膿栓(臭い玉)は取ってもすぐできる!予防の仕方はコレ!

喉が痛い

膿栓(のうせん)は臭い玉とも呼ばれ、口臭が気になったときに直ぐに疑われてしまう嫌われもの。

そのため、膿栓(のうせん)を取ろうと躍起になっているいる人たちが後を絶ちません。

でも、たとえ膿栓(のうせん)を取っても、直ぐに出来るということをご存知ですか? この事実を知らないと、大変無駄な努力をすることに。

膿栓を予防するには、膿栓をできなくしないといけないのです。

今回の記事では、膿栓(のうせん)が、何度でも出来る原因と予防方法についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

膿栓(のうせん)が出た!

膿栓

あなたは、膿栓(のうせん)が飛び出てきたことはありませんか?

突然、おかしなことをお聞きしたことをお許しください。
咳(せき)やくしゃみをしたときに、のどから米粒大の乳白色の玉が飛び出て驚くことがあります。

私も初めて膿栓を見たのは、くしゃみをした時でした。「何だこれ?」という感じで、何気なくニオイを嗅いですごい悪臭にビックリ!今でも、その時のことをはっきりと覚えています。

すごく臭いので、世間では「臭い玉」とも言われていますが、これが膿栓(のうせん)です。

私のように恐る恐る膿栓(のうせん)のニオイを嗅いだかもしれませんね。そして、あまりにも臭いのでショックを受ける人が多いです。それは、「もしかしたら、口臭がしていたかもしれない」と考えてしまうからです。

実際、美息美人(びいきびじん)のお客様からのご相談にも…

  • 臭い玉がたまに出ます。口臭がしているか分かりませんが、気になります。
  • 喉に白い玉が見えるのですが、取れません。
  • 何年も口臭がしているのですが、原因が分かりません。膿栓(のうせん)が原因だと思います。
  • 後鼻漏なので、膿栓(のうせん)ができていると思います。

など膿栓(のうせん)が口臭の原因だと考えている人が多いです。だから、「臭い玉を取りたい」のです。

耳かきで膿栓(のうせん)を取るのは危険

膿栓を綿棒で取る

咳をしたときに飛び出た膿栓(のうせん)を手に取って嗅ぐと少し臭い程度です。ところが、指でつぶしてから嗅ぐと、とんでもない強烈な悪臭がします。あまりにも臭いので、癖になる人もいるほどです。

膿栓(のうせん)はそれほど臭いので、「臭い玉(くさいたま)」ともいわれます。

ですから、膿栓(のうせん)=口臭 と結びつける方が多い。

そのために、膿栓(のうせん)を取れば口臭がなおると勘違いされて取ろうと。しかし、耳かきや綿棒を喉に入れて膿栓(のうせん)を取ろうとすると傷付けるだけです。

耳かきで膿栓(のうせん)を取っていたら、喉から血が出てきました。膿栓(のうせん)を取るのをやめたのですが、その後、喉がヒリヒリしています。耳鼻科に行ったほうが良いでしょうか?

そのようなことのないように、こちらの記事口臭の元!臭い玉(膿栓)ができる4つの原因と取り方もご参考にしてください。

膿栓(のうせん)が出来るしくみ

口の菌

膿栓(のうせん)は喉に細菌が増えると誰でも出来るのものです。風邪でも出来ることがあるように、容易にできるものです。しかし、健康な人の場合には、風邪で膿栓(臭い玉)ができたとしても、自然と取れていくので心配することはありません。

問題なのは、膿栓(臭い玉)が大量にできるとか、常にできるケースです。

喉に細菌が増えると、扁桃(へんとう)から粘液(免疫物質)が分泌され、細菌をやっつけます。細菌の死がいや食べかすが粘液と固まって出来たので膿栓(のうせん)です。その膿栓(のうせん)に細菌が繁殖し腐敗を起こします。

そのため、膿栓(のうせん)ができると、扁桃(へんとう)から細菌をやっつけるために、抗体としての粘液が次々と分泌されます。この粘液に腐敗臭が混じるので臭いのですね。

膿栓(のうせん)ができやすい人

鼻水予防ミスト

膿栓(のうせん)は誰でも出るのですが、人によっては常に出来る人もいれば、膿栓(臭い玉)自体を見たこともない人もおられます。

この違いは何にあると思いますか?

膿栓ができやすい人の場合には、耳鼻科の疾患があります。また、唾液が少ないとか口呼吸による喉の乾燥が影響しているのです。

膿栓(のうせん)は、喉に細菌が増えることでできます。慢性の副鼻腔炎や鼻炎などで鼻水が喉にたまると細菌が増殖するため、膿栓(のうせん)も出来やすくなります。そして、喉が乾燥することで細菌が増殖することが、さらに膿栓を作ることになるのです。

膿栓が出来る原因

喉の図解

  1. 口呼吸で喉が乾燥する
  2. 唾液が少ないため、喉が洗浄できない
  3. 後鼻漏で喉に細菌が増える
  4. 蓄膿症
  5. 鼻炎
  6. 咽頭炎、喉頭炎
  7. 逆流性食道炎

このような原因があれば、膿栓(のうせん)が出来やすくなります。ですから、思い当たる所があれば、治療を受けて治すことも大切です。

この根本原因を改善しないことには、膿栓(のうせん)が出来続けることになります。

膿栓は除去しても何度でもできる

咳払いする女性

先ほどの理由から、膿栓は何度でもできるものです。当然ですが、膿栓を取っても膿栓ができる根本的な原因を解決しないことには、膿栓はできます。

このことを無視しては、一生、膿栓に悩むことのなるかもしれません。このようにいうと、「じゃあ、膿栓はなくならないの?」と思うのは間違いです。

膿栓ができる原因で多いのは、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、咽頭炎です。それらの炎症が元になり扁桃腺炎になる。その過程で膿栓ができます。

だから、一番に、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、咽頭炎を治療することが重要です。そして、次に大切なことは喉に細菌が増えないように、うがいなどによって、喉を清潔に保つことなのです。

そのようにすれば、膿栓ができなくなります。

でも、あなたの悩みは、「今ある膿栓を取りたい!」という問題かもしれません。これから、膿栓を除去する方法についてもお話ししていくのでこの後もお読みくだされば幸いです。

耳鼻科では相手にされないかもしれない

isya

喉の奥に膿栓がいくつも見えるが何をしても取れません。ずっと口臭も酷く、耳鼻科に行っても「自然に出てくるのを待って下さい。」と相手にしてもらえません。

耳鼻科に行っても、膿栓(のうせん)を取ってもらえないことが多いです。何故だと思いますか?

膿栓(のうせん)が出来ても、身体には害がなく、お医者さんの言われるように普通は、食事や咳などによって自然と取れるものなのです。

でも、取らない理由は、実はそれだけではありません。

何度取っても、出来るからです。

YAHOO!知恵袋でも、膿栓(のうせん)についての相談が載っていましたので、ご参考までにご紹介します…

tyuusyaki

数週間前、咽喉から膿栓(のうせん)がでました。膿栓(のうせん)のせいで口臭がしていたのですが、膿栓(のうせん)が取れた後は、口臭もなくなりました

でも、すぐに膿栓(のうせん)が出来て、今度の膿栓(のうせん)は良くくっついているため、シャワーやうがいでも取れません。

……その後、唾や物を飲み込んだときに違和感があり、口臭もするので、耳鼻咽喉科で診察してもらうと、何も見つからないのでほっておくのが一番だといわれました。

……でも、歯磨きをしてもうがいをしてもなくならない喉の奥からくるこの口臭にもう心底まいっています。どうすればいいのでしょう?

という悲しくなるようなご相談内容でした。

このように、耳鼻科にかかっても断られることもあるということを知っておいてください。もし、ご心配でしたら、この後もしっかりとお読みいただければ、今後のご参考になると思います。

口臭がする本当の原因

%e8%87%ad%e3%81%84%e7%94%b7

膿栓(のうせん)≠口臭

膿栓(のうせん)は、ほとんど口臭を発していません。つぶすと臭いのですが、そのままだとそれほど臭っていないのです。膿栓(のうせん)に鼻を直接近づけないと分からない程度のニオイです。

それなのに、どうして強烈な口臭になるのでしょう?不思議ではないですか。

実は、先ほどご説明したように、膿栓(のうせん)が出来ると、粘液が分泌されます。そして、粘液に膿栓の腐敗臭が混じります。

粘液が口の中に流れ込むと、唾液と混じります。

唾液が苦い(変な味)とか気持ち悪い、唾がネバネバする、口臭がする、ということが起きるのです。

口臭スパイラル

膿栓の図解

それに、臭い唾液は舌にも付着するので、舌苔(ぜったい)が出来るというように、悪いことばかり起きます。

舌苔(ぜったい)ができると、口臭が出るようになります。

そして、舌苔(ぜったい)の中の細菌が、今度は咽喉に繁殖して膿栓(のうせん)の原因になるという悪循環に陥いることに。

膿栓(のうせん)スパイラルを断つには

ばい菌のかたまり

このような膿栓(のうせん)による口臭スパイラルを絶つには、どうすれば良いと思いますか?

膿栓(のうせん)を取っても、咽喉や舌に多量の細菌があることで、すぐに繁殖します。

ですから、膿栓(のうせん)をできなくするには、咽喉や舌に細菌が繁殖しないようにすることが大事なのです。

膿栓(のうせん)の予防

膿栓(のうせん)を予防するためには、次のように行います。

  1. 先ず、膿栓(のうせん)を取る
  2. 喉の清潔を保持する
  3. 口腔内の清潔を保持する

具体的には、喉のばい菌を減らすためには、まず膿栓を取らないといけません。膿栓を取る方法はいろいろありますが、一番安全なのは耳鼻科で除去してもらうことです。常に膿栓が出るような場合には、慢性扁桃炎になっているかもしれないので、耳鼻科で診てもらうことをおすすめします。

たまにしか膿栓がでない軽度の症状の場合には、イソジンなどのうがい薬でうがいを行うと良いかもしれません。

膿栓が取れると、扁桃の穴に空洞ができます。しかし、膿栓が取れたからといってそのままにすると、すぐに膿栓の元となる粘液(免疫物質)が出てきます。粘液にばい菌の死がいや汚れが付着すると、臭い膿汁になります。膿汁が乾燥して固まると膿栓になります。

膿汁や膿栓ができると、さらにばい菌が増えるのでまた膿栓ができるという繰り返しになるので、一度、膿栓が取れたら喉にばい菌が増えないようにしないといけません。

そのためには、毎日、起床時、睡眠前には歯磨きと喉の洗浄うがいを行う必要があります。小まめに喉を洗浄することだけでは、膿栓を予防するのは難しい場合があります。こちらの記事『うがいで膿栓(臭い玉)を効果的に取る5つのポイント』もご参考にしてください。

膿栓ができやすい人の場合、唾液が少ないとか口呼吸で喉が乾燥しているからです。ですから、喉の乾燥を防ぐ必要があります。

喉の乾燥を防ぐ方法としては、次のことを行うと良いです。

  1. お口の体操で唾液を出す
  2. ガムを噛む(ノンシュガー)
  3. 乾燥しないように部屋の湿度を保つ
  4. 小まめに水を飲む
  5. 食事中はよく噛む
  6. 口呼吸を鼻呼吸に変える。こちらの記事『口呼吸⇒鼻呼吸に変えると口臭が消える!?』もご参考にしてください。

膿栓(臭い玉)の予防で、私がオススメしている一番効果的な方法は…

ugai

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使用して、朝晩の歯みがきをしっかりとし、美息美人のアルカリイオン水で、こまめに咽喉と口のうがいを行うことです。

アルカリイオン水で喉のうがいを行うと、膿栓(のうせん)が取れやすくなります。その後も続けることで、喉の清潔を保つことができます。

たったこれだけですが、膿栓(のうせん)や舌苔(ぜったい)には、効果大です。

もし、膿栓(のうせん)が出来てお困りでしたら、美息美人(びいきびじん)をお試しください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する