高いです。

参考:e-ヘルスネット ドライマウス

サラサラ唾液・ネバネバ唾液…唾液腺の働きが臭いを左右する!?

唾液腺から分泌する唾液の99.5%は水分で、本来は無味無臭です。

※残りの約0.5%は無機成分としてカルシウム、リン酸、ナトリウムなど、有機成分としてムチンや抗菌・免疫物質などが含まれています。

もともと無臭の唾液が臭くなるのは、細菌が作り出した臭い物質が唾液に混じるからです。また、唾液中の臭い物質量が増えると、苦い・まずい味を感じるようになります。

ところで、唾液はどこから来るのでしょうか?

実は唾液の原料は血液です。唾液はこうやって作られます。
水分を摂取すると、骨髄で血液が作られ、その血液が唾液腺で唾液へと作り変えられます。 水を飲むとそれがすぐに唾液になるのではなく、一度血液が作られてから唾液になります。

唾液にはサラサラとネバネバがある

※三大唾液腺
耳下腺…サラサラした漿液性の唾液を分泌する。
顎下腺…サラサラした漿液性とネバネバした粘液性の唾液を分泌する。
舌下腺…ネバネバした粘液性の唾液を多く分泌する。

唾液の性質はサラサラ唾液とネバネバ唾液では異なり、唾液腺によって分泌する唾液の特徴と役割も違います。

サラサラ唾液は耳下腺から、ネバネバ唾液は舌下腺から、顎下腺はサラサラとネバネバ唾液の混合です。

しかし、この唾液腺の機能には限界があり、唾液の量が少なくなると、成分をろ過しきれず唾液中に残される量が多くなってしまいます。

副交感神経が働いている場合の唾液は「サラサラ」で、交感神経の方に傾いた時の唾液は「ネバネバ」になります。

サラサラ唾液の特徴は、水に限りなく近く、食物カスや細菌を洗い流す作用があります。
逆にネバネバ唾液は、水分が少なく、粘ついて歯や舌に付着するため、細菌の格好のエサとなります。
また、ネバネバ唾液は余分な成分を含んでいるため、不快な臭いが発生しやすいのです。さらに唾液中に細菌が多く繁殖するので、誤嚥性肺炎の原因にもなります。

唾液を分泌させるには、唾液腺を刺激することで機能が高まるという特性があります。自律神経の整っている人の唾液は、そうでない人よりサラサラで多く分泌されることが知られています。軽く運動したり、ぬるま湯のお風呂に浸かったりするとリラックスでき自律神経が整います。また。小まめに水や白湯を飲んで水分補給することが「サラサラ唾液」を出す秘訣です。

睡眠不足が朝の口臭原因になる!

一般的に睡眠中は唾液の分泌が減少すると言われますが、唾液が減るのは眠りの浅いレム睡眠の時です。眠くなる夜間帯は、副交感神経の働きが優位になりリラックスしているので、この時は唾液はサラサラとしています。

睡眠に入ると、ぐっすり眠るノンレム睡眠とレム睡眠を交互に繰り返します。眠りが浅いと交感神経が活発になり、唾液量が減りネバネバになります。朝起きた時には、口が粘つき口が臭いのはこのためです。

いびきや口呼吸で口腔乾燥を起こしていると、口が臭くひりひりすることがあります。

Q)レム睡眠のときは、自律神経の活動はどうなっていますか?

A)交感神経の活動が、覚醒しているときに近い状況になります。脈拍、呼吸、血圧などが不規則に変化するので、「自律神経系の嵐」と呼ばれています。

出典:白川 修一郎: S2-2.自律神経と睡眠(第43回日本女性心身医学会学術集会). 女性心身医学 2014;19,65-66

サラサラ唾液で口臭を予防するためには?

口臭を予防するためには、唾液をサラサラにする必要があります。サラサラ唾液の成分はほとんどが水分ですので、口内のタンパク質汚れを洗い流す作用があるからです。

サラサラ唾液は、副交感神経が優位な時に分泌されるので、睡眠や入浴でなどでリラックスするようにしましょう。口内環境をよくするためには、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスを調えることが大切です。

【ストレス対策】

1,充分な睡眠
2,リラックスする時間をとる
3,軽い運動(ウォーキングやストレッチ)
4,バランスのよい食事を摂る
5,無理なダイエットをしない
6、水を飲むと自律神経を整える効果がある

引用:ストレス対策=口臭対策

ストレスが減るとサラサラ唾液になり口臭予防になります。

関連記事
ドライマウスの症状と原因
自宅でできるドライマウス対策
口の中のネバネバを取る方法

SNSでもご購読できます。