舌磨きをしないで舌苔(ぜったい)を取る方法!舌を磨くと逆効果になるのでご注意ください

舌磨き

舌磨きをやめて白くなった舌をきれいにしましょう!

このようなことをいうと驚かれるかもしれませんね。

舌苔(ぜったい)を除去するには、舌磨きしか方法がないと思っているあなたには、衝撃的ではないでしょうか。

舌が白くなると、舌をブラシなどで磨いて除去する人が多いのですよね。でも、舌を磨くと余計に舌が白くなりませんか?

舌の粘膜は、顕微鏡で見ると、細い糸状乳頭が生えて丁度じゅうたんのようになっています。その舌を磨くと傷つけてしまい化膿する。それだけではありません。傷が治っていないのに毎日舌磨きを行なうので、舌苔(ぜったい)が慢性化してしまうのです。

このようなことにならないように、今回の記事では、「舌磨きをやめて舌苔(ぜったい)を取る方法」」についてお伝えします。舌を磨いたことによって舌苔(ぜったい)がひどくなった方は、ぜひご参考にしてください。

一般的な舌磨きの方法

舌を磨かない

日本口臭学会会誌(2016,春号)に鶴見大学歯学部の論文「口臭外来受診者が日常行っている舌清掃方法の口臭除去効果」が発表されていました。

その論文の中に、鶴見大学歯学部附属病院の口臭外来を受診された患者さんを対象に「舌のセルフケア方法」を調査した結果が載っていましたので、ご紹介します。

【舌のセルフケア方法の割合】

  • 舌ブラシ…37.9%
  • 歯ブラシ…15.2%
  • 舌スクレーパー…9.1%
  • 舌スクレーパーとブラシの併用…4.1%
  • 不織布・ファイバー…6.1%
  • ガーゼ…3.0%
  • タオル…3.0%
  • 歯ブラシと舌ブラシの併用…1.5%
  • 舌ブラシとガーゼ…1.5%
  • スプーン…1.5%
  • なし…16.7%

この調査は、口臭外来を受診された患者さんを対象にしたものですので、一般とは異なるかもしれません。

しかし、舌磨きをしていない人の割合が16.7%。舌磨きをしている人の割合が83.3%もあることには驚きです。舌を磨くのは、ごく当たり前の行為になっているようです。

それだけではありません。市販の歯ブラシで舌をゴシゴシと磨いている人たちが15.2%も。歯ブラシの毛先はナイロンでできています。その歯ブラシで舌粘膜をこするとどうなるでしょう?

舌磨きをしても舌が白くなる人と白くならない人がある

正しい舌磨きの方法

舌をきれいにするために舌磨きをしているのでしょうが、そのことで舌がきれいになれば良いです。でも、きれいにならない人がたくさんおられます。それどころか、舌磨きによって、舌苔(ぜったい)が悪化しているのが現状です。

舌を磨いても、舌が白くなる人と白くならない人がいます。それはどうしてだと思いますか?

それは、その人の体質や健康状態、そして、ストレス状態にあったのです。それらが影響して舌が白くなっているのです。詳しくは『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

どうして舌磨きをするのか?

sitamigaki

ほとんどの人は、舌磨きは悪いと分かっています。
でも、舌磨きをしないと舌苔(ぜったい)は取れないものと思っているので、仕方なく舌を磨いてしまうようです。

無理もありませんよね。

ドラッグストアーに入ると、歯磨きコーナーには多くの「舌ブラシ」が並んでいます。YAHOO!ショッピングや楽天で「舌ブラシ」と検索すると、いろんな種類の舌磨きグッズが売られています。

舌べら(舌クリーナー)

それだけではありません。一部の歯医者さんでは、患者さんが舌の白いことを相談すると、「舌ブラシで磨くと取れます。」と答える歯医者さんがおられます。

その歯医者さんは、たぶん舌磨きをしたことがないと思います。舌が真っ白くなり困っている患者さんは、舌磨きをしても舌苔(ぜったい)が除去できないから相談しているのです。適当に答えるのは無責任ですよね。

舌磨きについては、このように間違った知識や情報が多いです。

ですから、舌に付いた汚れは、舌ブラシを使い、苔を物理的に除去しないと取れないものと思い込んでしまうかもしれません。

しかし、舌の汚れはこすらなくても取れます!

舌の汚れ「舌苔」とは何?

舌乳頭と舌苔の図

舌が白く(または黄色く)見えるのを舌苔(ぜったい)といいます。

舌の表面はツルツルではありません。舌はざらざらとしたじゅうたんのようになっています。これは、舌には糸状乳頭(舌乳頭)が一面に立ってるためです。そのような形状のため、食べかすや舌粘膜からはがれ落ちた細胞などがよく付着します。

この舌に付いているたんぱく質を細菌が食べて出来たのが舌苔(ぜったい)です。英語でタング・プラークというように、舌に付いた歯垢(細菌の塊)という意味です。

舌苔(ぜったい)は、見た目はスポンジ状でカビとよく似ています。

sitakoke

上の写真でも、見た目は舌が汚れているように見えるかもしれません。しかし、これは舌が汚れているのではなく、カビのように細菌が集まってきたものです。だから、舌の苔といいます。

細菌や汚れが集まった苔は、糸状乳頭の間に多くあり、舌が乾燥したり免疫が低下すると、いっぺんに舌の表面にまで増えます。そして、びっしりと厚い苔になるので、舌が汚れたように見えます。

カレーライス

舌苔(ぜったい)ができると、カレーを食べたりコーヒーを飲んだときに、舌苔に色素がつき舌が食べたものの色に変色します。喫煙しないのに舌が黄色くなるので、心配するかもしれません。それは、舌苔に色素が付いただけなのでご安心ください。

しかし、舌苔ができると問題になるのは舌の変色だけではありません。食事の後、食べたものの臭いが舌苔(ぜったい)に付着するので、いつまでも口臭がして困ることになります。

食後ニオイが残らないようにするには、ガムを噛んでもだめです。舌苔(ぜったい)をなくす以外に方法がないのです。

舌の汚れは舌磨きでは取れない

舌磨きで白くなった舌

舌の汚れは、ただの汚れではなく苔だということが理解できたのではないでしょうか。

さらに、舌苔は舌の乳頭にへばりついているので、単純に舌磨きを行ったくらいでは取れません。もし、舌苔をきれいに取ろうとゴシゴシと磨いたなら、糸状乳頭を削り取ります。

そのため、舌磨きをおこなうと舌が角化し、かえって舌苔ができやすいということになるのです。

舌乳頭の角化の図

よく、過剰に舌磨きをした人が、炎症を起こし真っ赤になっていることがあります。それは、舌に傷がついてしまったからです。

舌を磨きすぎると、舌がピリピリするようになり、味覚障害を起こすようになったということを聞きます。そのようにならないためにも、舌の汚れを取るときには十分注意しなければいけません。

舌苔はこすらなくても取れる

口内の細菌

舌苔(ぜったい)は細菌が集まってできたものです。菌による汚れの代表といえば、風呂カビを想像しませんか?

風呂カビを取るために、あなたはどんな方法を取っていますか?

まさか、タワシでこするようなことはしませんよね。

多分、風呂カビ専用のジェルなどを使っているのではないでしょうか?

hurosouzi

風呂カビを取るときには、汚れた部分にカビ落しジェルを付けておき、時間がたったら軽くふいて水を流すだけできれいになります。カビや菌はゴシゴシとこすらなくても取れますよね。

口の中に風呂カビ用ジェルを使うことはできませんが、安全なものを使えば同じことが可能になります。

下図のように、プラークからできている舌苔の表面には、バイオフィルムという膜が菌を保護しているため、殺菌剤が菌に効きません。だから、どれだけ強力なマウスウォッシュやうがい薬を使用しても舌苔が取れないのです。

ところが、プラークはアルカリで溶けることが分かっています。ですから、アルカリの歯磨き粉やうがい薬を使用すれば舌苔は取りやすくなります。

 

舌苔のプラーク

アルカリの歯磨き粉でおすすめなのは、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」です。美息美人は、Ph11.4もある強いアルカリ。このアルカリが、たんぱく質からできている舌苔を分解します。

ですから、美息美人で歯磨きを行うと、舌苔が分解されふやけます。舌苔が柔らかくなり舌から浮いた状態になるので、コットンで優しくなぜるだけでも汚れが取れてきます。

油性マジックの汚れを落とす方法は?

手の汚れ

もう一つ、こんなこともあります。
手に油汚れが付き、中々、洗剤で洗っても落ちないことってないですか?

油汚れでなく油性マジックだったら、もっと落ちないですよね。

手に油性マジックが付くと、どんな洗剤を使っても落ちないかもしれません。

手に汚れが残った時、あなただったらどうしますか?

  1. きれいになるまで洗剤でこするので手が真っ赤になり出血する。
  2. きれいにならないので、あきらめる。
  3. 知らない内にきれいになるから、ほっておく。

99%以上の人が、bのあきらめるかcのほっておくを選択します。
当たり前ですが、aのように血が出るまでゴシゴシとこすっている人を見たことがありません。それなのに、舌の苔を取るときには、どうしてゴシゴシと磨いてしまうのでしょう?

頑固な油性マジックでも、時間が経つと自然と取れます。どうしてだと思いますか?考えたことがありますか?

「汚れはいつか落ちるから」ですよね。

舌の汚れは自然と落ちる

yasai

そうなのです。肌は新陳代謝をしているので、古くなった細胞と一緒に汚れも落ちていきます。手だけではなく舌も同じです。

舌の汚れは、食事や歯磨きの時のほか、普段でも唾液で汚れが洗い流されているのです。
ところが、それにはある条件が必要になります。自然に舌苔が取れていくには、唾液分泌が正常であることが必要なのです。

唾液が舌苔を洗い流す

食器洗い

たとえ舌苔(ぜったい)が出来て白くなっていても、自然にきれいになることが出来ます。

そのために必要なのが、唾液です。

唾液には、汚れを分解したり浮かせる作用があります。汚れが浮いている状態の時に、食事をとると、食べ物に混じって汚れが取れていきます。

だから、充分に唾液が分泌している人の場合には、特に舌磨きをしないのに、いつもきれいな舌なのです。

唾液分泌が少ない原因

よだれ

十分に唾液が分泌していると、たとえ舌苔(ぜったい)が出来ても簡単に取れます。しかし、唾液の分泌が少ないとそのようにはいきませんよね。

どうして唾液量が少なくなるのでしょう?それは次のような理由からです。

唾液の分泌が少なくなる原因

sutoresu

  • ストレス(不安や緊張などが多い。)
  • 自律神経失調症
  • 加齢による唾液腺の衰え
  • 水分の摂取不足
  • 降圧剤など薬の副作用による
  • 糖尿病など内科疾患
  • シェーグレン症候群

唾液を出すことが良いというのは理解できるけれど、唾液が出ない。だから、「舌を磨かないで舌苔(ぜったい)を除去する」ことは困難だと思っていませんか?

ご安心ください。…こんな方法があります。

アルカリイオン水で舌の汚れを浮かす

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」はアルカリイオン水の歯磨きです。
アルカリイオン水を口に含むと、唾液と同じように舌の汚れをふやかし浮かすことができます。柔らかくなった舌苔は、歯ブラシかコットン(綿花)でも優しくなぜるだけで、取れていきます。

1

しかし、表面の舌苔(ぜったい)が取れても、舌乳頭の間に隠れている汚れの一部は取れません。この残った汚れは、ただの汚れではありません。人の口にとって大切な汚れです。

というのは、人の口には、健康上必要となる菌があるからです。よくいう常在菌です。だから、すべての菌を取るのは間違った考えなのです。

だから、美息美人(びいきびじん)を使った後も、薄らと白く見える程度が望ましいといえます。

そして、もう一つあなたの知らないことがあります。

それは、今まで唾液が出なかったのは、舌が汚れていたことが影響していたのです。舌の汚れが取れ口腔環境がよくなれば、ストレスが減り唾液の分泌が良くなります。

そのため、日ごとに舌がキレイになります。毎日、美息美人を使っていると、ドライマウスの人の唾液がよく出るようになることがあります。その理由は、口腔環境が改善されることによって自律神経が整うからです。

正常な舌の色

もし、舌が白くなっているからと不安になっていたのでしたら、これで安心できたのではないでしょうか。

「ご安心ください。」と申し上げたいのですが、舌苔(ぜったい)を作っているのが菌なので、口腔ケアをおこたるとすぐに舌が白くなってしまいます。

そうならないためにも、美息美人(びいきびじん)で毎日ケアし予防することが大切です。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のご購入はこちら ↓

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する