臭い玉洗浄マシンの実際の効果とデメリットは?

臭い玉(膿栓)を自分で取りたいと思っているのではないでしょうか?

臭い玉(膿栓)がたまると、のどの違和感や口臭原因になります。ですから、臭い玉を取り除くことができれば、のどがスッキリし、口臭を改善することも可能になるでしょう。

臭い玉を除去する方法は、これまでにもいくつかご紹介しましたが。最近は、口腔洗浄器 ジェットウォッシャーを改良して作った「臭い玉洗浄マシン」に関心が高まっています。

早速、Youtubeで「臭い玉の取り方」と検索すると、「臭い玉洗浄マシン」を使って、膿栓を洗い流している動画が沢山ありました。実際、「臭い玉洗浄マシン」の動画を見ると、どれも多量に臭い玉が取れていたので、多くの方が「臭い玉洗浄マシン」に興味を持たれていることに納得します。

しかし、「臭い玉洗浄マシン」は良いこと(メリット)ばかりではなく、リスク(デメリット)もあることを知っておいてください。

今回の記事は、「臭い玉洗浄マシン」について正しく理解していただき、トラブルを起こさないようにご説明させていただきます。

記事は、口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登が書きました。

臭い玉洗浄マシンとは

誤解しないように言いますと、実は「臭い玉洗浄マシン」という商品は存在しません。アマゾンや楽天市場で「臭い玉洗浄マシン」と検索すると、掲載している商品は、歯と口腔を洗浄するための「口腔洗浄器」だけです。(ほかに、シリンジや丸型洗浄瓶も。)

※口腔洗浄器の用途…ジェット水流によって、歯垢の元となる、食べかすや細菌を吹き飛ばす。歯周ポケットや歯間など歯ぐきの隅々までケアできる。

そのため、市販の口腔洗浄器を臭い玉(膿栓)を除去できるように改良しなければいけないのです。

このように、「口腔洗浄器」は、膿栓を除去するための道具ではなく、口腔ケアを目的とするものだとご理解ください。以下にAmazonに掲載されている「口腔洗浄器」をご紹介します。

1, ACEON携帯式口腔洗浄器 ジェットウォッシャー(2,980円)
2, PECHANジェットウォッシャー口腔洗浄機(3,383円、3,980円)
3, パナソニック口腔洗浄器」ジェットウォッシャードルツ(12,218円)

ほとんどの機種が、充電式(またはUSB充電)で携帯できるようになっています。機種によっての大きな違いは、「水流レベル」を変速段階の数と、水流の強さです。
※どの機種も、口腔洗浄機の中にタンクがあり、水を貯めて使用するようになっています。

臭い玉洗浄マシンの作り方

先述した、口腔洗浄器では水流が強過ぎるため、購入したものをそのまま使用すると、扁桃から「血が出る」ことがあり危険です。そのため、安全に使えるように市販のジェットウォッシャーを改良する必要があります。

改良方法…ノズルの穴(内径)を、ドリルの針で広げます。ノズルの穴(内径)より少し大きめのドリルの針を探して、手で回して穴を大きくします。ノズルの穴を広げることで水圧が弱くなり安全に使用できます。

テスト…実際に使用する前に、改良して作成した「臭い玉洗浄マシン」に電源を入れて、実際に手のひらにウォッシャーを当てて水流の強さを確かめます。

臭い玉洗浄マシンのリスクとデメリット

「臭い玉洗浄マシン」を上手に操るようになるには、熟練が必要になります。

その理由は、臭い玉が見えていると良いのですが、たいてい臭い玉は、扁桃のひだの内側にある穴の中に隠れています。そのため、外からジェットウォッシャーを当てても、臭い玉が取れないことが多いです。

洗浄マシンのジェット水流が強すぎたり、ノズルを無理に穴の中に突っ込むことで、粘膜を傷つけ炎症を起こすことがあるのでご注意ください。

また、扁桃に異物が触れたり水流が当たると嘔吐反射をおこしますので、すぐに「おぇ!」とえづく人には不向きです。

洗浄マシン以外の洗浄方法

耳鼻咽喉科で洗浄

一番安全なのは、耳鼻咽喉科で洗浄してもらうことです。扁桃の奥にあり、臭い玉の除去が困難なケースでは、吸引器という膿栓専用の除去器具で吸いだす方法もあります。ところが、お医者さんによっては、「膿栓(臭い玉)は病気ではないので、取らない方がいい」と言って、取ってもらえないことがあります。

スポイドや丸型洗浄瓶で洗浄

スポイドや丸型洗浄瓶を使用して「臭い玉」を取る方法がありますが、水流が弱いために取れにくいです。動画では、水流を強くするために、細いノズルに改良する方法が紹介されていました。

ノズルの改良方法…スポイド(または丸型洗浄瓶)のノズルに被せられる「替えノズル」を準備します。(ホームセンターで実際に見て確認しないと合わないことがある)
また、替えノズルの穴に関しても、小さい穴のものがなければ、購入後にドリルの針で開けた方がいいでしょう。

まとめ

今回ご紹介した「臭い玉洗浄マシン」は、慣れれば臭い玉(膿栓)が多量に取れるかもしれません。しかし、口腔洗浄機の改良が難しかったり、使っても嘔吐反射などのリスクもあります。

結論としては、慢性的に臭い玉がたまり口臭がひどい場合には、洗浄マシンで取る方法は効果があるかもしれませんが、たまにできる程度では「洗浄マシンは必要ない」と思われます。

慢性的に炎症があると、臭い玉(膿栓)を取っても直ぐに溜まるので、除去することよりも膿栓が出来ないよう予防することが大切です。

口腔と喉を清潔にすることで膿栓は予防できますが、中々口臭が改善しない時にはこちらの記事もご参考にしてください。

>>口臭が治らないから辛い!その原因は?

関連記事

膿栓(臭い玉)の 取れる タイミング | 自然に取れるまで待つ

臭い玉予防!膿栓をできなくするのは可能!?よくたまる人に朗報!

膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?

SNSでもご購読できます。