舌磨きをしてもすぐに白くなる理由

口が粘つく

舌磨きをしても直ぐに舌が白くなってしまうという経験をされたことはありませんか?

舌が白くなると、舌の奥のほうからモワッとした発酵したような嫌な臭いがします。そのため、舌の汚れを落とそうと舌磨きをするのかもしれませんが、舌は磨いてもすぐに白くなります。

舌が白くなり困っているほとんどの人が、同じような経験をされています。それは、どうしてだと思いますか?

歯医者さんに行っても、舌が白いだけでは相手にしてもらえません。薬局に行っても、舌の白い部分を取るような薬もありません。あるのは、タブレットくらいでは。

舌が白くなる本当の原因を知らないと、舌磨きやタブレットでは一時しのぎにしかなりません。

今回の記事では、「舌磨きをしても直ぐに舌が白くなる原因と、舌をきれいに保つ方法」についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

舌が白くなる原因

膿栓の図解

舌が白いからといっても、同じ原因とは限りません。また、舌が白くなっている状態も様々です。詳しくは『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

健康な人の舌も白くなる

舌の中央部には、ひだひだの糸状乳頭がじゅうたんのように覆っています。この乳頭の形状が舌を白くする原因。

というのは、乳頭は先がとがっているため角質化しやすいからです。そのため、舌が白く見えます。健康な舌でも乳頭は角化するので薄らと白い膜が張ったように見えます。

舌が白い

角化したことによって薄っすらと白くなった舌を、舌苔(ぜったい)と勘違いして舌を磨く人もいますが、かえって良くありません。

舌に苔がついて舌が白い

舌が白くなる理由については、胃腸が悪いからとか口呼吸やドライマウスだとか色んなことがいわれますが、直接の原因は、舌の粘膜に細菌が大量に繁殖することによって舌苔(ぜったい)ができます。

細菌

じゅうたんのような舌の表面には、食べかすや細胞のはがれたものなどあらゆる汚れが付着します。それが、細菌のエサになるため、舌は細菌が棲息するには絶好の環境といえます。

ところが、充分に唾液が分泌されていると、唾液によって細菌は洗い流され殺菌することができます。しかし、何らかの影響によって唾液の分泌が減少し口が乾いた時に細菌が増える。これが、舌に苔ができる大きな理由です。

舌苔(ぜったい)が出来る原因

sutoresu

  1. 口呼吸、いびき
  2. 唾液量の減少(心身のストレス、水分摂取不足、唾液腺の衰え、内科疾患、薬の副作用、シェーグレン症候群など)
  3. 免疫力の低下
  4. 歯磨き不足などによる口腔環境の悪化

舌を磨いてもすぐに白くなるのは

傷テープ

舌を磨くことで、舌の苔が除去できるかもしれません。しかし、舌磨きによって、デリケートな作りの糸状乳頭が削れ傷がつきます。

その結果、舌の角化が進み細胞が白くなります。また、傷ついた細胞が細菌のエサになるなど、よけいに舌が白くなることになるという悪循環になります。

舌を磨いた直ぐは、舌の表面は少しはきれいになるかもしれません。

でも、細菌が棲息するのは舌の表面だけではありません。舌磨きでは磨けない糸状乳頭の間に、細菌の多くが残っています。

舌をきれいにするには、口腔全体をきれいに保つことが重要

口の菌

細菌が棲息するのは舌だけではありません。細菌は、歯ぐき、歯周ポケット、歯ぐきと頬の間、歯、口の中、喉(のど)のあらゆる所にいます。

ですから、舌の表面だけ磨いて舌をきれいにしようという考え方はナンセンスなのです。口腔全体の清潔を保たないことには、舌をきれいにはできません。

歯磨き成分が舌の角化を増長する

ドラッグストア

一般的な歯磨き粉には、合成界面活性剤や発泡剤など刺激性のある成分が含まれています。歯磨きを行うと、これらの添加物が舌の粘膜に付着します。

でも、唾液が多いと、唾液に含まれる粘ついたムチンという成分が、舌を保護し守ってくれています。それだけではありません。唾液が分泌されるたびに、舌に着いた添加物も洗い流してくれます。だから、たとえ合成界面活性剤が含まれていても舌を痛めることがないのでしょう。

ところが、

舌が白くなる人の特徴は、唾液の分泌が少ないこと(又は口呼吸)によって舌が常に乾燥しています。

舌の粘膜が、唾液保護されずにむき出し状態の所に、歯磨き粉に含まれる添加物が付着します。そして、舌が常に乾燥しているので、舌乳頭の角化が増長されるのです。

舌が白くなっている場合には、出来るだけ歯磨き粉の量を減らし、歯磨きを終えたらしっかりと水で洗い流すなどの配慮が大事です。

舌がずっときれいであり続けるには

清流

もうお分かりですよね。舌が白くなる理由、舌に苔が着く理由、舌を白くしている細菌が棲息している所が分かったはずです。

白い舌をきれいにするには、舌だけではなく、口腔内と喉(のど)もきれいにすることが重要です。

口腔全体が清潔になれば、舌にも細菌が増えることが少なくなります。その結果、舌もきれいになります。そして口臭も軽減していきます。

そして、舌と口腔を乾燥させないことが重要です。

そのためには、口呼吸をしていたら、鼻呼吸に変える訓練も必要かもしれません。

また、唾液を出す訓練も必要かもしれません。こちらの記事「唾液を出す7つの方法…ドライマウス対策」をご参考にしてください。

舌をきれいに保つための方法

歯肉

口腔内と喉(のど)を清潔にするためには、歯磨きとうがいを行うことです。ところが、単純に歯磨きやうがいを行っても複雑な形状をした口腔内や喉(のど)をきれいにすることは困難です。

歯磨きを効果的に行うには、1本の歯ブラシで行うよりも使いみちに分けて2本3本使用するほうが上手に磨けます。

歯間ブラシ

具体的な方法はこちらをご参考にしてください。⇒ブラッシングのおススメ!硬めと柔らかめの歯ブラシの二刀流がおすすめ

また、歯磨き粉に関しても無添加で、洗い流すことが簡単な物が良いです。

私が一番お勧めできるのは、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水を使用しての歯磨きとうがいです。

一本で、歯磨きとうがいに使えるのが良いです。舌苔(ぜったい)は舌の奥に出来やすいため、きれいにするのが困難な部位ですが、アルカリイオン水でうがいを行うことで清潔にできます。

そして、一番お勧めする理由は、実績があるからです。お客さまからのコメントをご参考にしてくだされば幸いです。
⇒ お客さまの声


口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」

クリック

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する