口臭が治らないから辛い!?治らない原因は?

口臭が治らない、つらい

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

Yahoo!知恵袋を見ていると「口臭が治らないから死にたい」という相談がありました。自分の口臭で周囲に迷惑をかけているかもしれない、友達にどんな風に思われているだろう、との恐怖から死にたいとまで思うようになったのでしょう。

参考記事:死にたい(厚労省電話相談、メッセージ)

Yahoo!知恵袋にある「口臭が治らない、つらい。。」と言うようなご相談は、私のところへも数多くあります。

「口臭」に関するQ&A

「20代です。子供の頃から口臭で悩んでいますが、口臭は治らないものですか?」、「10年以上も舌苔が治らず悩んでいます。舌磨きしても全く改善しません。」、「口臭は遺伝体質が原因ですか?私は一生治らないのですか?」「何をしても口臭が治らないから、諦めるしかないのでしょうか?辛いです。」など、切羽詰まったご相談が来ています。

私自身も10年以上口臭で悩みましたが、流石に知恵袋の方のように「死にたい」とまで思いつめたことはありませんでした。でも、世の中には口臭に悩み続けている人たちがいます。

もしかすると、あなたも「口臭が治らないから辛い」と苦しんでいるかもしれませんね。でも、答えが見つからなかったのではないでしょうか。

口臭原因について書かれた記事は多くあります。それなのに、「口臭が治らない」という人があとを絶ちません。

不思議ですよね。原因が分かっているのに口臭が治らないのですから。私も口臭が治らなかった一人です。そのため、「口臭が治らないのは何故なのか?」といつも探していました。

実は、一般にいわれている「口臭原因」は、見える(嗅覚の)原因です。口臭は、嗅覚だけではなく心によって感じているからです。ですから、口臭の悩みを解決するためには、実際の口臭と心の不安の両方を解消することが必要なのです。

出典:「においの科学のウソ・ホント」東京大学大学院農学生命科学研究科

今回の記事は、厄介な「口臭症」についてお伝えします。「口臭が治らないのは何故なのだろう?」とお困りでしたら、是非ご参考にしてほしいです。

口臭の90%は歯科で治る

口臭の90%以上は、口の中の病気(歯周病や虫歯、粘膜疾患など)が原因です。もし、あなたの口臭原因が虫歯や歯周病であれば、それらを歯科医院で治療することで口臭が改善されます。

病的口臭の90%以上は口の中にその原因があり、歯周病、むし歯、歯垢(しこう)、歯石、舌苔(ぜったい)、唾液の減少、義歯(入れ歯)の清掃不良などがあげられます。治療の対象となります。
引用:兵庫県歯科医師会 口臭

歯科で治らない10%の口臭とは

歯科で治らない残り10%の口臭は、扁桃腺炎、副鼻腔炎、上気道中咽頭がんなどの耳鼻科疾患が占めていますので、口臭が治らないと諦める前に耳鼻科を受診されることをお勧めします。

全身疾患が原因の口臭は少ないですが、次のようなものがあります。

  • 糖尿病;アセトン臭
  • 腎不全;アンモニア臭
  • 肝疾患;ジメチルサルファイド
  • 肺がん;アセトン

これらの口臭は、血液中に溶け込み呼気口臭となります。歯科に問題がないけれど口臭がある場合は、体のどこかに病気などの異常があるというサインですので、一日も早く受診するようにしましょう。

引用:日本口臭学会(口臭への対応と口臭治療の指針2014)

口臭は一生治らない?

Yahoo!知恵袋に「一生治らない口臭ってありますか?」という質問がありました。一生治らない「口臭」とは、先天性の病気ということになります。

先天性の原因には、魚臭症(トリメチルアミン尿症)という病気があります。魚臭症はトリメチルアミンという物質を肝臓で分解できないために起きる病気で、魚の腐ったような匂いが口臭や体臭となります。

他にも、ほとんど唾液が分泌しないシェーグレン症候群という、全身性の自己免疫疾患があります。常にドライマウスになるので口臭がひどくなる病気です。

口呼吸の場合も口臭が治ることは難しいですが、鼻呼吸に変えることで改善できます。

参考:口呼吸を鼻呼吸に変えると口臭がしなくなる

口臭が治らない!原因と解決法

病気が口臭の原因になっているのなら、原因となる歯科や耳鼻科の疾患を治療することが大事ですし、治癒すれば口臭も治るはずですよね。

でも治らないのはどうしてだと思いますか?実は、口臭症の本当の原因は、今お伝えした歯科や耳鼻科疾患と違うことがあるからです。それはストレスが原因となる症状の一つ「ストレス口臭」です。

参考:ストレス口臭とは google

関連記事:口臭の原因がわからない!?よくある口臭原因と適切な対策方法

口臭がしているかどうか、分からない!?

口臭で悩まれている人に多いのは「口臭がしているかどうか分からないけれど、気になって仕方ない」という理由です。

周囲に口臭で迷惑をかけているかもしれないと思い込む、いわゆる「口臭恐怖症」の人の典型が、このように自分の息が臭いのかどうか知らないのです。

じつは、口臭を過剰に不安になる人の性格が「繊細で他人のことが気になる」といわれていて、家族にも「口の匂いを嗅いで」と頼めない人が多いようです。

解決法⇒ 市販の簡易口臭チェッカーで口臭がしているか調べてみる。 口臭は空気で、専用の測定器で臭気レベルを測ることができます。簡易口臭チェッカーでも、レベル1からレベル5まで判定できます。

口臭を気にし過ぎだと言われる!?

口臭は厄介で、自分の鼻(嗅覚)では正確に判断できません。そのために匂いに対して人は敏感になるのですが、特に自分の匂いに対しては過剰に思い込む傾向にあります。

「口臭がしている」と言っても、その人のストレス度合により「口臭がひどい!」と感じたり、「臭っているかもしれない」程度だったりと、人により感じ方は様々なのです。

解決法⇒ 先ず、口臭チェッカーで調べる。もしかすると、口臭レベルが1なのに「口臭がひどい!」と悩んでいるかもしれません。この場合は、口臭(口臭測定値)と口臭症(口臭のストレス度)を同じテーブルで考えてはいけません。

→ 人が鼻を触るのは口臭がしているからだけではない!自臭症の原因と克服法

知恵袋で「口臭は一生治らないのですか?」と、思い詰めている方がおられましたが、そのままにしておくのは精神的にも良くありません。ストレスを抱えずにカウンセリングを受けるようにしてください。

出典:カウンセリング「心もメンテしよう」厚生労働省、若者を支えるメンタルヘルスサイト

口臭を気にし過ぎする人の場合は、ストレスの原因が「口臭」ではなく、「心」に問題があるかもしれないのです。心を強くしないと、たとえ口臭が改善しても「心」の解決にはなりません。

嗅覚過敏症

口臭症の原因の一つに嗅覚過敏があります。嗅覚が麻痺する割合よりもはるかに少ないのですが、「嗅覚過敏」になるケースがあります。

嗅覚過敏とは…
妊婦は匂いに過敏になることがよくあります。また嗅覚過敏は、原因が精神的なものである場合もあります(心因性)。つまり、心因性の嗅覚過敏がある人には、明らかな体の病気がみられません。

引用:MSDマニュアル家庭版

解決法⇒ 神経科などの専門病院を受診して口臭について相談するようにしましょう。心因性の嗅覚過敏症は、悩めば悩むほどストレスが重なるので自分で解決しようとしないことが大切です。

ストレスが口臭原因になる

冒頭でご紹介した知恵袋の中高生(思春期の口臭)の場合は、友達や家族からの「臭い」という一言に敏感に反応したのかもしれません。そのため、思い込んでしまい「辛いから死にたい」と。

※思春期の中高生は、友達や家族などから言われる一語一語に敏感です。「もし、口が臭い」なんて言われたらどうしょう、と人一倍心配になるのです。そのためでしょうか、自分と他人の体臭や口臭などの刺激臭に対しても過敏に感じてしまうようです。

引用:中学生・高校生の口臭の悩みについて

解決法⇒ 口臭の悩みを、相談できる家族などに相談したり、カウンセリングを受け、ストレスを軽減することが大事です。

口臭が厄介なのは、ストレスが口臭原因になるからです。不安や恐怖というストレスがあると、交感神経が活発になり唾液が出なくなります。口腔が乾燥すると、口内の口臭物質(揮発性硫黄化合物)が気化して口臭となります。

→ 舌苔が取れないのはストレスが原因!ストレス解消と対策はこうする!

→ ドライマウスは口臭をひどくする!改善する鍵は菌にある

口臭原因の病気を治療しないから治らない

この記事の始めに、口臭原因となる疾患をご紹介しました。それらの病気が口臭原因となっているのなら、治療して病気を治さなければ口臭を治すことはできません。

ところが、「どうせ治らないから」と病気を放置したままにし、「口臭が治らない。。」と、一人で悩んでいる人が多いです。

解決法1⇒ 1人で口臭を悩むのを止めて、先ずは(口臭治療ができる)歯科を受診して医師に相談しましょう。口臭患者の気持ちに対して無知な歯医者さんであれば「気にし過ぎです」と言われることもあるので、口臭外来などの専門病院を受診した方がいいです。

解決法2⇒ 口臭の原因が副鼻腔炎や扁桃炎などの耳鼻科疾患が影響しているかもしれません。後鼻漏や、膿栓膿汁ができると喉からも口臭が発生するからです。口臭がなくても、鼻やのどに異常(違和感)がある場合は、早目に受診しましょう。

生活習慣が乱れているから口臭が治らない

意外かもしれませんが、生活習慣が乱れると口が臭くなります。飲酒や喫煙、仕事で毎日疲れやすい、睡眠不足、偏食で食事時間も定まっていない、など生活が乱れると、自律神経のバランスが崩れて免疫が低下してしまいます。

また自律神経が乱れると、唾液の分泌量が減少しますので、舌苔が増えたり、歯周病が進んで口臭を発生します。

解決法⇒ 生活の乱れが原因の口臭は、現在乱れている生活習慣を改善することが大切です。

効果的な口臭対策とは

何をしても治らない「口臭」を治すためには、「口臭レベルを下げる」ことと、「口臭の不安をなくす」ことの二つが大事です。この二つのことを実現しないことには、口臭は解消されません。

引用:口臭をなくす方法・具体例

ストレス対策で口臭を解決する

口臭症を治すためには、ストレスの原因になっている「トラウマ」を避けて通ることはできません。

自臭症の原因にはトラウマが関係しています。トラウマになった経験を突き止めて、どうしてこれほどストレスを抱えているのかを考えないといけません。そして、そのストレスの原因は、嫌な体験と周囲の反応を意味なく関連付けしていることも認める勇気が必要です。

自律神経の乱れを改善するためには…

  1. 専門医で受診する。心配となっている病気・症状を治療する。
  2. カウンセリングを受ける。
  3. ストレスを軽減するために趣味や運動をする。
  4. 楽しいことを行なう。
  5. 考え方を変える。
  6. 深呼吸をする。
  7. ストレッチで体を伸ばす。体を動かす。

引用:その口臭!ストレスが原因かも?

まとめ

歯科治療しても治らないから辛い、と悩んだら、カウンセリングを受けられる口臭外来を受診することをおすすめします。

口臭の悩みを解決するには、精神のケアと口臭の両方を治す必要があります。歯磨きしても治らない口臭の対策は、アルカリイオン水を用いる歯みがきケアとうがいケアが効果的です。

口臭対策に使えるアルカリイオン水についての記事は、「口臭、アルカリイオン水」と検索してみてください。

↓ ↓ ↓

歯磨きで取れない口臭がうがいでスッキリ

SNSでもご購読できます。