口がネバネバする時の対処法

口の中がネバネバしていると、気持ち悪く不快ですよね。常に唾液が粘ついていると、虫歯や歯周病、口臭の原因にもなるので要注意ですが、あなたは唾液が粘ついていませんか?

口がネバつく原因は、たいていは唾液の減少によるものです。唾液が減ると口内細菌が増えて唾液が汚れネバネバするからです。口が粘つくと口臭も強くなりますが、口内乾燥の(ドライマウス症)原因に歯磨きやマウスウォッシュが影響していることがあるのでご注意ください。

口の粘つきをなくすためには、口内細菌を減らして唾液の分泌を増やすこととが大事です。これらの対策をきちんと行えば口の中のネバネバは解消できます。

今回の記事は、よくある口のネバつく原因とその対処法についてお伝えします。口のネバつきでお困りでしたら、ぜひご参考にしてください。

この記事は、口腔ケアアンバサダー(社団法人口腔ケア学会認定)の上林登が書きました。

口の中がネバネバする原因

口の中がネバネバする主な原因は、①細菌が増える ②唾液の分泌量の減少 ③ストレス の3つです。唾液がネバネバになる原因を知っておくと、効果的に対処できるようになります。

細菌の増殖

口の中で細菌が増える原因は、虫歯や歯周病だけではありません。歯磨きが十分にできていないと、歯にプラークが着き細菌が増えます。

また、ドライマウス(口腔乾燥)や舌苔(ぜったい)によっても口内細菌は増殖するので、粘つきを解消するためには、そのことへの対処も大切です。

唾液の分泌量の減少

唾液の分泌が減ると口腔が乾燥するため細菌が大量増殖します。虫歯や歯周病になりやすくなったり、舌苔(ぜったい)量も増えるので、唾液が十分に分泌するようにしないといけません。

【唾液が減る原因】

  1. 日常生活のストレス
    仕事などで緊張や不安が強くなると口がパサパサに乾きます。ところが帰宅してリラックスすると乾きが解消される。このようにストレスは唾液を減少させるので注意が必要です。
    ストレスが口臭原因かも?口臭を改善するためのポイントについて
  2. 老化
    加齢で身体の水分が減少することもありますが、柔らかい食べ物ばかり食べる食習慣があると顎、舌筋、唾液腺が衰えます。唾液腺が刺激されないので、唾液が出にくくなっていきます。
  3. 病気
    糖尿病などの内科疾患が原因で唾液が減少することがあります。他に、シェーグレン症候群という病気の場合には、ドライアイやドライマウスになることがあります。

たくさんの唾液が出るようにするには、ストレスを減らしたり、お口の体操など努力をすることが大事かもしれません。詳しくは『歯磨きしても口がネバネバする原因8つ!唾液の粘つき改善方法はこれ!』をご参考にしてください。

ストレス

ストレスが多くかかると、サラサラ唾液を出す副交感神経の働きが弱くなり、ネバネバ唾液を出す交感神経が活発になります。

緊張や不安が多いと、唾液が粘つくのはこういう理由からです。

口呼吸

口呼吸をしていると口腔が乾燥するため、唾液が粘つく原因になります。

唾液が正常に分泌されている人でも、喫煙やいびきで口呼吸になっていることがあります。口呼吸をしていると、口が乾き唾液もネバつきます。この場合は、口呼吸を改善することが大切です。口呼吸の改善について詳しくは『口呼吸⇒鼻呼吸に変えると口臭が消える!?』をご参考にしてください。

歯磨き粉

口のネバつく原因に歯磨き粉が関わっているということを知って驚いたかもしれませんね。「みんなが使っている歯磨き粉を使っているのに、どうして自分だけ口がネバつくのだろうか?」と思うのではないでしょうか。

実は、市販の歯磨き粉の98%には添加物が入っています。歯磨き粉に貼っている成分表示を見ると、「合成界面活性剤」、「発泡剤」、「香料」などと記載されています。成分表示について詳しくは『歯医者さんがすすめる歯磨き粉ランキング』をご参考にしてください。

これら添加物が、一部の人には良くありません。それは、常に舌が白くなっている人。いつも舌苔(ぜったい)ができる人というのは、常に口腔乾燥の状態です。

口の中が乾燥している人が、刺激のある添加物入りの歯磨き粉を使用すると、舌に添加物が付着したまま取れないのです。(正常に唾液が出ている人の場合には、舌に添加物が付いても洗浄されます。)

舌に刺激の強い合成界面活性剤などが付着したままになると、舌粘膜が痛み細菌が増える。このことが、舌苔(ぜったい)が治らない悪循環になっています。

始めにも言いましたが、舌苔ができれば、細菌が増える。だから、口がネバつくし苦くなるのです。

では、どうすればネバつきを解消できるでしょうか?

それは、無添加の歯磨き粉を使用することです。でも、無添加歯磨きの場合には、香料や発泡剤が入っていないのでスッキリしません。だから、今使っている歯磨き粉を使いたいという人がいます。その場合には、歯磨きの後に、しっかりとうがいをして洗浄することが重要です。

関連記事

おすすめの歯磨き粉を選ぶ基準!重要視するポイント10

口がネバネバした時の対処法

お口がネバネバした時には、次のように対処すると解消できます。

1,歯磨きやうがいで細菌を減らして口の中をすっきりさせる。

2,口内を乾燥させないように、小まめに水やお茶を飲むようにする。

3,ストレスをためないようにする。

4,舌をべろべろと動かして唾液の分泌を促す。

口のネバネバを予防するには

口の中のネバネバを取り除くためには、虫歯や歯周病など歯科疾患を治療して細菌を減らすことが大事です。また、薬の副作用が唾液減少を引き起こしている場合は、薬の見直しも必要かもしれません。

口のネバネバが解消した後も、常に口内をすっきりとさせるには、次のように予防するといいでしょう。

1,ストレスをためない。

2,喫煙習慣をやめる。

3,よく噛んで食べる。

4,唾液腺マッサージをおこなう。

>>ドライマウスの対策はコレが一番!いったいどんな方法なのか?

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する