膿栓(臭い玉)の 取れる タイミング | 自然に取れるまで待つ

口臭の原因になる膿栓(臭い玉)は、のどや鼻の病気になると扁桃腺に細菌の塊の玉ができますが、白い玉は風邪をひいた時にもできます。たとえ膿栓(臭い玉)ができたとしても、自然と取れてしまうものですが、いつまでも取れないとか、何度もできる「慢性扁桃炎」の場合には耳鼻科で治療してもらいましょう。喉に疾患がないか耳鼻科で検査してもらうことも大事です。

口臭やのどの違和感が取れないなどの症状があると、取れると気持ちがいいため、すぐにでも膿栓(臭い玉)を取りたいかもしれません。しかし、膿栓(臭い玉)を除去するには丁度よい時期というものがあります。そのタイミングを無視して無理に取ろうとすると、「扁桃線の穴を突っついたら出血した」ということになるかもしれません。

のどに炎症をおこすと、細菌が増殖してさらに口臭を強くしますので、ご注意ください。

膿栓(臭い玉)は無理やり取らなくても、ふつうは食事や咳で取れてしまうものです。膿栓(臭い玉)は取れるタイミングがあるので、自然に取れるまで待つほうが安全です。

膿栓ができる原因は、扁桃腺の免疫システムによって細菌の死がいや食べかすが、扁桃の穴にたまってできるからです。喉から玉を取り出すと臭いので「臭い玉、くさいたま)とも呼ばれますが、この玉が口臭原因になることもあります。また、膿栓がよく出来る場合には、慢性扁桃炎のケースが多いです。

しかし、喉の奥の臭いに悩まされていて、うがいで喉や口腔の細菌を洗浄するといいでしょう。膿栓(臭い玉)は、咳やくしゃみでも簡単に取れることがあるので、焦らず待つ方がいいかもしれません。

膿栓が多量にたまるとか口臭がひどい場合には、耳鼻咽喉科や歯科医院で診察を受けられることも大事です。

今回の記事は、膿栓が自然に取れるタイミングについてお伝えします。是非ご参考にしてください。この記事は、口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登が書いています。

膿栓がうがいで改善する美息美人

膿栓(臭い玉)の原因

膿栓ができるのは、どのようにしてかというと、細菌やウィルスが、呼吸の度にホコリに混じって喉に侵入します。それらの菌をやっつけるために、扁桃(へんとう)からネバネバした免疫物質(白血球)が分泌される。

引用:臭い玉

膿栓が良くできる人とできない人がいます。定期的に膿栓ができる場合には、次のような特徴があります。

1,喉や口の中が乾燥している(ドライマウス)
2,副鼻腔炎や鼻炎で後鼻漏になっている
3,扁桃炎になりやすい

膿栓(臭い玉)の取り方

臭い玉が気になる女性

Yahoo!知恵袋で「膿栓の取り方」と検索すると、いろんな道具を使って膿栓を除去している方がいますが、扁桃腺を傷つけたり、細菌に感染する恐れがあるので良くありません。

ちなみに、膿栓の取り方としては、「うがいをする」、「強く咳をして無理に取ろうとする」、「綿棒や爪楊枝で突っついて取る」、「扁桃腺のくぼみにシャワーを当てる」、この他にも「丸型洗浄瓶」を使用して膿栓を洗い流している方もあり、驚きました。

詳しい取り方は>>臭い玉(膿栓)の取り方とコツ!自己流で取るのは危険

Amazonで「丸型洗浄ビンはハンディ・クラウン」を使用された方のコメントを読むと、「膿栓が大量に出てきた」、「大きな臭い玉がいくつも出てきた」、「一週間に一度取っていて、取れた時はすっきりする」など、良い感想もありましたが、「喉に異物を入れると嘔吐反射がして取れなかった。」、「臆病なので出来なかった」、「出血がして痛くなった。」、「取れた後からも、膿栓が何度も出てくる」など、(予想したとおり)良くないケースも。

うがいや咳で膿栓が取れる場合には、扁桃の表面に膿栓が出ている状態です。ですから、「膿栓が取れた」という場合には、特に何もしなくても取れてしまう状態にあったと考えた方がいいです。また、扁桃炎は慢性化しやすく、完治しなければ、膿栓も何度でも出てきます。

それを無理に取ると、喉を傷つけたり、かえって膿栓がよくできる原因にもなるのでご注意ください。

膿栓(臭い玉)は自然に取れる

膿栓が気になり綿棒などで取り除こうとする人がいますが、あまりおすすめできません。「それでは何をすれば良いのですか?」と言われるかもしれませんが、膿栓ができないようにするには、扁桃摘出手術しかありませんが、そこまでする必要がないケースがほとんどです。

また、膿栓ができて耳鼻科を受診しても除去しないことの方が多いです。口臭や違和感が強い場合には、膿栓を取り除いたり扁桃を洗浄する処置をすることも。

しかし、普段取れない膿栓でも、咳やくしゃみをした時にポロッと取れることがあります。また、扁桃の外に出ている膿栓は食事の時に飲み込んでしまうようです。

取れるタイミングがある

膿栓は無理に取らなくても自然に取れるタイミングがあります。膿栓が扁桃腺の表面に出ている時期であれば、ごはんを飲み込んでも取れます。この時が、膿栓を取る絶好のチャンスなのです。

この頃合いを無視して無理に膿栓を取ると、膿栓のあった穴に汚れや細菌がたまり、今までよりも膿栓ができることになるのでご注意ください。

「臭い玉(膿栓)を除去することができれば、喉の違和感も口臭もなくなる!」
そのように考えて、臭い玉(膿栓)を取ろうと努力している人をネットの中で多く見ます。
しかし、臭い玉(膿栓)は、容易に取れるものではありませんし、一つ間違えると出血して病院に行くことにもなりかねないのでご注意ください。

引用:臭い玉の取り方って知っていましたか?
膿栓を取りたい女性

膿栓が取れない人にとっては、「自然に取れれば良いのに。。」と思うのではないでしょうか。

実は、膿栓は自然に取れてしまうものです。食べ物や唾液を飲み込んだ時に膿栓が取れることが多いのです。膿栓が取れる時は、「取れるタイミング」が合っているからです。

膿栓は扁桃の穴の中で成長し、大きくなると扁桃の表面に出てきます。通常は、内部の膿栓に押されて自然と取れるものです。このように、膿栓が取れてしまうということを知っておくと、不安が和らぐかもしれませんね。

しかし、取れるタイミングが合っていても中々取れない膿栓があります。それは、穴の形状や膿栓の粘つき具合などによって、しっかりとくっ付いているケースです。このケースが厄介です。

膿栓が扁桃のくぼみから表面に出て見える状態だと、食事をした時に取れるかもしれませんが、喉が乾燥し膿栓が強く付いている状態では中々取れないことも。

自然に取れるまで待つ

いつもは取れない膿栓でも、食事や唾液によってタイミングがくれば簡単に取れるものです。人によっては、咳払いやくしゃみをした時に膿栓が取れることもあります。

しかし、膿栓は取れてもなくならないかもしれません。それは、扁桃の穴のなかに膿栓があれば、次から次へと出てくるからです。膿栓を出来なくするために大切なのは喉を清潔にすることです。喉にばい菌がある限り膿栓は治らないことを知っておいてください。

先ほども申しましたが、膿栓には取れるタイミングがあります。膿栓は取れる時が来れば、自然と取れるのでご安心ください。

膿栓の取れるタイミング

膿栓の「取れるタイミング」とはどういうことかと言うと、膿栓は始め、扁桃にある穴の中に出来ますが、成長すると穴の外に押し出されてきます。耳垢をイメージすると理解できるのではないでしょうか。

膿栓と耳垢は似ています。耳垢を取らないでそのままにしていると、がさっと言う音とともに耳の穴から出てきたというような経験をしたことがないでしょうか。

膿栓が穴の外に出てきて扁桃の粘膜にくっつきますが、膿栓がこの状態になると食事や咳などによって容易に取れます。このタイミングを待てば良いのですが、それまでは喉がイガイガするなど違和感がありますし、口臭も気になるかもしれません。

膿栓(臭い玉)が取れるタイミング

膿栓の取れるタイミング

膿栓には取れるタイミングがあります。タイミングがくれば膿栓は自然と取れるものです。このタイミングを知らないで無理に膿栓を取ろうとすると、喉を傷付けたり余計に膿栓ができる原因になります。

取れるタイミングはいつ?

膿栓には取れやすいタイミングがあります。しかし、そのタイミングを察知することは困難です。その理由は、膿栓は見えにくいからです。

「じゃあ、どうすればタイミングを生かすことができるの?」と思いますよね。

答えにならないかもしれませんが、膿栓は取れる時期がくれば取る必要はありません。自然と取れてしまうからです。

しかし、穴の外に出ていても、粘膜に固くくっ付いている膿栓があります。また、見えていても取れないでいつまでも膿栓がある場合があります。

膿栓がこのような時期にある時がねらい目で、「うがい」だけで取れることがあります。

タイミングを見つけるのは難しいので、口臭や違和感が気になる場合は、小まめにうがいを行うと良いと思います。

うがいで取れる

膿栓(臭い玉)を取るコツ

膿栓が自然と取れるタイミングの時は、うがいでも容易に取れます。そのような時には、うがいを行うと良いかもしれません。うがいに使用するのは水道水で十分です。

→ 膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?

膿栓に水が当たるように、ゴロゴロ、がらがらと数回うがいしてみてください。取れるタイミングが合っていれば、膿栓はうがいで容易に取れますが、それでも取れない時はタイミングが合っていないかもしれません。

予防法としてはうがいをこまめに行うことですが、これだけで完全に除去するのが難しいときもあります。
引用:愛媛県耳鼻咽喉科医会 たきした耳鼻咽喉科

無理に膿栓を取ろうとうがいをし過ぎると喉の粘膜を傷めるので、容易に取れない時は無理にしないようにしてください。

膿栓をうがいで取るのなら、アルカリイオン水が効果があります。

関連記事

口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

膿栓はうがいで取れる!喉うがいで口臭予防ができます

重曹うがいの舌苔除去効果は?正しく舌をケアして口臭予防する

舌をキレイにするのは舌磨きではなく″うがい″だった。その理由とは

無理やり取らないようにする

急に膿栓が出るようになった

膿栓の取れるタイミングを無視して膿栓を取っていると、「急に膿栓が増えた。」とか、「大量の膿栓が出てくるようになった。」ということにつながり、結果的に口臭が治らなくなるのでご注意ください。

どうして、膿栓を取ると、いっぱい膿栓が出てくることになるのでしょう。?

一つの理由は、こうです。習慣的に膿栓を取ることで膿栓が出来る穴が広がり、汚れがたまるようになるからです。

汚れがたまることで膿栓が出来る、膿栓が出来たので取る、、、急に膿栓が増える、、、という悪循環になっているケースがあるので、そのようなことにならないためにも、ご自身で膿栓を取るのはやめたほうが良いです。

ご自分で膿栓を取ると、膿栓が増える理由は、もう一つあります。

ご自分で膿栓を取る場合、指、箸、綿棒、スポイドなどを使います。これらを使うときに、指や道具を消毒する人はほとんどありません。

そのため、喉に細菌が感染します。この細菌感染が扁桃炎(へんとうえん)を引き起こし、膿栓ができる原因になります。だから、膿栓が取れた後はスッキリするかもしれませんが、その後、膿栓が急に増えることになる人が多いのです。

扁桃炎の原因になる

膿栓を取るのは危険

扁桃炎になると喉の奥から口臭がするようになります。膿栓を自分で取ろうとすると、喉の粘膜を傷付ける、ばい菌に感染させる、などの恐れがあるのでおやめになってください。喉に炎症が起きると高熱を出し、喉のリンパ節に腫れや痛みを生じるようになります。

急性扁桃炎は、初期は咽頭違和感程度ですが、病態の進行と共に急激な咽頭痛、嚥下痛を生じるようになります。全身症状として高熱、全身倦怠感、食欲不振などを呈します。 慢性単純性扁桃炎は、持続的なのどの痛み、乾燥感、違和感、微熱などの症状があるものです。習慣性扁桃炎は、急性扁桃炎を年に3〜4回以上繰り返すものです。
引用:関西医科大学附属病院

重度の急性扁桃炎になると、摂食困難、脱水症状、肝機能障害を起こすことがあり、その場合は入院治療することがあります。
また、先ほどの膿栓の取り方を行った場合の危険リスクをご参考までにご紹介します。

  • 綿棒、つまようじ→ばい菌に感染する、粘膜を突いてしまう恐れがある。
  • シャワー→水圧が強いと危険
  • ウォーターピック→水圧が低いと取れない
  • 鼻うがい→医師の指導の元に行ってください
  • 咳→無理に咳をすると喉を傷める

喉を傷付ける

扁桃から出血

喉に炎症をおこすと細菌が増えて口臭もきつくなります。

膿栓を取って出血したという事例が多くあります。それほど危険ですので、ご自身で膿栓は取らないほうが良いです。

耳かきで膿栓(のうせん)を取っていたら、喉から血が出てきました。膿栓(のうせん)を取るのをやめたのですが、その後、喉がヒリヒリしています。耳鼻科に行ったほうが良いでしょうか?

膿栓を取ることが困難な場合に無理をすると、扁桃腺を強く突いてしまうことがあり、それが出血の原因になることも。

(膿栓を取っていたら)扁桃腺から出血。病院に行ったほうがいいのでしょうか?
膿腺が出来てしまい自然に取れるのを待っていたのですが、なかなか取れなかったので、ダメだと分かっていながら箸で取ろうとしてしまいました。結局取れなった上に、扁桃腺を傷つけてしまい出血してしました。
引用:yahoo!知恵袋

自然に取れるまで待てない時は

膿栓(臭い玉)は、タイミングがあえば自然に取れますが、違和感や口臭があると、一日でも早く取り除きたいと思います。そのような時に、私がオススメしているのはアルカリイオン水ですうがいにアルカリイオン水を使うと、アルカリの洗浄作用で取れやすくなります。

舌苔うがいで舌を綺麗にする

取れるタイミングが分からない場合でも、膿栓の予防になるので、アルカリイオンのうがいをおすすめします。

関連記事

美息美人についての説明(公式サイト)

美息美人(びいきびじん)を使用しても口臭に自信がもてない

美息美人は常在菌まで死滅させる!?プラークを分解除菌する

まとめ

喉の奥(扁桃腺)にできる膿栓(臭い玉)は、細菌の塊で口臭原因になります。ですから、口臭を改善するためには、膿栓(臭い玉)を予防したり取り除かないといけません。

膿栓の原因で多い慢性扁桃炎の場合には、耳鼻咽喉科の治療を受けるようにしましょう。

無理やり膿栓を取ろうとすると、喉に炎症を起こす原因になり、口臭も強くなってしまいます。喉に細菌が増えると扁桃腺から分泌液と痰が混じり、喉の違和感や口臭はいつまでも解消されません。

膿栓や痰を予防するには、小まめに水を飲むとか、「うがい」を行うといいでしょう。膿栓の取れるタイミングと合えば、うがいでも取れることがあります。また、毎日うがいすると口臭予防になります。

うがい時にアルカリイオン水を使うと、口腔やのどの細菌を洗い流しやすくするので、おすすめです。また、予防に効果的なのは、唾液の分泌をよくすることです。唾液量が増えると臭いが軽減するので、舌や口をよく動かす工夫もしましょう。

膿栓ができないようにするための方法としては、扁桃の摘出手術もありますが、入院などリスクもあるので耳鼻咽喉科でご相談されるとはいかがでしょう。

【参照リンク・参考文献】
日本歯科医師会 歯とお口のことなら何でも分かるテーマパーク802
日本口臭学会 口臭と口臭症に関連する用
日本耳鼻咽喉科学会 代表的な病気
日本口臭学会 口臭への対応と口臭治療の指針2014
日本口腔ケア学会
順天堂大学医学部付属順天堂医院 耳鼻咽喉・頭頸科
日本耳鼻咽喉科学会 愛媛県耳鼻咽喉科医会 におい玉(扁桃膿栓)のお話
京都大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 習慣性扁
扁桃腺の腫れにはハレナース

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する