舌をピンクにする!?健康なピンク色にするための方法について

健康状態がよい舌の色はピンク

健康状態がよいと舌の色はピンクになる

中医学では、舌診によって舌の色を見て健康状態を診断します。舌がピンクであれば健康状態はよく、舌苔はうっすらと着いているため透けて見えますが、胃腸の調子が悪かったり疲れがたまると舌苔は厚くなり、風邪などで熱が体にこもると白い舌苔は黄色くなり、口臭も強くなる傾向にあります。

※「口臭症への対応と口臭症治療の指針2014」で確かめると、舌苔の沈着は、全身疾患と関係しており、疲労時、発熱時、胃腸など消化器の不調が原因である、と記載されていました。

引用:舌が白いのは胃腸が原因!?

不規則な生活習慣やストレスから自律神経が乱れると、慢性的な疲労や不眠から免疫低下を起こします。自律神経失調症で唾液量が減少すると、舌苔が増えて舌全体が白く見えるようになります。

健康的なピンクの舌にするためには、疲労やストレスを減らし、食生活の改善と適度な運動を行い、自律神経を整え、心身ともに健康になることが必要です。

今回の記事は、舌をピンクにするための方法についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。この記事は、口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登が書きました。

関連記事:舌苔の原因と対策

便秘や下痢症の人ほど乳頭が伸びて長くなるようです。
引用:舌が白い!舌苔が増える本当の原因とは!?

ピンクの舌とは

綺麗な舌とは、色はピンク色または淡い赤色で、舌のふちにギザギザの歯型がついてなく、むくんでいない状態です。記事の上にある写真のように、ほとんど舌苔はなく、ピンク色の舌の上に、白く透き通ったカーテンが被さっているような感じです。(※よく見ると、舌の奥に舌苔が付いている。)

関連記事:舌の奥の舌苔が取れない!効果的な取り方とは

健康な舌は、色がピンク色や淡紅色(淡い赤色)です。形状はギザギザがなくきれいで、歯型がついておらず、大きすぎず小さすぎない状態となっています。
引用:Yahoo!ニュース 「舌診」とは? 舌でわかる8つの体質

舌の色

舌の色は、肌の色素と血流や血色に由来しています。日本人の肌の色は「黄み」が平均的ですが、「赤み」は肌の深部の血色が透けて見える、イメージです。

☆ピンクの舌…皮膚が薄く、血の色が赤い、そして血流がよい、舌に炎症がない、このような人ほどピンクの舌になる傾向です。

☆赤い舌…皮膚が厚く、血の色が赤い(濃い)、血流が悪い、このような人ほど赤い舌である傾向です。

出典:ワコールボディブック 肌の『透明感』の正体とは?!

ピンク舌は健康色

人は健康的なピンク色の舌に魅力を感じます。どうしてだと思いますか?

脳の研究者である池谷裕二教授によると、赤やピンクの色に惹かれる理由は、血液に関係があるようです。酸素の結合したヘモグロビンの鮮やかな赤色は、心肺が健康であることを意味します。

血液の色が舌肌に現れたら毛細血管が広がっている状態。生き生きと高揚している証拠です。人の脳は、そうした相手の健康状態を察知して惹かれるため、ピンクの舌に敏感になります。

引用:自分では気づかない、ココロの盲点 池谷裕二著

舌をピンクにする方法

舌をきれいなピンクにするためには、舌の色(舌苔、白、黄色、紫色)の原因を知ることが重要です。健康的なピンクの舌にするためには、自律神経を整えて血行を良くしないといけません。自律神経を整えるためには、食生活、運動、メンタルを強くすることが大切です。

ドライマウスや胃腸に原因がある場合には、舌苔で白く見えますが、ピンクにしたいからといってむやみに舌ブラシで舌をゴシゴシと磨いても、舌はきれいになりません。

舌をピンクにするには、舌苔を除去して予防することが重要です。

舌苔を取り除く

舌苔で舌が白くなっている場合には、舌ケアや舌苔の除去も大切です。舌磨きの道具は舌ブラシや舌クリーナが一般的です。楽天市場アマゾンにはたくさんの種類がありますのでご参考にされてはいかがでしょう。

でも、体調は良くても舌苔ができることがあります。これが問題ですよね。

舌を綺麗にするには、舌苔を取り除き、口腔環境をきれいにしないといけないのです。具体的には、舌磨きと歯磨き、うがいを徹底することです。どのように行うかというと

アルカリイオン水で舌苔が取れるイメージはこうです。

先ほどお伝えした「ピンクの舌に戻す方法」を実践して免疫力を高めると、より効果が上がるでしょう。

しかし、舌苔(ぜったい)が厚い場合には、これまでご紹介した方法では舌苔が取れません。そのような方のための舌苔除去方法をご紹介します。

でも、この方法を行なうには、アルカリイオン水とコットン(綿花)が必要です。

コットンを使う方法は…

  1. アルカリイオン水でうがいを行なう
  2. 舌苔(ぜったい)がふやける
  3. アルカリイオン水をコットンに湿らせ、舌を拭きます。

たったこれだけです。それでも、この方法によって今まで何をしても舌苔(ぜったい)が取れなかった人がピンクになったという報告まであるので、試してみる価値があるかもしれません。
舌がきれいにならないとお困りでしたら、コットン法をお試しください。

関連記事

口臭ケアブランド『美息美人(びいきびじん)』が舌苔を溶かして取る仕組み

舌が白い!舌苔の原因と取り除き方

舌磨きはしないほうがいい!?舌磨きのメリット・デメリットと正しい舌ケアの方法を解説

保湿ジェルを塗布する

舌苔はドライマウスが原因のことが多いです。

舌が白くなる、舌苔が厚くなる場合には、唾液量が少ない口腔乾燥が原因になっているかもしれません。舌が乾くと、ひりひりと痛むようになったり口臭がひどくなるので、舌用の保湿ジェルを塗るようにしましょう。

引用:舌が白いなら保湿ジェルをつけるのがおススメ。なぜおススメなのか

生活習慣を改善する

舌が白くなるのは、ストレスや疲労など心身に原因があることが多いです。そのため、舌をみれば心身の状態や異常が分かります。

東洋医学の診察法には「舌をみる診察法」があります。舌をみることで心身の異常を察知することができます。 例えば、舌をみることで、身体が冷えやすいタイプか、ほてりやすいタイプか、血のめぐりがよいのか、胃腸の調子がよいのか、など色々なことがわかります。

引用:明治国際医療大学付属鍼灸センター

健康な人の舌の色は、綺麗なピンク色のことが多いです。「多いです」というのは、健康な人でも舌の色には個人差があるからです。

健康な人の舌がピンク色に見える理由は、血行が良く舌の毛細血管を流れる血がきれいだからです。そのため、舌がピンク色に見えるのです。

ところが、老化によって毛細血管が減少すると、血流が悪くなり舌の色も悪くなります。

60~70代の人は20代に比べて、毛細血管が4割も減少していました。皮膚に酸素や栄養が届かなければ、シミ・シワなどお肌のトラブルの一因になります。

引用:NHKガッテン

血流をよくするためには、毎日の運動が有効です。その場で軽くスキップしたり、音が気になる場合には、かかと上げ運動するのも良いでしょう。

舌をピンクにするためには、健康的な生活習慣にするのが基本ですが、それ以外にも大切なことが多くあります。

よく噛む

唾液の分泌が減ると舌苔ができます。舌の汚れている人に多いのは、食べるのが速くてよく噛まないことです。ところが、これと反対にきれいな舌の人の食事を観察すると、時間をかけてよく噛んでいます。

このように咀嚼回数が多いと、唾液量が増えて舌が綺麗になるのです。

ですから、ピンクの舌にするためには、よく噛むことが大切です。また、柔らかいファーストフードが多い場合は、食事を見直されてはいかがでしょう。

関連記事

「さきいか」を噛むと歯や歯ぐきが痛くなる!その原因と対処法

栄養バランスの良い食事

偏食は舌苔の原因になります。健康的な食生活とは、偏食しないで栄養をバランスよく摂取するのが基本です。健康な人の血は濁りのない綺麗な血の色をしています。そのため、舌の色も綺麗なピンクに見えるのです。

また、舌を綺麗にするためには、繊維の多い野菜もたくさん食べると良いです。パンやお菓子などの柔らかい食べ物は、舌に汚れがたまりますが、野菜を食べると繊維によって舌の汚れが取れるからです。

ピンクの舌にするためには、野菜を多く食べるのがコツです。

関連記事:舌が白くなる食事とは?舌苔が付かないように気をつけること

規則正しい生活

不規則な生活習慣は、免疫を低下させて舌苔をつくります。

毎日の生活にルールをつくり、早寝早起きをする、朝ごはんから十分な栄養をとる、十分な休憩をとる、モチベーションをあげて積極的に仕事をする、休日には休養のほか楽しく過ごすことが、舌の健康にも大切です。

規則正しくメリハリのある生活を過ごすことで、心身ともに健康になり血行が良くなります。血行がよくなれば、自然とピンク色の舌になれます。

よく寝る

睡眠不足は、免疫低下の原因になり舌苔もできやすいです。

睡眠不足の朝、鏡で舌を観察したことがありますか?たいていの人は、舌苔ができて舌が白くなっています。その理由は、寝不足で免疫が低下したからなのです。

睡眠不足が多いとインフルエンザや風邪を引きやすいというデータがあります。良質な睡眠をとり身体を休め、自己免疫力を高めることが大事です。

良く寝て免疫力が高まると、白くなっていた舌がピンクに戻っていきます。

よく喋りよく笑う

よく喋る、良く笑うことは、唾液の分泌量を増やします。そのため、舌苔も出来にくい。健康な人は舌が綺麗ですが、一般的に健康な人というのは心身ともに健康的な生活を送っています。

たとえば、良く寝る、暴飲暴食をしない、偏食しない、よく動く、よく話す、よく笑うなど、健康になるための生活習慣が身についています。だから、「健康=ピンクの舌」がよく似合いますよね。

健康になるには、不健康な生活習慣をやめないといけません。睡眠不足や暴飲暴食、家の中に閉じこもり運動不足になっていたら、免疫力が低下し舌が白くなります。また、人を楽しく会話する、趣味など好きなことをすることも大切です。

精神的に明るくなると、自律神経のバランスもよくなり健康になり舌もピンクに近づいていくことでしょう。

関連記事:

口臭が気になりキスができない、、、安心してキスができるようにするには

口臭対策の基本はブラッシング!応用はアルカリイオン水うがい

体温を上げて血行を良くする

舌をピンクにするには免疫力を上げることが大事だとお話しましたが、体温の低いひとは体温を上げることがポイントです。

自律神経は体温も調節しています。体温は日中は高く、眠ると低くなり、自律神経のバランスのとれている人の体温はおよそ36.5度です。元気な人はそれよりも高いくらいで、限界は37.2度くらいと考えてください。36.0~37.2度が健康な人の体温で、35.8~36.0度くらいが下の限界です。

引用:RAINBOW 安保徹(新潟大学医学部名誉教授)

「体温が1℃下がると免疫力は30%低くなり、体温を1℃上げると免疫力は5~6倍になる」と言われてるので、舌をピンクにするためには、体温を上げることが望ましいのです。

体温を上げる方法としては…

  • 適度な運動をする
  • 入浴で身体を温める
  • バランスの良い食事をとる
  • 寒い時期には、腹巻、カイロ、湯たんぽなどを使う

毎日運動を行うと血流をアップし生活習慣病の予防にもなります。しかし、やみくもに運動すれば腰痛や関節痛を起こしたりと逆効果になることもあるので、健康に自信がない場合は、医師や専門家にご相談されるのが良いでしょう。

運動を習慣的に行うと心血管系や呼吸器系の機能を高めることができ、生活習慣病を予防することができます。しかし運動は諸刃の剣といわれるように、やりすぎると腰痛などの関節痛を起こしたり、あるいは循環器系の合併症を引き起こしたりする可能性もあります。運動は闇雲にただやればよいのではなく、

引用:厚生労働省e-ヘルスネット

自律神経を整える

ストレスなどが多いと唾液がねばつき舌苔の原因になります。

一般的に、ピンクで綺麗な舌の人はサラサラ唾液がたくさん分泌しています。唾液には殺菌作用や洗浄作用があるため、サラサラ唾液が多いと舌をきれいにできるのです。

このサラサラ唾液を出す役割をしているのが自律神経(副交感神経)で、リラックスしたときに唾液が多く出ます。

リラックス状態をつくるには、散歩、読書、楽しく会話、趣味、おいしく食事する、入浴などが有効です。この反対に、不安や緊張、怒るなど興奮した時には自律神経(交感神経)が働き、唾液も粘つき舌苔で舌が汚れる原因になります。

しかし、自律神経は厄介です。手を動かしたり会話をしたりするように、頭で考えて使えるものではありません。自律神経は、脳幹という人間の生命にかかわる重要な部位だからです。

だから、舌をピンクにするには、一日の間にリラックス状態を多く持ち自律神経を働かすことが大切になります。

関連記事:ヨガで口臭予防する方法!自律神経を整えサラサラ唾液をだす

ドライマウスの改善

ほとんどの舌苔は、ドライマウスが原因です。

舌苔ができる体質や病気があります。その中でも多いのが、薬による副作用と腸の不調によるものです。ピンクの舌にするためには、体質改善が必要な場合もあるので、これからお伝えすることをご参考にしてください。

舌苔ができるのは、先ほどご紹介したように人によって様々です。ですから、舌を綺麗にするためには胃腸を健康にする、耳鼻科疾患の人はその治療を受けるなど根本的な治療が必要かもしれません。

しかし、舌が白くなるほとんどの原因は、「ドライマウス」によるものです。このドライマウスを克服することができれば、白い舌をピンクに戻すことが可能になります。

ドライマウス(口腔乾燥症)は、唾液分泌量の減少や、唾液の性状の変化によって生じます。ドライマウスは口の渇きのみならず、粘膜の痛みや炎症、味覚障害、虫歯や歯周病を引き起こします

引用:東北大学病院 口腔診断科

唾液量が少ないとドライマウス症になり口内細菌が増えます。そのことから舌苔ができる人が多いです。

唾液の分泌が減少する原因には
加齢、更年期障害、降圧剤など薬の副作用、ストレス、うつ、自律神経の乱れ、シェーグレン症候群、糖尿病などがあります。

歯周病がある糖尿病患者では、歯周組織の微小血管障害、歯周結合組織の代謝の異常、免疫機能の低下や唾液の減少・口腔乾燥を発症する場合があります。

引用:日本糖尿病協会

この他にも、咀嚼筋の衰えから唾液分泌が低下していることがあるので、食事のときはよく噛むことが大切です。

関連記事:ドライマウスは口臭をひどくする!改善する鍵は菌にある

唾液の分泌が減少してドライマウスになると、「加齢だからしかたない。」という人がいますが、実際は薬の副作用が唾液が出なくなった原因のことがあります。

よくあるのは、抗うつ剤や降圧剤、睡眠導入剤などの副作用です。他にもシェーグレン症候群や糖尿病など内科的疾患によって唾液を出なくしていることがあります。

関連記事:加齢臭はおやじだけではない!女性が臭うのは何歳から?効果的な対策ポイント5つ

唾液を出す

舌をピンク色にするには、唾液が十分に分泌していることが必要です。唾液は、工夫することで出るようにできます。お口の体操をする、舌を動かす、ガムを噛む、水を飲む、リラックスする、など唾液を出す方法をいくつか行なうことをおすすめします。

このことを実行することで、限りなく舌の色がピンクになるでしょう。

舌が白くなっている原因が唾液分泌量の不足であるなら、唾液がよく出るようになればピンクの舌に戻すことが可能だと思いませんか?

理論的にはそうなのですが、唾液を出すことは難しいと思いますよね。そんなことはありません。

唾液を出すのは、あなたが想像しているよりもずっと簡単です。ご参考までに、美息美人を使われている方からのコメントをご紹介します。

「厚い舌苔があり舌が白くなっていました。口の中が乾燥していて口がネバネバして口臭がしていましたが、美息美人を使って翌日から唾液が出て口腔乾燥がなくなりました。」

唾液がよく出るようになり、この後、白かった舌がピンクに戻ったのです。このコメントを読まれて信じられないかもしれませんが、このように美息美人を使うようになりストレスが減りドライマウスが治ったのです。

たとえ口呼吸でも、唾液の分泌量を増やすことができれば、舌を綺麗にすることができます。それほど唾液には、舌苔を予防する効果があります。唾液の分泌を良くするために、次の方法をお試しください。

  1. 水分摂取を心掛ける
  2. よく噛む
  3. お口の体操などで、口・舌・顎を動かし唾液腺を刺激する
  4. リラックス状態をつくる
  5. 緊張や興奮しないように感情コントロールする

これらのことを実践することで、唾液分泌を促す効果が期待できます。しかし、たとえそれらに効果があったとしても、実際に行うのは難しいといわれる人が多いです。

その場合は、「水を飲む」ことをおすすめします。

水を飲むと、口内や喉の細菌や汚れを洗浄することができますが、それだけではありません。水を飲むと唾液の分泌を促す効果もあるのです。ですから、唾液が出ないとお困りの場合には、水を飲むようにしてください。

腸を元気にする

舌と腸は、大きく関係しています。ですから、腸が不健康になると舌苔ができて白くなる。

(内臓の状態が)正常では舌にコケはありませんが、お腹が冷えている場合には白いコケが、また、胃酸が過度に出ている場合には黄色いコケが見られます。お腹、特に胃の状態がどのようになっているかを知るために、定期的に舌のコケの状態を鏡で確認しましょう。

引用:プレジデントWOMAN 明治国際医療大学大学院教授 伊藤和憲

舌をピンクにするには、腸を元気にすることが大事なのです。腸内を改善する方法とは、腸内環境を整えることで可能になります。

関連記事:胃腸が悪いと口臭になる!?腸内フローラを整えると口臭予防できる

舌の色をチェックする

白い舌

舌に舌苔が付いて、舌が白くなることがあります。舌苔(ぜったい)の状態は様々で、厚く真っ白くなっている場合もあれば、薄っすらと白い膜が張っているような感じであったり、人によっては、地図上にまだらに白くなっている場合もあります。

黄色い舌

舌の色が黄ばむのは喫煙されている方に多いです。タバコのニコチン・タールが舌に付着することで舌の色が黄ばみます。しかし、舌が黄ばむのは、それだけではありません。舌苔ができているからです。

白っぽい舌

元々の舌の色が白っぽい場合には、血行が悪いかもしれません。血流障害は、冷え症や、疲労しやすく肩こりの原因にもなります。また、血行が悪いと万病の元だといわれていますので、注意が必要です。

舌が紫色の場合には、血液が濁っているかもしれません。血液がドロドロになると血管壁にこびりつき動脈硬化や狭心症を起こす原因になります。紫色の舌の場合には、早めに内科受診を受けることをお勧めします。

黒い舌

黒毛舌は、断食ダイエットや酵素ダイエットなどが原因で起きることがあるので、過剰なダイエットをしないようにご注意ください。

赤い舌

赤い舌は、老人に多く、熱をあらわし、風邪による発熱、食べすぎによる胃の熱、ストレス過剰の時などになります。

鮮やかなピンクの舌

舌が鮮やかにピンク色になっている場合は、熱がある、ビタミン不足、舌磨きのし過ぎなどが原因かもしれないので良くありません。

まとめ

舌は健康を表すバロメーターと言われるように、内臓の調子が悪いと舌苔ができて白くなります。

ですから、白くなった舌をピンクにするためには、胃腸を健康にすることが重要です。胃腸を健康にする方法としては、食生活だけでなく運動やストレスなども考慮した生活習慣を心掛ける必要があります。

それでも、舌苔ができる場合には、唾液の不足や歯科疾患が影響していることがあるので、原因が分からない時には、歯科を受診されることをおすすめします。

【参照リンク・参考文献】
日本歯科医師会 歯とお口のことなら何でも分かるテーマパーク8020
日本口臭学会 口臭と口臭症に関連する用語
日本口臭学会誌 口臭への対応と口臭治療の指針2014
日本口臭学会第4回学術大会 抄録集
日本口腔ケア学会

SNSでもご購読できます。