舌磨きは今すぐやめて!?代替の方法で口臭対策

「舌磨きは今すぐやめて」口臭対策と舌ケアの正しい方法

口腔ケアアンバサダー(社団法人 日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

「舌磨きは今すぐやめて」。このフレーズをネットで見かけたことはありますか?それは一体何を意味しているのでしょう。本記事では、舌磨きと口臭対策の深い関連性を解明し、誤解や危険な行為を避けるための正しい方法を提供します。

舌磨きが口臭対策にどのように影響するのか、それをどのように正しく行うべきなのか、最新の研究と専門知識をもとに解説します。舌の健康は全身の健康につながる大切な要素です。正しい知識と方法で、より健やかな生活を送りましょう。

※この記事は、現役歯科衛生士(上林ミヤコ)が監修しております。安心してご参考にしてください。

舌磨きは今すぐやめて:体験談より

読者から私のところへ「舌磨きしてるけど、一向に舌苔が取れない」という相談がありました。その方のケースをご紹介します。

相談者の体験談

相談者Aさんは、継続的な口臭に悩まされ、インターネットで調べた結果、舌磨きが口臭対策に有効であるという情報を得ました。そこで、市販の舌クリーナーを購入し、毎日の口腔ケアルーチンに取り入れました。最初のうちは効果があるように感じたものの、時間が経つにつれて舌苔は完全には取れず、むしろ舌が痛くなり、一部には損傷を感じるようになりました。

すぐに私から「舌磨きをストップしてください。」とアドバイスしました。Aさんは舌磨きをすぐにやめ、代わりに他の口腔ケア方法を探し始めました。

舌磨きをやめた後の変化

舌磨きをやめた後、Aさんは以下の変化を経験しました。

  • 舌の痛みと損傷の軽減 : 舌磨きを中止したことで、舌の痛みが徐々に和らぎ、損傷した部分も回復し始めました。
  • 口腔内の細菌叢の改善 : 舌磨きをやめてからは、口腔内プロバイオティクスを含む自然な方法で口腔ケアを行うようになり、口臭が改善されたと感じました。

他者の体験談との共有

Aさんは、自身の体験をYAHOO!知恵袋で共有し、同じように舌磨きで苦労している人々からのフィードバックや代替方法についてのアドバイスを求めました。この共有を通じて、多くの人が似たような問題を抱えていることが明らかになり、舌磨き以外の口腔ケア方法に関する有益な情報交換が行われました。

結論

舌磨きで失敗した相談者の体験談は、個々の口腔衛生へのアプローチが異なるべきであることを示しています。また、個人的な経験の共有とフィードバックは、他者の知識と経験を活用し、自分にとって最適な口腔ケア方法を見つけるための重要なステップになりました。

Aさんの体験によって分かったことは、舌磨きが必ずしも全員に適しているわけではなく、口腔ケアは個人のニーズに合わせてカスタマイズする必要があることです。

舌磨きは「今すぐやめて」というケース

舌磨きをストップすべき具体的なケースを以下に示します。

  1. 舌の過敏性や損傷 : 舌磨きによって舌が赤くなったり、痛み、出血、または損傷が生じている場合は、すぐに舌磨きを中止すべきです。過度な圧力や硬いブラシの使用は、舌の敏感な組織を傷つける可能性があります。

  2. 舌の炎症や感染症の症状 : 舌に炎症、腫れ、痛み、異常な斑点や潰瘍がある場合、これらは舌磨きを中止し、専門家に相談するべきサインです。これらの症状は、舌磨きによって悪化することがあります。

  3. 舌の乾燥や燃焼感 : 舌磨き後に舌が非常に乾燥している、または燃焼感がある場合、これは舌の自然な保湿バランスが崩れている可能性があります。この場合、舌磨きの頻度を減らすか、完全に中止することを検討すべきです。

  4. 口腔内の細菌叢の乱れ : 舌磨きが口腔内の健康的な細菌叢に悪影響を及ぼし、悪化した口臭や他の口腔問題を引き起こしている場合、舌磨きの方法を見直す必要があります。特に、舌磨きによって有益な細菌が過度に除去されると、不健康な細菌が増殖しやすくなります。

  5. 既存の医療状態 : 心臓疾患、免疫系の問題、または特定の医療処置を受けている人々は、舌磨きによって細菌が血流に入り込むリスクが高まるため、特に注意が必要です。これらの状況では、舌磨きを中止し、医師や歯科専門家と相談することが重要です。

これらのケースは、舌磨きの実践を再評価し、必要に応じて代替の口腔ケア方法を探すべき明確なサインです。安全かつ効果的な口腔衛生の維持には、個々の健康状態とニーズを考慮することが不可欠です。

・関連記事:舌磨きをしない方がいい理由とは?あなたのオーラルケアに必要な知識

舌磨きの代替方法

舌が痛いと訴える人に「今すぐ舌磨きをやめてください。」と指導すると、「では、舌苔はどうすればいいのですか?」と心配する人が多いです。ここでは、舌磨き以外に検討すべき代替的口腔ケア方法について、以下に詳細を述べます。

  1. 水分摂取の増加 : 水分を十分に摂取することは、口腔内を潤し、細菌や食べかすが口内に滞留するのを防ぎます。米国口腔衛生協会(American Dental Association)によると、水分摂取は唾液の生成を促進し、口臭の原因となる細菌の成長を抑えるのに役立ちます。

  2. 食生活の調整 : 食生活を見直すことで口臭を軽減できます。特に、砂糖の多い食品や飲料の摂取を控えると良いでしょう。砂糖は口腔内の細菌が好む食料であり、これを減らすことで細菌の増殖を抑えることができます。また、繊維質の高い食品を摂取することで、口内を自然に清潔に保つことができます。

  3. プロバイオティクスの使用 : 善玉菌の一種であるプロバイオティクスは、口腔内の細菌バランスを改善するのに役立ちます。ヨーグルトや乳酸菌飲料に含まれるプロバイオティクスが有効であると、多くの研究で示されています。これらは、口腔内の有害な細菌の成長を抑制し、健康な口腔環境を促進します。

  4. 天然の口臭対策 : 例えば、緑茶に含まれるカテキンは、口臭の原因となる細菌を抑制する効果があります。また、パセリやミントなどのフレッシュなハーブを噛むことで、一時的に口臭を軽減することができます。

  5. 定期的な歯科検診 : 定期的な歯科検診を受けることで、口腔内の問題を早期に発見し、適切な治療を受けることができます。歯科医師は、個々の口腔状態に合わせた最適なケア方法を提案してくれます。

これらの代替的口腔ケア方法は、舌磨きだけに頼るのではなく、口臭の管理と全体的な口腔衛生の向上に役立ちます。各方法を適切に実践することで、口腔内の健康を保ち、口臭を効果的に管理することができます。

・出典:口臭を防ぐ秘訣!『奥から手前』の正しい舌苔の取り方

白い舌苔が過剰にあると思うときは物理的に取り除くのではなく、舌磨きなどの物理的刺激や界面活性剤の入った歯磨き剤の使用を停止して、しっかりと舌の運動を常に行い、舌を機能させ、口腔内の生理を安定させることで、健康的な子供のような舌の状態を取り戻せます。

引用:Dr,HONDA 口臭バイブル

舌磨きの利点とリスク

舌磨きの利点とリスクについての科学的な根拠は、以下の研究結果から明らかになります。

舌磨きの利点

口臭の原因は、ほとんどが舌苔(ぜったい:舌の表面につく白い苔状のもの)です。したがって舌の清掃による舌苔の除去が最も有効な予防法です。

引用:e-ヘルスネット厚生労働省

  1. 口臭の改善 : 舌磨きは、特に朝の口臭を減らすのに効果的です。これは、舌の表面から有害な硫黄化合物を取り除くことにより、口臭の原因となるバクテリアの量を減らすからです。(Quirynen et al., 2004; Pedrazzi et al., 2004)
  2. 味覚の向上 : 舌磨きは味覚を改善する効果があります。特に、苦味や塩味の感覚が明らかに向上します。(Quirynen et al., 2004)
  3. 口腔内の細菌減少 : 舌磨きはミュータンス連鎖球菌や乳酸菌などの細菌の数を減少させ、全体的な口腔衛生の改善に寄与します。(Danser et al., 2003)。

舌磨きのリスク

  1. 効果の持続性に限界 : 舌磨きによる細菌数の減少は一時的であり、持続性には限界があります。定期的な舌磨きが必要です。
  2. 感染症のリスク : 稀ではありますが、舌磨きは感染症のリスクを増加させる可能性があります。特に、心臓弁膜症のある人は、舌磨きによる細菌血症のリスクが高まる可能性があります。

これらの情報は、舌磨きに関する研究から得られたものであり、舌磨きが口臭の改善や味覚の向上に有効である一方で、一定のリスクも伴うことを示しています。したがって、舌磨きを行う際には適切な方法を用い、過度に行わないよう注意が必要です。


上記の結論は舌磨きに関する一般的な知識と専門家の指導に基づいています。舌磨きの効果やリスクについて更に詳細な情報を得るためには、口腔衛生に関する専門家に相談することをお勧めします。

危険な舌磨きをやめて「舌苔を治しましょう」

舌苔や口臭で悩まれている方から多くの相談を受けてきた経験から、舌磨きに関しての是非をお答えします。

毎日、舌磨きをしているにもかかわらず、舌苔・口臭が治らない人は高い確率で存在します。磨いても治らないのであれば、今すぐ舌磨きは止めるべきです。何故なら、、舌苔が取れないから、余計にゴシゴシと磨くようになるからです。すぐに舌苔が厚くなり、口臭もドブのように臭くなってしまいます。

関連記事:舌の奥の舌苔が取れない!効果的な取り方とは

舌苔を改善する方法

舌苔で困っている人から「舌磨きを止めたらどうなりますか?」と質問されることがあります。その場合は、舌磨きの代替法として、アルカリイオン水を舌苔に塗り付ける「コットン法」を紹介しています。

アルカリイオン水には、舌苔を構成するタンパク質を分解する働きがあり、また、口内pHを中性にするため、口腔環境を改善することが期待できるのです。さらにアルカリイオン水を、うがいやブラッシングにも使用すると、より早く舌を清潔にすることができます。

・参考記事:コットン(綿花)で舌苔を取る方法

まとめ

この記事を通じて、舌磨きの重要性と正しい方法、口臭対策との関連性について理解を深めることができました。

舌磨きは口臭対策にとって重要な要素であり、正しい方法で行うことで口腔内の細菌バランスを維持し、口臭の予防に役立ちます。しかし、強くこすりすぎたり、不適切な道具を使用したりすると、口腔内にダメージを与える可能性があります。そのため、適切なブラシを選び、正しい手順と頻度で舌磨きを行うことが大切です。

この記事が、あなたの口臭対策と舌磨きの理解に役立つことを願っています。健康的な口腔環境を維持するために、今日から舌磨きを正しい方法で始めましょう。

・関連:口臭がアルカリイオン水のうがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

舌磨きに関するよくある質問とその答え

Q1) 舌は歯ブラシで磨いても大丈夫ですか?

A1) 舌を磨く際は注意が必要です。特に固い歯ブラシで強く磨くと、舌乳頭を傷つける可能性があります。舌を磨くときは、後ろから前に向かって、ブラシをやさしく円を描くように動かすか、スクレーパーを滑らせるようにします。また、舌が出血したり、痛みを感じたりするのは目指すべき結果ではないため、舌ブラシやスクレーパーを押し付けすぎないように注意が必要です​1​。

Q2)舌を適切に磨かないと何が起こりますか?

A2) 舌はスポンジのように機能し、多くの微生物を吸収します。これらの有害なバクテリアが舌に残されると、舌苔が付着し増える可能性があります。これは、さまざまな健康問題や歯科問題を引き起こす可能性があります。したがって、毎日舌を清掃すべきです。そうしないと、悪臭が発生する可能性があります。

Q3)舌はどのように磨くべきですか?

A3) 以下に舌を磨くための歯科医が推奨するステップをいくつか紹介します:

  • 舌を磨く前に、専用の舌用ブラシを暖かい水で洗います。
  • 歯ブラシを使う場合は、45度の角度で保持して、やさしく滑らかな清掃を確保します。
  • 口全体にバクテリアを広げないように、舌の上の汚れている部分だけを磨きます。(2往復までに留める)
  • 専用の舌ブラシか柔らかい歯ブラシを優しく使って、舌乳頭を傷つけないようにします。
  • 最後に、磨いた後に残った細菌を排除するために、ぬるま湯で口を洗います。

Q4) 電動歯ブラシで舌を磨いてはいけませんか?

A4) (舌清掃モード付きの)電動歯ブラシで磨くことは問題ありません。なぜなら、フィリップス電動歯ブラシのようなブランドのいくつかは、より優しく磨くための舌ブラシヘッドを備えているからです。ただし、使用説明書どおりに使ってください。

Q5) 舌は毎日磨くべきですか?

A5) 舌の清掃の重要性を知らない多くの人は、舌が汚れていても、数ヶ月や数年間もそれを行わないかもしれません。しかし、鶴見大学歯学部歯学講座教授の花田信弘先生などは、この習慣を日常的に取り入れる重要性を示しています。(出典:サワイ健康推進課

舌の汚れは、舌の動きによって自然とある程度まで清掃できますが、舌苔ケアなしにきれいにするには限界があります。舌磨きをやめても効果的な方法は、アルカリイオン水を使った「うがい」です。口臭がある場合は特におすすめです。

うがいで舌苔を取る

SNSでもご購読できます。