阿川佐和子さんが膿栓(のうせん)を告白

阿川佐和子

阿川佐和子さんも膿栓(のうせん)だった!

扁桃膿栓症に関する阿川佐和子さんのエッセイ(抜粋) 笠井耳鼻咽喉科クリニック・自由が丘診療室
喉オタク
・・・・・・・
あるとき、いつものように口腔観察に熱中していると、喉の奥にプツンと白いかたまりが付着しているのを発見した。
小さなかたまりは一つだけでなく、よく見ると二つ、三つと見つかった。口内炎の一種だろうか。しかし、それにしては痛くない。痛みを感じないデキモノとは、もしかしてガンかもしれない。そう思うと、急に心配になった。
・・・・
そこで今度は直接、かたまりに触れてみようと決心し、人差し指を突っ込んだ。当然、「オエッ」となるのだけれど、我慢しなければ。なにしろ生死にかかわっているかもしれないのである。
ようやく指先が問題の地点に到達したかと思われたとき、ふいに、プルンとかたまりが飛び出した。
この話をすると、皆、「そんなこと、あるもんか」と胡散臭そうな顔をするが、嘘じゃない。どうやらそのかたまりは、喉のひだの間に挟まった食べ物のカスだったらしい。
そうとわかったとたん、悩みは一転して楽しみに変わった。気分も軽く、プルン、プルンと指先で一つずつ取り除き、喉のなかをきれいに掃除する。そして数週間、次のかたまりが溜るまでじっと待つ。そろそろかなと思う頃、期待に胸を膨らませながらふたたび喉を覗いてみる。これが案の定、溜っていたときの喜びといったら、なんとも表現しがたいものがあった。
・・・・・・・

喉オタクからの手紙
・・・・・・・
ご存じない方のために、かいつまんでお話ししておきますと、私は子供の頃、自分の喉を観察する趣味があった。ある日、いつものように手鏡を片手に大口を開けて喉観察に専念していると、奥のほうに白いかたまりを発見。それが実は、喉のひだにひっかかった食べ物のカスとわかり、以来、その白力スを採取するのが楽しみになった。
・・・・
そう、どういうわけか私を含め、これは若い頃の現象で、最近は見掛けなくなったという方が多い。押し並べて皆さん、「扁桃腺が腫れたときに喉を覗いた」のがきっかけだそうで、「白いかたまりは喉の奥でもひだの間でもなく、小さい頃よく腫らした扁桃腺にくっつくのです。扁桃腺のなごりのクレーター部分にくっつくのです」
そして、
「風邪のごくごく初期、喉の痛みを感じる前の少し腫れた時に、いつもはスムースに食べ物が喉を通るのに、ほんのわずか腫れたためにカスがくっつくのでしょう」
・・・・
白いカタマリの名はわかりませんが、その穴の名は゛扁桃陰窩″といいます。英語ではtonsillar cryptです。指や綿棒を使わなくても、喉の奥に力を入れることによって口腔内に出すことも出来ます。つぶすと舌苔や歯垢と同じ臭いですので、食餌カスであたっていると思います。
・・・・・・・

きりきりかんかん 文春文庫 著者 阿川佐和子 2000年1月10日 第一刷
初出「週刊文春」1991年1月3日号~1992年1月16日号
単行本 文藝春秋刊

この記事を読むと、「膿栓(のうせん)は自分だけではなかった!」と、少し安心するのではないでしょうか?

そして、喉に違和感があり、「もしかしたら、膿栓(のうせん)かも?」と心配していたのでしたら、納得したかもしれませんね。

しかし、

膿栓を綿棒で取る

間違いを犯さないように一言付け加えますと、阿川さんのようには、決して喉に手を入れて膿栓(のうせん)を取ろうとしないことです。一つ間違えると、喉の粘膜を傷つけ化膿するかもしれません。

膿栓(のうせん)については沢山の情報が出ていますが、正しい知識を持たないと、この記事のような間違いが起きます。

そのようなことのないように、この記事を読んで、膿栓(のうせん)の正しい知識を知ってほしいと思います。

膿栓(のうせん)が出来る理由

口の菌

喉には、ばい菌やウィルスから体を守るために、免疫組織があります。いわゆる扁桃扁桃腺(へんとうせん)というものですが、喉の両脇にある口蓋扁桃と喉の上部にある咽頭扁桃の陰窩(いんか)という穴に膿栓(臭い玉)ができます。

だれでも、口や鼻から異物やばい菌が侵入してきます。それなのに、膿栓(のうせん)ができる(できやすい?)人とできない(できにくい?)人がいるのは何故?

ばい菌のかたまり

ここに膿栓(のうせん)ができる理由があります。

一般的には、十分に唾液が分泌されていると唾液の抗菌作用により膿栓(のうせん)はできにくいといわれます。でも、もっと大きい理由は、唾液(99.5%が水分)によってばい菌や異物が洗い流されるからかもしれません。

膿栓(のうせん)は唾液と大きく関係していたのです。
だから、ドライマウスの人や口呼吸(いびきも含む)をして喉が乾燥していると、ばい菌が増えるので、膿栓(のうせん)もできやすいというわけです。

それだけではありません。

たとえ、唾液が良く出ていても、鼻炎などで鼻水が出ていて、それが喉にたまるとばい菌が増えます。その結果、膿栓(のうせん)ができます。詳しくは『口臭の元!臭い玉(膿栓)ができる4つの原因と取り方』をご参考にしてください。

舌苔(ぜったい)と間違えることも

torikata

扁桃は、舌の奥にもあります。舌扁桃といいます。
この舌扁桃からも免疫物質が分泌されるので、膿栓(のうせん)のように白い塊ができます。

舌が白くなっているので、舌苔(ぜったい)と間違えるかもしれません。できる過程が違うだけで同じようなものです。手で触って嗅ぐと異臭がします。舌が白いときには『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

膿栓(のうせん)を取るのは危険

膿栓が取れると、口臭も軽減するかもしれません。しかし、ご自身で膿栓を取ることはおすすめできません。

その理由は、膿栓を取る方法はいくつかありますが、どれも手指や綿棒などを喉に突っ込むことになります。その時に、喉にばい菌が感染するかもしれないからです。

喉にばい菌が感染すると、扁桃炎を起こす原因になり、そのことから膿栓は余計にできることになります。

また、ネットで調べていると、自分で膿栓を取っていた人が、喉が腫れたとか出血したということまで載っています。ですので、膿栓をご自身で取るのはやめてくださいね。詳しくは、『臭い玉(膿栓)を取るためのコツ!youtube動画の方法は危険!』をご参考にしてください。

どうしても、取りたいというのなら、耳鼻科で洗浄する方法もあります。

本当に臭いのは膿栓(のうせん)ではない

膿栓の図解

膿栓(のうせん)は、つぶすと凄い悪臭ですので、よく口臭原因だと勘違いされますが、つぶさない限りそれほど臭いものではありません。

それなのに、どうして膿栓(のうせん)を取ることに、多くの人たちが躍起になるのでしょう?

もちろん、喉にイガイガなど違和感があります。でも、膿栓(のうせん)を取っても口臭はなくならないのが普通です。

その理由は…

本当に臭いのは、扁桃の陰窩から分泌されている粘液が腐敗した膿汁(のうじゅう)です。

nebanebadaeki

膿汁(のうじゅう)ができないようにしない限り、口臭を無くすことはできません。多くの人たちが、口臭を改善できないのは、この正しい知識がないからです。

重要なことなので、もう一度申し上げます。

口臭を無くすには、膿汁(のうじゅう)ができないようにすることです。

うがいで膿栓と膿汁と取る

膿栓と膿汁を取ることができれば、口臭も解決するかもしれません。しかし、先ほどもご説明したとおり、喉に指や綿棒などを突っ込んで膿栓を取るのは危険ですし、逆効果になるかもしれません。

そこでおすすめなのは、「ガラガラうがい」です。

喉の左右の扁桃腺(へんとうせん)に水が当たるように、ガラガラとうがいを行い、「おぇ!」という感じで水を吐き出します。うがいの方法について詳しくは、『うがいで膿栓(臭い玉)を効果的に取る5つのポイント』をご参考にしてください。

イソジンなどの「うがい薬」を使用する方もおられます。うがい薬には殺菌作用があるので、喉のばい菌を減らす効果があるのですが、膿栓や膿汁を取る効果は水と大差ありません。

痰のようにネバネバした膿汁は、うがいでも取るのが難しいです。膿汁や膿栓を効果的に除去出来るのは、美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水がおすすめです。美息美人は、アルカリの力で汚れを浮かす力があるので喉をきれいに出来ます。

試しに、美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水で、こまめにガラガラうがいを続られてはいかがでしょう。

知らない間に、膿栓(のうせん)もなくなり、周囲の反応も変わっているかもしれません。

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する