唾液が出ない!?その原因と対処法は?

口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登です。

唾液量が少ないと口内炎や口臭の原因になるため、ドライマウスで悩んでいる人が多いのですが、意外にも森下仁丹の調査結果によると「10代と20代の57%が口の乾きを気にしている」と答えたそうです。このように、ドライマウスに悩むのは中高年や老人だけではありません。

私のところへの相談でも、「医師から元々の唾液量が少ないと診断されました。唾液が少ないため、口内環境がすぐに乱れてしまうようで、口内炎や強い口臭に悩んでいます。2、3時間おきにうがいをしたりガムを噛んだりこまめに歯を磨きますが全く効果がありません。唾液が少なくても口内環境をよく保ちたいのですが難しいのでしょうか。」という方がおられました。

今回の記事は、唾液の分泌が減少する原因と、対処法についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

唾液と口臭の関係

舌苔が臭いと困っている女性

唾液には粘膜保護・自浄・水分平衡・潤滑・緩衝・抗菌・消化・組織修復・再石灰化・発ガン予防などの作用があります。これら唾液の働きによって、虫歯、歯周病、口臭、口内炎などが予防されています。

ところが、唾液量が減少すると、嫌気性菌が増殖して口臭を発生させます。そのため、口がネバネバの状態になり口の中がまずく感じるようになると、口臭が気になることに。

>>唾液が臭い原因

唾液が出ない原因

口が粘つく

唾液の分泌が少なくなる症状を「ドライマウス」といいます。ドライマウスになると、口内炎や口唇炎になりやすいだけではなく、虫歯、歯周病などの疾患にもなりやすくなります。そして、舌が乾くことから舌苔(ぜったい)ができるので口臭も強くなります。

このようにして、唾液が出なくなることはいろんなトラブルを引き起こします。だから、唾液が出ないことは問題なのです。でも、唾液が出ないからといっても、人によってその原因は様々です。

【唾液量が減少する原因】

  • 加齢
  • ストレスによって自律神経に異常をきたす。
  • 食事のときに良く噛まない。
  • 噛む筋力が低下し唾液腺を刺激しないことも影響しています。
  • 更年期障害
  • 糖尿病・腎不全などの病気が原因。
  • 薬の副作用(抗うつ剤、睡眠薬、降圧剤など)

唾液が出なくなる難病指定の「シェーグレン症候群」という病気もありますが、極めて少ない病気です。原因が分からないとお悩みでしたら、ドライマウス専門病院を受診されてはいかがでしょう。

唾液量が少ない人の対処法

 

唾液が減少する原因は様々ですが、多いのは、ストレスや疲労が影響して、自律神経が乱れることから起きます。

自律神経を整えるためには、
1, 運動…ストレッチなど軽く体を動かすだけでも、血流がよくなり体の不調が改善されます。
2, 趣味や好きなこと、得意なことを行なうと、セロトニンやドーパミンなど幸せホルモンが分泌されます。
3, ペットや子どもと触れ合うと、2と同じ効果があります。
4, 良く寝る、早起きする、散歩する、朝食を楽しむ、なども自律神経を安定させます。

ガムを噛むことは唾液分泌を促しすため効果的ですが、
「思うように唾液が出ない」とか「口臭が治らない」との思いが強くなると、それがストレスとなってしまいます。
ですので、ガムを噛むことが意識過剰にならないよう、美味しくガムを食べるのがコツです。
こちらの記事「ガムで効果的に口臭を防ぐポイント」を参考にしてください。

ドライマウスの人の口臭対策

口が粘つく、口臭が治らない、これらがストレスとなり悪循環となり口臭が悪化するケースが多いです。この場合の対策は「口臭が気になることが少しでも減った」とか、「口がスッキリするようになった」というようなことを実感できるとストレスが減少します。

一つの方法として、無添加歯磨き粉の「美息美人」を使用すると効果があることが分かっています。

市販の歯磨き粉には合成界面活性剤など添加物が多く含まれているため、歯磨き後に口が粘つく原因になりますが、これを無添加歯磨き粉に変えると、粘つきが解消されて口がすっきりとした感触になります。

>>買ってはいけない歯磨き粉!成分とその理由

このリラックス効果が、実は唾液の分泌を増やすきっかけになるので、是非おすすめします。

関連記事:口臭をなくすことは簡単です!?それでも治らない「不都合な真実」とは

唾液が出ない人の性格

口をおさえる女性

反対に、周囲に気配りが強く、人に迷惑を掛けていないか気になる人は、唾液が出にくいといわれています。どうしてだと思いますか?

不安、緊張、ストレスが自律神経(交感神経)に影響を与えるので唾液も減るからなのです。

もし、口臭が気になり、「他人に迷惑を掛けていないだろうか?」といつも考えていたら要注意です。その思い込みから会話をすることが減るため、唾液の分泌が減少しているかもしれません。

このように、性格面では、几帳面で完璧主義の人や神経質の人に唾液が出にくい傾向があります。きちんとした性格はストレスも溜まりやすく、唾液が出にくくなってしまうので、多少いい加減さが必要なのかもしれません。

リラックスして唾液を出すようにする

明るくなったOL

これまでの内容から、人の性格が口臭に影響していることがわかったのではないでしょうか。もし、あなたがドライマウスであれば、周囲を気にしすぎることが唾液を出なくしていたかもしれません。だから、口も乾きをつくり、口臭発生を引き起こしていたのかも。

だったら、口臭を予防するには、「周囲への気配り」を抑える必要がありませんか?このようにいうと、誤解を受けるかもしれませんが、「周囲への気配り」というのは、過ぎると自分を大切にしすぎていることにつながります。

「相手からどう思われているか?」、「嫌われないだろうか?」というストレスです。

ほとんどの人は周囲の考えを気にするものです。意識過剰になるとストレスが増えてしまいます。そんな時には、気持ちを入れ替え、リラックスして考えると良いかもしれません。

「他人からどう思われてもいい。」、「ひとは、ひと」というように考えられるようになると、口臭の恐怖から開放されます。その結果として唾液が出るようになるかもしれませんね。

美息美人(びいきびじん)で唾液が出るようになる?

清流

美息美人(びいきびじん)を使うようになってから、唾液がよく出るようになったというお客さまがおられます。コメントに書かれている内容に、私も驚きました。「美息美人にそのような効果があるのだろうか?」と。

美息美人はアルカリのため、人によっては使用後に口が乾くことがあっても、唾液が出ることはありません。それなのに、今までドライマウスだった人が、「口内が潤うようになった」と報告してくれています。

その理由について調べたので、お話させていただきます。

口内が乾燥する大きな原因は、唾液が出ないことです。

この唾液が出ない理由に、自律神経(交感神経)が影響していることをお話しました。自律神経(交感神経)は、ストレスの影響を受けます。実は、このストレスに答えがあったのです。

関連記事>>口が乾くのはストレスが原因!?ストレス性ドライマウスについて

ストレスというと、一般的に精神的ストレスをイメージするかもしれませんが、口腔が汚れて悪化している状態も自律神経はストレスと認識します。

歯周病で膿が出ていたり、舌苔(ぜったい)が出来ていると、口腔内は細菌が増え酸性化します。この状態がストレスなのです。

ところが、美息美人(びいきびじん)を使い口腔環境がキレイになると、細菌が減り舌苔が減り、口腔内は中性を保つことができます。当然のことですが、口腔がキレイになりスッキリすれば、ストレスがなくなります。

ストレスがなくなると、精神状態もリラックスする。そのため、唾液分泌が良くなる。

これが、真実です。美息美人で唾液が分泌するのではなく、美息美人を使い口腔環境が改善されるから唾液が出るようになるのです。

そして、唾液が出るようになるから、舌苔(ぜったい)も出来なくなり口臭がしなくなるのですね。舌苔除去については「舌苔(ぜったい)を効果的に除去したいなら、知っておかなければいけない3つの調査結果」をご参考にしてください。

唾液がネバネバするときの対策

唾液の分泌が減少すると、唾液がネバネバするようになります。口の粘つきは不快なものですが、それ以上に口臭の原因になることが問題ですよね。

唾液は99.7%以上が水分だといわれています。水分が減ると細菌が増え多量のニオイ成分が唾液に溶け込みます。

ですから、ネバネバ唾液を嗅ぐと臭いわけです。この臭い唾液が気化することで口臭が発生するのです。

口臭をなくすためには、このネバネバ唾液を改善しないといけないのです。そのためには、唾液を出すようにすることがもっとも重要なのです。詳しくは『ドライマウスの対策はコレが一番!いったいどんな方法なのか?』をご参考にしてください。

 

SNSでもご購読できます。