臭い玉が見えないのはなぜ?口臭予防に必要な対策について

臭い玉が見えない

扁桃に見える臭い玉

口腔ケアアンバサダー(社団法人口腔ケア学会認定)の上林登です。

臭い玉(膿栓)は、のどの両脇にある扁桃のくぼみに溜まります。扁桃に臭い玉がたまると、違和感や口臭を感じますが、白い塊り(臭い玉)がポツンと口に落ちることもあります。

膿栓が喉の奥にあるようで違和感があるのに、鏡で喉を見ても何も見えない。「口臭がしているので膿栓があるに違いない。でも喉に臭い玉らしくものは見つからない。」、そのように悩まれている方がいます。

試しにYahoo!知恵袋を見ると「臭い玉がないのですが異常なのでしょうか?」とか、「臭い玉のない人もいますか?」と、膿栓(臭い玉)がないことを心配している人もいました。

ご安心ください。健康な人の場合は、扁桃に膿栓がない可能性が高いです。逆に膿栓がよくできる場合は慢性扁桃炎の可能性が高いです。

過去の調査(1967年)では、大阪府高槻市の小中学生14868名の内、小学生で35%、中学生で30%の割合で膿栓が認められたという報告があります。

出典:鈴木 哲(1967) 慢性口蓋扁桃炎の病態に関する臨的研究 耳鼻咽喉科臨床/60 巻7号

喉に臭い玉のようなものが見えなくても、違和感があり強い硫黄のような臭いを感じる場合は、膿栓(臭い玉)が溜まっているかもしれませんが、無理に取らないようにしてください。

膿栓が見えないけれど、喉に痰がくっ付いている感覚があり、なおかつ「口臭がひどい」場合は、膿汁(のうじゅう)が原因かもしれません。

膿栓が溜まっているかどうかを調べるには、耳鼻科で診てもらうのが良いのですが、膿栓程度では診察してもらえないことがあります。もし診察を受けて、内視鏡を使って見てもらっても、膿栓が見つからないケースまであります。

今回の記事は「膿栓が見えない場合の原因と対策」についてお伝えします。同じ症状でお困りでしたら、ぜひご参考にしてください。

膿栓・臭い玉がみえない場合の対策については、こちらの記事が参考になります。

参考記事>膿栓(臭い玉)が見えない場合の取り方・対策は?

臭い玉は誰にでもありますか?

知恵袋には「臭い玉のない人はいますか?」「臭い玉があるのは異常ですか?」や他にも「臭い玉がないと口臭はしませんか?」など口臭に悩んでいる人が多くおられます。そのことにお答えしたいと思います。

臭い玉の出来ない人はいない

先ず、臭い玉(膿栓)は体の免疫反応の結果できるものなので、誰にでもできる可能性があります。風邪やインフルエンザに感染しても臭い玉(膿栓)は溜まることがあります。

出典:膿栓(臭い玉)はどうしてできるのですか?

ということは、健康で風邪やインフルエンザに感染しない人は膿栓が出来にくいことになります。「出来にくい」と言うのは、風邪やインフルエンザに罹らなくても、アレルギーや副鼻腔炎や扁桃炎など耳鼻科疾患があると、膿栓はよく溜まるようになります。

参考:膿栓が頻繁に出る、大量に出るのはなぜ?

結論…体の免疫力が高く風邪をひかない、鼻や喉の病気に縁がない。このような健康な人であれば、膿栓はありませんが、病気はストレスや疲労で免疫が低下した時になるものなので、いつ膿栓が出てきても不思議ではありません。

関連記事:口臭の元になる「臭い玉」の原因と対策

臭い玉を取ると口臭がなくなる?

通常は、臭い玉(膿栓)が出来たとしても、周りの人が口臭を感じるほど臭いは発生しません。しかし、はっきりと喉から強い臭いを感じる場合には、たとえ臭い玉(膿栓)が見えてなくても、扁桃のくぼみに膿が溜まっている可能性があります。

唾液の分泌量が少ないと喉が乾燥し、膿から口臭を発生させます。ですから、臭い玉(膿栓)を除去したからといって口臭がなくなるわけではないので、口臭を予防するためには喉を乾燥させないことが大切です。

臭い玉の症状

膿栓はこの場所(扁桃のくぼみ)に溜まります。

膿栓が溜まる場所

臭い玉が見つからない場合でも、喉に違和感が続いたり、喉から下水のような臭いを感じる場合は、臭い玉や膿が溜まっていることがあります。

膿栓は扁桃の免疫システムで細菌やウイルスと戦った結果できるもので、主に口蓋扁桃のボコボコとしたくぼみの中に溜まります。膿栓の始めは膿で、食べかすなどの汚れが固まり大きく成長します。ですから、大きくならないと膿栓を見つけるのは難しいです。

下の画像で、のどちんこの左右に見えている白い塊が膿栓(臭い玉)です。2ミリ以上の大きさにならないと見つけにくいです。

実際に見える膿栓の画像

膿栓が成長しても、膿栓が溜まる口蓋扁桃の陰窩が細かったり曲がっていると、鼻からの内視鏡でも見つからないことがあります。また、喉の左右だけではなく、咽頭扁桃や舌扁桃に膿栓ができることもあるので、口蓋扁桃にあるものだと思っていると、発見できないかもしれません。

膿栓が見えない、違和感だけある

膿栓は米粒ほどの大きさですが、扁桃腺に膿栓がたまると喉に違和感を感じるようになります。ところが、膿栓が見えていないけれど「違和感がある」という人も。

本当に膿栓がないけれど、喉がイガイガするなど異物感を感じる場合には、ヒステリー球(咽喉頭異常感症)と呼ばれる神経性の症状かもしれません。耳鼻科や内科の疾患が原因ではなく、ストレスが影響するようです。

→ ストレスによる喉の違和感「咽喉頭異常感症」

見えてないが扁桃を押すと出てくる

膿栓が見えない場合には、扁桃のくぼみに隠れていることが多いです。

参考:膿栓の場所画像 Google

膿栓が最初できるのは、口蓋扁桃の陰かと呼ばれるくぼみの中です。扁桃のくぼみに食べかすなどの汚れが溜まり膿と固まると、大きくなった膿栓が扁桃の表面に出てきて目で見えるようになります。そのため、内視鏡を使って見ても見えないケースがあるようです。

膿栓が見えない場合でも、指で扁桃腺の周りから中心に向かってゆっくりと押すと、黄白色の膿がニュルニュルと連なって押し出されてきたり、米粒のような膿栓(臭い玉)がポロっと出ることがあります。しかし、出ないからと言って、強引に押すと扁桃を傷めるのでご注意ください。

白い塊りはないが、喉口臭がある

膿栓が見えていなくても、喉に口臭を感じるケースは多いです。

引用:喉口臭とは!?喉が臭い原因8つ

多少膿栓があっても、直接的には口臭原因にはなりません。ただし、膿栓が毎日のようにポロポロ出てくるようなケースは別です。

Yahoo!知恵袋で「臭い玉」を検索すると、「臭い玉が出て気になる。」という質問が多く載っています。ところが、「不快なニオイがする」とか、「臭い玉ができて口臭で困っている。」という人が、ほとんどいないのです。

これって、どういうことなのでしょう?

臭い玉が出たことで、「口臭がするかもしれない」と不安になっている人が多いのですが、実際は「口臭がしているかどうかわからない?」というのが事実のようです。それでは、臭い玉と口臭は関係ないのでは?

臭い玉=口臭 ではありません。口臭原因は歯周病や舌苔などがほとんどです。
口臭には種類がある!ケース別の対策が必要だ

口臭がしているかどうか分からないけれど、喉の粘つきが不快という人がいます。

膿栓(臭い玉)が定期的に出てきます。つまり、常に喉奥に溜まっているという事です。
実際に周りににおっているかまでは分からないですが、喉奥がネバっとした感じがするし、常に不快です 。

テレビの番組で何度か臭い玉(膿栓)が特集されたことがあります。でも、テレビで放送されたからといってそのまま鵜呑みにするのは危険かもしれません。歯科医師の相談サイトで、「臭い玉は口臭原因でない!」と真っ向から否定するご意見もありましたのでご紹介します。

テレビで膿栓が口臭の原因ともなるとの報道が確かに以前あったのですが(確か、特命リ○ーチ…)、私はこれに否定的です。
膿栓が口臭の直接的な原因となるとのエビデンスは、完全にははっきりしていませんし、なにより膿栓は、誰にも存在するものであるからです。

出典:歯チャンネル88 歯科相談室 中本歯科医師

臭い玉が口臭原因にならないという意見の代表が、次にご紹介する耳鼻科のお医者さんのコメントです。耳鼻科医師としてハッキリと否定されています。

膿栓自体には病的な意味合いはあまりありません。症状としては、せいぜい嚥下する時に異物感を感じるくらいです。潰せばいやな匂いがしますが、膿栓が口の中にあるだけで、それが口臭の原因となることはまずありません。(中略)

単に時々膿栓が口から出てくるだけであれば特に何もする必要はありません。
出典:隅田耳鼻咽喉科

結論としては、膿栓は気になるほどの口臭にならないので、無理に取る必要もないけれど、痛いと発熱があれば扁桃炎の可能性が高く、治療が必要になると思ってください。

まとめ

臭い玉(膿栓)が見えなくても、喉の違和感や喉からの口臭が強い場合は扁桃に膿が溜まっているかもしれません。しかし、臭い玉(膿栓)は自然に取れてしまうものなので、知らずに違和感も消えているケースがほとんどです。

特に治療する必要はありませんが、違和感や口臭がひどい場合には、耳鼻科で臭い玉(膿栓)の吸引や洗浄によって除去することも可能ですので相談されてはいかがでしょう。

唾液量が少ないとか口呼吸の場合は、臭い玉(膿栓)ができやすくなるので、喉が乾いて細菌が増えないようにドライマウスを改善することが大切です。

ドライマウス対策については『ドライマウスの対策はコレが一番!いったいどんな方法なのか?』をご参考にしてください。

うがいで膿栓を予防する

SNSでもご購読できます。