歯周病の口臭は治らないかも…その理由は?最善の対処方法は?

haisya

歯周病を治療したから口臭が治るわけではない!じゃあどうすれば?

歯周病になると歯ぐきから臭い膿や出血が出ます。そして、口臭が出ます。

歯周病が口臭原因だと分かっていたので歯科で治療を受けたという人が多くおられます。でも、「その後も口臭が治まらない。」なんてことはありませんか?

今回の記事は、歯周病を治療した後も口臭がするのはどうしてか?そして、そんな厄介な歯周病と口臭の対策方法についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

歯周病とは

レントゲン写真を見る歯科医

歯周病菌に感染すると、始めは歯周病菌がつくるガスが歯肉に炎症を起こします。そして、進行すると歯を支えている歯槽骨を溶かしていきます。

骨が溶けるとやがて歯がぐらぐらと動揺し、痛みを伴うので抜歯することになります。そのような怖い病気です。

また、歯周病は歯肉炎と歯周炎の両方のことをさしていうのですが、歯肉炎と歯周炎は違う病気だと勘違いしている人がいます。

それだけではなく、重度歯周病のことを一般的には、「歯槽膿漏(しそうのうろう)」ともいうので、歯周病と歯槽膿漏が違う病気だと考えてしまうかもしれません。

歯肉炎

歯肉炎で腫れている歯ぐき

歯肉炎は、歯周病の初期症状におこる歯肉の腫れなどの炎症のことをいいます。

プラークの中の歯周病菌は、たんぱく質(口の中の細胞のはがれたもの、出血、食べ物かすなど)を分解します。そのときに、毒ガスを発生します。その毒ガスによって歯肉に炎症がおきるのです。これが歯肉炎です。

ですが、歯周病の始めのうちは、痛みもなく少し腫れる程度なので、そのまま放置する人が多いのですね。これが、将来的に問題になってしまうのです。

歯周ポケット

歯周病の進行

歯肉炎になると、歯と歯ぐきの境目の溝が深くなります。いわゆる歯周ポケットです。歯医者さんに行くと歯周ポケットの深さを測り歯周病の程度を検査します。

健康な人であれば、歯周ポケットの深さは2ミリ未満です。もし、2ミリ以上になっていれば、歯周病になっている可能性が高いです。

歯周ポケットは、歯周病が進行すると深くなっていきます。ですから、初期歯肉炎のときにしっかりと予防することが大事です。

7 (2)

歯周ポケットの中には、炎症によって血管壁からにじみ出た滲出液(しんしゅつえき)という血液などの液体がたまります。この液体が歯周病菌にとっては、かっこうのエサに。

そのため、歯周ポケットができると歯周病菌が増え、炎症が悪化することになるのです。そして、この部分から歯周病菌は歯の根元のほうへと感染していくことに。

また、歯周病になると口臭が強くなるのは、この歯周ポケットができ、臭い液がたまるからです。歯周ポケットの部分を指で押さえてからその指を嗅ぐと生臭いニオイがすることがあります。

生臭いニオイがしたら、歯周病になっているかもしれませんので、そのような場合はすぐに歯科にかかってくださいね。

歯周炎

歯のレントゲン写真

歯周病菌が歯根に向かって侵入すると、歯を支えている歯根膜という組織や歯槽骨を溶かします。これが歯周炎です。

歯周炎になると、歯ぐきの腫れ、出血がたびたび起きるようになります。たとえば、歯磨きのたびに出血することもあります。そして、仕事などで疲労やストレスがたまったりするだけで歯ぐきが腫れるようになります。

そのため、口臭も、歯周炎になるとこれまでの歯肉炎のときよりも輪をかけたように強くなるかもしれません。

歯周病は簡単に治らない

歯みがきで出血

ほとんどの人は、治療をすれば歯周病は治るものと考えます。ところが、歯周病はそう簡単には治りません。

歯周病は感染症です。歯周病菌は誰でも持っている菌です。たとえ持っていなくても、食事やキスなどで容易に感染します。

それだけではありません、歯周病は免疫が弱まったり口腔の衛生状態が悪くなるとすぐに再発します。

再発というと大きな病気を想像するかもしれませんが、歯肉に軽い炎症を起こし膿を出している状態でも歯周病の再発です。

ところが、痛くもかゆくもない軽度の歯肉炎でも、歯周ポケット内の膿から口臭を発するのです。これが、歯周病を治療してからも口臭がする理由です。しかし、このことを理解されていないばかりに、口臭で悩む人が多いのです。

重要なことなのでもう一度言います。
歯周病は治療しても、何度でも再発します。そして、簡単に再発します。

歯周病の一番の症状は口臭

gesui

歯周病になると、口が臭くなります!

歯周病が少し進行すると、歯肉を舌で吸ってみると、生臭いというか、血の臭いがします。
更に進行すると、歯磨き時に出血がするし、歯磨きが終わったあとも血生ぐさい臭いは一向に消えません。

これが、歯周病かもしれないと思うときの症状なのですが、ほとんどの人は、歯ぐきが腫れたとか歯ぐきが痛くなって「歯周病かもしれない。」と心配するようになります。

口臭原因のトップは、歯周病だといわれるように、歯周病になると口臭がするということを覚えておくと、歯周病になったときに役に立ちます。口臭について詳しくは『気になる口臭を改善するコツ!主な原因5つと対策について』をご参考にしてください。

口臭の他にも、歯周病になると色んな症状が起きます。

歯周病の症状

歯みがきで出血

  1. 歯を磨いたときや固いものを噛んだときに出血がある。
  2. 口臭がするようになった。
  3. 口の中がネバネバするようになった。
  4. 歯ぐきが腫れ、ブヨブヨしている。
  5. 歯ぐきがピンク色ではなく、赤や赤紫色になっている。
  6. 膿が出て臭い。
  7. 固いものを噛むと、歯ぐきが痛い。
  8. 歯がぐらぐらとしている。
  9. 歯ぐきが下がって、歯が長く見える。
  10. 歯と歯の間にものが挟まりやすくなった。
  11. 歯ぐきがむず痒い。
    …など。

あなたは、このような歯周病の症状はありませんか?

もし、あてはまることがあれば、歯周病かもしれません。

歯周病から口臭が起きる理由

じつは、日本人の成人の80%以上に、このような歯周病の症状があるのです。
ということは…日本人(成人)の80%以上が口臭持ちだといえます。

歯周病は、少し前までは歯槽膿漏(しそうのうろう)ともいわれていましたが、今は、軽いものを歯肉炎や歯周炎と言い、重度歯周炎を歯槽膿漏と呼ぶことがあります。

重度歯周病

歯根膜や歯槽骨が溶けだすことを歯周炎といいます。(一般的には歯槽膿漏。)

どうして、歯周病になると口臭がするのでしょうか?

歯周病菌は、たんぱく質(食べ物カスや細胞の死骸)を分解するときにメチルメルカプタンという毒ガスを発生します。
この毒ガスが、歯肉に当たることで歯肉細胞が傷つき炎症をおこします。

歯肉が炎症をおこすと、歯ぐきがブヨブヨに腫れ歯周ポケットができます。
この歯周ポケットができると、ポケット内に食べ物カスがたまり細菌が繁殖。そして、膿がたまり臭くなるのです!

7 (2)

細菌が繁殖すれば、口臭の元であるメチルメルカプタンガスが、どんどんと発生されます。

さらに、歯周ポケットができると、歯石もできやすくなります。
歯石ができると、歯医者さんで歯石を除去してもらうのが一般的です。

ところが、

この歯石を取ると、さらに歯周ポケットが大きくなるということを知っていましたか?

歯石がたまり歯肉炎になると歯肉が退縮します。そして、今まであった歯石を除去すると、ポッカリと隙間が出来るのです。この隙間に食べかすなど汚れがたまりやすくなります。歯石を取らないとプラークがたまります。ところが、歯石を取れば隙間が出来るという矛盾が。

歯周ポケットが大きくなると、もちろん、食べかすや細菌も溜まります。それだけではありません。歯周ポケットの中に膿もたまり歯周病が進行します!

そして、口臭が強く発生!

このようにして、歯周病と口臭の悪循環から抜け出せなくなってしまうのです。

歯周病による口臭を改善するためには

歯科治療

歯周病に関連する口臭を改善する方法について、福岡歯科大学総合歯科学講座高齢者歯科学分野の内藤徹先生が、日本口臭学会第4回学術大会ワークショップ「歯周病と口臭の関連」で次のように述べられています。
 

歯周病に由来する口臭を改善するためには、口臭の原因となる口腔細菌をコントロールしていくことが重要です。したがって、適切な口腔清掃によりプラークや舌苔(ぜったい)を機械的に除去することが、口臭改善のための最も効果的な手段の一つとなります。

歯間ブラシを使ったときに臭いと感じたら歯周病かも?

歯間ブラシ

「歯間ブラシで歯と歯の間をこすり嗅いでみると臭い! もしかしたら、それが口臭の原因になっていないか心配。」
歯間ブラシを使ったときにこのような心配をしていませんか?

歯間ブラシの臭いで困っている方に、「歯周病は大丈夫ですか?」と質問をしてみると…

たいていの方が、「毎日、ていねいに歯磨きをしているし、歯医者さんからも歯周病ではないので大丈夫といわれました。」と答えられます。

では、どうして?歯間ブラシが臭くなるのでしょう?

この答は、次の質問をすると分かります。
臭い部分の歯周ポケットの深さは何ミリですか?

健康な歯ぐきの歯周ポケットの平均的な深さは1~2ミリです。中程度歯周炎では3~5ミリ。5ミリを超えると重度歯周炎。いわゆる歯槽膿漏と呼ばれている状態です。

あなたの歯周ポケットは何ミリ?

「歯間ブラシが臭い」という方にこの質問をすると、かえってくる答えで多いのが、「4ミリ」とか「5ミリ」。

健康な歯ぐきと歯周病の歯ぐき

歯周ポケットが4~5ミリの場合には、中程度歯周炎だといわれています。

中程度歯周炎になると、歯と歯ぐきの間の隙間が広くなり食べかすが溜まりやすくなります。歯周ポケットに残った食べかすが発酵するから臭くなる。普通はそのように考えると思います。

その考えは間違ってはいませんが、それだけではありません。
歯間が臭いのは他に原因があるからです。

実は、歯間ブラシで磨いたときに臭いのは、歯周炎で傷んだ歯肉から分泌される臭い液のニオイ。

歯みがきで出血

歯周病菌による膿は悪臭を放つのが特徴的です。この膿が歯周ポケットに溜まるので普段でも口臭がしているのですが、自身はニオイに麻痺しているために分からないことが多いのです。

でも、歯間ブラシを使うと、歯周ポケットから膿が口に出てきます。膿は舌に触れると苦く、ニオイが鼻を通るためにハッキリと口臭を感じます。

だから、歯間ブラシを使った時だけ臭いと思うのですが、歯間ブラシが臭い場合には、普段も口臭がしていると考えた方が良いです。
歯間ブラシで臭いがする場合は、常に膿のニオイがしているはずです。

この事が理解できていないと、歯周病を治すことができないために、口臭が出て周囲に迷惑をかけることになるかもしれません。

もし、歯間ブラシを使った時の悪臭が気になるようでしたら、こちらを参考にしてください。

⇒ 歯間ブラシがうんこ臭いのは

歯周病の治療方法

歯科治療

重度の歯周病でない一般的な歯周病の治療は、次のようにおこなわれます。

歯周病の進行の程度にかかわらず、初めに行われるべき治療が歯周基本治療です。原因である歯垢の除去および歯石の除去、歯の根の面の滑択化、ぐらぐらする歯の咬み合わせの調整などです。

歯垢の除去をプラークコントロールといい、そのほとんどはご自宅でのセルフチェックとなります。 場合によっては、歯科医院で器械的に行うこともあります。

出典:日本臨床歯周病学会 歯周病の治療方法

歯周基本治療をおこなっても、歯周ポケットが改善しない場合があります。そのようなケースでは、外科治療が必要になります。歯周病の外科治療はこのようにします。

基本治療で一部ポケットの深さが改善されず、ポケット内で細菌が生息し、ブラッシングで除去できない状態や、歯周病の進行が進んでしまった状態に対して外科的にポケットの深さを減少させる手術があります。

また、特殊な材料を用いて部分的に失われた骨を再生させる手術(再生療法)を行う場合もあります。手術はそれぞれの病態にあった方法が適応されます。

出典:日本臨床歯周病学会 歯周病の治療方法(外科治療)

歯周病は治療しても完治しない?

Close-up Of Male Doctor Pointing At Teeth X-ray

歯周病は治したので、口臭の原因は他にあると思います!ご相談者がこのように仰ることがよくあります。

歯周病になっても、治療すれば治ると思うのが当然でしょうし、歯医者さんから、「これで歯周病も治りました。」と言われれば、そう信じるのが当然かもしれません。

でも、誤解のないようにハッキリと申し上げます。歯周病は完治しません!歯周病は完治しないので口臭も完治しません。

歯医者さんの間では、歯周病の症状が止まると、患者さんには「治った」と言うのが普通です。歯ぐきが腫れるなど歯周病の症状が一時的でも止まったときが、治療の終了だからです。

それから後は、患者さん自身の口腔ケアによって、歯周病が再発しないようにするしか方法がないのです。嘘だと思ったら歯医者さんに質問してみてください。

だから、口臭がしなくなっても、歯周病が再発すると口臭も復活します。

それだけではありません、歯科治療によって一時的に歯周病の進行は止まりますが、退縮した歯槽骨が戻ることはありません。
(※初期の軽度歯肉炎であれば歯磨きケアだけでも治癒することがあります。)

それどころか…これを見てください。
3

↓ ↓

4

青い●が、歯周ポケットの中の歯周病菌です。

これぐらいだったら、少し丁寧にブラッシングすればきれいに取り除けます。
ところが…

   ↓ ↓
5

重度歯周炎(いわゆる歯槽膿漏)になると、歯周病菌は歯根の方に潜んでいます。

青い●が歯周病菌
こんな所に潜んでいる歯周病菌を歯磨きだけでどうやって取り除くことができるでしょうか?

…できません。

歯の根っこに棲みついた歯周病菌は、ずっと生存します。治療した時点では、歯周病菌は全滅に近いくらいまで減少します。

ところが、敵(歯周病菌)もさる者。じっと、復活できる日を待ちます。

歯周病菌は生物です。ですから、生き残った歯周病菌が強い遺伝子を持って繁殖できる時期(環境)を待っているのです。

細菌

歯周病菌にとって丁度良い環境ができれば、ものすごいスピードで増殖をして以前よりも悪化します。
※歯周病菌にとって丁度良い環境⇒体調を崩し免疫が弱まった時。

長い間歯周病が悪くなかったのに、体調が悪くなったとたん、突然、歯ぐきが腫れたという経験はありませんか?
それは、歯周病菌が増え歯周病が再発したからなのです。

こんな人が歯周病になりやすい

歯科医院

歯周病専門の歯医者さんの中には、重度歯周病でも治療技術によって完治が可能だと仰る先生がおられます。確かに治療が可能かもしれません。

ですが、歯周病になる患者さんについて研究すればその確率はかなり低いことが理解できます。

歯周病菌が繁殖する棲家は、歯石です。歯石を取ればプラークが付きにくくなり歯周病が改善されていきます。だから、歯医者さんでは必ずといっていいほど歯石除去を行います。

ところが、その歯石の出来やすい人と出来ない人がいます。

歯石が出来やすい人

  1. 歯磨きが上手にできないから歯石ができる。
  2. 歯並びが悪いから汚れがたまり歯石が出来る。
  3. 詰め物や被せ物が合っていないかプラークが付く。
  4. ドライマウスや口呼吸

それだけではありません。歯石が出来る原因には歯周病菌が生活しやすいことがあげられます。

歯周病菌が増えやすい要因

masuku

  1. 喫煙習慣がある。
  2. 口呼吸(いびきも含む)
  3. ストレスなどが多く、唾液の分泌が少ない。
  4. 歯ぎしりをすることで歯周組織に負担がかかる。
  5. 不規則な生活や食生活
  6. 歯磨きが不十分なために歯石がついている。

私自身が、これらのほとんどに当てはまっていたので実証済みです。とくに、いびきによる口呼吸と歯ぎしり、そして、喫煙が原因でした。

いびきをすると、口呼吸から口腔内が乾燥します。それに、歯ぎしりは歯を支えている歯根膜を痛めるので、歯周炎の原因になりました。

たばこを吸う
さらに喫煙習慣があることは、歯ぐきの血管を収縮させるために、歯周病を作っているようなものでした。

歯周病になりやすい人というのは、私のように、なりやすい体質 と なりやすい生活習慣 を持っています。ここが、歯周病になりやすいのかを見極めるポイントかもしれません。

歯周病が再発する要因

sutoresu

一度歯周病になり治療している人が再発するのは良くあることです。

歯周病の再発で多いのは、仕事の疲れなどで免疫力が低下している時。肩がこるとかストレスを感じたら要注意です。

歯が浮いた感じや固いものを噛んだ時に歯(または歯ぐき)に痛みを感じたら、歯周病が再発したというサインです。そして、もう一つのサインは口臭です。

サインが出ていても放置していると、歯周病は静かに進行するので怖いです。ですから、歯医者さんで治療して一時的に歯周病が治ったからといって、安心するというのは危険です。

歯周病が進行しているかどうかを確認する方法

sikanburasi

歯周病菌が活動をはじめたかも?」と注意する目安としては…歯ぐきからの臭いで分かります。歯周病が気になる部分に歯間ブラシを通してニオイを嗅いでみてください。異臭がしたら要注意です。

他人から臭いと教えてもらえれば直ぐに分かるかもしれませんが、口臭については中々教えてもらえません。

ブラッシングした後に、舌で歯ぐきを吸い鼻にフンと息を出せば臭いを感じることができます。少しでも臭いと感じたら、間違いなく歯周病が進行しています。

歯周病が進行しないためにも、普段から、歯周ポケットの中をていねいにブラッシングすることです。そのためには、歯間ブラシやワンタフトブラシを使用すると良いかもしれません。

それだけではなく、定期的に歯科で歯石除去してもらう。この二つのことが、歯周病予防にはとても大切です。

もし、歯周病を治したのに口臭が続いてるのでしたら、歯周病が進行していると考えるほうが賢いかもしれません。そんな時には、早く、歯医者さんで診てもらうことです。

そして、口臭がしていてもしていなくても、普段から口臭予防のために、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」でブラッシングすることをお勧めします。

歯周病を治さない限り口臭は治らない

歯ぐきが腫れる

歯医者で治療しても、ちょっと体調が崩れると歯ぐきが腫れることがあります。そんなことがあると、やっぱり歯周病は治らないんだと思うことも。

でも、歯周病が治らないことには、いつまでも口臭がします。ということは、口臭を治すことをあきらめることに。

そんなことのないように、今からお伝えすることを実行すると、たとえ歯周病による口臭がしていても諦める必要がなくなるかもしれません。ぜひご参考にしてください。

歯医者で治療し帰宅すると、すぐに口臭が…

tabako

じつは、私も少し前まで、歯周病は治らないものだとあきらめていました。

実際、歯医者さんで歯石除去をして歯のクリーニングをしても、帰宅し鏡の前に立ち、奥歯の歯ぐきを舌で撫ぜながら、鼻で息を吸うと、もわ~っとしたニオイを感じていたからです。歯医者さんから帰宅してすぐのことなのにニオイがするので、「口臭」がすることはあきらめるしかありませんでした。

臭う部分の歯ぐきは、歯周ポケットの深さが4ミリほどありました。

歯周病の進行

だから、歯周ポケットの奥まで歯ブラシの毛先が届かず、きれいには磨けなかったのです。

だから…臭かったのです。
そのため、口臭がする、歯ぐきが腫れると、ずっとこの繰り返しでした。

私の場合、3か月おきにきちんと歯医者さんで定期健診を受けて歯石除去をしていることと、他の人よりも歯磨きはていねいにしていることもあり、それ以上、悪化することはありませんでしたが。

ただ、自分にだけ分かる、あの「もわ~」という臭いだけを何とかしたいとの思いがあったのです。

変な形の歯ブラシ

そんなある日、歯科衛生士をしている末娘が、ワンタフトブラシで歯磨きをしているのを見つけたのです。

奥歯の奥をワンタフトブラシで磨く

ワンタフトブラシで歯周ポケットをブラッシングする

娘にワンタフトブラシについて聞くと、「普通の歯ブラシでは、奥歯とか狭いところは磨けなくて当たりまえよ。と教えられたのです。

そのあと直ぐに歯医者さんでワンタフトブラシを購入。それからです。私がワンタフトブラシを使うようになったのは。

ワンタフトブラシを使用すると…

口臭チェッカー

はじめてワンタフトブラシで磨くと、歯周ポケットの奥深くまで入ってくるのが分かりました。歯ブラシの毛先が歯根のほうまで入ってるのが分かるのです。

歯みがきでこんな感触を感じたのははじめての体験で感動的でした。もちろん、磨いた後はスッキリ!

それから1週間も経たないうちに、気になっていた「もわ~っ」という臭いが無くなっていたことに気づきました。

ワンタフトブラシの驚くほどの効果で、あれからは、口臭チェッカーで測っても、常にレベル0!

今、ワンタフトブラシにはまっています。普通の歯ブラシ(私の場合には、極細毛のシステマ音波電動歯ブラシ)で全体を歯磨きをし、そして、歯間ブラシを使ったあとに、ワンタフトブラシで、気になるすべての歯周ポケットと歯間のプラークを取るようにしています。

これが本当に気持ちよく、朝から気持ちもスッキリします!

あっ?言い忘れましたが、歯磨き粉は、もちろん、美息美人(びいきびじん)を使っています。

これだけ、歯磨きに手間をかけているので、現在は口臭の心配などまったくありません。
もし、あなたも、歯周病で困っていましたら、この方法をご参考にされてはいかがでしょう。

歯周病は予防が重要

歯肉

歯周病は治療で治るともいわれています。しかし、歯肉が下がってしまっていては、再生手術が必要になります。重度歯周病になると、歯を支えている骨(歯槽骨)がとけてしまい元に戻ることはありません。そこまで進行すると、隣の歯に悪影響を及ぼさないように抜歯するしか選択肢がなくなることも。

これが、歯周病の怖さです。ですから、大切なことは歯周病にならないように予防することです。そのためには、定期的に歯科検診を受けることも大事です。

  1. 歯石除去やクリーニングによって歯や歯ぐきをきれいにする。歯石除去を行う期間を短くして歯肉を退縮させないことが大切です。
  2. 歯磨きをていねいにして口腔の衛生状態を保持する。歯周病菌は歯と歯周ポケット内に存在しますので、歯磨きによってプラークを取り除くことが重要です。プラークは、歯ブラシの毛先を動かすことで容易に取れます。しかし、プラークが存在する部位は狭い所ですので、丁寧にブラッシングすることが必要になります。そのためには、歯ブラシだけではなく、歯間ブラシやワンタフトブラシを使用することをおすすめします。
  3. 舌苔(ぜったい)を除去する。歯周病菌は、歯や歯周ポケットに付着しているプラークにあるわけではありません。実は、舌の粘膜に付着している苔(プラーク)中にもあるので、歯石除去や歯磨きを丁寧にしていても、歯周病菌はすぐに移ってきます。

まとめ

irasutokousyu

歯周病は実に厄介な病気です。歯医者さんに行き治療を受けて治ったと思っても、直ぐに再発します。

歯周病の治療を受けた患者さんは、「歯医者さんから治療が終わりました。」と告げられると、完治したと思ってしまいます。

でも、一度歯周病になったことがあると、仕事による疲労や毎日の生活のストレスで急に歯ぐきが腫れたり、歯が浮いた感じを受けることがあります。これが歯周病の再発です。

歯周病は完治しない病気です。だから、一度治療が終わったからといって安心しないで、定期的に歯石を除去し、丁寧に口腔ケアを行うことが大切です。

それでも、歯周病が再発する恐れがあります。でも、いきなり再発するわけではありません。必ず予兆があります。それが、口臭です。

歯周病の口臭は、強い異臭を発するので分かりやすいです。口臭が強くなったなと感じたら、それが歯周病が再発する前のサインです。

口臭を感じたら早めに歯科で診てもらうことをお勧めします。

歯周病でお困りのあなたを応援するために、今、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」の購入された方には、特典としてワンタフトブラシをプレゼントさせていただいております。是非この機会にお買い求めください。
  
口臭予防歯磨き粉「美息美人」

関連記事

古い銀歯は口臭を発生します

小学生でもわかる「歯周病」

差し歯が口臭の原因かも?

根尖性(こんせんせい)歯周炎になり膿が臭い

参照リンク

日本歯周病学会

日本歯科医師会 歯とお口のことなら何でも分かるテーマパーク8020

厚生労働省

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する