舌が白い(舌苔)

舌が白くなり困っている人が多いのではないでしょうか。でも、舌苔(ぜったい)は人によってできる原因が異なります。ですので、自身の原因や状態をよく知って対策することが重要です。

こちらでご紹介している記事をお読みいただければ、舌苔の悩みを解決できると思います。

舌苔(ぜったい)とは

舌磨きで白くなった舌

舌が白く(または黄色く)なり汚れているのを舌苔(ぜったい)といいます。舌苔ができると、ほとんどの人は舌ブラシなどを使い舌磨きをおこなうのではないでしょうか。

しかし、舌を磨いても舌はきれいになることはありません。それは、舌乳頭の間に細菌などの汚れが付着しているからです。たとえ、舌磨きをしても、舌の表面だけしか落とせないのです。

舌乳頭と舌苔の図

舌苔(ぜったい)は、舌に苔がはえたようなものをいいます。舌の上で、細胞のはがれ落ちたものや食事カスに細菌が繁殖してできたものです。苔の色は、一般的に白色なものが多いのですが、喫煙や口腔の衛生状態によって黄色や茶黄色になることがあります。

引用:舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防

過剰な舌磨きによって舌苔が悪化する

舌磨きによって舌が傷ついている人が多いです。舌が傷つくと、ヒリヒリしたり味覚障害をおこし口が苦く感じることも。

舌苔(ぜったい)からは臭い物質が産生され唾液中に溶け込むために苦味を感じます。ですから、舌が白くなっているときに苦いと感じることが多いのです。

引用:口が苦いときの原因6つと対策

舌乳頭は細い組織なので、食事でも傷つき角化するようなデリケートな組織。それをゴシゴシと磨くと傷つくのは当然です。ところが、そのことで舌の角化が進み舌苔も増えます。

舌乳頭の角化の図

舌苔が増えると、さらにゴシゴシと磨くと思いますが、それって、傷部分をこすり化膿させているのです。これでは、舌苔が治ることはありませんし、口臭も悪化するでしょう。

よく、過剰に舌磨きをした人が、炎症を起こし真っ赤になっていることがあります。それは、舌に傷がついてしまったからです。

そのようにならないためにも、舌の汚れを取るときには十分注意しなければいけません。

引用:舌磨きをしないで舌苔(ぜったい)を取る方法!舌を磨くと逆効果になるのでご注意ください

研磨剤入り歯磨き粉

舌を磨くだけでも良くないのに、さらに歯磨き粉をつけて磨く人もいます。ほとんどの歯磨き粉には刺激の強い合成界面活性剤が含まれているので、舌苔が悪化する原因になっています。

引用:舌を磨いてはダメ!舌に歯磨き粉をつけたらダメ!どうすれば良い?

舌苔ができる原因

病気の男性

舌苔(ぜったい)と一言でいっても、舌苔ができる原因は様々です。身体の不調からくる免疫力の低下からも舌は白くなりますが、舌苔ができるのは口腔が乾燥することが大きく影響しています。

細菌が増えるのは、唾液が出ないか、唾液の免疫力が低いか、もしくはどちらも当てはまる場合です。この条件に当てはまる人の場合は、口腔内に増えた細菌が舌にも感染します。

引用:膿栓と舌苔は免疫力の低下が一番の原因!免疫を高める方法

胃腸が弱い人の場合は常に免疫力が落ちているため、舌苔がよくできます。

  • 胃が痛い、胃が重く感じる。
  • 胃潰瘍、胃炎、胃のポリープ、胃がん。
  • 十二指腸炎、過敏性症候群、腸炎。
  • 便秘、ガスがたまる。下痢。

などが代表的な胃腸の病気です。これら胃腸の病気になると、舌も白くなります。だから、内科に行くと舌診をするのですね。
昔から、お医者さんが患者を診断するときには、舌を見て病気を判断しますが、そういう理由からです。

引用:胃腸が弱ると舌が白くなる!口臭がする!対策はこれ!

舌が白くなった女性

免疫力低下のほかに舌苔のできる原因は、唾液が少ないか口呼吸による口腔乾燥(ドライマウス)によるものです。

舌がパサパサになる症状をドライマウスといいます。ドライマウス症は10人に1人の割合であるといわれます。しかし、ドライマウスの対策法についてはあまり紹介されていません。

引用:舌がパサパサになる人必見!速攻でドライマウス対策する方法

ドライマウス(口腔乾燥症)の症状としては、口がパサパサする人もいれば、唾液がネバネバで不快感を感じる人もいます。

唾液が出ないと、最初に起きるのは唾液の粘つきかもしれませんが、唾液が減ると細菌が増えるので舌に苔ができ白くなります。

引用:口がネバネバする原因はこれ!粘つきの解消方法はこれ!

口呼吸もドライマウス(口腔乾燥)の原因になります。

口で呼吸をしていると、舌も渇くので舌が白くなりやすい。舌の白いものを舌苔(ぜったい)といいますが、悪化すると、舌全体が真っ白い苔で覆われます。

引用:口呼吸⇒鼻呼吸に変えると口臭が消える!?

鼻炎などで鼻がつまっていると、寝ている時に口呼吸になるので注意が必要です。鼻炎の場合はその治療も大事です。

いびきをかく男性

鼻炎のほかに、いびきをかいていても口呼吸になり、朝起きた時に舌が白くなりやすいです。いびきをかく人が口臭が強いのは、そのためです。

いびきの習慣があると、口腔と喉が乾燥します。そのため、口腔と喉に細菌が増え、舌苔(ぜったい)や膿栓(のうせん)、膿汁(のうじゅう)ができやすくなります。そのため、喉から口臭がすることがあります。

引用:えっ、本当?いびきで口臭になるってご存知でしたか?

膿栓(臭い玉)を指の上にのせる

口や喉が乾燥すると、舌苔だけではなく膿栓(臭い玉)もできやすくなります。膿栓(臭い玉)はくしゃみをした時に喉から口に出てくることがありますが、悪臭がするので「においだま」ともよばれます。詳しくは『「においだま」って何?口臭は他人に聞けないモノ!ここで解決してください』をご参考にしてください。

膿栓(臭い玉)ができると、舌苔もできるというように悪循環になることも。

膿栓(臭い玉)のニオイは、「下水やどぶのニオイ」、「うんこのニオイ」、「残飯のニオイ」など、悪いイメージばかりです。

実際に膿栓(臭い玉)を指にとってつぶしてから嗅ぐと、とんでもなく酷い悪臭がします。

引用:口臭の元!臭い玉(膿栓)ができる4つの原因と取り方

歯周病のレントゲン写真

口が乾くと細菌が増えるので、虫歯や歯周病になりやすいです。歯周病になると、さらに舌苔ができやすくなります。ですから、口を乾燥させないことが大切です。

歯周病菌が増えると、歯周ポケットだけではなく舌の表面にも繁殖します。そして、他のばい菌とプラークを形成して舌苔(ぜったい)をつくります。

引用:歯槽膿漏になり口臭がする!歯周病の治し方と口臭予防の方法

舌苔(ぜったい)の対策と予防

よだれ

舌苔ができると唾液が臭くなり口臭原因となります。舌が白くなるのは、疲労・病気やストレスなどによる免疫力の低下もありますが、唾液が少ないドライマウス(口腔乾燥症)が多いです。

ドライマウスになる原因には、加齢ストレスによる自律神経の乱れよく噛まない食事習慣更年期障害、糖尿病、薬の副作用シェーグレン症候群などがあります。

唾液には抗菌作用があり細菌を洗浄しているからです。…唾液には抗菌作用があり細菌を洗浄しているからです。

引用:唾液を出す7つの方法…ドライマウス対策

水を飲む女性

だから、舌苔をできなくするには唾液がたくさん出るようにすることが大事なのですね。そして、もう一つ重要なことがあります。それは、舌のケアです。

はじめにお伝えしたように、舌磨きをおこなうのは逆効果です。舌を磨かずに優しくケアする方法をご紹介します。

美息美人のアルカリイオン水を使ってうがいとブラッシングに使用します。

アルカリイオン水を使うと、狭い歯間や舌乳頭の間にも浸透し容易にプラークを落とすことができるので口の中がさっぱりします。

それが何を意味するかというと、舌のプラークがなくなるので、白い舌をピンク色にするのです!

引用:美息美人(びいきびじん)で舌苔を除去する方法…白い舌がきれいに

舌苔(ぜったい)でお困りでしたら、ぜひ美息美人をおすすめします。

舌苔を予防する12の方法

舌苔の予防方法について

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

口臭原因の6割が舌苔(ぜったい)によるものだと言われています。つまり、口臭をなくすためには、舌苔(ぜったい)を取り除くことが重要です。

ところが、単純に舌磨きを行った程度で舌苔を取ることは出来ません。たとえ専用の舌ブラシを使用したとしても、完全に舌苔を除去することは不可能です。

その理由は、菌からできている舌苔は、舌の角質に根を張っているからです。だから、舌磨きで舌苔を取ろうとすると、舌乳頭まで削り取ることになってしまうのです。このことが、過剰な舌磨きによって舌苔を悪化させている原因です。

また、舌苔が出来るのは、胃腸の不調、ストレス、口腔乾燥など、体質的なことが影響しています。そのため、どれだけ努力しても一晩で舌が綺麗になることはありません。ですから、舌苔を取るために大切なことは、生活習慣の改善です。

今回の記事は、舌苔を予防するための方法をご紹介します。舌苔がとれないとお困りでしたらぜひご参考にしてください。

舌苔を予防するために理解すること

舌苔とは、舌の表面に付いた苔のことをいいます。舌苔が厚くなると口臭も強くなる傾向にあります。

舌苔(ぜったい)は、食べかすやはがれ落ちた細胞に細菌が集まってできた固まり「プラーク」です。そのため、口臭原因になります。

舌苔が厚くなる原因

ドライマウスで口の中を見せられない

舌苔がよくできる人がいます。反対にいつもピンクで綺麗な舌の人もいます。この違いは何だと思いますか?

舌苔がよくできる原因がわかれば、舌苔ができないようにできます。舌苔がよくできる原因は色々ありますが、特に多いのは次の2つです。

  1. ドライマウス(唾液分泌が悪い)
  2. 免疫低下(胃腸が弱い、ストレス、睡眠不足、偏った食事、体調不良など)

【舌苔が着く原因】

  • ドライマウス(口呼吸。唾液の分泌が少ない。)
  • 水分摂取が少ない。
  • 柔らかい食べ物を良く食べる。(菓子やハンバーグなど)
  • 歯磨きをていねいにしない。(就寝前に歯磨きをしないなど)
  • 会話しない。運動しない。
  • 舌の上に溝ができている。舌乳頭が異常に長い。
  • 食べ過ぎ、飲み過ぎが多い。(喫煙や飲酒も含む)
  • 不安やイライラなどストレスが多い。
  • 夜寝られない。
  • 加齢で内臓が弱ってきている。
  • 降圧剤、睡眠誘導剤などの薬の副作用。
  • 内科疾患。

引用:舌が白いと口臭になる!舌磨きのポイントは粘膜を傷つけないこと

舌苔が取れないのは?

ふつうは舌が白くなっていても、体調が良くなれば舌は綺麗になるものです。そして、先ほどの舌苔ができる原因の対策をおこなえば改善していくもの。

ところが、慢性的に舌が白くなり、どんな努力をしても舌苔が治らないケースがあります。

私の舌は治らない

慢性的に舌苔が治らない原因の多くは、この4つだけなのです。

【舌苔が治らない原因】

  1. 過剰な舌磨き
  2. 歯磨き剤の添加物(合成界面活性剤、発泡剤、香料など)
  3. マウスウォッシュ(アルコール含有)
  4. ストレス(舌苔がなおらないことへの不安・恐怖)

舌苔の予防方法

これまで、舌苔ができて舌が白くなる原因と、どれだけ努力しても舌苔がなおらない原因についてお伝えしました。

じゃあ、どうすれば舌苔(ぜったい)ができなくなるでしょう?次の12の項目を取り入れることで舌苔をできなくすることが可能になります。

【舌苔をできなくする方法】

  1. よく噛んで食べる
  2. よく喋る
  3. ていねいに歯磨きする
  4. 暴飲、暴食、喫煙をしない
  5. 小まめに水を飲む
  6. 乳酸菌を摂取する
  7. リラックスを心掛ける
  8. 軽い運動をする
  9. 鼻呼吸をする
  10. 舌に保湿ジェルを塗布する
  11. 良く寝る
  12. 健康的な食生活にする

舌磨きをやめる

舌磨きのし過ぎで舌がヒリヒリする

間違っても舌磨きを行ってはいけません!

舌磨きをすると、乳頭は簡単に削れてしまい、傷つきます。すると、傷の部分に細菌が繁殖し、もっと舌苔(ぜったい)がができてしまいます。

もし、舌磨きをしていたら、今すぐ止めた方が良いです。じゃあ、どうすれば?

舌磨きが良くない理由は、『舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・』をご参考にしてください。

唾液を出す

唾液が舌を洗浄

唾液には抗菌力が備わっているので、唾液が充分に出ていれば、舌苔(ぜったい)が出来ることはありません。
たとえ、少し舌が白くなったとしても、唾液には、直ぐに白くなった舌を元に戻す力があります。

ところが、、、唾液は、加齢や精神的ストレスから減少しますので、唾液の分泌を増やすことは容易ではありません。
じゃあ、どうすれば?詳しくは『歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!』をご参考にしてください。

舌を上顎にこすりつける

舌を上あごにつける

上あごの粘膜は舌よりも硬く、ごつごつとしています。舌を上あごにこすりつけることによって、舌の表面についている舌苔が取れます。舌苔がすべて取れるのではなく、取れるのは舌の表面にある舌苔だけです。

これを繰り返すことで舌苔の減少が期待できるし、舌を動かすことで唾液の分泌を促す効果も見込めます。しかし、舌を上あごにこすり付けてみると分かりますが、思うように舌苔が取れないことにガッカリするかもしれません。

だからといって、舌を上あごにこすりつける方法を否定するわけでもありません。毎日、舌を上あごにこすりつけることで、舌の筋肉が鍛えられ、唾液腺の刺激になるため、唾液の分泌が活発になります。

唾液がよく出ると舌苔の予防になり、最終的には口臭予防になるのでおすすめします。

ガムを舌でころがす

デート前の口臭ケアでガムを噛む女性

舌を上あごにこすりつけるのが難しい人の場合は、ガムや小さく切った昆布を口にいれ、舌で転がすようにするといいです。

先ほどの舌を上あごにこすりつける方法と同様に、ガムや昆布を舌の上で転がす方法には、舌苔を取る効果もありますが、唾液も促進できるのでおすすめします。

勘違いしないでほしいのですが、ガムで舌苔をくっつけて絡めとることはできません。ガムを噛むのは唾液を出すためです。ですから、ガムの味がしなくなってからも噛むようにしてくださいね。

免疫力を高める

ストレスと体調不良が舌苔の原因なのね

舌苔(ぜったい)を作っているのは細菌です。そして、その細菌たちをコントロールしているのは、口内からの唾液と分泌物。

これらには、免疫力があり口内が不衛生にならないように守る力があります。ところが、仕事や生活で疲れがたまるとか、不安によるストレスがかかると、免疫力が低下します。

免疫力が低下すると、風邪などにも感染しやすくなりますが、それだけではありません。舌の上の細菌も増えることに。これが、舌苔(ぜったい)が治らない理由です。

ですから、舌が白くならないようにするには、心身を健康にし免疫力を高めることが大切です。

口呼吸を鼻呼吸にする

鼻呼吸を意識する

口呼吸で多いのは、喫煙と睡眠時の開口です。

口呼吸をしていると舌が乾燥し舌苔ができるだけでなく、いつまでたっても舌苔がなおらないかもしれません。

睡眠時に開口やいびきをしている場合には、歯科や呼吸科でご相談されてはいかがでしょう。

水を飲む

小まめに水分をとる女性

水または白湯を飲むことで舌苔を予防できます。

舌苔は、舌の上に細菌や汚れがたまることでできます。それでも、舌苔ができない人がいます。その理由は、唾液がよく出ているからです。唾液によって舌が綺麗に洗浄されているのです。

ところが、ドライマウスで唾液が少ないと細菌や汚れがたまり舌苔ができることに。

ですから、舌苔がよくできる、舌苔がとれない人の場合には、水や白湯を小まめに飲まれることをおすすめします。

胃腸が弱い場合には、白湯を飲むことで胃腸が元気になりますよ。

歯磨きとうがい

歯科衛生士のブラッシング指導

舌苔(ぜったい)ができないようにするには、口腔内を常に清潔にしておくことが重要です。歯磨きケアが不十分で口腔内が不衛生になっていれば、舌が白くなります。

口腔を清潔にする実証済みの良い方法があります。

それは、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水で歯磨きとうがい。

舌苔うがいで舌を綺麗にする

舌苔(ぜったい)をを作る細菌は酸性環境が好きですが、アルカリ性が苦手です。

だから、弱アルカリの唾液に細菌をコントロールする作用があるのですが、唾液の代わりとして、美息美人のアルカリイオン水を使います。

唾液のように24時間中使うということは出来ませんが、朝晩の歯磨きと日中2回程度のうがいだけで、舌が白くならないようにコントロールできることは、多くのお客さまによって実証済みです。

でも、舌が真っ白いとか唾液も臭い、口が苦い、よく口が乾くという場合には、口臭も強くなっているかもしれないので、早めに対策されることをおすすめします。

良く噛む

よく噛んで食事する女性

咀しゃく回数を増やすことは大切です。顎と舌を動かすことによって唾液分泌を促すことができます。柔らかい食べ物ばかりではなく固い食べ物や繊維質の野菜を食べることも大事です。食事で舌を動かすことで舌苔(ぜったい)がはがれる効果もあります。

良く会話をする

会話を楽しむ女性

会話をすることで、顎や舌を動かすことができ唾液腺の刺激にもなります。会話をすることは自律神経にも良い影響を与えるので、唾液が出やすくなります。

パタカラ体操のようなお口の体操をすることも舌苔予防になりますが、特にそのような努力をしなくてもよく喋り顎と舌を動かすことでたくさん唾液が出てきます。

会話が楽しいと、副交感神経が活発になるためサラサラとしたきれいな唾液が分泌されます。サラサラ唾液が多量に出ると口内が洗浄され口内環境が改善されます。

このように会話することは舌苔予防になりますが、カラオケで好きな歌を唄うことは、さらに効果があるといわれています。この時気をつけないといけないのは、アルコールを飲まないことと睡眠不足です。

カラオケが舌苔予防になるからと、徹夜で唄ったら翌朝には舌が真っ白になってるかもしれませんよ。

リラックスする

お風呂でリラックスする女性

ストレスは、身体の健康に影響します。心配や緊張などストレスが多くなると自律神経に悪影響を与え、唾液が出なくなり口内が乾いた状態になります。唾液がでないと舌が白くなります。逆にリラックス状態の時には、サラサラした唾液が沢山出るようになっています。
運動や趣味など好きなことを積極的に行うことで、唾液の分泌が促進されます。

身体を良く動かす

運動する人

身体を動かすことは大事です。運動をすると身体の緊張がほぐれます。また、ストレスの軽減にもなるので、唾液が良く出るようになり舌苔(ぜったい)の予防になります。

舌苔(ぜったい)の予防には、身体だけではなく口や舌を動かすトレーニングを取り入れると良いです。(会話やシュガーレスガムを噛むなど)

睡眠を十分とる
十分な睡眠をとる女性

体が疲れた時に舌苔が良くできます。舌苔は免疫力の低下が大きく影響しますので、寝不足すると翌朝には「舌が白い」経験をしたことがあると思います。

舌苔を予防するためには、寝不足しないように早く寝て十分に睡眠を取ると良いでしょう。

ところが、寝つきが悪く中々寝られない方がおられます。だからといって睡眠誘導剤を飲むと薬の副作用によって、唾液分泌が減り舌苔が出来やすくなるのでご注意ください。

睡眠誘導剤などのお薬を服用されている場合は、お医者さんに副作用の少ないお薬に変えてもらうなどご相談されてはいかがでしょう。

健康食を摂る

生野菜が舌苔を予防する

舌苔は健康状態が悪くなるとできます。これは、免疫力が低下することで口腔細菌が増え口内環境を悪化させるからです。

体の健康を作るためにはどんな「食事」を摂るかが重要です。コンビニ食ばかり摂らずに栄養バランスを考えた食事を摂るようにしないと、知らないうちに健康を害してしまい免疫が下がってしまいます。

また、健康を維持するためには、肉と野菜のバランスも大切ですので、肉や揚げ物中心にならないようにすることも必要です。免疫が高まると風邪もひきにくくなり、舌苔と口臭の予防になります。

果物や野菜には、水分が多く含まれそれ自体が舌苔を取る作用があるものも。毎日、新鮮な野菜や果物を食べるようにすると健康になるので舌苔もできにくくなります。

舌苔予防になる食べ物については「舌苔を溶かす食べ物・予防できる食べ物について教えます」をご参考にしてください。

白い舌苔をうがいで除去

口が乾くのは薬の副作用かも!

薬の副作用で口が乾く!薬の種類とは

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

異常にお口が乾くとお困りではありませんか。よく口腔内が乾燥するのは、加齢が原因だという人がいます。しかし、調べてみると、意外なことに、服用しているお薬に口が乾く原因があることが多いのです。

口腔内が乾燥すると、舌苔(ぜったい)ができ舌が白くなりかもしれません。もしかすると、現在服用されているお薬が舌苔の影響しているかもしれません。

お薬の種類によっては、薬の副作用で唾液が減少するものがあります。唾液が減ると舌が白くなるので、どれだけ口腔ケアを努力しても良くならない場合もあるのでご注意ください。

そのためにも、服用している薬の種類と副作用について確認する必要があります。

今回の記事は、口の乾きの原因となる「薬」についてと、口腔が乾燥したときの対策についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

口が乾くことで起こる症状

唾液量が減少して口が乾く(ドライマウス症)と、次のような症状を起こします。

  • 唾液がねばねばする
  • しゃべりにくい
  • クッキーなどの食べ物が飲みこみにくい
  • 味がわかりにくい
  • 口の中や舌が痛い
  • 口の中が舌がひりひりする
  • 口内や舌が汚れやすい
  • 口臭がする
  • 入れ歯が装着しにくい
  • 唇が切れること

口の中が乾き、このような症状が起きることを口腔乾燥症とかドライマウス症と言います。唾液が減ると口腔環境が悪化するため、虫歯、歯周病、口内炎、口腔カンジダ症などに感染しやすくなります。

そして、舌苔(ぜったい)が出来やすくなります。口腔乾燥と舌苔は深く関係しています。詳しくは、『舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?』をご参考にしてください。

口が乾く原因

少し前、テレビ番組の『駆け込みドクター、ドライマウス』の中で、口腔乾燥の原因について次のように説明していました。

  • 噛む力の低下によって、咀嚼回数が減り唾液分泌も減少する
  • ストレスが原因。自律神経の乱れが唾液分泌を減らしている
  • 糖尿病などの生活習慣病が口腔乾燥の原因
  • 薬の副作用が口腔乾燥の原因
  • アレルギーが原因
  • 口呼吸(いびき)によって口腔が乾燥する
  • シェーグレン症候群が原因

引用:ドライマウス症の治し方…TV「駆け込みドクター」編

薬の副作用

口が乾くと「加齢が原因」だと考える人がいますが、薬の副作用によって唾液が減っていることがあります。高齢になると病気になる率も高くなり、それに伴い薬を服用するようになるので間違える人も多いのかもしれません。

薬を服用している場合は、一度、その薬の副作用を調べてみてはいかがでしょう。

(口が乾く原因として)
「薬の副作用(抗うつ剤、鎮痛剤、抗パーキンソン剤、降圧剤などの多くの薬物の副作用として唾液分泌の低下があります)」

引用:日本口腔外科学会

薬の副作用で口が乾く症例

薬の副作用があると、口腔ケアをどれだけ行っても舌苔や口臭が改善できないことがあります。

ご相談者から、努力しても白くなった舌が改善されないとのメールがありました。その時の私との相談のやり取りをご紹介します。

「美息美人を使ってから舌の白さもましになり、口臭もなくなったかな?と思っていたのですが、また、舌が真っ白になり、毎日うがいしてますが、取れずに悩んでいます。何が原因でしょうか?うがいした時だけ臭いもないのですが、直ぐに口の中が乾いてネバネバした状態が続くので、悩みも解消されずにいます。」

気になったので、この方に、こんな質問をしてみました。「現在、お薬を服用されていませんか?」

すると、「最近になって胃の調子が悪く、抗コリン薬を飲んでいます。

「えっ?もしやと思ったのでお聞きしたのですが、それが原因かもしれません。」

こんなやり取りがありました。

じつは、お薬によっては、副作用で唾液の分泌が抑えられ、口が乾く種類の薬剤があります。その薬とは…抗コリン薬です。

抗コリン薬は、いろんなお薬に含まれています。たとえば、睡眠剤や抗うつ剤のほか、風邪薬や腹薬、降圧剤などにも入っていることがあります

この他にも、薬ではありませんが、市販のマウスリンスにはアルコールが含まれているものが多く、口腔乾燥の原因になることがあるので、成分表示を確かめるようにしましょう。

お口の乾きで困っている場合は、薬を処方される前に、お医者さんに一度ご相談されたほうがいいかもしれません。

薬の副作用で口の乾きを起こす薬

口の乾きを起こしやすい薬をご紹介します。もし服用されていたら、かかりつけのお医者さんにご相談されてはいかがでしょう。

≪口内乾燥を起こす頻度の高い薬剤≫

・降圧剤(血圧を下げる薬)
ラウオルフィア製剤(レセルピンなど)
冠血管拡張薬(アダラートなど)
・向精神薬
フェノチアジン系(コントミン・ヒルナミンなど)
三環系抗うつ薬(トフラニール・アナフラニール・トリプタノールなど)
・抗てんかん薬
クランポール・テグレトールなど
・パーキンソン病薬
アーテン・ネオドパストン・シンメトレルなど
・抗ヒスタミン薬
レスタミンなど
・鎮咳去痰薬
エフェドリンなど
・消化性潰瘍治療薬
ベラドンナアルカロイド(アトロピン・スコポラミンなど)
抗コリン薬(ブルコパン・メサフィリン・コランチルなど)

引用:兵庫区薬剤師会

日本は薬大国といわれています。病院に行かなくても、ドラッグストアで簡単にお薬を手に入れることができるからです。

ところが、薬は病気の症状を抑えるためには有効ですが、薬には必ず副作用がついてきます。ですから、服用する前には、その薬の副作用も良く知っておく必要があります。

特に、舌が白くなって困っている場合には、唾液が出なくなったり、利尿作用があるものを避けたほうが良いです。

もし、現在服薬されている場合には、掛かり付けのお医者さんにご相談されると良いです。副作用の少ない漢方薬などに変えていただけるかもしれません。

それでは、ドライマウスを引き起こす副作用のあるお薬をご紹介します。

抗コリン薬

抗コリン薬は主に、慢性胃炎、急性胃粘膜病変、胃潰瘍、十二支潰瘍、食道炎、食道潰瘍、胆のう結石、尿路結石症などに使用されます。

副作用:口が乾く、便秘、吐き気、頭痛、めまい、眼圧上昇、排尿障害など。

抗コリン薬とその特徴

[ ブスコパン ]

  • 4級アンモニウム類に分類される抗コリン薬
  • 胆石症、尿路結石症、膀胱炎、月経困難症などによる疼痛緩和などにも使用する
  • 錠剤、注射剤があり用途などによって選択される

[ チアトン ]

  • 4級アンモニウム類に分類される抗コリン薬
  • 胆のう・胆道疾患、尿路結石症などによる疼痛緩和などにも使用する
  • 顆粒剤もあり、嚥下機能の低下した患者などへのメリットが考えられる

[ ロートエキス ]

  • 3級アミン類に分類される抗コリン薬
  • 本剤は市販薬(ストッパ下痢止めEX など)の成分としても使用されている

[ ガストロゼピン ]

  • ムスカリン拮抗薬に分類される抗コリン薬
    • アセチルコリンの作用するムスカリン受容体に作用し抗コリン作用をあらわす
    • 胃酸分泌作用などをあらわすホルモンであるガストリンを抑える作用もある

[ ダクチル ]

  • 3級アミン類に分類される抗コリン薬
  • 潰瘍や胃炎などでの痙攣性疼痛の改善の他、切迫流・早産における症状改善などにも使用する

降圧剤

血圧が高い人の場合、利尿薬を服薬します。これは、おしっこすることによって塩分に含まれるナトリウムを排出させ血圧を下げるのが目的です。

しかし、利尿によって体の水分も減少します。結果、唾液も減ることに。

副作用:利尿作用、便秘、嘔吐、動悸、息切れ、けいれん、めまいなど。

風邪薬

風邪薬の副作用といえば、「眠くなる」が有名です。でも、風邪薬を飲むと頻尿になることがあります。

頻尿になる原因は、風邪薬には「抗ヒスタミン剤」が含まれているからです。何回もオシッコをして水分が失われるとドライマウスになります。だから、舌が白くなりやすいのです。
副作用:眠気をもよおす、喉と口の乾き、だるさ、めまい、吐き気など。

花粉症の薬

花粉症の薬にも、風邪薬と同じ抗ヒスタミン剤が含まれています。だから、花粉症のお薬を服用していると舌が白くなりやすいです。

副作用:眠気をもよおす、喉と口の乾き、便秘、下痢、だるさ、めまい、吐き気、動悸、太る、生理不順など。

抗うつ剤、睡眠誘導剤など

「寝られない」という人が多くおられます。そんな時に睡眠誘導剤を服用するかもしれません。しかし、睡眠誘導剤にも「口が乾く」という副作用があります。

他に、抗うつ剤や精神安定剤を服薬した場合にも、ドライマウスになるかもしれません。これらの薬の副作用は以下のとおりです。

  • ふらつき・めまい・頭痛
  • 消化器系の働きが悪くなることによる、嘔吐・食欲不振・腹痛・下痢
  • 唾液の分泌が少なくなってのどが渇く
  • 呼吸が浅くなる
  • 疲れ・脱力感
  • 肌荒れなどの湿疹
  • 目の前がぼやけるなどの視覚障害
  • 味覚障害・のどの乾き
  • 性欲の低下
  • 免疫が低下して風邪などの病気にかかりやすくなる

これらの副作用は、飲んだ直後だけでなく、翌日にまでもちこすことがあります。眠れたからと言って、かならずしも体調が良くなるとは限りません。

利尿薬

利尿薬を服用すると排尿が促されます。当然ですが、排尿によって身体の水分が失われるため、口が乾くことになります。

ところで、この「利尿薬」は、どのような病気の時に使われるのでしょうか。一般的には、次のような病気のときに処方されることがあります。

  • 高血圧症
  • 心性浮腫
  • 腎性浮腫
  • 尿路結石
  • 癌性腹水
  • 肝性浮腫
  • 緑内障
  • メニエル病
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 肺気腫

口腔乾燥の対策法

口腔乾燥の対策としては…

  1. 糖尿病などの疾患がある場合には、その治療が先決です。
  2. お薬の副作用によって口内や喉が渇く場合には、お薬を変更したり調整することが必要です。
  3. ストレスによって口腔が乾燥している場合には、ストレス緩和に努めることが大事です。
  4. 歯科で問題がある場合は、欠損歯や不適合の被せを改善し、衰えた咀嚼機能を回復することで唾液分泌が正常に働くようにします。

ドライマウスに対応するには、口腔保湿ジェルやスプレータイプの商品など薬局やドラッグストアで買えるものもあります。

商品について詳しくは→ ドライマウスの対策はコレが一番!いったいどんな方法なのか?

唾液をよく出るようにするには…

・唾液の分泌を促すお口の体操や歯ぐきのマッサージ
・食事を何回かに分けてとる
・繊維の多い食品を多くとる(咀嚼回数が増えるため)
・小まめに水を飲む
・口呼吸から鼻呼吸への習慣づけ

他にも口腔乾燥のときに効果があるのは…

・刺激性の食物をさける
・部屋が乾燥しないようにする
・人工唾液の投与も必要です。

引用:もう、ドライマウスとも口臭とも、舌苔(ぜったい)ともさよならしてください

舌苔(ぜったい)ができて困っている場合には、舌に保湿ジェルを塗ることをおすすめします。保湿ジェルを塗ると舌苔ができにくくなるだけではなく、舌苔が取れやすくなります。一度お試しください。

唾液を出す方法について⇒⇒歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!

[PR]舌が白い場合はアルカリイオン水で取るのがオススメ!

まとめ

今回の記事は、薬の副作用で口が乾くことについてお伝えしました。

薬は病気を治すためのものですので、舌苔(ぜったい)を治すことよりも薬を服用するほうを優先しないといけません。たとえ、その薬によって、舌が白くなっていたとしても、病気が治り、薬を飲む必要がなくなれば、舌はきれいになるので、それほど神経質になることもないと思います。

もし、服用している薬の副作用で「口が乾く」と悩まれていましたら、今服用されている薬の成分を調べられてはいかがでしょう。

舌磨きはしないほうがいい、舌苔は磨かなくても除去できる!?

歯ブラシで舌を磨く

舌磨きはしないほうがいい

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定資格)の上林登です。

意外かもしれませんが、口臭予防歯磨き粉「美息美人」のお客様からのご相談で多いのが、「舌磨きをしても口臭が治らない」です。

確かめるためにYahoo!知恵袋を見てみると、口臭対策として「舌磨き」を行うのは一般的な行為のようです。ところが、舌を磨いても舌苔(ぜったい)は取れず、口は粘ついたままで口臭も改善しない人ばかり。

質問内容を見ると、「舌を磨くのは悪いことですか?」「舌磨きはダメですか?」「舌磨きを止めたら口臭が悪化しませんか?」など。舌磨きをやめてしまうと「口臭が改善しない」と誤解しているようです。

実は、、口臭の発生は、唾液の分泌が減少して口腔乾燥を起こすことが原因です。唾液の働きが機能しない状態になり、歯垢の付着、歯周病の悪化、舌苔の増加、口臭の悪化を引き起こします。

口臭が気になるからと、乾いた舌を硬いブラシでゴシゴシ磨くと、舌乳頭を傷つけてしまい、舌苔と口臭を悪化させるので、十分に注意しないといけません。

今回は、舌磨きの効果とデメリット、適切に舌苔を除去する方法をお伝えします。ご参考になれば幸いです。

関連記事>> 舌が白い!舌苔の原因と取り方

専用の舌ブラシを使ってもダメですか?

舌苔は口臭原因になるので、舌清掃すると口臭を軽減する効果が期待できます。

ですが、現状では過剰な舌磨きを行っている人が多く、かえって口臭を悪化しているケースもあります。ですから「舌磨きはしない方がいい」とアドバイスしているのですが。。。

最近も、相談者から「専用の舌ブラシを使ってるのですが、これも良くないですか?」との質問がありました。口腔ケアアンバサダーの上林の回答は次のとおりです。ご参考にしてくだされば幸いです。

舌及び舌苔の付着状態、そして舌の磨き方には個人差があります。もし、その「舌ブラシ」で舌がきれいになっているのであれば、使っても良いと思います。
専用の「舌ブラシ」を使って磨いているのに、改善しないのであれば磨く意味がありません。それどころか、きれいにしようと磨き過ぎてしまう人が多いです。

どうしても、舌を磨きたいのであれば、磨き過ぎに気を付けて磨くようにしてください。

>>舌苔の状態をチェック!あなたの舌苔は正常?口臭は大丈夫?

舌磨きの効果

日本口臭学会学会誌によると「舌清掃により舌苔を減少させることは口臭の軽減や予防に一定の効果がある」と記載されています。しかし、舌清掃の説明には、「ただし過度の舌清掃は、舌表面を傷つける恐れがあるので注意が必要。」と但し書きがありました。

舌苔を取ると口臭の軽減と予防になるが、やり方を間違えると舌を傷つけるリスクがあるのです。

舌磨きのデメリット

舌磨きには(一時的に)口臭を消すメリットがありますが、デメリットもあります。

・デメリット1『口腔乾燥』…舌粘膜は唾液によって保湿されていますが、舌磨きをすると保湿成分がはがされ、更に舌を乾かしてしまう。(結果的に口臭を悪化させる)

・デメリット2『味覚障害』…舌磨きで味蕾細胞を傷つけてしまうことで食べ物の味が分からなくなる。

・デメリット3『舌痛症』…過剰に舌磨きを行うと、舌に炎症を起こしてしまい、ヒリヒリと舌が痛くなることも。

・デメリット4『舌乳頭が伸びる』…舌磨きによって乳頭が削れると、角化が進み舌乳頭が長くなってしまい、汚れが溜まりやすくなり舌苔が厚くなります。

以上が舌磨きのデメリットです。「舌磨きは絶対だめ!」「舌磨きは今すぐやめてください!」と指導する歯科医師の理由も同じ意見です。

結論は、舌磨きはしないほうがいい

結論から申し上げますと、出来る限り舌磨きはしないほうがいいです。

出来る限り「磨かないほうがいい」というのは、舌苔と唾液の分泌量には個人差があるからです。過剰な舌磨きによって舌が痛い、口腔が乾いている場合には、たとえ舌苔が厚く付着していても、舌磨きはしてはいけません。舌磨きを続けると、かえって口腔を乾燥させて口臭を悪化させてしまうからです。

舌苔量が少ない場合は、たとえ口臭が不安でも舌磨きする必要はありません。通常の舌は「舌の表面が薄っすらと白い膜が張っている」状態ですので、白い苔が薄い場合は磨かないでください。

少量の舌苔でも、黄色い場合は口臭原因になります。その場合は、適切に舌清掃を行うと口臭の軽減ができます。

関連記事>>ティッシュで舌磨きすると簡単に口臭が防げる!?

正しい舌磨きの仕方

舌磨きを行う場合は、道具と方法に十分配慮してください。

【舌磨きのポイント】

1,専用の舌ブラシなどを使用することが大切です。樹脂製の硬い毛先の歯ブラシで舌磨きを行うのは絶対にやめてください。

2,タングクリーナーやスプーンで舌苔を除去することは困難です。そのため磨き過ぎの原因になるのでやめてください。

3,正しい舌磨きの方法は、(嘔吐反射の防止のため)べぇ~と舌を突き出して、舌ブラシを使い舌の後方部から舌の先端に向け優しく磨きます。(舌磨きは2往復程度)

4,舌磨きの頻度は、朝の歯磨き時に1回磨くだけで十分です。

舌磨きだけで口臭予防はできない

舌磨きをしていない人でも口臭のしていない人が多くおられます。どうしてだと思いますか?

その理由は唾液にあります。十分に唾液が分泌されると、舌の上に溜まった食べかすや細菌などの汚れを洗い流します。そのことで、舌苔はできなくなり口臭が予防されるのです。

口臭を予防するために最も重要なことは、唾液量を増やすことにあります。舌磨きをしても口が乾いていたら、舌磨きする意味がありません。

口臭予防のポイントは、唾液の分泌を促進させることなのです。「舌磨きを止めたら心配」と口臭に不安を持つ人がいますが、口臭に効果的なのは舌磨きよりもドライマウスの改善です。

>>ドライマウスの対策はコレが一番!いったいどんな方法なのか?

舌磨きをしないで舌苔を取るには?

舌磨きをしなくても舌苔を除去する方法があります。それは「うがい」です。

アルカリイオン水を口に含み、ブクブクとうがいすることで舌苔の清掃ができます。アルカリイオン水を口に含むと、唾液と同じように舌の汚れをふやかし浮かすことができるからです。

柔らかくなった舌苔は、歯ブラシかコットン(綿花)で優しくなぜるだけで除去することが可能です。

>>舌磨きはコットンが効果的!?

しかし、表面の舌苔(ぜったい)が取れても、舌乳頭の間に隠れている汚れの一部は取れません。この残った汚れは、ただの汚れではありません。人の口にとって大切な汚れです。

というのは、人の口には、健康上必要となる菌があるからです。よくいう常在菌です。だから、すべての菌を取るのは間違った考えなのです。

だから舌苔ケアのコツは、美息美人(びいきびじん)を使った後も、薄らと白く見える程度が望ましいといえます。

そして、もう一つあなたの知らないことがあります。

それは、今まで唾液が出なかったのは、舌が汚れていたことが影響していたのです。舌の汚れが取れ口腔環境がよくなれば、ストレスが減り唾液の分泌が良くなります。

そのため、日ごとに舌がキレイになります。毎日、美息美人を使っていると、ドライマウスの人の唾液がよく出るようになることがあります。その理由は、口腔環境が改善されることによって自律神経が整うからです。

歯ブラシによる舌磨きにメリットはほとんどありませんので、舌磨きは今すぐにやめてください。

ところが、「舌磨きをやめても大丈夫です」と言っても、舌苔は菌の塊なので、口腔ケアをおこたるとすぐに舌が白くなってしまいます。

そうならないためにも、美息美人(びいきびじん)で毎日ケアし予防することが大切です。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のご購入はこちら ↓

舌の溝は治る?溝状舌(こうじょうぜつ)によるリスク「舌苔」

舌べら(舌クリーナー)

溝状舌(こうじょうぜつ)について

口腔ケアアンバサダー(社団法人口腔ケア学会認定)の上林登です。

舌に溝ができていませんか?

舌に溝ができるのを溝状舌(こうじょうぜつ)というのですが、舌に溝ができると不安になるものです。

溝状舌になっても、それ自体は問題にならないそうです。ですが、舌に溝ができると、汚れがたまりやすく舌苔(ぜったい)ができ舌が白くなります。

舌苔ができると、口臭が強くなるかもしれません。今回の記事は、「舌の溝」についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

溝状舌(こうじょうぜつ)とは

舌の表面に縦や横に溝ができたものを溝状舌(こうじょうぜつ)といいます。溝状舌については見たことがない人が多く、知恵袋の質問でも「地図状舌」と勘違いしている人もいました。(下の写真の舌中央のひび割れが「溝状舌」で、その隣と奥に見える島状のものが「地図状舌」です。)

舌の溝

溝状舌になる原因には、遺伝的なものと後天的にできるものがあります。

後天的になる原因は、舌の慢性炎症、外傷、ビタミン欠乏などがあり、舌背面に正常な舌ではみられない溝ができます。

舌に溝ができる原因は人によって様々で、ドライマウスによって舌が乾燥し溝ができる場合もあり、その場合は舌がヒリヒリして痛いことも。

症状としては、舌がひび割れて溝ができることから口中が汚れ、舌苔ができる、口臭が強くなるなどが起きます。

溝状舌は先天性?

isyasoudan

溝状舌をウィキペディアで調べると…
かんたんに説明すると、「溝状舌は、ほとんどが先天性のもので病気ではないから、安心してください。」というものでした。

しかし、ほとんど「生まれつきの溝状舌」というエビデンスはありません。私のように、突然舌に溝ができたという人が多いからです。

また、溝状舌になる割合は案外多いのですが、自然と治るケースも多く誰にも言わないのかもしれませんね。

文献的には成人の約15%に溝状舌がみられるといわれていますので珍しいものでもありません。
出典:安原歯科医院

舌に溝ができる原因

onna

慢性炎症などによって後天的に発現することもあります。舌に溝ができる原因はまだわかってないようです。

それでも、溝状舌の原因について調べてみると…

外傷や感染、ビタミン欠乏、腫瘍、また全身疾患(メルカーソン・ローゼンタール症候群やダウン症候群)の一症状として現れることがあります

とありました。私もたまに舌に溝ができていることがあります。私の場合には寝不足などで疲労がたまっているときにできやすいようです。疲労したときやお酒を飲み過ぎると、「いびき」をかき口呼吸になります。それで、舌が乾燥するからだと思っていますが、本当の原因は定かではありません。

舌に溝ができると舌苔ができる?

舌溝

舌に溝ができても、健康な方の場合は特に自覚症状もありませんが、深い溝に舌苔(ぜったい)が入り込むことにより不潔になります。

また、舌苔(ぜったい)や慢性刺激によって炎症を起こすと、痛みや軽度の味覚障害を伴うことがあります。舌苔(ぜったい)については『舌が白い!舌苔ができる原因と取り方』をご参考にしてください。

溝状舌があると舌の溝に食べかすが溜まり、細菌が繁殖しやすい!

なので、舌苔ができて舌が白くなってしまいます。ですから、溝状舌の人の場合は、舌苔が地図状にできる地図状舌になることもあります。

そして、舌の溝で腐敗がはじまり、強い口臭が発生!

これが、舌に溝ができていると、口臭が発生する理由です。

舌の溝は治るか?

手術

舌の溝が先天的なものであれば、溝をなくすことは、手術でもしないかぎり不可能です。

ネットでは、後天的であっても「治すことはできない」し、予防もできないみたいなことが書かれています。

本当でしょうか?

私の舌の溝は、簡単にできますが、簡単に治ります。これは、どう説明すれば良いのでしょう?

自信をもっていえることは、私の場合、たとえ舌に溝ができたとしても、「ほっておけば知らない間に治っている」ということです。

私の舌に溝ができるときというのは、

  1. いびきをよくかいた翌日
  2. 胃腸の調子が悪く免疫力が低下したとき

この2つです。このような時に舌に溝ができ、舌苔もできていることが多いです。

もし、あなたも私と同じような溝状舌であれば、健康になれば治るのでご安心ください。

ときに疼痛を自覚することがありますが、自然に消退する場合が多く、無害であるので、ご心配はいりません。特に、何をしたからといって治るものでもありません。
出典:安原歯科医院

普通は、溝状舌になっても自然に治りますが、舌苔ができるとピリピリするかもしれません。舌に痛みや炎症が生じる場合には、歯科で診てもらうことをおすすめします。

溝状舌の治し方

歯科医院では、先ほどの説明のように「ほっておいても舌の溝はなおるから心配ないです。」と言われることが多いかもしれませんが、舌の溝ができている患者さんにとっては、大問題です。一日も早く治したいのではないでしょうか。

ここでは、ほっておいても治る舌の溝を少しでも早くなおす方法をご紹介します。

後天性の溝状舌ができる原因の多くは、「口腔乾燥」によるものです。唾液の分泌が少ないか、口呼吸によって、舌も乾燥するからです。舌粘膜は毛細血管が張り巡らせているため、水分が多い組織です。口腔が乾燥すると舌にひび割れができるのは当然です。

ですから、舌の溝を治すためには、舌を乾燥させず水分を与える必要があります。その方法としては次のように行うと良いです。

  1. 口呼吸の場合は、寝るときに唇にテープ(肌にやさしい絆創膏など)を貼ることをおすすめします。詳しくは、『口呼吸⇒鼻呼吸に変えると口臭が消える!?』をご参考にしてください。
  2. 鼻炎などで鼻づまりがあり、仕方なく口呼吸になっている場合は、耳鼻科で治療することが大事です。
  3. ドライマウスがひどく舌が乾燥する場合は、人工唾液を処方してもらうとか保湿剤を塗ると良いです。
  4. 降圧剤や睡眠誘導剤などの服用で副作用からドライマウスになっている場合は、かかりつけのお医者さんに相談し、副作用の少ない漢方薬にかえてもらってはいかがでしょう。詳しくは、『口が粘つくのは薬の副作用かも?ネバネバしないための対策はこれ!』をご参考にしてください。

溝状舌の予防方法

kireinasita

「でも、舌苔をなくしたい。口臭をなくしたい。。。。」

そんなお悩みをお持ちの方がたくさんおられます。

口臭対策としては、舌苔ができないように、毎日、舌をケアすることが大事です。舌苔ができると口臭がするので、舌をきれいにすることが大切です。

あまり知られていないのですが、細菌が増え口腔内が汚れると、唾液の分泌が悪くなります。出たとしても、交感神経の作用によって粘つく唾液。これでは気持ち悪いのは当然です。

反対に口腔内がきれいだと、副交感神経が活発になり唾液もよく出ます。そして、出てくるのはサラサラの唾液。だから、ストレスもなく気分が良い。だからよけいに唾液が出るという良い循環が生まれるのですね。

口腔環境を良くすることは、ドライマウスを改善するためには重要です。ドライマウスが改善されれば、(後天性の)舌の溝もなおります。だから、口臭がでないように舌や喉を専門にケアするには、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」がおススメです。

mizuonomu

舌に溝ができる原因がわからないので、予防の仕方もわからないといわれています。

しかし、はっきり分かることは…

  1. 口腔内を乾燥させないこと
  2. 健康になり免疫力を高めること
  3. 常に口腔内を衛生的にすること

舌が乾くとひび割れができます。ですから、ドライマウスの予防が大事です。

また、免疫力がさがると舌苔もできるので、健康を維持することが一番の予防になると思います。

そして、舌苔ができないようにすることで大切なのは、口腔内を不清潔にしないように、毎日、ていねいに口腔ケアを行わないといけません。

舌苔がひどい場合は、『美息美人(びいきびじん)で舌苔を除去する方法…白い舌がきれいに』をご参考にしてください。

舌が白いのは胃腸が原因 ❘ 対策はストレス発散と食習慣

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

病気の患者さんを診察するときに「舌診」という方法があります。舌苔が着いて舌が白い状態の人は、胃腸など内臓に疾患があったり、便秘や下痢で腸内環境が悪化していることがあります。ですから、毎日鏡で舌の色を見て健康状態をチェックをされてはいかがでしょう。

舌の苔が中々取れない人や、舌の色が黄色い状態の時は、胃腸や全身性の病気のほか、慢性的な体調不良が原因かもしれません。特に胃腸の病気は、生活習慣が影響しているため、舌苔ができやすい状態にあります。

慢性的に胃腸が悪い人は、悪玉菌が増えて胃腸の壁にカビが繁殖します。腸カビが増えると身体中に不調をきたし、舌苔ができたり口臭が強くなります。

でもご心配ありません。胃腸をケアして元気になれば舌もきれいになります。今回の記事は、舌が白いことと胃腸の関係性についてお伝えします。胃腸が弱く舌苔がとれない場合には、是非ご参考にしてください。

>>舌苔が取れない7つの理由

舌の白いのは舌苔(ぜったい)

舌苔とは、舌に付着する苔状のものを指して言います。舌苔の色は通常は白いのですが、全身の状態に左右され、黄色、黒、灰白色などの色になります。

熱のほかにも、慢性胃炎や消化不良の時に舌苔が黄色に着色することがあります。病状が進行するほど舌苔は黄色になる傾向があります。

また、舌苔の正体が糸状乳頭に付着した剥離細胞や食べかす、細菌などであるため、口臭の原因になります。

引用:歯科専門分野の方のための専門誌Quint Dental Gate

胃腸の不調から舌乳頭が伸びる

舌苔は、からだの防御反応として発生します。たとえば胃粘膜に炎症がおきるとすぐに直そうとして、消化器官の末端にある「舌」の糸状乳頭の角化が亢進して伸びることに。

糸状乳頭が長くなると、剥離細胞などの汚れや細菌がたまるため、舌苔が厚くなります。

胃腸のほか、膵臓など内臓の働きが弱っている時にも、同様の症状が起きて舌苔が付着します。

また、冷たいものや水分をとりすぎると胃腸の働きが低下し舌がむくみ、舌の縁にギザギザの歯型がつくことがありますが、これは胃腸が弱っているというサインですのでご注意ください。

舌が白いのは胃腸が悪いから

胃腸が弱い、お腹にガスがたまる、下痢もしくは便秘の状態が続いていませんか?

胃腸の調子が悪い状態の時は「舌が白い」です。舌苔ができるので口臭も起きる。このような症状がある時は、病気か、胃腸が弱っているのでご注意ください。

下痢や便秘だと、食事を摂っても栄養が吸収できません。それだけではありません。悪玉菌が増え食べ物が腐敗してガスを発生します。そして、腸内のガスが血管に吸収され口臭が出るかもしれません。

胃腸が弱い人は次のことを避けるようにしましょう。(キャベジンコーワのサイトより引用

  1. タバコや辛いものなど刺激物、お酒の飲み過ぎ
  2. 脂っこい食べ物
  3. 柑橘類や酸味の強いジュース、炭酸飲料

舌が白くなるのは胃腸だけの原因ではありません。詳しくはこちらをご参考にしてください。

口臭は内臓に原因があるから!腸内フローラを整えると解消する!

ストレスや生活習慣の乱れ

口臭に気づく女性

偏った食生活や、生活習慣の乱れやすい人、ストレスが多い人は、体調不良から舌苔ができやすいです。

前夜に夜更かしして、暴飲暴食したりお酒を飲み過ぎると、朝起きたら舌が真っ白になっていたという経験をしたことがあるかもしれません。

その理由は、暴飲暴食と過剰なアルコール摂取や喫煙により、胃と腸の粘膜に負担がかかったからです。このように、胃腸の不調から舌苔ができるようになります。

舌苔の沈着は全身状態と密接に関係しており、疲労時、発熱時、消化器の不調などは特に注意が必要である。

引用:日本口臭学会誌 口臭への対応と口臭症治療の指針2014

舌苔が黄色がかったら、胃や肝臓にトラブルがあるかもしれません。

表面が白いのは、舌苔が増えすぎている状態で血流不足のサイン。黄色がかった場合は、胃や肝臓のトラブルを抱えていることも。

胃腸が悪いとストレスになりますが、ストレスによって舌苔ができたり口臭や口内炎の原因にもなります。

→ 舌が白いとお困りですか?

→ 舌苔が取れないのはストレスが原因!ストレス解消と舌のケアはこうする!

→ 舌をピンクにする!?健康なピンク色にする7つの方法

胃腸の不調で自律神経が乱れる

胃腸の不調はストレスと多く関係しています。不安や疲労などストレスが多くなると、自律神経が乱れて舌が白くなり口臭の原因になります。

胃腸が悪くなると熱気のある臭い口臭が出るのが特徴ですが、その理由はこうです。

1、 胃腸が悪いと免疫力が低下するため、口内環境が悪くなる
2、 胃腸が悪いと唾液分泌が減少する
3、 胃腸が悪いと舌苔ができる
4、 胃腸が悪いと口内乾燥を起こし口臭を発生する

このように、胃腸が悪いと次から次へと口臭を起こします。ですから、胃腸を健康にすることと口臭を治すことは切り離すことができないのです。

→ 舌が臭い、口臭がするそれは舌苔が原因です。舌苔を取り除く方法とは?

胃腸の調子が悪くなると、すぐに舌に舌苔となって現れます。舌苔ができると舌が白くなり見た目も悪いですが、もっと問題になるのは口臭です。

舌苔は、悪玉菌と口内の汚れがかたまってできたものです。舌などの細胞からはがれたタンパク質や食べかすを悪玉菌が腐敗させることで、口臭が発生します。

体調が悪かった時のことを思い出してみてください。舌が白くなり熱っぽい「口臭」がしていませんでしたか。このように、胃腸が悪くなると口臭がします。でも、慢性的に体調不良な場合は、口臭に気づいていないかもしれないのでご注意ください。

舌をきれいにするには、体調を良くすることはもちろんですが、舌苔が出来ているのにそのままにするのも良くありません。というのは、舌苔ができていると悪玉菌が増えて、口内環境が悪化するからです。

もし舌苔が出来ているときには、舌のケアも心掛けるようにしてくださいね。

関連記事

舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?

胃腸が悪いと口臭がきつくなるのは

胃が悪いと口臭がきつくなる」ということを耳にしたことがあると思いますが、胃から口に直接臭いが出ることはほとんどありません。

胃から口に臭いが出るのは、ゲップの時だけです。そして、逆流性食道炎になると逆流した胃液によって食道に炎症が起こり、酸っぱい口臭が出ます。

逆流性食道炎とは、胃の中で胃液と混ざり合った食べ物や胃液そのものが食道に逆流する病気です。胃液は強い酸性のため、食道に逆流すると、食道の粘膜を刺激して食道の粘膜がただれたり、潰瘍ができたりします。

胃腸が悪くなると舌が白くなります。どうして胃腸の調子が良くないと舌が白くなるのか?その関係性についてご説明します。

腸カビが原因で舌乳頭が長くなる

腸カビが胃腸に穴をあける(傷付ける)ことによって、同じ消化器官である舌の組織にも治癒作用がはたらき、舌乳頭が長くなると言われています。

→ 胃腸の炎症で舌乳頭が伸びる

胃腸と舌はつながっているために、胃腸に炎症が起きると治癒反応が舌にも起きるそうです。嘘のようなホントの話です。

胃や腸が炎症を起こすと、すぐに直そうとして新しい細胞がつくられます。胃腸と舌は粘膜でつながっているため、舌の細胞もどんどん新たに作られ、表面の「乳頭」も成長してしまいます。

腸カビ

腸の中には、善玉菌と悪玉菌がバランスをとって住んでいます。ところが、糖の多い食事や疲労・ストレスによって腸の中にある悪玉菌が増えてしまいます。すると、悪玉菌は腸内にカビが生えたようになり、身体に悪影響を及ぼすようになります。

そもそもカビは私たち人に住んでいる常在菌です。空中にも浮遊していますので、私たちは絶えずカビと接触しています。だからといって病気になることはありません。しかし、免疫力が低下したり、何らかの理由で体の中のカビが増えると悪さをし始めるのです。

腸内のカビが及ぼす悪影響は、胃腸の延長上にある舌に「舌苔」として表れます。舌苔ができると舌の上にも悪玉菌が増え口臭を発生するようになります。

ですから、キレイな舌にするためには、腸カビを作らないことが大事なのですが、どうすれば腸カビを繁殖しないようにできると思いますか?

それは、腸カビにエサを与えないこと。腸カビが好きな食べ物は「糖」です。ですから、舌をキレイにするためには、炭水化物をあまり摂らないようにすることが大切です。

カビは主に糖を栄養にして生きています。ですので、甘いお菓子はもちろん、パン、うどん、パスタなどの炭水化物をたくさん取ると、それだけカビに栄養分を与えていることになります。

食後おなかいっぱいなのにもかかわらず、ついついデザートに手が出てしまう、お酒の〆にラーメンなどを食べたくなるのは、もしかすると、おなかの中にカビが繁殖しているせいかもしれません。逆を言うなら、甘い物や炭水化物は、おなかのカビが欲しているということです。

パンが原因

パン

パンをよく食べる人は、舌苔の原因になっている可能性があります。。

小麦粉アレルギー(グルテン不耐症)の人は胃腸が悪いので、胃腸が悪いことが舌苔の原因だと思われていますが、それだけではありません。

実は、小麦粉アレルギー(グルテン不耐症)の人がパンや麺類を食べると、口内のカンジダ(カビ)が増殖を始めます。カンジダの菌糸が舌の角化に根を張り舌苔を形成するのです。

カビが二形性菌であることと関係しています。条件次第で酵母にも菌糸にも変身するのです。酵母はビール酵母やパン酵母のように、糖などをアルコールと炭酸ガスに分解しながら成長する菌。一方、細長い糸状の菌糸は腸管壁を突き抜け、穴を開けてしまいます。ちなみに菌糸は口腔内でも、口腔粘膜に穴を開けます。
引用:デイリー新潮

小麦粉アレルギー(グルテン不耐症)の確率は50人に2人といわれていますが、糖尿病の場合はその7倍も多いそうです。

小麦粉アレルギー(グルテン過敏症)は、まだよく分かっていないこともあるようですが、順天堂大学とヤクルトの共同研究では、50人に2人の確率であるそうです。(糖尿病の場合はその7倍)
小麦粉アレルギー(グルテン過敏症)の人がパンを食べると体調を悪くし、様々な病気になり舌苔や口臭もそのうちの一つなのです。

→ パンをやめると舌苔がなおる!?小麦粉アレルギー(グルテン過敏症)とは

もし、この方のように、美息美人(びいきびじん)を長く使っても完璧にならない場合には、「小麦粉」が影響しているかもしれません。一度、試す価値がありそうです。

胃腸の不調による免疫低下が原因

胃腸の不調は、体全体の免疫を低下させます。そのため、胃腸が弱っているときには、口内細菌が増殖するために舌苔がよくできます。

関連記事

口臭発生は免疫力が落ちたから!免疫って何?免疫力を高める方法はこれ?

舌が白くなったのはなぜ?よくある舌苔の原因6つ

胃腸の不調から唾液が減少する

ストレスを受けると、胃腸に不調をきたします。また、胃腸が悪くなると自律神経を乱し、唾液量が減少するため口腔乾燥を起こします。そのことから舌苔がよくできるのです。。

関連記事

舌苔が取れないのはストレスが原因!ストレス解消と舌のケアはこうする!

胃腸を健康にするには

胃腸が原因の場合には、歯科治療などで舌苔を治すことはできません。体調による「舌苔」を改善するためには、その原因となる胃腸の病気を治すなどケアすることが大事です。ただし、判断は自分でしないでお医者さんに相談しましょう。

普段から胃腸をケアするには、、、

  1. 腹八分目にする
  2. 楽しく食事する
  3. 食前酒でリラックス
  4. 充分に睡眠をとる
  5. 野菜でビタミンA、C、B6を摂取する

胃腸が弱っている時には…

こんなときに適した食品は、主食ではおかゆ、うどん、魚介類では、たら、かれい、たいなどの白身魚、肉類では鶏のささみや赤身肉など脂の少ないもの、豆類では豆腐、ひきわり納豆、乳製品では牛乳、ヨーグルト。
このほか、繊維が少なめの葉物野菜、かぼちゃ、じゃがいも、バナナ、リンゴなどがあげられます。

引用:キャベジンコーワα

まとめ

舌が白くなる原因で多いのは体調不良です。その中でも胃腸の不調によって舌苔ができるケースが多いです。舌苔ができると口臭もきつくなりストレスがたまります。

そのストレスが胃腸の不調を招くというように、悪循環になることも。

このようなケースで口臭を解消するには、口臭自体を消そうとするのではなく、生活習慣を見直して胃腸を健康にすることから始めないといけません。

胃腸はストレスに影響されることが多く、「舌が白い」、「舌苔がとれない」などの不安もストレスになるのでご注意ください。胃腸を元気にしながら舌のケアも忘れないようにしてくださいね。

>>原因のわからない口臭は、舌苔によるストレスが原因!?

舌の奥の舌苔が取れない!効果的な取り方とは

舌奥の舌苔

舌の奥の舌苔が取れないのは

YAHOO!知恵袋に「舌の奥の方の舌苔は、どうすれば取れますか?」という質問がありました。口臭予防歯磨き粉『美息美人』のお客様にも舌苔(口臭)で困っている人が多いのですが、その中でもこの方のように「舌の奥」にある舌苔で悩まれているケースが多くあります。

舌の奥は、舌ブラシ(または歯ブラシ)で磨きにくい箇所であるため、舌の奥の方だけが取れないと思っているかもしれません。しかし、たとえ舌を磨くことができたとしても舌苔は取れないのが現実です。

舌苔が取れないのは、舌乳頭の角化した乳頭に舌苔が一体化しているため、舌磨きでは取れないのです。

今回の記事は、口臭原因となっている「舌奥にある舌苔の取り方」についてお伝します。舌苔と口臭でお困りでしたら是非ご参考にしてください。

この記事は、口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登が書きました。

舌の奥に舌苔ができる原因

舌苔の状態は個人差があります。自分では舌が真っ白いと思っていても、病院で検査すると正常の範囲内のこともありますし、逆もあります。

まずは、舌苔の付き具合をこちらでチェックしてみてください。

>>舌苔の状態をチェック!あなたの舌苔は正常?口臭は大丈夫?

舌苔の原因

舌苔は、舌乳頭の角化部分に細胞の剥がれや食べかす、そして嫌気性菌が集まって構成されます。

舌の奥に舌苔が着きやすい理由

酸素が含まれる唾液が嫌いな嫌気性菌は、乾燥しやすい舌の奥の方に集まる習性があります。また、のどと舌の奥には、リンパ組織である扁桃があり、細菌やウイルス、白血球などの死がいがあるため、更に嫌気性菌にとって住みやすい環境と言えます。そのため、舌の奥には舌苔ができやすいのです。

舌苔が治らない原因

舌苔ができる原因は、人によって様々ですが、中々治らない原因で多いのは、、、
1、疲労や寝不足などによる免疫低下
2、ストレスによる自律神経の乱れ
3、口呼吸

などによるものです。

舌苔の原因について詳しくは>>舌が白いと口臭になる!舌磨きのポイントは粘膜を傷つけないこと

この3つが舌苔ができる大きな原因で、特に体調が悪くない時でも、舌の奥のほうだけ白くなっていることがあります。風邪をひいたとか、お腹の調子が悪くなると免疫が下がります。そんなときには舌全体が舌苔で覆われて白くなりやすいです。

舌苔ができるもう一つの原因は、唾液が出ないとか、口呼吸。これらの原因で口腔乾燥することによって、舌も乾燥し舌苔ができます。

唾液が出なくなるのは、人によって様々ですが、多いのは咀嚼回数が少ないこと、ストレスによるものです。ですが、降圧剤など薬の副作用で唾液が出ていない場合もあります。

舌は体の健康状態が反映されるため、体調不良であると舌苔ができ、何をしても、すぐに舌が白くなってしまいます。

ですから、舌が白いときは、体の異常のサインだと考えて、今以上の健康を心掛けることが大切です。

>>舌苔が取れない7つの理由とは?

膿汁が舌苔の原因

舌の奥は細菌が多量にあるところです。舌の根本と口蓋扁桃からは免疫物質が分泌されていて、細菌やウイルスを捕まえます。その死がいに更に細菌が繁殖するというように、舌の奥は細菌のたまり場なのです。

このように舌の奥に細菌が多いことが、舌の奥に舌苔がよくできる原因になっています。

>>喉の奥がネバつくのは膿汁が原因だった!?膿汁を出なくする方法とは?

舌の奥が口臭原因になる

口臭原因になるのは舌苔だけではありません、のどや舌の奥に付着している膿汁が原因になります。口臭対策する時のポイントは、舌の奥に着いている膿汁を取り除くことにあります。

舌苔が臭い

舌が細菌で汚れると舌苔(ぜったい)ができます。舌苔ができると、細菌が腐敗臭を発生するため、うんこ臭い、どぶ臭い口臭がでます。
舌の粘膜に白く着いた舌苔からは、口臭全体の7割も口臭が発生しているのです。この事実を知ったら、口臭を治すためには、先ず、何からするべきかが分かりますよね。

→ 舌が臭い、口臭がするそれは舌苔が原因です。舌苔を取り除く方法とは?

ところが、舌苔ができやすいのは舌の奥。舌の前方は白くなっていても、食事などで案外取れてしまうものなのです。そのため、舌の奥だけ白く舌苔が残り、口臭も喉にたまっているのです。

爪で舌苔を擦って嗅ぐと臭いでしょう。
舌苔による口臭は、口が乾くと唾液が気化して匂いとなったものです。

引用:「舌苔」は口臭の原因!適切な舌ケアと予防方法

膿汁が臭い

舌の奥(喉の奥)には、鼻喉が疾患(副鼻腔炎など)になっていると、膿汁ができます。健康に支障がない慢性扁桃炎の場合でも、舌扁桃と口蓋扁桃からの粘液の分泌によって膿汁ができて臭くなります。

これらの臭い粘液(痰、膿汁)は、唾液が少ないとか口呼吸の人の場合には、喉にべったりと着きます。そのため、ドライマウスだと気化した口臭が喉にたまるため、会話の始めに息を吐くと強い口臭が相手の人に届くことに。

また、膿汁は細菌の集合体なので、膿汁があると舌に細菌が感染するため、舌の奥に舌苔がよくできます。

口臭原因については⇒⇒『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

舌の奥を清掃するときのポイント

舌苔は就寝中に最も増えます。ですから、起床してすぐと就寝前に舌を掃除すると口臭予防になりますが、舌の奥は粘膜を傷つけてしまう可能性があるので磨かない方がいいです。

関連記事

舌苔の取り方!キレイな舌にするためのポイントについて

舌苔の清掃方法

  1. 専用の舌ブラシを使う。(または、柔らかい歯ブラシ)
  2. 思い切り舌を前に出す。(舌を出さずに磨くと嘔吐反射するから)
  3. ブラシを水に濡らし、舌の奥から前方にこする。(2~3回、1回こする度に水でブラシを洗う)
  4. 舌清掃が終わったら、水でうがいしてよく洗浄する。

【舌清掃の注意点】

  1. 舌ブラシが上あごに触れると嘔吐反射する。
  2. 嘔吐反射の防止には、息を止めると良い。
  3. 一日に何度も磨かないこと。
  4. 力を入れて強く磨かないこと。
  5. 舌苔が付いていない場合は磨かない。

>>舌苔のケア方法。完全に除去する必要はないってホント!? 

できるだけ舌磨きはしない方が良い

舌の奥にある舌苔だけではなく、舌の前方にある場合でも、舌は磨かないほうがいいです。適切に口腔ケアをおこなえば、舌磨きをしなくても口臭は予防できるからです。

舌磨きは逆効果!

白くなった舌をきれいにするためにと、舌磨きをされる方が多いのですが、そんなに単純ではありません。

舌は、胃腸の延長といわれるくらいデリケートな皮膚からできているからです。胃腸のような組織を歯ブラシでゴシゴシと磨いたら、傷がついて病気になります。
その証拠に、舌磨きをしても、白くなった舌は悪化するばかりで、良くなることはありません。

→ 舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・

舌を磨かずに、舌をきれいにする方法

舌の奥に舌苔がついていてもご安心ください。舌磨きをしないで舌苔を改善できるからです。そんな方法があるのかと疑うかもしれませんね。でも、こうしゅうを改善する方法はあります。

口臭予防歯磨き粉「美息美人」の使用方法は、今までの歯磨きの概念をくつがえすものです。歯磨き粉「美息美人」といっているので、ブラッシングだけに使うと思っているかもしれませんが、じつは、

美息美人は、粉で磨くのではなく、「アルカリイオン水」を作ってからブラッシングとうがいに使用します。

アルカリイオン水で舌苔を溶かすので、うがいで舌の汚れを落とすことができるのです。といっても、一変にではなく徐々にです。舌苔は細菌が固まって出来たかたまりです。

徐々に細菌を減少させることで、口内環境が浄化され、自然ときれいになっていきます。

嘘だと思ったら、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を一度お試しください。

>>口臭ケアブランド『美息美人(びいきびじん)』が舌苔を溶かして取る仕組み

→ 舌磨きがダメな理由5つ。コットンにあるものをつけて舌を拭く方法とは?

舌奥のケア

舌苔(ぜったい)ができると舌が臭くなります。だから、舌をきれいにしないといけないのですが、単純に舌ブラシで磨いても舌はきれいになりません。舌の前方でも難しいのですから、舌の奥の舌苔は尚更とれません。

舌苔は舌ブラシで磨いても、ほんの少し取れるかもしれませんが、舌乳頭が毛羽立ち、白いままです。嘘だと思ったら舌を磨いてみてください。舌磨きをしてもすぐに舌苔がもと通りにできます。毎日、舌磨きを習慣にしていれば、舌の毛が伸びるので余計に舌苔ができるようになります。

このようにして、厚い舌苔ができると腐敗臭がひどくなり、「舌が臭い」と悩むことになるのでご注意ください。

舌磨きを行うのは、舌苔ができる原因を知らないことにあります。当たり前ですが、舌苔ができないようにすることが一番重要なことです。

舌を乾燥させない

口呼吸になっていると舌と喉の奥を乾燥させます。特に寝ている間にいびき(口呼吸)をしていると、朝起きた時に舌苔ができて舌が白くなります。いびきをかく人の場合には、鏡の前で大きく口を開けて喉を覗くと、舌奥が白くなっているのが確認できるでしょう。

口呼吸の場合には、鼻呼吸に代えることが大切です。鼻呼吸にするための方法としておすすめなのは、唇に絆創膏や医療用テープを貼って寝る方法です。鼻呼吸で睡眠することが習慣づくまで続けるのがコツです。

舌の乾燥がひどい場合には、お医者さんで人工唾液を処方してもらうと良いかもしれません。他にも、舌の保湿剤として舌粘膜に保湿ジェルを塗ってから睡眠をとるようにすると良いです。

もちろん、唾液を積極的に出るように努力することが大事です。唾液を出す方法としては、舌を動かす「お口の体操」やシュガーレスガムを噛む方法があります。詳しくは、『歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!』をご参考にしてください。

それと、唾液が減少する原因にストレスが影響していることもあります。もし、ストレスを感じていたら、ストレスを軽減することも舌の臭いを改善するには必要です。舌苔と口臭の関係については、『舌苔が取れないのはストレスが原因!』をご参考にしてください。

水を飲む

舌苔が原因の口臭対策には、水や白湯を飲むのがいいです。

水を飲むことで舌の奥の口内細菌や汚れを洗浄する効果があります。また、水を飲むと口内を湿らせることができます。それだけではありません。水を飲むと、精神をリラックス状態にすることも期待できるのでおすすめします。

まとめ

口臭のほとんどが舌苔が原因になっています。口臭が気になる場合は舌苔を除去することが大事なのですが、舌苔は舌の奥によくできます。

舌ブラシで舌苔を取り除くことも大切かもしれませんが、舌磨きだけで舌苔は改善できません。それに、喉からの口臭は、舌苔以外にも臭い粘液(痰、膿汁)が原因になります。

ですから、口臭を改善するためには、臭い粘液対策も大事。そのためには、うがいで舌の奥部分のケアを行うことが必要です。

また、ストレス対策や唾液の分泌を増やすなど生活習慣の改善が、舌苔と口臭の予防につながります。

ストレスが舌苔の原因になる!?

舌苔の原因はストレス

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

仕事が忙しく疲れている、人間関係でストレスがたまっている、そんな時には舌が白くなります。中医学では「心身の状態が舌に表れる」と言いますが、心身のストレスが自律神経を乱すことで舌苔を付着させるのです。

緊張したりストレスがあると、交感神経が活発になり副交感神経の働きが低下するので、唾液の分泌が減って口臭が強くなります。

舌苔が治らなかったり口臭が強い時には、疲労やストレスが原因になっている可能性が高いです。

今回の記事は、ストレスによる舌苔の対策方法についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

関連記事>> 舌が白い!舌苔の原因と取り方

ストレスで舌が白くなった!

sitakoke
これは、イメージ写真です。私の舌ではありません。

適切に舌苔対策を行なうためには、舌苔の付き方をチェックすることが大事です。こちらで舌苔の付き具合をチェックしてみてください。

>>舌苔の状態をチェック!あなたの舌苔は正常?口臭は大丈夫?

先日、久しぶりに舌が白くなりました。舌の中央から喉にかけて白い苔が、芝生のように生えていました。しばらく舌苔ができた事がなかったので、なつかしくも思えました。

でも、口の中の異変は、それだけではなかったのです。舌唇の内側に「口内炎」ができて痛い。

どうしてなんだろう?しばらく考えてみました。普通なら、お盆休みで休養がとれたはずなのですが、反対に疲労が残り、やる気も落ちていました。そのような時に、仕事で新たな問題が起きてストレスに。

いつもの調子なら、多少のストレスは「良い刺激」になっていたのですが、知らず知らず、小さな積み重ねが大きなストレスになっていたようです。

そのストレスが自律神経に影響して「舌苔」をつくったようです。そして、口内炎も。(※現在、口内炎の原因ははっきしていませんが、ストレスも一因だといわれています。)

【ストレスが原因で起こる症状】

  • 舌痛症(神経障害性疼痛)舌の異常な乾きからヒリヒリ、ぴりぴりする痛みを感じる原因不明な症状。
  • 口内炎(舌炎、口唇炎など)
  • ヘルペス
  • 舌苔
  • 口臭(口腔乾燥による)

舌苔対策はこちら>>舌が白いと口臭になる!舌磨きのポイントは粘膜を傷つけないこと

ストレスが舌苔の原因になる

精神的ストレス

よくあるのが、人間関係によるストレスや、仕事でのプレッシャーによるストレスです。不安や恐怖が強くなると交感神経が活発になり、本来、リラックスする睡眠や食事中も興奮状態になります。このような状態になると、精神的に休まる間がなくなるので、身体にも多くの障害が起きてきます。

口臭を心配している人が、会話するときには極度の緊張をします。緊張したときに口が乾き舌が白くなるのは、無意識に、恐怖心が自律神経に影響しているからです。

肉体的ストレス

ストレスは、肉体的にもあります。仕事が忙しく疲労がたまる、怪我や病気、などでもストレスがたまります。また、騒音やまぶしい光でも身体に過度の刺激となりストレスを感じることがあります。

じつは、舌が白くなることであまり知られていないのですが、口内が汚れて細菌が増えると、自律神経が反応することがあります。たとえば、ドライマウスの人の場合には、唾液が粘つき味も苦く、不快な気分になります。そのようにストレスを体が感じると、自律神経が反応し唾液がでなくなるのです。

ドライマウスの人が、舌が白くなるのは、この悪循環がほとんどです。このようなときでも、逆に口内環境をきれいにすると、唾液がよく出て舌もきれいになるのです。

睡眠不足・疲労

睡眠不足や疲労は、からだへストレスをかけます。寝不足の翌朝に舌苔ができて口臭が出るのはそのためです。

私たちの体は、一日24時間、朝昼晩と一定のリズムをもっています。ところが、夜中にも仕事をしたり、遊んでいると、必要な睡眠時間をとることができなくなります。このような不規則な生活と続けると、自律神経のバランスを崩す原因になります。

寝不足の翌朝に、舌が白くなるのは、このためです。

更年期障害・妊娠

更年期や妊娠期になると、生活が大きく変化するため、それ自体がストレスとなります。

更年期や妊娠時には、女性ホルモンのバランスがくずれ自律神経が乱れることがあります。更年期や妊娠時の女性にドライマウスが多くなるのは、そのためです。ドライマウスになると、舌苔ができるだけではなく、口が苦く感じるという症状もおきます。

妊娠してから口臭で困る女性が多いですが、この口臭は一時的なもので、出産とともに、なおるのが一般的ですのでご安心ください。

自律神経失調症

自律神経失調症は、自律神経の乱れを起こす代表的なものです。もともと、精神的ストレスや肉体的ストレスから自律神経失調症になるのですが、その病気によって自律神経の乱れがおきます。それが、口臭を引き起こしていることが多いのです。

自律神経は全身の器官をコントロールするため、バランスが崩れると全身の機能に支障をきたして、さまざまな症状が出ます。最近は内科や整形外科などで検査をしても悪いところが発見されず、神経科、心療内科などの専門医を紹介してくれるケースが多くなりました。ただし「自律神経失調症だから」と思い込んで放置し、病気の早期発見を逃してしまうケースもあるので、注意して下さい。

引用:総合南東北病院 自律神経失調症ってどんな病気なの?

ストレスを改善することで舌苔がなおる

ストレスが原因で舌苔が付着している場合には、原因であるストレスを軽減するなど生活習慣を改善することで、舌苔も減らすことが可能になります。

生活習慣を見なおす

自律神経が乱れると舌苔ができやすくなります。舌苔をなくすには自律神経を整えることが大切です。

自律神経をバランスよく動かすには、規則正しい生活習慣をおくることが大事。栄養バランスを考えた食事、十分な睡眠時間、そして早起きをするといいでしょう。

適度な運動

ストレスは筋肉を緊張させて体を硬くします。ストレスを改善するには運動することが効果的です。

部屋の中でじっとして体を動かさないと、気分も落ち込むかもしれません。しかし、運動をすると気分がよくなります。軽く汗をかくことも健康に良いです。毎日、散歩をすることで、生活のリズムもつくることができます。

カルシウムをとる

ストレスを改善するためには、カルシウムなどの栄養摂取すると良いです。

カルシウムには、緊張・興奮をおさえ精神をリラックスさせる効果があります。小魚や牛乳など積極的に食事でとることをおすすめします。

カルシウムは、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品、めざしや干しえび、わかさぎなどの小魚、小松菜、ほうれん草、チンゲン菜などの野菜に多く含まれていますので、積極的に食べるようにするといいでしょう。

心身をリラックスさせる

リラックスする方法は、個人によって違います。好きな趣味、スポーツ、勉強を行うことで、精神をリラックスすることができます。

リラックスする方法でよくあるのは、「ぬるま湯につかる」などありますが、自分にあった方法を見つけることが大切です。

精神的ストレスに強くなる

ストレスの厄介なのは、自分の知らないうちに入り込んでいるからです。そして、マイナスな感情を抱くと、それが、さらにマイナスの思考をふくらませます。そして、よりマイナスな感情に…というように、悪循環になることです。

不快な感情を感じたら、感情に流されないように一度立ち止まってみることが大事です。

心(脳)で考えることは、良くも悪くも嘘です。どういうことかというと、心(脳)で考えているのは妄想や空想だからです。この思考に振り回され不快な感情(ストレス)が生まれるのです。

だから、ストレスは誰にでもあります。そし生きるためにもストレスは必要なものです。過ぎると障害になりますが。

ストレスをかかえないようにするには、見たもの・感じたものの「意味付け」を変える必要があります。今まで反射的に意味付けしていた方法を変えて、自分自身のためになる「意味付け」をすると良いです。

感謝をする

ストレスを感じるときというのは、不快な感情を抱いたとき。ですから、反対の「気分の良い感情」を持つようにすれば、ストレスの意味付けが変わります。

その方法としておすすめなのは、「感謝をする」です。ストレスが多く自律神経が乱れているときに、感謝をすることは難しいと思います。

そのようなときには、「もし、感謝できることがあるとすれば…?」、「このような時でも感謝できることがあるとすれば…?」と、自分自身に質問をしてみてはいかがでしょう。

少しでも感謝がみつかれば、不快なストレスから、気分の良いストレスに変わります。ぜひお試しください。

まとめ

舌が白くなる「舌苔」ができる原因は、いろいろありますが、それらの多くは、歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」で解決できることが多いです。

しかし、舌苔のできる最も大きな原因は、「自律神経の乱れ」だということをご理解できたでしょうか。

この問題を解決できれば、たとえ、一時的に舌が白くなっても、すぐに改善できるようになります。

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

糸状乳頭が長くなると舌苔ができる

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

舌磨きをしたことで「糸状乳頭が伸びた」と困っている方が多いです。糸状乳頭(舌乳頭)が長くなると、舌に食べかすや細菌などの汚れがよくたまるようになり舌苔ができやすく、また、口臭の原因にもなります。ですから、舌乳頭が長い場合には、その対策が重要です。

舌乳頭が伸びる原因は二つあります。一つは、胃腸などの炎症によって舌乳頭の角化が起きるのです。この角化によって舌乳頭が長くなるのです。そして、もう一つの原因は「舌磨き」です。

舌乳頭は柔らかい組織なので、舌磨きでも簡単に傷つくからです。

でも、一度長くなってしまった舌乳頭を治さないことには、舌苔や口臭を改善できません。

今回の記事では、「糸状乳頭が長くなる原因」についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

糸状乳頭とは

舌の表面は絨毯のように舌乳頭がありざらざらしています。舌乳頭には、糸状乳頭,茸状乳頭,有郭乳頭,葉状乳頭などがありますが、この中でも糸状乳頭が舌苔の形成に大きく関係しています。

舌苔ができると、ブツブツの茸状乳頭(じじょうにゅうとう)が目立つために心配する人がいますが、茸状乳頭は、舌苔とは関係ないのでご安心ください。

舌のブツブツ

糸状乳頭(しじょうにゅうとう)は舌の全域にあり、糸状乳頭が舌苔(ぜったい)の原因になります。

舌が白いから口臭がする

糸状乳頭が長くなると舌苔ができる

糸状乳頭は再生能力を持ち、その編成角化細胞が絶えず成長、脱落、積集される。また角化細胞で食物残渣、細菌が繁殖して白く薄い皮膜を形成しているこれが舌苔である。

参考文献:埼玉医科大学公衆衛生学教室、舌診の研究

糸状乳頭が長いと舌苔ができやすくなります。その理由は、舌乳頭の間に食べかすや細菌などがたまり清掃が困難になるからです。

舌苔のイメージ

舌苔は風邪などで発熱した時や胃腸の病気の時によくできます。また、加齢などで舌の動きが悪くなったり、疲労、喫煙、口腔ケアが不十分な時にもできやすいです。

それでも、唾液の分泌が多く舌粘膜が潤っている場合は、舌苔はできにくく治りやすいものです。

舌苔の原因

舌苔と膿栓の図解

舌が白いからといっても、同じ原因とは限りません。また、舌が白くなっている状態も様々です。詳しくは『舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く5つの方法とは?』をご参考にしてください。

厚い舌苔ができる原因は、、、

1. 唾液の分泌量の減少(加齢、ストレスなど)
2. 薬の副作用(降圧剤、安定剤、睡眠誘導剤など)
3. 胃腸の疾患や不調(便秘、下痢)
4. 喫煙(ヘビースモーカー)、飲酒
引用:舌が白くなる原因が何なのか知っていますか? 

舌磨きを行なっても舌苔がとれない場合は、こちらの記事をご参考にしてください。
>>舌苔が取れない7つの理由

健康でも舌は白くなる

舌の中央部には、ひだひだの糸状乳頭がじゅうたんのように覆っています。この乳頭の形状が舌を白くする原因。

というのは、乳頭は先がとがっているため角質化しやすいからです。そのため、舌が白く見えます。健康な舌でも乳頭は角化するので薄らと白い膜が張ったように見えます。

舌が白い

角化したことによって薄っすらと白くなった舌を、舌苔(ぜったい)と勘違いして舌を磨く人もいますが、かえって良くありません。

細菌の増殖

舌が白くなる理由については、胃腸が悪いからとか口呼吸やドライマウスだとか色んなことがいわれますが、直接の原因は、舌の粘膜に細菌が大量に繁殖することによって舌苔(ぜったい)ができます。

細菌

じゅうたんのような舌の表面には、食べかすや細胞のはがれたものなどあらゆる汚れが付着します。それが、細菌のエサになるため、舌は細菌が棲息するには絶好の環境といえます。

ところが、充分に唾液が分泌されていると、唾液によって細菌は洗い流され殺菌することができます。しかし、何らかの影響によって唾液の分泌が減少し口が乾いた時に細菌が増える。これが、舌に苔ができる大きな理由です。

舌苔ができる原因については、「舌苔を除去する方法はどれが一番効果があるか調べてみて分かった!(舌苔の原因)」をご参考にしてください。

口腔環境が悪い

傷テープ

舌を磨くことで、舌の苔が一時的に除去できるかもしれません。しかし、舌磨きによって、デリケートな作りの糸状乳頭が削れ傷がつく。その結果、舌の角化が進み細胞が白くなります。また、傷ついた細胞が細菌のエサになるなど、よけいに舌が白くなることになるという悪循環になります。

舌を磨いた直ぐは、舌の表面は少しはきれいになるかもしれません。でも、細菌が棲息するのは舌の表面だけではありません。舌磨きでは磨けない糸状乳頭の間に細菌の多くが残っているから。

このことが舌苔が出来る原因です。しかし、慢性的に舌苔が出来ている人が、舌がきれいにならない理由は、「口腔内の環境が悪いから」です。

健康な人の口腔内は、善玉菌と悪玉菌がバランスよくあります。この細菌バランスによって、良い口腔環境が保たれます。

しかし、口腔が汚れ酸性化すると、圧倒的に悪玉菌が増えます。この悪玉菌が多い状態になると、多少、舌をキレイにしても悪玉菌が増えるので、直ぐに舌苔が出来るのです。

免疫力の低下

口の菌

舌をキレイにするには、口腔環境を整えなければいけません。そのためには、毎日、ていねいに口腔ケアを行い悪玉菌を減らし、良い細菌バランスにする必要があります。

細菌が棲息するのは舌だけではありません。細菌は、歯ぐき、歯周ポケット、歯ぐきと頬の間、歯、口の中、喉(のど)のあらゆる所にいます。

ですから、舌の表面だけ磨いて舌をきれいにしようという考え方はナンセンスなのです。口腔全体の清潔を保たないことには、舌をきれいにはできません。

しかし、細菌バランスを整えるには、口腔ケアだけでは不十分です。その理由は、悪玉菌は身体の抵抗力が落ちたときに増えるからです。疲れた時やストレスがたまった時に舌苔が出来やすいのですよね。だから、効果的に細菌バランスを整える方法は、心身ともに健康になることということも知っておいてほしいです。

免疫力低下が舌苔の原因になることについて詳しくは、『舌苔が取れない原因は、ストレスor免疫力低下!対策はこうする!』をご参考にしてください。

糸状乳頭が長くなる原因

「糸状乳頭が長くなった」、「舌乳頭が伸びた」とご心配される方がおられます。舌乳頭が先天的に長い場合もありますが、舌乳頭が伸びる原因は糸状乳頭の角化によるものです。

糸状乳頭が長くなり、ここに剥離細胞、粘液、食べかす、細菌などが積み重なると舌苔は厚くなります。

糖とタンパク質の過剰摂取

糸状乳頭の血管中の糖やタンパク質が多くなりすぎると、舌乳頭の角化が亢進して糸状乳頭が長くなります。

引用:口腔衛生会誌 舌苔と生活習慣および自覚症状との関連性

胃腸炎で糸状乳頭が長くなる

胃腸に炎症が起きると治癒反応が、舌にも同じように伝わり糸状乳頭が伸びるのです。

胃や腸が炎症を起こすと、すぐに直そうとして新しい細胞がつくられます。胃腸と舌は粘膜でつながっているため、舌の細胞もどんどん新たに作られ、表面の「乳頭」も成長してしまいます。
引用:この差って何ですか?

胃粘膜の炎症で糸状乳頭の角化が進み乳頭が長くなります。また、病状が進行すると舌苔が黄色くなるそうです。

舌苔は、防御反応としても発生します。胃粘膜の炎症や膵(すい)臓の働きが弱っている時には、舌の糸状乳頭の角化が亢進(こうしん)して伸びるために、舌苔が厚くなります。
熱、慢性胃炎、胃下垂、消化吸収不良の時、舌苔が黄色に着色することがあります。病状が進行すると、黄色の程度が強くなる傾向があります。

引用:上毛新聞 情報提供/群馬県保険医協会

舌乳頭の角化はこんな感じです。

舌乳頭の角化

舌磨きのし過ぎで糸状乳頭が長くなる

舌磨きで舌をこすると糸状乳頭の先端が傷つき角化をおこします。専用の舌ブラシやタングスクレーパーでも同じように舌乳頭を角化させるのでご注意ください。

舌苔を取る方法…舌ブラシ

糸状乳頭は粘膜で柔らかい組織のために、舌磨きでも簡単に傷つきます。

毛舌症

黒毛舌

毛舌症(もうぜつしょう)は、口腔細菌のバランスがくずれることで舌乳頭が長く毛のようになる症状で見た目が悪いかもしれませんが、良性です。舌が白くなるのを白毛舌、黒くなるのを黒毛舌といいます。

黒毛舌などによって乳頭が長くなる原因は、抗菌剤の長期使用のほかに次のようなものがあります。

毛舌の原因としては口腔内を不潔にしておいたり、抗菌薬やステロイド剤の投与、トローチ、軟膏などを利用したために起こることが多くあります。
喫煙や放射線照射などの化学物質による刺激によっても起こりえます。
また舌粘膜の神経障害や慢性の胃腸障害、糖尿病などによって引き起こされる場合もあります。
糸状の乳頭が伸びた状態は通常は白く見え、その量や食べ物の内容などによって黄色やグレー、茶色、黒へと変化することになります。唾液の分泌量が低下し、口から唾液が蒸発してしまうことも原因となっています。

引用:スマイルデンタルクリニック

長くなった糸状乳頭を元に戻すには

舌苔を付かないようにするためには、糸状乳頭を正常の長さにする必要があります。

伸びた糸状乳頭の長さを短くするには、次のようにすることが大事です。

  1. 胃腸を健康にする
  2. 唾液の分泌を促す
  3. ドライマウス対策(舌の保湿、口呼吸にする)

【関連記事】

胃腸が弱ると舌が白くなる!口臭がする!対策はこれ!

唾液が臭いとキスもできない!唾の臭いを消す方法!

ドライマウスの対策はコレが一番!いったいどんな方法なのか?

舌磨きをやめる

舌磨きする男の子

口腔内が乾燥すると、糸状乳頭が長く伸び、唾液だけでなく飲食物の残りかすがたまり、口臭を発するという。
ブラシで舌苔を取ることは口臭防止に効果的だが、舌をこすり過ぎると伸びた糸状乳頭がはがれ落ち、粘膜が荒れた状態になって味覚障害を引き起こす場合がある。「特に正常な状態のときの舌磨きは逆効果」と本田医師。

引用:時事メディカル

舌苔が出来、舌が白くなると、舌磨きを行う人が多いです。舌を磨く一般的な方法としては、市販の舌ブラシや歯ブラシを用いて舌粘膜をゴシゴシと磨く方法ではないでしょうか。

舌磨きが良くない理由は、この舌磨きによって舌粘膜が傷つくからです。舌の表面は、「舌乳頭」が生えてザラザラ面になっています。この乳頭を舌ブラシでゴシゴシと磨くと舌が削れて傷付きます。

だから、舌磨きはしない方が良いのです。しかし、「舌磨きをしない方が良い」というのは、舌が傷つくからだけではありません。舌磨きによるリスクについては、『舌磨きは絶対にしてはいけない!なぜなら口臭をひどくする原因だからです。どうしたらいいかというと・・・』をご参考にしてください。

歯磨き粉の使用をやめる

ドラッグストアで歯磨き粉を探す

舌磨きを行う時に、歯みがきと同じ要領で舌ブラシに歯磨き粉を付けて磨く方がいます。しかし、この行為こそが舌苔を作ってしまう大きな原因になっているということをご存知でしょうか。

一般的な歯磨き粉には、合成界面活性剤や発泡剤など刺激性のある成分が含まれています。歯磨きを行うと、これらの添加物が舌の粘膜に付着します。

でも、唾液が多いと、唾液に含まれる粘ついたムチンという成分が、舌を保護し守ってくれています。それだけではありません。唾液が分泌されるたびに、舌に着いた添加物も洗い流してくれます。だから、たとえ合成界面活性剤が含まれていても舌を痛めることがないのでしょう。

ところが、舌が白くなる人の特徴は、唾液の分泌が少ないこと(又は口呼吸)によって舌が常に乾燥しています。

舌の粘膜が、唾液保護されずにむき出し状態の所に、歯磨き粉に含まれる添加物が付着します。そして、舌が常に乾燥しているので、舌乳頭の角化が増長されるのです。

ですから、舌が白くなる人の場合には、歯みがきの時も出来るだけ歯磨き粉の量を減らし、歯磨きを終えたらしっかりと水で洗い流すなどの配慮が大切です。

舌磨きの時の歯磨き粉を使った時のリスクについては、『舌磨きは歯磨きでやってはダメ。コットンにあるものをつけて磨く方法とは?』をご参考にしてください。

まとめ

歯肉

舌をキレイにするためには、舌だけをキレイにしようとしてもダメです。過剰な舌磨きによって舌が傷ついているかもしれません。そして、糸状乳頭が長くなっている場合もあります。

このように、舌粘膜が悪化すると、かえって舌苔ができやすくなります。そのような場合には、一度舌磨きをやめてみるといいでしょう。

また、市販の刺激の強い歯磨き粉ではなく、無添加歯磨きなど舌肌に優しいものが望ましいです。お勧めできるのは、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水です。

これ一本で歯磨きとうがいの両方に使えます。舌苔は舌の奥に出来やすいので、アルカリイオン水でうがいするのが有効です。

【参照リンク・参考文献】

大阪医科大学看護研究資料、舌苔の評価における動向および評価基準とその信頼性・再現性に関する文献検討
日本歯科医師会 歯とお口のことなら何でも分かるテーマパーク8020
日本口臭学会 口臭と口臭症に関連する用語
日本耳鼻咽喉科学会 代表的な病気
日本口臭学会誌 口臭への対応と口臭治療の指針2014
日本口腔ケア学会
厚生労働省
日本口臭学会

 

舌苔を除去するうがい方法!うがいで口臭が消えるは本当だった!

口臭の9割は口内から発生しています。口臭原因は、舌苔と歯垢などの汚れ、歯周病・虫歯の歯科疾患による臭い(揮発性硫黄化合物)です。

舌が白い時には、口内の汚れ(食べかす、細胞の死がい、嫌気性菌など)から出来る舌苔が付着しているため、口臭が強くなります。

口の中にはたくさんの細菌がありますが、とくに舌の表面には細菌が多くあり、約5000億個の細菌があると言われています。
引用:舌が白いと口臭になる!舌磨きのポイントは舌を傷つけないこと

そのため、「うがい」で口内の汚れを洗い流すと、口臭を消すことができます。

勘違いしないでいただきたいのですが、たとえ「うがい」で汚れを除去できたとしても、根本原因(舌苔、歯周病、虫歯)を解決できないと、口臭がしないのは一時的で、すぐに臭くなります。

そのため、舌ブラシや歯ブラシで舌磨きを行っているのではないでしょうか?しかし、舌磨きをしても、頑固な舌苔はすぐにでき、今以上に口臭が悪化します。

うがい薬や重曹水(またはオリーブオイル)を使うと、口臭が消えるだろうと思うかもしれませんが、期待しすぎない方がいいです。

口臭が改善しない理由は明白です。それらでうがいを行っても、口臭原因となっている舌苔を除去できないからです。

ところが、アルカリイオン水を使うと舌苔が取れて口臭も消えることが分かりました。それは、アルカリイオン水が、タンパク質から構成される舌苔を溶かす作用があるからです。
→ アルカリイオン水のうがいが、口臭予防になる

舌苔を除去するためには、舌苔の菌を除菌させることも必要です。ですから、アルカリイオン水でうがいを行うと口臭予防になります。

今回の記事は、舌苔うがいで口臭予防する方法をお伝えします。舌苔が改善しないとお困りでしたら是非ご参考にしてください。

舌苔うがいの効果

口の中に水を含み、ぶくぶく、クチュクチュと舌苔うがいを行うだけで、食べかすなどの汚れを洗浄できますが、うがいの効果は、それだけではありません。菌の増殖しているネバネバ唾液を吐き出すこともできるのです。

そのため、うがいを行うことは、口臭予防に効果があります。

口臭予防

口臭の7割以上が舌苔から発生します。

舌苔ができる原因(口臭)

だから、口臭をなくすためには舌苔を取り除かないといけません。でも、間違った舌磨きでは舌苔が悪化することがあります。これでは、何もできないと思ってしまいますよね。

そんなことはありません。ご安心ください。「うがい」が舌苔対策に効果があるのでご紹介します。

舌苔が予防できる

舌苔うがいで舌を綺麗にする

このブログの読者であれば、「舌磨きが良くない。」添加物の入っている「歯磨き粉が良くない」ことを良く知っていると思います。だから、それらに代わる方法を探されているのではないでしょうか。

それが、今回ご紹介する「舌苔うがい」です。頑固な舌苔が「うがいで取れるの?」と半信半疑だと思うかもしれませんが、想像する以上の効果が表れています。こちらもご覧になってください。

唾液がよく出る

舌苔ができる方に多いのは、ドライマウスです。口の中が乾くと舌に苔ができます。このように、ドライマウスの大きな原因は、唾液不足によるものです。

赤ちゃんの時には唾液がたくさん出ているのに、加齢とともに唾液量は減少していきます。どうしてだと思いますか?

唾液の出し方を教えます

一つは、口の周りや舌の筋肉の衰えです。筋肉が衰えると自然とやわらかい食べ物を好むようになるため、悪循環です。加齢によって口の周りや舌の筋肉が衰える。そして、唾液腺への刺激が減りドライマウスになっている人が多いのです。

唾液量の分泌が悪くなると、口の中のばい菌や食べかすを洗い流せなくなり舌苔ができます。そして、舌苔のばい菌が、歯周病や口臭を引き起こします。

唾液量が減るもう一つの原因は、ストレスによるものです。ストレスには、精神的ストレスと環境ストレスがありますが、どちらのストレスも唾液分泌に影響します。

緊張や恐怖などの精神的ストレスがあると、交感神経が活発になりネバネバ唾液になります。

ところが、口内が汚れ不衛生になることもストレスになります。舌苔ができると口内環境が悪くなるためストレスとなります。そして、唾液量が減り口腔乾燥をおこすのです。これも舌苔がある人の特徴的な悪い循環です。

だから、舌をきれいにするためには、毎日うがいを行うことが大事です。うがいを行うと、口の周りや舌の筋肉を鍛えることが出来、唾液の分泌も増え舌がキレイになります。

舌がきれいになると口臭もなくなります。

成人病の予防

私「舌苔って、かんたんには取れへんやろ?それでも、舌を磨く意味ってある?」
長女(看護師)「スポンジブラシ(舌ブラシ)を使って軽く舌磨きするだけでも、口の粘つきが取れて味覚異常も減るから、口がスッキリすると思うよ。あっ、そうそう。他にも、肺炎の人とか、口腔内に痰がへばりついてる患者さんの場合には、誤嚥性肺炎予防のために取ってるかな。」

引用:舌苔の取り方って知っていましたか?

舌苔うがいが習慣になると、口の中をいつもキレイに保てます。口内が清潔になると虫歯や歯周病になるリスクが減るだけではなく、口臭予防にもなります。

しかし、舌苔うがいによるメリットは、それだけではなかったのです。口の中のばい菌はからだのいろんな病気に関わってることが分かってきました。

口の中のばい菌が、毛細血管から侵入し身体全体をめぐり悪さをするのです。

心臓手術する医師

「歯原性菌血症」と言い、そのことから、動脈硬化、脳梗塞、アルツハイマー型認知症、心筋梗塞などの心臓疾患、糖尿病、骨粗しょう症、高脂血症などの一因になると言われています。

歯周病と成人病との関係については、『歯周病が引き起こす病気!糖尿病・心臓病・関節リウマチ、、、歯周病の予防はこうする!』をご参考にしてください。

歯周病になると、歯ぐきから出血することがあります。その時に、歯ぐきの毛細血管から歯周病などのばい菌が入り込み身体中を駆け巡るのです。

ですから、常日頃から口を清潔にしておくことで、これらの病気になるリスクが抑えられます。

他にも、口内がキレイになると唾液の分泌が良くなります。舌苔が出来ている時には、唾液が少なく口が乾くため口腔環境が悪くなっていますが、唾液がよく出るようになると口内環境がキレイになるので健康になります。

口の中にばい菌が増え口内環境が悪いと、舌がん(口腔がん)や口内炎にもなりやすいといわれているので、舌苔うがいは舌がんのリスクも低くする効果も期待できますね。

舌が白いと怖い病気だと思うかもしれません。その場合は「舌がん?それとも口内炎?見分ける方法と注意点とは?」をご参考にしてください。

「舌苔うがい」のやり方

うがいで膿栓を取るにはコツがいる
口の中をばい菌から守りスッキリさせる「舌苔(したごけ)うがい」。

誰でもすぐに始められるとても簡単なうがいです。やり方を覚えて実践するだけでいつもお口の中を清潔にしキレイな舌を保つことができます。

舌苔(したごけ)うがいは水道水でもできますが、おすすめはアルカリイオン水によるうがいです。水よりずっと効果を上げられるので、おすすめします。

舌苔うがいの基本手順

  1. アルカリイオン水を用意します。
  2. アルカリイオン水を口に含み、クチュクチュと5回うがいをしたら吐き出します。
  3. 再度、アルカリイオン水を口に含み、右側の奥歯に当たるように5回うがいをしたら、同じように左側の奥歯に当たるように5回うがいをして吐き出す。
  4. アルカリイオン水を口に含み、喉を立て右側の扁桃(へんとう)に水が当たるようにガラガラうがいを6回したら吐き出します。
  5. 同じ要領で、左側の扁桃(へんとう)に水が当たるようにガラガラうがいを6回し吐き出す。
  6. 最後の仕上げは、水道水でブクブクうがいとガラガラうがいによって洗浄します。

舌苔を除去する「うがいの方法」は、こちらに詳しく載っています。

喉のガラガラうがい

膿栓をアルカリイオン水のうがいで取る

舌苔の原因となるばい菌は、喉からの粘液に混じり舌の表面に感染します。そのため、扁桃腺(へんとうせん)と舌扁桃(ぜつへんとう)から分泌される粘液を洗浄しないと、舌苔の予防はできません。

だから、喉のガラガラうがいを行うことが重要なのですね。ぜひお試しください。

うがいの仕上げは水を飲む

うがいの後、水を飲む理由は2つあります。一つは、うがいをしても喉の奥まで届かないからです。水を飲むことで喉の奥の汚れを洗い流すことができます。

水を飲むもう一つの理由は、口腔や喉の保湿です。

舌苔ができやすい方の特徴は、唾液が少なく口腔が乾燥すること。舌苔うがいの効果を上げるには、口腔乾燥を予防することが大切です。

口腔乾燥を予防するためには、舌や口内の粘膜に保湿ジェルを塗る方法もあります。しかし、簡単にできるのは、「水を飲む」ことです。水を飲むのは簡単で、口に潤いを与えるためにはとても効果があるのでおすすめな方法です。

水を飲む

水を飲むことでばい菌を洗い流す効果もあります。また、水を飲むと唾液腺を刺激するので唾液が出やすくなります。舌苔でお困りでしたら、毎日小まめに水を飲むようにすると良いです。

ドライマウスについては⇒⇒歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!

舌苔を完璧になくすために、もう一つ行ってほしいのは、やっぱり歯磨きです。うがいだけでは、歯面に付いている歯垢(プラーク)を落とすことはできません。ですから、ていねいにブラッシングすることは重要なことです。

歯磨きと舌苔うがいの両方を続けることで、口内環境がキレイになるのでぜひお試しください。

舌苔うがいの注意点

マウスウォッシュで舌苔は取れない!

マウスウォッシュを使うことは簡単です。歯磨きのついでにクチュクチュとやれば良いだけですから。しかし、マウスウォッシュでクチュクチュしても、口の中の洗浄はできるかもしれませんが、舌苔まで取ることは難しいです。

舌苔が取れない理由

また、注意してほしいのは、マウスウォッシュの種類によっては、アルコール含有タイプのものがあります。アルコールを口に含むと、口腔乾燥を起こしやすいため、舌苔が出来やすくなります。マウスウォッシュを使用する場合は、アルコールが含まれないタイプを使うようにすることをおすすめします。

うがい薬では舌苔は取れない!

イソジンうがい薬には殺菌剤が含まれているので、口の中をきれいにする効果があります。ですから、舌の表面がうっすらと白い程度であれば、イソジンでも良いかもしれませんが、厚い舌苔になると、たとえイソジンでも除去できません。それほど、舌苔はやっかいです。

それに、舌苔はスポンジのように水分を吸収します。そのため、舌苔に食べ物や飲料の色素や味が付着して、いつまでもニオイがすることがあります。これと同じことがイソジンを使用した時にも起こります。

イソジンの色が舌苔に付き、赤紫色に染まることがあるのでご注意ください。

→ 重曹うがいの舌苔除去効果は?正しく舌をケアして口臭予防する

まとめ

舌苔は口臭の最大原因。そのために、舌ブラシを使い舌磨きをする人が多いです。しかし、舌苔は舌の角質に根を張っているために、完全に取り除くことができません。

舌磨きをやり過ぎると舌苔が悪化します。そのようなことにならないために、「舌苔うがい」を行ってほしいです。

舌苔うがいの効果を上げるには、アルカリイオン水がおすすめです。アルカリの作用でたんぱく質の舌苔を溶かすので、毎日のうがいで舌苔の予防と対策になります。

舌苔がはちみつで取れた!?蜂蜜で舌苔ケアが出来るか調べました

はちみつで舌苔を取る方法

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

はちみつを購入するためにAmazonで調べていたら、「食パンにマヌカハニーを塗って食べたら舌苔がとれた」というコメントがありました。

それを見た時には疑わしいと思ったのですが、試しにGoogleで「舌苔、はちみつ」と検索。すると、歯科医院や高齢者施設のサイトに、「はちみつを使った舌苔除去」についての記事がたくさん載っていたのです。

これが本当だとすると、「舌が白い」ことで悩まれている人たちにとっては、救世主になるかもしれません。

真実を確かめるために、今度はYAHOO!知恵袋で「はちみつで舌苔を取っている人」を調べて見ると、取れないと言ってる人ばかりでした。これは、どういうことなのでしょう?

はちみつで舌苔が取れるのか調べてみましたので、分かったことをお伝えします。ご参考にしてください。

はちみつで舌苔を取る方法

はちみつを使って舌苔を取る方法は「舐める」だけです。小さじで適量のはちみつをすくい、舌の上に乗せて舌全体に行き渡るように舌で広げます。

この時のポイントは、すぐに飲み込まないようにして、いつまでも舌の上に残るようにするのがコツです。はちみつの甘さで唾液がじゅわ~と出てくるのが実感できるはずです。この唾液に、舌に潤いを与えて口臭を抑制する作用があります。

関連記事>>>すぐに口臭を抑える砂糖の効果について

はちみつ以外にも「舌苔を取る方法」があるのでご紹介します。

コットン(綿花)で舌苔を取る方法
ティッシュで舌苔を取る方法
スプーンを用いた舌苔の取り方

舌苔は角質と細菌のかたまり

はちみつで舌苔が取れる、舌苔が取れない、というよりも、先ずは舌苔について理解する必要があります。

舌苔を目視すると、単なる舌の白い汚れのように見えます。しかし、舌苔は舌乳頭がこすれて角質化した所に、細菌が集まって出来たものです。

はちみつを使っても舌苔は取れないのは何故?

結論から申しますと、はちみつで舌苔を取ることはできません。舌を歯ブラシでこすっても、舌苔を完全に除去することは不可能です。角質ですから当然です。そういうことから、たとえ殺菌作用があるハチミツを舌に塗ることで汚れを落とせたとしても、白く固くなった乳頭をピンクにすることはできません。

たとえ、はちみつに殺菌作用やタンパク質を溶かす効果があったとしても、舌苔を即効で取り除くことはできないと思ってください。

はちみつで舌苔が取れたのは何故?

高齢者施設のサイト見ると、「はちみつを塗ることで舌苔を取ることができた。」とありましたので、最後まで記事を読むと、「舌苔がある方に1日1回口腔内にはちみつを塗らして頂いたところ、徐々に舌苔が無くなりはじめ、口臭も一緒に改善されました。」とありました。

やはり、予想通りでした。はちみつの舌苔除去への効果はありますが、続けないと効果は出ないということです。

しかし、高齢者施設の寝たきりの方の場合は、口腔ケアが難しいため口臭も強くなるので、口腔内にはちみつを塗るのは良いでしょうね。

はちみつ成分が舌苔を溶かす

はちみつには、保湿力と炎症を防ぐ抗菌力が備わっていると言われています。そのため、昔から食べるだけでなく、やけどや擦り傷、のどの炎症、口内炎などに使われてきました。

このような効果を発揮できるのは、はちみつには、殺菌作用のあるグルコン酸や、グルコースオキシターゼという酵素が含まれているからです。

はちみつは、約72%の糖分と約21%の水分で構成されています。以下にあげるのが、はちみつの成分です。

糖分…グルコース(ブドウ糖)、フルクトース(果糖)、オリゴ糖、ショ糖など。
ミネラル…カリウムを多く含んでいる他、ナトリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・亜鉛・鉄・銅・マンガンなどが含有。
ビタミン…ビタミンB1・B2・B6・葉酸・ニコチン酸・パントテン酸・ビタミンC・ビタミンK・ビオチン。
酵素…インベルターゼ。グルコースオキシターゼ(強い殺菌力を持つ過酸化水素を作る)。※ただし、加熱処理をすると、成分が壊れてしまう。

はちみつに舌苔除去効果があるとすれば、「酵素」の働きかもしれません。また、ビタミンが豊富に含まれているので、舌の粘膜細胞の活性化にもなるでしょう。

しかし、はちみつのPhは平均 3.7の弱酸性であるため、多量に摂取すると歯を溶かすため虫歯にするのでご注意ください。

はちみつで舌苔が予防できる

はちみつを食べることで、舌苔を予防できるようになります。その理由は、はちみつには胃腸を健康にする効果があるからです。

はちみつの効能について調べてみると、

  1. ブドウ糖と果糖の単糖類のため、胃腸に負担をかけず栄養摂取ができる。
  2. 慢性の便秘や下痢に効き、整腸作用がある。

実は、舌苔ができる大きな原因は、腸の病気や不調にあります。舌苔を改善するためには、胃腸を健康にすることが重要なのです。

ですから、はちみつを食べると、腸を健康にして舌苔を治す効果が期待できます。

他にも、はちみつには保湿効果があることが良く知られています。唇が乾いた時に、リップクリームの代わりにはちみつを塗ったり、喉が乾燥して咳が出る時にはちみつ飴をなめたりや、はちみつ茶を飲むと効果があります。

特に、はちみつの効能が見込めるのは殺菌作用です。ですから、はちみつを舐めることで、口内炎や口臭の予防になるでしょう。

はちみつは口臭予防になる

適度にはちみつを舐めると口臭が予防できます。

はちみつは、糖度が高い(※国産蜜は糖度70°~75°が一般的)ので、はちみつを舐めると唾液が良く出ます。唾液には、殺菌作用や汚れを洗浄する働きがあるため、舌苔が予防できます。また、唾液の分泌によって、口内を潤すことができ、口臭予防にもなります。

しかし、これは、はちみつの直接的な働きではなく、チューインガムや飴でも同じ効果が期待できます。

まとめ

はちみつを舐めることで、舌苔除去が完全にできるとは言えませんが、唾液量を増やしたり、殺菌作用により口内を清潔に出来ます。このことによって、舌苔だけではなく口臭の予防にもなります。

現在、過剰な舌磨きで舌が傷ついている場合には、舌磨きをやめて、はちみつ飴を舐めるといいかもしれません。舌粘膜の炎症を治すことで、舌苔も改善の方向へ進むと思います。

【関連記事】

舌苔を溶かす食べ物・予防できる食べ物について教えます
舌が白いのは胃腸が原因 ❘ 対策はストレス発散と食習慣
舌が白いと口臭になる!舌磨きのポイントは舌を傷つけないこと
舌磨きしないほうがいい ❘ 正しい舌磨きの方法はこうする!