口臭が気になる1位!相手の人が鼻を触る仕草の真実は?

口臭かも?鼻を触る仕草が気になる

会話の途中で相手の人が鼻を触ると、「臭っていないだろうか?」とか、「口臭いと思われていないだろうか?」と不安になりますよね。

相手が鼻を押さえると本当に臭いかもしれませんが、鼻をこする程度の態度では自分の口臭が原因だとは断定できません。だから、口臭は厄介です。

口臭は、にんにく料理やお酒を飲んだ時に強くなりますが、お腹が空いた時などに生理的口臭が起きることがあります。しかし、口臭がしていない時でも、常にマスクをしたりガムやタブレットを噛んだりする「自臭症」のケースがあります。

臭いに敏感になると、口がネバネバしたり、舌が白いだけで、周囲とのコミュニケーションも取れないようになる人もあるようです。

口臭が気になって、友達と会話を楽しめなくなる人が沢山います。それなのに、世間では、臭いで周囲に嫌がらせをする「スメルハラスメント」ということで、口臭を面白おかしくニュースにします。

そちらの方法が、「口臭患者」を精神的に不安にするハラスメントだと思いませんか?

口臭症は口内疾患が原因の症状です。口臭が発生するのは、ほとんどが歯周病や虫歯など口内に原因があるからです。ところが、口臭原因を知らないために、臭いで周囲に迷惑をかけていないか「口臭が気になる人」と、他人の病気を理解できずに、臭いのは嫌がらせ行為だと考える「自分勝手な人」がいるのは残念なことです。

口臭が気になる時の第一位は、「相手の人が鼻を触る仕草」です。たしかに口臭が気になっている時に鼻を触られるとショックですよね。「私の息が臭いんだ。どうしょう。」と、その場所から逃げたくなるかもしれませんよね。

でも、口臭が気になったからといっても、相手の人はあなたの口臭で鼻を触ったのではないかもしれません。口臭が気になりだすと、相手の仕草に過剰に反応してしまうものです。

それだけではありません。口臭が気になると、ストレスで唾液が減少し口臭がひどくなることもあるのです。

そのようなことにならないためにも、「口臭が気になる」ことを放置してはいけません。口臭が気にならないようにするには、自身の口臭に向かい合い「口臭」を受け入れることも大事です。

そのためには、歯科で検査や治療を受けることから始められることをおすすめします。そして、ご自分の口臭原因にあった対策と予防することで口臭が気にならないようになるでしょう。

今回の記事は、口臭が気になる時の対策と予防についてです。口臭が気になっていましたら、是非ご参考にしてください。

口臭が気になるのは

口臭で悩む人は、周囲の反応を気にしすぎるからです。このように言うと、「だって、口臭がしています!」とお叱りを受けるでしょう。しかし、たいていの場合、自分の口臭がしているかどうかを、自身の嗅覚で確かめているからです。嗅覚は、同じにおいに慣れると麻痺してしまいます。そのため、感覚が敏感になると、微量の臭いでも「ひどい臭い」と感じるのです。

そのようなことにならないためには、口臭チェッカーを用いて口臭をチェックされることをおすすめします。客観的に臭いを知ることで、過剰に反応することが減ると思います。

>>口臭チェッカーが信じられない!効果的な使い方

周囲の反応が気になる

口臭が気になると周囲の反応が気になって仕方ありませんよね。相手の人が鼻を覆うとか顔をそむけると、「私の息が臭いから。」だと分かります。私の場合には、同僚の女性事務員さんから、毎日エチケットガムを渡されたことがあります。その時は、男性の私でも「もしかして、臭いのでは?」と気になったものです。女性だったら赤面するでしょうね。

周囲からの注意の中には、咳をしたりくしゃみをして間接的に「あなた口臭がしているわよ。」というサインがあると気持ちが落ち込みますよね。口臭で悩んでいる人が、他人が鼻を触るのを見てしまうと、条件反射で「臭いのかもしれない?」と不安になります。

もしかして、わたし口臭がしているのではと思った経験はありませんか?次のような時に自分の口のニオイを自覚するようです。

  • 自分の近くにある人が咳をした、くしゃみをよくする。
  • 自分が話をすると相手の人が手で鼻を覆った、喋るたびに鼻を触る。
  • 電車に乗ると、前の人が顔をそむけた。
  • 私を見ると、会社の同僚たちが、コソコソ話を始める。
  • 自分が会社の事務所に入ると、いきなり窓を開けられた。
  • 友達がガムを渡してくる。

引用:口臭の悩みを解消するには…歯科治療だけでは無理!? 

鼻を触るのが気になる

口臭がするため鼻を触る

営業で話をするときは、1メートル未満の距離まで接近して会話することが多かったのですが、その度に、相手の人は鼻を触りました。

自動車に同乗して営業している時には、冬なのに窓を開ける人もいました。それだけではありません。運転手が鼻をぐすぐすとすする音が。

その頃は歯周病が悪化していたので、自分でも口臭があることは認識していました。そのため、すべての出来事が自分の口臭が原因なんだと思えました。

→ 人が鼻を触るのは口臭がしているからだけではない!自臭症の原因と克服法

そんな毎日が続くと、仕事も面白くなく、本来楽しいことでも楽しいと感じられなくなったものです。

でも、そんなことを続けていても、何も解決しないことに、ある日ふっと気づいたのです。「もしかしたら、全ての出来事が自分の口臭のせいというわけではなく、一部だけかもしれない。」「だったら、それほど気にする必要もないのでは?」

元々が楽観的な性格でしたから、こんなことを考えることができたのかもしれません。しかし、口臭が出ていて本当に周囲の人たちに迷惑をかけていることもあるので気をつけないといけません。
口臭原因については⇒⇒『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

鼻を触る心理

臭くて鼻を触る女性

人が鼻を触る理由を考えたことがあるでしょうか。目の前の人が鼻を触ると気になりますが、どうして鼻を触るのかと考えることなんて普通はないと思います。

私のように歯周病が悪化し口臭がしている時には、相手の人が鼻を触るのは「息が臭いからだ。」と思うかもしれません。しかし、心理学では、「人が鼻を触る」のは次のような理由があるからです。

気が弱いから鼻を触る

気が弱くて鼻を触る女性

鼻は攻撃を受けると一番に怪我しやすい急所といわれるところです。そのため、人は本能的に鼻を防御するそうです。しかし、誰でも鼻を触るわけではありません。

鼻を触ることが多い人は、気が弱いからだといわれています。決して、あなたの息が臭いから鼻を触るのではなく、気が弱いからかもしれません。

嘘をついている時は鼻を触る

嘘をついている時に鼻を触る

嘘をつくと、交感神経が活発になり鼻がむずがゆくなることがあります。鼻がムズムズすると、無意識に鼻を触ってもおかしくありませんよね。

心理学では、この理由の他にも、顔の正面にある鼻を隠すことで心の内を見られないようにするとも言われています。相手に本心を見破られてたくないときにも鼻を触ることがあるようです。これも、口臭とは関係ないことでしたことです。

緊張して鼻を触る

緊張して鼻を触る女性

人は緊張すると、視線が定まらないし、もじもじするかもしれません。そんな時には、ぶらぶらした手の置き場にも困ります。

鼻は出っ張っているので、一番触りやすいのかもしれません。鼻を触り話をしていたら、その人は緊張している可能性が高いです。

こそこそ話が気になる

口臭が気になると、近くの人たちの会話が気になりますよね。何の話をしているのか分からなくても、口臭が気になっているので「私の息が臭い!」と話しているに違いないと想像するかもしれません。

このような状況が続くと、小声で話をしている人たちを見ると口臭が気になってしまい、精神的に落ち込んでしまいます。そのことが原因で自臭症になるケースもあるので、考え方を変えることも必要です。

口臭があるから気になる

実際に口臭があり、周囲に口臭で迷惑をかけていないだろうかと気になるケースもあります。口臭があるのだから当然ですが、だからといって、その口臭を治すことの方が大事です。

口臭を気にしてばかりで治さないと、口臭がひどくなってしまいます。そのようなことにならないように早目の治療を受けられることをおすすめします。

膿栓(のうせん)が出るから気になる

口臭がしているか分からないけれど、「膿栓が出たから、口臭がしているに違いない。」という方もいます。膿栓は口臭原因になることもありますが、膿栓が直接的な原因でないことが多いです。

膿栓がたまるのは、副鼻腔炎などから扁桃炎を発症していることが多いので、膿栓(口臭)が気になる場合は、耳鼻科疾患を治療することが大事です。

膿栓が出たことを恥だと思っている人がいますが、膿栓は痰と同じように風邪でもできるものですのでご安心ください。

口臭が気になる時の対策

精神的ストレスを感じる

鼻を触るのが気になる場合

うがいでスッキリする女性

周りの人が鼻を触るのが気になったら、落ち込むよりも事実を受け止めて前向きに対策することが大切です。
「周りの人に迷惑な口臭がしているからはやく治さないといけない」と、前向きになる必要があります。

こんなことを書くと、「そんなことなんか出来るか!」と叱られそうですが、私も、過去に「鼻を手で触る」仕草をされ落ち込んだり嫌な気分になったものです。

唾液の代わりにアルカリイオン水で殺菌洗浄する

でも、「美息美人(びいきびじん)」を使うようになってからは、前向きに変わることができました。その理由は、「美息美人(びいきびじん)を使っているから、今までのようなことはない。」と自分を信じられるようになったからです。

だからあなたも出来ると思います。

今では、相手が鼻を触ることがあれば、「あっ!臭いんだな。」と口臭チェッカーで測りますが、「これぐらいだったら大丈夫だ。」と、気持ちまで落ち込むことはなくなりました。

また、口臭レベルが高い時には、すぐに歯科治療をしたり、徹底的にブラッシングをするなどして、口臭の原因になっている個所を治すようにしています。

もし、あなたも昔の私のように、「相手が鼻を手で触る」ことで悩まれているのなら、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」で克服してください。

口臭チェッカーで測る

口臭チェッカーで口臭を測る

口臭を知るには、口臭チェッカーで測るという方法がお勧めです。アマゾンで調べると、3,000円~4,000円程度で購入できます。ですが、簡易の口臭チェッカーで測っても、実際どれだけ臭っているのか分からなくて不安になるかもしれません。

簡易口臭チェッカーでは正しく測れないとか、信じられないといわれる方がいます。しかし、たとえ簡易口臭チェッカーであっても、口臭の中でも特別臭いといわれる揮発性硫黄化合物(VSC)を感知して計測するようになっています。

ですから、口臭がしているかどうかであれば判断できるはずです。でないと、口臭チェッカーを買われた方からクレームが押し寄せることでしょう。口臭チェッカーについて詳しくは、『口臭チェッカーの精度!口臭値の不安を解消します』をご参考にしてください。

歯科で検査する

健康な歯ぐきと歯肉炎

歯科で検診を受けると、歯周ポケットの深さを測るのが一般的です。歯周ポケットの深さが2ミリまでだったら、初期歯肉炎。3ミリから5ミリは中度の歯周病。5ミリを超えると重度の歯周病です。

歯周ポケットの深さが2ミリ以下の軽度歯肉炎であれば、歯石を取りていねいにブラッシングケアを続けることで治癒するかもしれません。しかし、歯周病が中程度度以上になれば、歯周ポケットの中に膿がたまり強い口臭を発します。

ですから、歯周病が原因の口臭対策は、まず歯周病の治療を受けることが大切です。

ドライマウスで舌が白い

また、歯周病になっている人の多くが、舌が白くなっていたり虫歯になります。どうしてだと思いますか?

歯周病は唾液量と深い関係があります。唾液が少ないと歯周病菌が増えるため歯周病になりやすくなります。同じように、唾液が減ると虫歯にもなります。それに、お口が粘つき乾燥することで舌苔(ぜったい)もできます。これらはすべて口臭の原因になります。

だから、歯周ポケットの深さを測れば、口臭がしているかどうかも分かるだけではなく、口臭原因も分かることがあります。

そのためには、口臭が気になったら、まず歯科で診てもらうことです。歯科で検査をすれば、歯周病かどうかすぐに分かりますし、治療も受けられます。歯周病の治療について詳しくは、『奥歯の歯茎が臭い!歯周病は歯磨きだけでは治らない?』をご参考にしてください。

口臭を受け入れる

全ての出来事が口臭に関連したことでなくても、その内の何%かは口臭に関連しています。

私の場合でも、今振り返ると、他人の反応の20%くらいが「息が臭いから」だったような気がします。「ということは、後の80%は私の口臭とは関係ないかもしれない。」このように考えられるようになると、気持ちが軽くなっていきました。

でも、たとえ20%でも自分の口臭によって迷惑をかけている人がいるのであれば、「口臭がしている」のです。この事実をしっかりと受け入れる勇気が必要です。

口臭で悩まれる人に多いのは、「口臭がしている」と仰るのですが、「具体的にどんな状態ですか?どれくらい舌に苔が付いているのですか?口臭を計測したことはありますか?誰から注意されたのですか?」と具体的な質問すると、「自分で口臭を感じるんです。」と言うだけで、解決するための具体策がありません。

口臭で悩んだときに、想像を膨らますのはとても危険です。というのは、口臭がしているかどうかを把握していないので、内心では「口臭が無ければいいのに。」と、事実を認めないことになっているかもしれません。

こんな風にいうと、「いいえ、口臭がしているから悩んでいるのです。」といわれることでしょう。私がお伝えしたいのは、「はっきりと、これだけのニオイがしている。」と具体的な認識を持つことの重要性です。

あやふやでは脳が混乱します。「どれくらい臭っているのか分からないけど臭っています。」と言うのと、「歯周ポケットが3ミリあり歯肉炎なので、口臭チェッカーで測るとレベル2の時が多いのです。」というのでは、脳がどのように反応するでしょう?

考えが漠然としていると、脳が混乱して関係のないことまで関連付けます。だから、すべての出来事が悩みの種になっていきます。ところが、事実を具体的に認識していると、関連付けすることは限定できます。そうすると悩みは少なくなります。

口臭治療を受ける

口臭の90%以上は歯周病など口内疾患に原因があるので、口臭がある場合にはまず歯科治療を受けることが大事です。

口臭が歯科治療で治らない場合があります。その場合は、口臭外来で診察を受けられてはいかがでしょう。口臭外来では、一般的な歯科治療のほかにも、口臭チェックによって原因が何なのかを突き止めてくれます。

口臭原因が口内ではなく体の違う部分にある(疾患)とか、精神的なもの、薬の副作用による場合もあるので、口臭外来の方がその場合の対処法を適切に指導してもらえるかもしれません。

口臭予防

口臭の予防方法はいろいろありますが、基本は次の3つ。

  1. セルフケア(歯磨きやうがい)
  2. プロフェッショナルケア(歯科での歯石除去とクリーニング)
  3. 定期的歯科検診(2~3か月)

そして、口臭予防で大切なのは、唾液を出すことです。唾液を出すためには、よく噛むこととよく話すこと。

また、一日1回は、舌のケアを行うと口臭予防になりますが、過剰な舌磨きはかえって口臭がひどくなるのでご注意ください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する