歯間ブラシで血が出る原因のほとんどは歯周病

歯間ブラシ

歯間ブラシで血が出るのは

日本歯周病学会会員口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

歯磨きや歯間ブラシを使った時に出血すると不安になりますよね。YAHOO!!知恵袋を見ていると、「歯磨きした時に出血するのは磨き過ぎですか?」とか「歯間ブラシを使うと血が出るのは病気ですか?」と言う質問がありした。

歯磨きや歯間ブラシで出血を経験する人は多いです。その理由は、歯茎からの出血する原因は、ほとんどが歯周病だからです。歯周病は日本人の8割以上が罹患している国民病です。歯周病の初期は、血が出ることはありませんが、病気が進行すると歯茎が腫れて出血するようになります。

歯槽膿漏になると歯が抜け落ちることにもなるので、ブラッシングを適切に行なうことが大事です。

今回の記事では、「歯間ブラシで出血してしまう原因」についてお伝えしますので、是非ご参考にしてください。

歯間ブラシで血が出る原因のほとんどは歯周病

歯間ブラシで血が出ると不安になりますが、歯ぐきから出血する原因の多くは「歯周病」によるものです。歯肉に炎症が起きると、毛細血管が広がり歯肉が腫れるので、ブラッシングしただけで毛細血管が破れて出血するようになります。

歯周病は進行する病気で、歯肉炎、軽度歯周炎、中程度歯周炎、重度歯周炎(歯槽膿漏)へと悪化していきます。歯周病の症状には、歯ぐきの赤み、腫れ、出血、口臭といった症状がありますが、出血する場合には、軽度歯周炎以上になっています。

参考:日本人はこうして歯を失っていく 専門医が教える歯周病の怖さと正しい治し方 Amazon

歯磨きの度に血が出るとか大量出血がある場合は、中程度から重度の歯周炎になっている可能性が高いです。血が出る場合は、放置しないですぐに歯科を受診するようにしてください。

>>歯周病の症状について分かりやすく解説します

歯周病の原因

歯ぐきから出血する原因のほとんどが歯周病です。この歯周病になる原因を理解しておくと、今後の対処や予防に役に立ちます。

【歯周病の原因】

  1. 歯磨きが上手にできていないために、歯垢や歯石が着く。
  2. 歯間ブラシやフロスを使っていない。
  3. 唾液の分泌量が少ない。(ドライマウスの原因には、薬の副作用やストレスなどがある。)
  4. 自律神経の乱れ
  5. 喫煙習慣(コチン・タール)
  6. ホルモンの乱れ(思春期、更年期)
  7. 糖尿病などの疾患

歯みがきで出血

歯間ブラシが臭くなる原因について詳しくは、『口臭の元!歯間ブラシが臭くなる原因と対策ポイント4つ』をご参考にしてください。

関連記事>>歯周病の治し方

歯茎からの血は出したほうがいい

歯科で診てもらったときに、歯医者さんから「軽い歯肉炎ですから、血は出したほうが良いです。(早く治るから)」といわれることがあります。

その理由は、血の中に膿が混じっているからです。膿は腐敗物だけでなく歯周病菌などのばい菌が多く含まれているので、膿を出す方が炎症が治りやすいのです。

いいえ、歯磨きを控えるのは逆効果です。歯茎から血が出ているときは、「歯磨きをしたらもっと血が出そう」「刺激を与えると治りが悪くなりそう」という気持ちから、多くの方はブラッシングを控えがちになります。しかし、この判断は正しくありません。
引用:東京国際クリニック/歯科 歯茎の出血・膿に関するQ&A

出血しやすくする要因

ホルモンバランスの乱れ

女性の場合は、生理などでホルモンバランスが崩れると、歯肉炎を起こしやすくなるため、優しく歯間ブラシで磨いたつもりでも血が出ることがあります。

喫煙

喫煙習慣があると歯周病になりやすいというデータがあります。歯肉に炎症を起こした後も、喫煙を続けると歯周病が悪化するため、出血の可能性も高くなります。

薬の影響

血をサラサラにする、抗血小板薬や抗凝固薬を飲んでいると、歯茎からの出血が止まらない場合があります。また、降圧剤や抗うつ薬を服用していると、唾液の分泌が減少し歯周病のリスクを高めます。

歯周病以外の出血原因

歯周病が悪化すると歯肉が腫れるため、歯間ブラシを使っただけで血が出るようになります。歯間ブラシの使い方が間違っているなど他の原因もあるので、ご紹介します。

歯間ブラシの使い方が間違っている

歯間ブラシは、歯と歯の間の隙間にたまったプラークを除去するためのものです。無理に歯ぐき部分をゴシゴシと磨くと歯肉を傷つけて出血することがあるのでご注意ください。

正しくブラッシングするためには、歯間の広さに合った適切な「歯間ブラシ」を使うようにすることが大切です。

また、歯周ポケットなど歯肉部分を磨く場合は、フロスを使うといいでしょう。

歯周病以外の病気

歯周病でないのに歯ぐきから血が出る場合には、次のような病気の可能性もあります。

  • 血友病
  • 白血病
  • 再生不良性貧血
  • 血小板減少性紫斑病
  • ネフローゼ症候群

出血が続いている場合、重大な病気の可能性もあるので、早目に受診するようにしましょう。

歯ぐきから出血する場合の対処法

歯科治療

軽度の歯肉炎であれば、歯科での治療は歯石除去と歯のクリーニング程度で済みます。中程度であれば治療期間も長くなるかもしれません。歯槽膿漏のような重度の歯周病になれば、抜歯することもあります。

ブラッシングケア

鏡の前で歯磨き

歯周病の予防で大切なのは、毎日の歯磨きです。歯石を取っても歯磨きが上手にできていなければ、直ぐに歯周病菌は繁殖して再発します。

ですから、歯磨きで口の清潔を維持することは、歯周病予防にはとても重要なことです。
その時に、歯間ブラシやワンタフトブラシを使用すると、効果的に汚れを取り除けるために歯周病の予防効果が高まります。

歯磨き効果を高めるには、どの歯ブラシを使うかも大切なことです。歯ブラシの選択で困ったらこちらの記事「歯ブラシの選び方!虫歯予防と歯周病予防では異なります」が参考になります。

そして、歯磨き効果を高める大きな要素は、歯磨き粉の選択が重要です。同じように歯磨きをしても歯磨き粉によって効果に差が出ます。

歯周病の予防にお勧めできるのは、アルカリイオン水の歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」です。アルカリの力がよく汚れを落とすので、細菌の繁殖を抑えることができるからです。次の記事をご参考にしてくだされば幸いです。

まとめ

歯周病は進行する病気です。膿臭く感じたり出血がある場合には、すぐに歯科を受診しましょう。歯周病の予防は、日頃のブラッシングケアと定期的な検診を受けることも大切です。

>>歯周病になってから対処するよりも、予防が大切です。

歯間ブラシを使ったときに、血や臭いが気になる場合には、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」をご使用されることをおすすめします。

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

SNSでもご購読できます。