簡単に口臭を消す!口腔ケアのポイントとは

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

朝起きた時に口がネバネバしていると口臭が気になりませんか。口臭があると周囲の反応が気になり、一日不快な気分になりますよね。

口臭を簡単にケアできる方法がありますので、原因と対策についてご紹介します。

口臭の原因

口臭には様々な原因がありますが、主な原因としては、ブラッシング不足による食べかすの付着によりできる歯垢(細菌)です。

歯に歯垢が付くと、虫歯や歯周病、舌苔のトラブルを起こします。また、これら口内疾患の原因は、唾液の分泌が少ないことなのです。

口臭を正しく予防・対策するためには、正しく口臭の原因を理解すると効果が上がります。

>>口臭の原因がわからない!?よくある口臭原因と適切な対策方法

簡単な口臭ケアの方法

うがい

喉うがいで口臭予防

口臭が気になったときに、一番簡単で効果があるのは「うがい」です。口臭が発生するのは、口腔が乾燥して口内細菌が増えたからです。ですから、「うがい」で口内洗浄すると、口臭が軽減します。

ただし、うがいによる予防方法は、根本的な口臭改善にはならないので誤解しないでくださいね。

>>口臭がアルカリイオン水のうがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

舌清掃

舌苔は嫌気性菌のかたまりなので、舌苔が付着すると口臭を発生します。専用の舌ブラシで舌を磨いて清掃すると、口臭予防が期待できます。

ただし、舌磨きをし過ぎると舌粘膜を傷つけて口腔乾燥の原因になるので注意しましょう。

>>舌磨きはコットンが効果的!?

夜寝る前の歯磨き

口臭予防をするためには「歯磨き習慣」が重要です。口内の汚れを除去してプラークを付かないようにできるからです。

プラークは寝ている間に最も増殖します。睡眠中は唾液が出ないからです。そのため、就寝前にていねいに歯磨きを行うことが大切なのです。
寝る前に歯磨きをする人としない人では、起床時の口臭に大きく差が出ることでしょう。

水を飲む

ドライマウスだから水を飲む

水を飲む効果は、唾液量(体の水分量)を増やすだけではありません。水を飲むことで口内を洗浄することができるからです。

口がすっきりすると、副交感神経が刺激されてサラサラ唾液の分泌を促す効果も期待できます。

お茶には抗菌作用がありますが、利尿作用というデメリットもあります。唾液を出しやすくするには、水よりも温かい白湯のほうが、リラックス効果があります。

舌を動かす

唾液が舌を洗浄

何度も申し上げますが、口臭は口が乾くと発生します。ですから、口臭をしないように予防するには、唾液を出して口内を潤すことが大事です。

人間の体は、舌を動かすと唾液腺が刺激されて、唾液が出るようになっています。食事の時にはよく噛んで、会話にもたくさん参加して、舌を良く動かすようにすることが大切です。

また、口の渇きが気になったら、口の中で舌を動かし、唇を舐めることもおすすめします。

タブレット・ガム

タブレットやチューインガムを噛むと、一時的ですが口臭を消すことができます。

しかし、タブレットなどの効果は香料で匂いをごまかすだけですので、口臭と混じり余計に臭いが強くなるかもしれません。

チューインガムの場合は、噛み続けると唾液がよく出て、根本的な口臭対策にもなるので試す価値があります。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する