膿栓(臭い玉)の 取れる タイミング | 自然に取れるまで待つ

口臭が気になる

膿栓(臭い玉)の取れるタイミング

膿栓(臭い玉)は免疫作用の副産物ですので、風邪やインフルエンザでもできますが、膿栓が出来ると口臭の原因になったり、違和感を感じるようになります。ご自分で無理に膿栓を取ろうとする方がいますが、病気や体質が改善されないと膿栓は何度もできるものです。

たとえ膿栓(臭い玉)を取り除くことができても、臭い匂いがしないのは一時的です。口臭を改善するためには、膿栓を作らないよう予防することが最も大事なことです。

膿栓(臭い玉)は、扁桃のくぼみに溜まった細菌、白血球の死がい、食べかすなどの塊りで、ふつうは知らない内に取れてしまうものです。

知恵袋を見ると「ずっと違和感があるのですぐにでも取りたい」とか「いつまで待てば取れますか?」などの質問がありますが、ベストアンサーの回答は「寝ている間などに自然に取れる場合が多いのであまり触らないほうがいいですよ。」でした。

さすがベストアンサーの回答です。取れるタイミングがくれば、食事と一緒に臭い玉を飲み込んだり、咳をした時などに、臭い玉はポロっと取れてしまうものです。

それでも臭い玉が取れない場合は、うがいで取れることがあります。

出典:膿栓自然に取れる Google

膿栓がいつまでも取れないとか、何度もできる「慢性扁桃炎」の場合には耳鼻科で治療してもらいましょう。喉に疾患がないか耳鼻科で検査してもらうことも大事です。

参考:のどの違和感 日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会

耳鼻科で膿栓(臭い玉)を取るための治療は、洗浄や吸引で除去しますが、慢性扁桃炎の場合は膿栓(臭い玉)を除去しても何度でも溜まります。膿栓(臭い玉)を出来ないようにする方法としては、膿栓の溜まる扁桃を手術で除去したり、扁桃の窪み(陰窩)を高周波で焼灼・凝固する「扁桃凝固術」という処置法があります。ただし、病院によって手術の方法は様々なので、病院にご相談ください。

口臭やのどの違和感が取れないなどの症状があると、すぐにでも膿栓(臭い玉)を取りたいかもしれませんが、取れるタイミングがあります。

そのタイミングを無視して無理に取ろうとすると、「扁桃線の穴を突っついたら出血した」ということになるかもしれませんので、ご注意ください。

膿栓による口臭が気になる場合は、うがいをして喉を洗浄するといいでしょう。膿栓(臭い玉)は、咳やくしゃみでも簡単に取れることがあるので、数日間待ってみることをおすすめします。

膿栓が多量にたまるとか口臭がひどい場合には、耳鼻咽喉科や歯科医院で診察を受けられることも大事です。いつまでも膿栓が取れなく、古くなると石化して扁桃結石になることもあります。

参考:膿栓は扁桃腺摘出手術で溜まらなくなる

今回の記事は、膿栓(臭い玉)の取れるタイミングについてお伝えします。是非ご参考にしてください。この記事は、口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登が書いています。

口臭の元になる「臭い玉」の原因と対策

関連記事:臭い玉(膿栓)の取り方とコツ!自己流で取るのは危険

膿栓(臭い玉)の原因

膿栓は体の免疫が働いた産物ですので、誰にでもできるモノです。

膿栓ができるのは、どのようにしてかというと、細菌やウィルスが、呼吸の度にホコリに混じって喉に侵入します。それらの菌をやっつけるために、扁桃(へんとう)からネバネバした免疫物質(白血球)が分泌される。

引用:臭い玉

Yahoo!知恵袋には「膿栓が取れない」とか、「膿栓があるけれど自然に取れますか?」など膿栓がよくできることで困っている人がいますが、扁桃の炎症がおさまると自然に取れるのでご安心ください。

参考:膿栓ができやすい!原因と対策

膿栓(臭い玉)は自然に取れる

膿栓が気になり綿棒などで取り除こうとする人がいますが、あまりおすすめできません。「それでは何をすれば良いのですか?」と言われるかもしれませんが、膿栓ができないようにするには、扁桃摘出手術しかありませんが、そこまでする必要がないケースがほとんどです。

健康害がなければ、一般的な膿栓はそのままにしておいても問題ありませんが、ケースによっては長期間扁桃に留まることで石化(石灰化)し硬くなることがあります。

たかが膿栓と考えるのは危険!?石化して扁桃摘出手術になることも!?

また、膿栓ができて耳鼻科を受診しても除去しないことの方が多いです。口臭や違和感が強い場合には、膿栓を取り除いたり扁桃を洗浄する処置をすることも。

しかし、普段取れない膿栓でも、咳やくしゃみをした時にポロッと取れることがあります。また、扁桃の外に出ている膿栓は食事の時に飲み込んでしまうようです。

膿栓(臭い玉)が取れるタイミング

膿栓は無理に取らなくても自然に取れるタイミングがあります。膿栓が扁桃腺の表面に出ている時期であれば、ごはんを飲み込んでも取れます。この時が、膿栓を取る絶好のチャンスなのです。

この頃合いを無視して無理に膿栓を取ると、膿栓のあった穴に汚れや細菌がたまり、今までよりも膿栓ができることになるのでご注意ください。

「臭い玉(膿栓)を除去することができれば、喉の違和感も口臭もなくなる!」
そのように考えて、臭い玉(膿栓)を取ろうと努力している人をネットの中で多く見ます。
しかし、臭い玉(膿栓)は、容易に取れるものではありませんし、一つ間違えると出血して病院に行くことにもなりかねないのでご注意ください。

引用:臭い玉の取り方って知っていましたか?

膿栓が取れない人にとっては、「自然に取れれば良いのに。。」と思うのではないでしょうか。

実は、膿栓は自然に取れてしまうものです。食べ物や唾液を飲み込んだ時に膿栓が取れることが多いのです。膿栓が取れる時は、「取れるタイミング」が合っているからです。

膿栓は扁桃の穴の中で成長し、大きくなると扁桃の表面に出てきます。通常は、内部の膿栓に押されて自然と取れるものです。このように、膿栓が取れてしまうということを知っておくと、不安が和らぐかもしれませんね。

しかし、取れるタイミングが合っていても中々取れない膿栓があります。それは、穴の形状や膿栓の粘つき具合などによって、しっかりとくっ付いているケースです。このケースが厄介です。

膿栓が扁桃のくぼみから表面に出て見える状態だと、食事をした時に取れるかもしれませんが、喉が乾燥し膿栓が強く付いている状態では中々取れないことも。

食事中

たいてい、臭い玉(のうせん)が取れる時は、食事をしている時に食べ物に臭い玉(膿栓)がくっついて飲み込んでしまっていますので気が付かないことが多いです。臭い玉(膿栓)を飲み込んでも体に害はないのでご安心ください。

咳やくしゃみをした時

臭い玉(膿栓)が取れたことに気が付くのは、咳やくしゃみをした時に口に出てきた時です。歯の間に米粒のような塊りが付いて取ってみると、臭い玉(膿栓)だったという人も多いです。

うがい

扁桃の表面に臭い玉(膿栓)が出てくると、うがいをした時に取れることがあります。

膿栓の予防

膿栓は一度取っても、耳鼻科疾患やドライマウスがあると何度でも溜まるので、口内と喉を清潔にし、乾燥しないようにすることが大切です。いびきや口呼吸をしている場合には、それらを改善することが大事です。

膿栓(臭い玉)の予防には「うがい」がおすすめです。うがいで臭い玉(膿栓)が取れることがあります。また、小まめにうがいを行うと臭い玉(膿栓)の予防にもなります。

うがい時に口臭予防歯磨き粉「美息美人」のアルカリイオン水を使うと、膿栓(タンパク質)が溶けて取れやすくなります。是非お試しください。

まとめ

ふつう、膿栓(臭い玉)は無理に取らなくても自然と取れてなくなっていることが多いです。いつまでも臭い玉(膿栓)が残っている場合は、耳鼻科で扁桃の洗浄や膿栓を吸引する治療もあるのでご相談されてはいかがでしょう。

うがいで膿栓を予防する

SNSでもご購読できます。