買ってはいけない歯磨き粉!成分とその理由

買ってはいけない歯磨き粉とは、健康害のリスクが高い商品のことです

買ってはいけない歯磨き粉がある

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

買ってはいけない歯磨き粉がある、って知っていましたか?

そもそも、歯磨きの目的は、口内を清潔にして良く噛める歯を作る、健康を維持するためです。ところが、市販されている歯磨き粉と言えば、健康害が心配される「ラウリル硫酸Na」含有の歯磨き粉がほとんどです。

歯磨き粉に記載されている成分を見ると、香料や発泡剤や研磨材など、通常の歯磨きに決してなければならない成分ではないのです。

また、9割以上の歯磨き粉にはフッ素が含有されています。フッ素には、虫歯予防の効果が認められているからですが、フッ素は毒性が危険視されている成分です。実はフッ素が入っていなくても、しっかりとブラッシングさえすれば虫歯予防ができるので、フッ素は必要不可欠ではない成分といえます。

たとえ歯磨き粉成分が、厚労省の薬機法(旧薬事法)に違反していなくても、毎日口に入れて使用するものです。たとえ市販の歯磨き粉が癌になる危険性が低いと言われても、歯磨き粉を研究開発している専門家(歯磨き粉『美息美人』のメーカー)としては、癌リスクがある歯磨き剤をおすすめできません。

あなたは、歯磨き粉を購入する時に、からだにやさしい「無添加」の商品を選んでいますか?

歯磨き粉は毎日2~3回は口の中に入れるものなので、不安のないものを使うことが大事です。特に、舌などの粘膜は、デリケートで吸収性がある組織であるため、口に入れる歯磨き粉の成分は良く調べて選ぶようにしましょう。

しかし、ネットで「歯磨き粉ランキング」と検索しても、それは「売れている歯磨き粉」のランキングであって、実際は、健康によくない添加物が多く含まれる「危険な歯磨き粉」ランキングです。

歯磨きの目的は、虫歯や歯周病や口臭を予防するためです。歯磨き粉は、虫歯などの原因となるプラーク(細菌)を効率よく除去するためのものであり、重要なのはブラッシングです。

ところが、市販の歯磨き粉の多くは、このプラークの除去とはかけ離れた、合成界面活性剤、研磨剤、発泡剤、香料など添加物のオンパレードです。歯磨き剤に匂いや泡は必要ないはずです。

歯磨き粉に含まれる成分には、健康上よくないものがあることをご存知でしょうか?

安心して使える歯磨き粉を購入しようと思っても、あまりにも歯磨き粉が多く、どの歯磨き粉を使えば良いのか迷ってしまいますよね。今回の記事は、危険な歯磨き粉とはどんな歯磨き粉かをご説明します。歯磨き粉ご購入の際のご参考にしてくだされば幸いです。

買ってはいけない歯磨き粉

結論から申しますと、そもそも歯みがきで「歯磨き粉」を付ける必要ありません。なぜなら、食べかすやプラークは、歯ブラシを使ってブラッシングするだけで除去できるからです。フッ素は歯を強くする効果がありますが、フッ素を用いなくてもしっかり歯磨きをすれば虫歯は予防できます。フッ素使用以前の年配者でも虫歯になっていない人がいるのが、その証拠です。

それでは、何故歯磨き粉を使うのでしょう?

その理由は、、、

  1. 少ないブラッシング回数で歯磨きができるよう。(研磨剤と合成界面活性剤に効果を期待)
  2. 短時間で歯磨きできるよう。(研磨剤と合成界面活性剤に効果を期待)
  3. スッキリ感を味わうため。(香料に効果を期待)
  4. 歯磨きの実感を得るため。(発泡剤に効果を期待)
  5. 虫歯予防(フッ素に効果を期待)

歯磨き粉に含まれる成分は、きちんとブラッシングできる人であれば、本来必要ないものです。無添加歯磨き粉の方が健康に安心して使えるのですが、上手に歯磨きができないとか、歯磨き時と後にスッキリ感を得たい人のために添加物を入れていると知ってください。

ちなみに歯磨き粉が必須になるケースは、歯周病の予防、歯の着色汚れの除去を目的に使う場合です。この目的以外で歯磨き粉を付けることは、それほど重要ではありません。

「歯磨きしても口臭がなおらない!」とお困りでしたら、こちらで解決してください。
⇒ 「口臭」に関するQ&A

歯磨き粉の添加成分

それでは、歯磨きに含まれている成分をご紹介します。使い方を間違えると、危険なものも多くあります。

【歯磨き粉に表示されている成分】

歯磨き粉の成分を見る

・清掃剤研磨剤):リン酸水素カルシウム、水酸化アルミニウム、無水ケイ酸、炭酸カルシウムなど。
歯垢やステインなど歯の汚れを取るために添加している。

・湿潤剤:グリセリン、ソルビトールなど。
歯磨剤に適度の湿り気と可塑性を与えるために添加している。

・発泡剤:ラウリル酸ナトリウム
口中に歯磨剤を拡散させ汚れを洗浄するために添加している。口内炎の可能性が指摘されている。また、泡が立ち、爽快感が得られますが、歯磨きが不十分な状態で終わらせてしまう可能性がある。

・粘結剤:カルボキシメチルロースナトリウム、アルギン酸ナトリウム、カラギーナンなど。
紛体と液体を結合させ、適度の粘度を与えるために添加している。

・香味剤:サッカリンナトリウム、メントール、ミント類など。
爽快感と香りをつけ歯磨剤を使いやすくするために添加している。

・保存剤:パラベン類、安息香酸ナトリウムなど。
商品の変質を防ぐために添加している。

市販の歯磨き粉には、ほとんどにこれらの成分が含まれています。それらを添加する理由は、製造上、使用上の目的のためです。

簡単にいうと、「作りやすいようにそれらの成分を入れている。」、そして、「使いやすいように、それらの成分を入れている。」のです。

ですから、もしあなたが「歯磨き」に自信があれば、無添加歯磨き粉を使用されることをおすすめします。

>>無添加・オーガニック おすすめの歯磨き粉は?

歯磨き粉成分の危険ランキング

1位:合成界面活性剤・発泡剤(ラウリル硫酸ナトリウム)…味覚障害、口臭原因、口腔乾燥

2位:香料(サッカリンナトリウム)…発がん性リスク

3位:顆粒入り歯磨き粉…顆粒が歯周ポケットに入り取れなくなる

4位:研磨剤(炭酸カルシウム、炭酸水素ナトリウムなど)…歯面が削れ傷つく、知覚過敏を悪化させる

5位:高濃度フッ素配合歯磨き粉…大人用(1000ppmフッ素配合)は、子どもには健康によくない

ラウリル硫酸Na含有の歯磨き粉(商品名)

合成界面活性剤(ラウリル硫酸Na)は汚れを良く落とす効果があるため、シャンプー、石鹸、台所洗剤、洗濯用洗剤などの製品に数多く使われており、市販のほとんどの歯磨き粉にも含まれている成分です。

しかし、ラウリル硫酸Naは肌への刺激が強いため、危険性が高いことが問題視されています。合成界面活性剤が入っているシャンプーやボディリンスは、肌が弱い方や小さな子供、高齢者は避けた方がいいでしょう。また、合成界面活性剤は口腔乾燥を起こしやすく、口臭が気になる方はご使用を控えることをお勧めします。

ラウリル硫酸Na含有の歯磨き粉には、どのような製品があるでしょう。市販の歯磨き粉の人気ランキングにも入っている商品の一部をご紹介しますのでご参考にしてください。

ホワイトニング歯磨き

「ホワイトニング歯磨き」は人気がありますが、ほとんどの歯磨き粉に歯を白くする成分は入っていませんので誤解しないでくださいね。市販のホワイトニング歯磨き粉はブラッシング効果を高めるために「研磨材」が多量に含まれています。当然ですが、しっかりと歯磨きをおこなえば、歯の汚れが落ちて歯は白くなるからです。しかし、研磨剤で歯を磨くと、歯を削るというリスクもあるのでご注意ください。

人気の歯磨き粉、アパガードプレニオには、「薬用ハイドロキシアパタイト」が配合されています。この成分は「歯の再石灰化」を促進できて歯を強くしますが、歯科医院で用いるホワイトニング剤とは異なり、歯を白くする働きはありません。

でも、アパガードプレミオには研磨剤とフッ素が無添加になっているので、健康を気にされる方にはおすすめです。(※但し、フッ素無添加の場合は、虫歯になるリスクが高いというデメリットもある。)

研磨剤無添加の場合は歯を削る心配はありませんが、しっかりと磨かないと歯が黄ばむ可能性があります。また、アパガードプレミオには、健康害が心配される「ラウリル硫酸ナトリウム」が含有されているので、毎日使うことはおすすめできません。

このように、歯磨き粉にはメリットとデメリットがあるので、成分表示を見てご自身の目的に合っているか、検討する必要があります。

【アパガードプレミオの成分】

基剤:歯磨用リン酸水素カルシウム、無水ケイ酸
溶剤:精製水
湿潤剤:濃グリセリン、ケイ酸ナトリウム
甘味剤:キシリトール、サッカリンナトリウム
薬用成分:薬用ハイドロキシアパタイト、マクロゴール400(ポリエチレングリコール)、β-グリチルレチン酸、塩化セチルピリジニウム
発泡剤:ラウリル硫酸ナトリウム
粘結剤:カルボキシメチルセルロースナトリウム
香味剤:香料(ライトミントタイプ)
安定剤:リン酸マグネシウム
光沢剤:加水分解コンキオリン液
保存剤:塩酸アルキルジアミノエチルグリシン液

引用:アパガード公式通販 SANGI SHOP

ケース別買ってはいけない歯磨き粉

・子ども用歯磨き粉…イチゴ味とメロン味など甘くいい匂いがすると、食べてしまう可能性が高くなります。

・子ども用歯磨き粉…フッ素は体への危険性がありますので、使うなら、低濃度のフッ素入り歯磨き粉を使用しましょう。

・知覚過敏…研磨材が入っている歯磨き粉で歯根部を磨くと、さらに知覚過敏を悪化させることになります。

・電動歯ブラシ…研磨材含有の歯磨き粉を使うと、磨き過ぎから歯を傷つける可能性があります。同様に、レジン床義歯も磨かないようにしてください。

・ドライマウス…口がよく乾く場合は、発泡剤や香料などの刺激性成分が含まれている歯磨き粉を使用すると、舌を乾燥させるなど悪化させるので使用は控えましょう。

歯医者さんおすすめの歯磨き粉

歯医者さんがすすめる歯磨き粉は、フッ素配合の歯磨き粉です。その理由は、フッ化物は歯の再石灰化を促進し歯を強くするからです。

ブラッシングが下手な人や子どもの場合には、フッ素配合歯磨き粉や洗口剤を使用することで、虫歯予防効果が高まることが分かっています。

ところが、フッ素(フッ化物)を危惧する人がいます。フッ素は毒物だからです。しかし、クインテッセンス出版の「歯科医院で患者さんにしっかり説明できる本」の中で、歯磨き粉や洗口剤に使用されているフッ化物は、健康に影響のない低濃度であるため安全だ、とのことです。

また、フッ素入りの歯磨き粉を安全で効果的に使用するのなら、低濃度のフッ素入り歯磨き粉を用いて、歯磨きや選考の頻度を多くすると良いそうです。

現在、市販の歯磨き粉のほとんどにフッ素が配合されているので、購入の際には濃度も調べられてはいかがでしょう。

フッ化物濃度:薬用歯みがき類製造販売承認基準によりフッ化物イオン濃度は1,500ppm以下に定められており、1,450ppm程度までのものが販売されています。子ども用としては950ppm・500ppm・100ppmが販売されています。

引用:e-ヘルスネット 厚生労働省

口腔ケアアンバサダーがおすすめする歯磨き粉

口腔ケアアンバサダー上林のおすすめする歯磨き粉をご紹介します。

歯磨き粉を選ぶときに大切なのは、ご自身のニーズです。目的によって成分を選ばないと効果を発揮できないからです。単純に、「薬用歯磨き粉」は健康に悪いという理由だけで使用しなければ、効果を上げることは難しくなります。

ここでは、目的別に効果が期待できる歯磨き粉をご紹介します。

>>口臭ケアブランド『美息美人(びいきびじん)』が舌苔を溶かして取る仕組み

カムテクトやシュミテクトを使用する時のコツは、症状がある時に患部に歯磨き粉を直接取って塗布すると効果があります。(塗布後はうがいをしないほうがいいです。)

【引用・参考文献】

LIONクリニカ
歯磨き粉製造メーカー(日本歯磨工業会会員一覧)

SNSでもご購読できます。