喉に白い塊が見えたらそれは臭い玉です。正しく取る方法とは?

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

喉の奥に白い塊が見えると不安ですよね。喉に出来る白いものは「臭い玉」や「膿栓」と言って扁桃腺についた細菌の死がいと食べ物のカスなどが混じってできたもので、扁桃腺のくぼみに見られます。

臭い玉(膿栓)が溜まると口臭の原因になり、「歯磨きをしても口臭がする」と訴える方が多いです。

臭い玉(膿栓)ができても健康に害はありませんが、よくできる人は取っても何度でもできます。特に治療の必要のない軽い慢性扁桃炎の場合にも臭い玉(膿栓)はよくみられます。

この臭い玉(膿栓)があると、喉の違和感と口臭が続きます。そのような時には小まめにうがいをするとか、水を飲むようにして下さい。時期がくれば自然と取れてしまいますが、いつまでも取れないようでしたら、耳鼻咽喉科の受診をお勧めします。

喉の横の白い塊は臭い玉(膿栓)

喉の白いもの

喉の横に白いものが見えたら、それは膿栓(のうせん)の可能性が高いです。膿栓は扁桃のくぼみにたまり、大きくなると扁桃の表面に白い玉として出てきます。

膿栓ができても喉に腫れや発熱がなければ特に問題ありませんが、いつまでも膿栓があると、喉の違和感や口臭の原因になることがあります。

膿栓は「臭い玉」とも呼ばれるので口臭原因になると思われていますが、それ自体が原因になることは少ないです。喉からひどい臭いがある場合は、慢性扁桃炎による膿汁(膿と痰が交じった粘液)が口臭の原因になっていることが多いです。

健康な人でも膿栓はできるものですのでご安心ください。

臭い玉を告白した芸人は…ドランクドラゴンの鈴木拓、バナナマンの設楽、ロバートの秋山、宮川大輔、ほっしゃん、、、

引用:臭い玉(膿栓)は「自然に取れる」って知ってる!?

臭い玉(膿栓)が取れると気持ちいい

喉の奥に見える膿栓

臭い玉(膿栓)が大量にたまると、喉がイガイガしたり口臭が強くなります。この臭い玉(膿栓)が取れると、喉がすっきりし、口臭も改善できます。喉の奥の白い塊である、臭い玉(膿栓)の取り方については、こちらをご参考にしてください。

>>臭い玉(膿栓)の取り方とコツ!自己流で取るのは危険

定期的に臭い玉(膿栓)が溜まる場合は、喉を乾燥させないようにして清潔にするなど予防が大事です。

直接病気の原因にはならない扁桃膿栓ですが、たまることでのどの違和感が生じたり、口臭の原因になる場合もあります。

引用:愛媛県耳鼻咽喉科医会

関連記事

膿栓・臭い玉とは

臭い玉って聞くけど何?人には聞けない口臭の元、臭い玉について教えます

膿栓がないけど臭いのは何故?口臭の原因と対策方法

のどの奥の白い塊は口臭原因になる。膿栓が見えたときの対策と予防とは?

臭い玉(膿栓)の予防

膿栓はだれでもできます。しかし、よくできる人とできない人があります。その理由として考えられるのは、副鼻腔炎や鼻炎など耳鼻科疾患があり後鼻漏になっている。また、唾液の分泌量が少ないためにドライマウスになっている。

この二つの条件が重なると、慢性扁桃炎になり喉に白い塊が着く。そして、喉に違和感ができて口臭になります。

臭い玉(膿栓)を予防するためには、次のようにするといいです。

乾燥を防ぐ

乾燥してマスクが必要

乾燥する冬やエアコンの使用などによってお部屋が乾燥しすぎると、扁桃腺が腫れる原因になります。そのような時には、こまめにうがいを行うとかマスクを着けると良いです。

喉を殺菌する

口と喉をキレイにする女性

喉に違和感を感じる扁桃腺炎の初期には、殺菌効果のあるうがい薬を使用することをおすすめします。イソジンのうがい薬や「のどぬーるスプレー」が有名です。

免疫力を高める食べ物

はちみつで防ぐ

免疫力を高めるには、柑橘類が有効だといわれています。柑橘類の果物には、ビタミンCとビタミンEが豊富に含まれています。ビタミンCには免疫力を高める効果がある。そして、ビタミンEは抗炎症作用があるので扁桃腺の腫れを抑える効果が期待できます。

扁桃腺炎の予防には、蜂蜜も有効です。蜂蜜には殺菌作用と保湿効果があり、喉を乾燥させるのを防ぐことができます。

疲労・ストレスのない生活

喉が重たい男性

疲労やストレスは、免疫力が低下する原因になります。免疫力が低下すると扁桃腺炎になりやすくなります。だから、日頃から疲労をためない、ストレスをためすぎないような生活を心掛ける必要があります。

趣味や軽い運動などを取り入れると、自律神経を整えることができるのでおすすめします。

アルカリイオン水でうがいを行う

綿棒で臭い玉を取る

臭い玉をyoutubeで調べていたら、怖い動画がみつかりました。綿棒を使って自分で取っている動画です。気分を害するリアルな動画ですので見るのは止めた方が良いと思います。

耳鼻科のお医者さんから、自分で臭い玉を取ると喉に傷をつけるかもしれないので、やめた方がいいとのことでした。

ごもっともです。喉の粘膜はデリケートで傷つくやすく急性扁桃炎を起こすかもしれません。

では、どうすればいいの?

膿栓(臭い玉)を取るコツ

臭い玉は、食事の時に飲み込んだり、咳やくしゃみで勝手に出てくるものですが、できれば、殺菌作用のあるのど薬などでうがいすることです。でも、うがい薬の使いすぎは、喉を痛めるかもしれないので、一日4回までにしないといけません。

だから、うがい薬を使いたくないという人がおられます。その場合には、アルカリイオン水でうがいをするのがおススメです。

アルカリイオン水の方がずっと安全なので毎日でも使えます。また、臭い玉がなくなったあとでも、毎日うがいを行うことで、臭い玉ができなくなります。臭い玉(膿栓)の除去と予防法について詳しくはこちらをご参考にしてください。

>>口臭の元「膿栓」を取り除き・予防する方法を知っていますか?

関連記事

口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

取れづらい膿栓が簡単に取ることができる5つの方法とは?

膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?

膿栓はうがいで取れる!喉うがいで口臭予防ができます

「口臭うがい」で口臭菌を洗い流そう!これで完ぺきに予防できるかも

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する