喉が臭いのはがん?ほとんどは膿栓(臭い玉)が原因

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

喉(のど)の奥からの臭いが気になっていませんか?

喉が臭い場合は、その原因のほとんどは膿栓(臭い玉)です。膿栓(臭い玉)とは扁桃腺の窪みに溜まる白い膿のことです。ウイルスや細菌が扁桃腺の組織で処理された膿がドブのような悪臭を発しますが、発熱や痛みがなければ心配の必要はありません。

風邪で喉が臭くなることもありますが、通常は自然になおっていきます。臭いが続く場合には、咽頭がんや喉頭がんの場合もあります。喉の臭いや違和感などが続く場合は、悪性腫瘍の可能性もあるので耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。

膿栓(臭い玉)以外にも、逆流性食道炎などが原因で喉が臭くなる場合などもありますが、これらの予防と対策に「喉うがい」が効果的です。

今回は、喉の臭いの原因と対策についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

喉が臭いのは膿栓と膿汁

矢印の先に白くみえるのが膿栓(臭い玉)

リンパ球の集合体である喉の奥の 扁桃には、細菌を効率よく捕まえるために凸凹している部分があります。 ここに 侵入してきた細菌やウイルスと戦った扁桃組織の炎症産物や、食物カスが膿となって溜まります。 これが臭い玉の正体です。

引用:臭い玉(膿栓・のうせん)とは?

膿栓(臭い玉)の原因

膿栓(臭い玉)は扁桃の表面にある小さな窪みに、細菌の死骸や食べ物のカスがたまってしまうことで作られます。膿栓(臭い玉)は誰にでもできるものですが、良く溜まる人の場合は、口・のどが乾燥する、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎になっている、扁桃炎が慢性である、などが膿栓ができる原因になります。

膿汁が口臭の原因

臭いの原因は膿栓だけではありません。扁桃(へんとう)の穴(陰窩)から出てくる粘液にも細菌や、痰などの腐敗物質が混じり、臭い膿汁(のうじゅう)となります。

>>喉に膿汁(のうじゅう)が着くと臭い!?膿汁とは?その原因と対策

喉の奥からどぶ臭がする場合は、膿栓(臭い玉)が原因のことが多いです。このように言うと、「膿栓は口臭原因にならないのでは?」といわれる方もおられます。正確には、膿栓(臭い玉)になる前の段階の膿汁(のうじゅう)が口臭原因なのです。

膿汁(のうじゅう)は、黄色や茶色い粘液で苦く、奥歯の奥から口に流れてくるため、痰と間違えられることもあります。

膿栓(のうせん)が出来ていなくても、膿汁(のうじゅう)が出ていることがあるため、「膿栓(のうせん)が見えないけれど喉から口臭がする」という場合には、膿汁(のうじゅう)が原因かもしれません。

膿汁の特徴は、喉(のど)の奥を指で触り嗅ぐとドブ臭いにおいです。

喉が臭くなるその他の原因

喉の奥が臭くなる原因は、「風邪」から起きる場合もありますが、喉や鼻の疾患から喉(扁桃など)に炎症が起き、ばい菌が増えることが原因です。

【喉の奥が臭くなる原因となる疾患】

  1. 蓄膿症(副鼻腔炎)
  2. アレルギー性鼻炎
  3. 風邪
  4. 咽頭炎など鼻や喉の疾患
  5. 逆流性食道炎

これらの疾患があると、喉にばい菌が増えるために、痰や膿汁(のうじゅう)が出来るようになり喉の奥が臭くなります。扁桃炎になると、扁桃の表面に白い塊の膿や膿汁が付着して口臭を起こします。

蓄膿症(副鼻腔炎)

蓄膿症は副鼻腔に膿がたまる病気です。黄色い膿が鼻水とからみ喉に垂れると痰のようになり喉にへばり付きます。この痰が臭い!

蓄膿症による膿には細菌が混じっているため、この膿自体が臭います。そのため、「痰が臭い」と感じるようになることがあります。また、喉に細菌が増えることによって更に口臭が強くなっていきます。

急性副鼻腔炎

風邪をひいた時に、菌が副鼻腔や粘膜に感染して炎症を起こし鼻づまりになります。アレルギー性鼻炎でも同じ症状を起こします。

また、仕事で疲労がたまり免疫力が下がったときなどに急性副鼻腔炎になりやすいです。

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

急性副鼻腔炎にかかり完治しないで慢性化すると、いわゆる蓄膿症になります。鼻づまりがひどくなり、鼻づまりから頭がずんと重く感じるようになります。人によっては、頭痛も起こします。詳しくは『鼻の中が臭い!原因不明の場合は蓄膿症に注意、「3割の裏にある後鼻漏』をご参考にしてください。

後鼻漏(こうびろう)

後鼻漏(こうびろう)を病気と勘違いしている人がいますが、後鼻漏(こうびろう)は、鼻水が喉に垂れる症状をいいます。後鼻漏(こうびろう)の症状が出る時には、蓄膿症やアレルギー性鼻炎など何かの病気が原因となっています。

鼻炎や蓄膿症などになると、鼻水が出ます。本来、鼻水は鼻の穴の方へ流れるのですが、喉に落ちる場合があります。

鼻水の水分が多い場合には、食道から胃に流れて行きます。ところが、水分が少なく粘ついた鼻水の場合には、喉に長くへばりつき細菌が繁殖する原因となります。そのため、喉から口臭が発生することがあります。

鼻水が喉にたまらないように、鼻水が鼻にたまってきたら軽く鼻をかんで出してしまう方が良いです。詳しくは『後鼻漏(こうびろう)が原因の口臭には…市販薬と対策はこれ!』をご参考にしてください。

舌苔(ぜったい)

舌の奥が白くなる人が多いです。舌の上には汚れや細菌がたまるので、舌苔(ぜったい)ができることがあります。誰でも舌が白くなるわけではありません。

舌苔(ぜったい)ができやすい人の場合には、唾液が少ないとか口呼吸が原因となっています。これらがあると舌が乾きやすく舌の上の細菌が増えるからです。

特に舌の奥は、唾液が届きにくく嫌気性細菌にとっては好都合の場所。だから、舌でも喉に近い部分に細菌が増えます。

喉に細菌が増えると、膿栓(のうせん)や膿汁(のうじゅう)もできるので、口臭が出る原因になります。舌が白いことと喉からの口臭は、一見すると関係のないことのようですが、じつは深く関係しています。

痰が臭い

痰が出る原因としては、急性の咽頭炎、気管支炎、肺炎によるものが多いです。痰の色には白黄色や淡黄色があります。

他にも、気管支や肺の疾患がある場合に痰が出ます。肺がんの場合には茶色い痰が出るのが特徴です。

また、喘息の場合にも薄い白色の痰が出ます。

痰は、肺や気管支から分泌している粘液が、病原菌などの異物をからめて外に出すために作られています。通常は咳などで外に出せるのですが、痰が粘ついていると喉にたまり壁にへばりつくことがあります。

喉に痰が付着することによって、細菌が繁殖すると口臭も発生します。喉に痰を溜めないようにすることが大切です。

逆流性食道炎

逆流性食道炎の症状は、胸焼けや酸っぱいものが胃から喉に上がってくる感じです。

逆流性食道炎は、何らかの原因で胃酸が食道に逆流して食道に炎症(びらん、潰瘍)を起こす病気です。胃酸によって活性化したタンパク質分解酵素が食道を傷つけます。

胃から逆流した消化不良の食べ物の臭いもありますが、その後も食道の炎症で細菌が増えているため、口臭が続くことがあります。

逆流性食道炎になりやすい人

  • ストレスが多い
  • 油ぽい食べ物をよく食べる
  • 太っている
  • 腰が曲がって胃を圧迫している

がんの臭い

がんになると口臭や体臭が強くなると言われています。悪性腫瘍で「肉の腐ったにおい」をするのが、癌による口臭の特徴です。

日本でも、ラブラドルレトリバーの癌探知犬「マリーン」は、食道がん、肺がん、胃がん、肝臓がん、大腸がん、子宮がん、乳がん、すい臓癌、前立腺がん、悪性リンパ腫などの癌患者由来の呼気と健康な人の呼気を区別できたそうです。(日本口臭学会誌、June,2010)

引用:癌の人の口臭はどんな臭い?

うがいで喉の臭いを消す

喉の奥からの臭いを消す方法としておすすめなのは、「喉うがい」と「鼻うがい」です。口臭原因となっているばい菌をうがいを行うことによって洗浄することは良いことです。しかし、うがいで口臭に効果があったとしても、疾患を治さないことには根本的な対策にはならないので誤解しないようにしてくださいね。

喉うがい

  1. 喉の奥を洗浄するうがい方法は、喉を立て「ガラガラ」とうがいします。
  2. 口臭原因となる痰(膿汁)や膿栓は、舌の根本と扁桃(喉の左右にある)の部分に多くある。だから、舌の根本と喉の左右を重点的にうがいで水が当たるように行う。
  3. うがいを行った後は、痰を切るようにして吐き出すと良い。

うがいに使用する水としては、「うがい薬」や「塩水」がありますが、おすすめなのは、「美息美人のアルカリイオン水」です。アルカリの作用で痰がよく切れます。

【美息美人の口臭うがいのやり方】

  1. 美息美人(びいきびじん)でアルカリイオン水を作ります。
  2. アルカリイオン水を口に含み、クチュクチュと5回うがいをしたら吐き出します。
  3. 再度、アルカリイオン水を口に含み、右側の奥歯に当たるように5回うがいをしたら、同じように左側の奥歯に当たるように5回うがいをして吐き出す。
  4. アルカリイオン水を口に含み、喉を立て右側の扁桃(へんとう)に水が当たるようにガラガラうがいを5回したら吐き出します。
  5. 同じ要領で、左側の扁桃(へんとう)にも水が当たるようにガラガラうがいを5回し吐き出す。
  6. 最後の仕上げは、水道水でブクブクうがいとガラガラうがいによって洗浄します。

引用:「口臭うがい」で口臭菌を洗い流そう!これで完ぺきに予防できるかも

膿栓がうがいで除去できる

喉の臭い「膿汁」の予防と対策

喉からの口臭原因はいろいろありますが、ほとんどが膿汁(のうじゅう)が悪影響を及ぼしています。

ネバネバの膿汁ができると、咳が増えたり喉にイガイガなど違和感を感じます。喉のイガイガについて詳しくは、『喉のイガイガ「エヘン虫」が暴れる原因とだまらす方法はコレ!』をご参考にしてください。

しかし、膿汁ができるともっと困ることがあります。それは、どぶ臭い口臭です。膿汁の口臭は、他の種類の口臭とは異なり、下水のような強い臭いが特徴です。

膿汁をできなくすれば、どぶ臭が解決します。それではどのようにすれば、膿汁対策ができるのでしょう?

【膿汁対策】

  1. 膿汁ができる原因となっている耳鼻科疾患などを治療する
  2. 口呼吸の場合には鼻呼吸に改善する
  3. うがい薬などで喉を洗浄する
  4. 喉に細菌が増えないようにこまめに水を飲む
  5. 生活習慣に気を付け免疫力を高める

喉が臭い場合は、膿栓(のうせん)と膿汁(のうじゅう)を予防することが、最も重要です。喉の臭い対策するには、喉のうがいを行い、喉に細菌が増えないように清潔を維持しないといけません。

じつは、喉に細菌が繁殖しやすい状態というのは、喉が乾燥した時です。唾液が少なくなると、細菌は洗い流されずに喉に留まり異常繁殖するからです。

喉が臭い人の場合には、唾液の分泌が少ないか口呼吸になっていることが多いので、小まめにうがいをする必要があります。(口呼吸を鼻呼吸に変える訓練も大切です。)

また、うがいだけではなく、小まめに水を飲み、細菌を洗い流し、喉を潤すことも大事です。このように水を飲むことで、口内が潤いリラックスして唾液の分泌を促す効果も期待できます。

効果的な喉のうがいは、毎日、それも、日中も小まめに何度も行うことです。

膿栓(のうせん)で困っている場合には、こちらの記事「うがいで膿栓(臭い玉)を効果的に取る5つのポイント」をご参考にしてください。

SNSでもご購読できます。