口臭原因の9割は歯周病と舌苔!?チェックと対策はこうする

ほとんどの口臭は、歯周病と舌苔が原因だということをご存知ですか?

その根拠は、日本口腔外科学会では口臭の9割以上が口の中(歯周病、虫歯、舌苔など)に原因があるといい、日本臨床歯周病学会の発表でも「歯周病」が一番多いと発表しているからです。

そして、日本歯科医師会のサイト「テーマパーク8020」によると、口臭の6割は「舌苔」が原因だと報告しています。

昔から口臭があると「胃が悪いからだ」と言われませんか。でも、匂いの強いニンニクやニラなどの食べ物を摂ると口臭が出ますが、内臓が原因で口臭を発生することはほとんどありません。

口臭の原因物質は、口腔のタンパク質を嫌気性菌が分解した時に生まれる「硫黄化合物」だからです。この臭い物質が唾液中や歯周ポケット、舌苔の中に多くあると口臭が強くなります。

ですから、効果的に口臭対策を行なうには、歯周ポケットや舌に繁殖する「口臭原因物質」を取り除かないといけないのです。

今回の記事は、口臭原因で最も多い歯周病と舌苔のチェックと対策についてです。口臭原因が分からないとお困りでしたら是非ご参考にしてください。

この記事は、口腔ケアアンバサダー(社団法人日本口腔ケア学会認定)の上林登が書きました。

口臭原因となる歯周病と舌苔のチェック

まず、歯周病になっていないか、厚い舌苔ができていないか?チェックしましょう。もし、歯周病で歯ぐきが腫れていたり舌苔があれば口臭がしてる可能性が高いと思ってください。

歯周病のチェック

  • 歯肉が時々腫れる
  • 歯肉がムズムズする
  • 歯が浮いた感じがする
  • 冷たいものがしみる
  • 歯磨きをすると血が出る
  • 口の中がネバネバする
  • 歯を触るとグラグラと動く

舌苔のチェック

健康な人でも多少は舌苔が着きます。舌全体に薄く白い膜が張っている状態であれば大丈夫です。

舌苔の色が真っ白や黄白色で、苔が厚く着いていたら口臭がしている可能性があります。また、舌苔の色が濃いほど臭いの程度も強くなります。

口臭がしていないか「口臭チェック」をする

口臭をチェックする方法としては、「コップに息を吹きかけて嗅ぐ」とか、「歯間ブラシのにおいを嗅ぐ」などの方法がありますが、口臭を確かめるには唾液のにおいを嗅ぐだけで判断できます。

>>簡単な口臭チェックはこちらが参考になります。

歯周病や舌苔の匂いは、卵の腐ったような臭い、硫黄臭が特徴です。これは、歯周病菌がタンパク質を分解する時に産生する硫化水素やメチルメルカプタンのにおいです。

よくドブ臭や下水臭がするという方がいますが、その原因は口内のいろんな臭いが混じることで起きることが多いです。

>>口臭原因は口臭の種類で分かる!どぶ臭?酸っぱいにおい?生臭い?

歯周病が原因の口臭対策

健康な歯ぐきと歯肉炎

歯周病菌が作り出すVSC(揮発性硫黄化合物)が、代表的な口臭だといわれています。歯周病になると、膿が出る、出血する、歯周ポケットに膿がたまります。そのため、膿臭い歯周病の口臭は強烈です。

歯周病が原因の口臭を治すには、歯医者さんで歯周病を治療を受けないといけませんが、ブラッシングケアが大切です。

歯周病の初期であれば、歯磨きをていねいに行うと、痛みがおさまるので「歯周病が治った」と勘違いするのかもしれません。

しかし、慢性病である「歯周病」は痛みがおさまっても、口臭が治ることはありません。その理由は、歯周ポケットが出来ているからです。ポケットの中には、臭い膿(歯周病菌)がたまっているからです。

口臭対策で重要になるのは、歯だけではなくポケットの中までブラッシングすることが大事です。歯磨きした時に膿臭いと感じたら、歯周病の薬用歯磨き粉を使うと効果的です。

>>自分で歯周病を治す方法!自宅の歯磨きで歯肉炎が治った!?

>>歯周病は歯磨きで治りますか?その答えは?

舌苔が原因の口臭対策

舌苔から口臭がしている

舌苔(ぜったい)による口臭が口臭原因全体の6割を占めています。ですから、口臭をなくすには、歯ブラシや舌ブラシで舌を磨き、舌苔を取り除くことが必要です。

→ 舌が臭い、口臭がするそれは舌苔が原因です。舌苔を取り除く方法とは?

舌磨きしない方が良い
ところが、正しい舌のケアを知らないと、ブラシで舌をゴシゴシと磨いてしまい、舌を痛めたり、白い舌(舌苔)を慢性化させてしまいます。

過剰に舌磨きを行うと、糸状乳頭(しじょうにゅうとう)が傷つき角化して細菌が増えます。また、口腔乾燥を起こすため、余計に舌が白くなったり、口臭もひどくなるのでご注意ください。

舌苔ケアは次のように行うといいです。

1、 健康な舌の色で舌苔が薄い場合には、舌磨きはしない方がいいです。
2、 厚い舌苔が付いている場合には、軽く舌を磨くと口臭予防になります。ただし、強く磨きすぎると舌粘膜を傷つけてしまい、口腔乾燥や口臭の原因になるのでご注意ください。
3、 舌の磨き方は、舌ブラシを使って舌の奥から優しく2回程度なぜるように磨く。(歯ブラシは毛先が硬いのでよくない)
4、 舌磨きの頻度は、舌苔が付いている時だけにする。一日、朝と夜の歯磨きの時だけで十分です。
引用:舌苔のケア方法。完全に除去する必要はないってホント!? 

もし、舌苔がひどくなっていましたら、こちらの記事をご参考にしてください。

>>「舌苔」は口臭の原因!適切な舌ケアと予防方法

まとめ

口と喉をキレイにする女性

ほとんどの口臭原因は歯周病と舌苔ですので、この二つをチェックして個別の対策を行なうようにすることで、たいていの口臭は改善できるでしょう。

しかし、これ以外にも口臭原因は、鼻やのど、臭い玉(膿栓)、糖尿病などもあるので、口臭が治らない場合は歯科や耳鼻科を受診して検査してもらうことをおすすめします。

口臭対策の基本はブラッシングとうがいによる口腔ケアです。界面活性剤など刺激性の歯磨き粉の使用すると口腔乾燥をおこし口臭を発生させますので、無添加歯磨き粉を使用すると良いです。

⇒⇒『口臭がドブ臭でもアルカリイオン水うがいで取れるのか?実際にやってみた結果・・・

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する